ヨハン・ブルグミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラー
Johann Friedrich Franz Burgmüller
基本情報
出生 1806年12月4日
出身地 ドイツの旗 ドイツレーゲンスブルク
死没 1874年2月13日/フランスの旗 フランスエソンヌ県Marolles-en-Hurepoix
職業 作曲家・ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラーJohann Friedrich Franz Burgmüller, 1806年12月4日 - 1874年2月13日)はドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。日本では入門期のピアノ教則本「25の練習曲 Op.100」で知られる。

略歴[編集]

ブルクミュラーはドイツのレーゲンスブルクで生まれた[1]。父はオルガン奏者・指揮者のヨハン・アウグスト・フランツ・ブルクミュラー(1766年-1824年)[1]で、後にデュッセルドルフ市音楽監督となった。

1832年以降は1874年に没するまでパリを中心に活動し、ピアノの小品(「25の練習曲 Op.100」や「18の練習曲 Op.109」など)や少数のオペラバレエ音楽などを作曲している。アドルフ・アダン作曲のバレエ「ジゼル」に数曲の小品(「ペザント・パ・ド・ドゥ」など)を追加しており、管弦楽作品としてはこれが最も聴く機会の多いものである。他にバレエ曲「ラ・ペリ」(ポール・デュカスの作品とは別物)など。

ブルクミュラーが作曲した「25の練習曲 Op.100」は、日本のヤマハがピアノ教則本として採用している[1]。通常、ヤマハの生徒は8歳から10歳でこの教則本で練習を行う[1]

弟のノルベルト・ブルグミュラー(1810年-1836年)も作曲家・ピアニストで、将来を有望視されていたが夭折した。デュッセルドルフで行われた葬儀では、ノルベルトの親友フェリックス・メンデルスゾーンの葬送行進曲に合わせて葬られた[2]

25の練習曲[編集]

  1. 素直な心 - La Candeur
  2. アラベスク - L' Arabesque
  3. 牧歌 - La pastoral
  4. 子供の集会 - La petite Reunion
  5. 無邪気 - Innocence
  6. 進歩 - Progres
  7. 清い流れ - Le Courant limpide
  8. 優美 - La Gracieuse
  9. 狩猟 - La hasse
  10. やさしい花 - Tendre Fleur
  11. せきれい - La Bergeronnette
  12. さようなら- L' adieu
  13. なぐさめ - Consolation
  14. スティリアの女 - La Styrienne
  15. バラード - Ballade
  16. 小さな嘆き - Douce Plainte
  17. おしゃべり - La Babilarde
  18. 心配 - Inquietude
  19. アベ マリア - Ave Maria
  20. タランテラ - La tarentelle
  21. 天使の声 - L' lfarmonie des Anges
  22. 舟歌 - Barcarolle
  23. 帰途 - Le Retour
  24. つばめ - L' Hirondelle
  25. 貴婦人の乗馬 - La Chevaleresque

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Noriaki Nomoto. “Burgmüller”. 2011年10月31日閲覧。
  2. ^ BIOGRAPHY”. Klaus Zehnder-Tischendorf. 2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]