コインシデンタル・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コインシデンタル・ミュージック
細野晴臣スタジオ・アルバム
リリース
録音 テイチク杉並スタジオセディック・スタジオLDKスタジオ etc...
レーベル テイチク(モナドレーベル)
プロデュース 細野晴臣
チャート最高順位
細野晴臣 アルバム 年表
S・F・X
1984年
コインシデンタル・ミュージック
1985年
マーキュリック・ダンス
1985年
テンプレートを表示

『コインシデンタル・ミュージック』(Coincidental Music)は、日本ミュージシャン細野晴臣オリジナルアルバム

概要[編集]

収録曲 (カッコ内は使用CM)[編集]

  • 全作曲・編曲:細野晴臣

A面[編集]

  1. リキテンシュタイン(西武セゾンカード)
    • 1984年10月11日、セディックスタジオにてレコーディングされた。
    • 30秒ほどの曲。
    • 音楽はモニターテレビを見ながら制作された[2]
  2. ピエトロ・ジェルミ(コンタック600)
    • 1983年7月7日、タムコスタジオにてレコーディングされた。
    • CMには細野晴臣が出演した。また、大貫妙子がナレーションを担当した関係で、2011年発売の「CM&TVテーマ集 TAEKO ONUKI WORKS 1983-2011 CM / TV Music Collection」に幾つか大貫のナレーションしたCM音源が収録されているが、本曲も大貫のナレーション勿論、細野のセリフを含むテレビ音源で収録されており、新録前のバージョンも一応CD化はされている。
    • 当初この曲のタイトルは「ロベルト・ロッセリーニ」だったが、いつのまにかこの「ピエトロ・ジェルミ」になっていたという。
    • アルバム用に新録音したロングヴァージョン[2]
  3. ノルマンディア(日本生命ロングラン)
    • 1984年7月11日、サウンド・シティ・スタジオにてレコーディングされた。
    • タイトルはCMのロケ地「ノルマンディー」から[2]
  4. 中国の人(日本生命ロングラン)
    • 1985年4月24日、フリーダムスタジオにてレコーディングされた。
    • 本作の中では一番新しいCM曲である。
    • 1991年に、HIS日本の人で「日本の人」というタイトルで歌詞が付けられるなどリメイクされ、歌は忌野清志郎が歌った[2]
  5. サヨコスカッティ資生堂「リバイタル」)
    • 1982年5月8日、細野のプライベート・スタジオ、LDKスタジオにてレコーディングされた。日本人モデルのパイオニア山口小夜子をイメージして制作された。
  6. マジンガー・H旺文社「戦略戦術シリーズ」)

B面[編集]

  1. ザ・プラン無印良品
    • 1985年6月20日、テイチク杉並スタジオにてレコーディングされた。
    • 本作に収録されているのは店内用の予告用として作られた別ヴァージョン[2]
  2. 銀河鉄道の夜〜ピアノ・ヴァージョン
  3. ジョルジュ・ドンパルコ
  4. バイオ・フィロソフィーヤクルト
    • 1984年5月8日、セディックスタジオにてレコーディングされた[2]
    • CMには細野晴臣が出演した。
  5. メンフィス・ミラノ(西武ヴァリエ)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、270頁。ISBN 4871310256
  2. ^ a b c d e f g h i ライナーより