ビデオ・ゲーム・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VIDEO GAME MUSIC
細野晴臣ナムコサウンドトラック
リリース
ジャンル ゲームミュージック
時間
レーベル アルファレコード/¥ENレーベル(レコード)
ポニーキャニオンサイトロンディスク(CD)
プロデュース 細野晴臣
チャート最高順位
細野晴臣ナムコ 年表
- VIDEO GAME MUSIC
1984年
SUPER XEVIOUS
(1984年)
細野晴臣 年表
フィルハーモニー
1982年
花に水
1984年
テンプレートを表示

ビデオ・ゲーム・ミュージック』(VIDEO GAME MUSIC)は、日本初のゲームミュージックサウンドトラック作品で、細野晴臣プロデュースのアルバムである。ナムコが1980年から1983年にリリースしたゲームのBGM・効果音を収録している。

解説[編集]

1983年11月[2]、『ゼビウス』のファンであった細野晴臣が開発者の遠藤雅伸と、雑誌『ログイン』の野々村文宏の仲介で対談し[3]、ゲームミュージックのアルバム制作の機運が盛り上がる。

前例のないアルバムのため、プロジェクトの開始までに時間がかかり、また実際の収録にも基板から音を収録するのに手間を要したが、最終的には収録から編集まで2週間で終了した[2]。なお、遠藤も音源制作に協力している。

発売後は初週5700枚を売り上げる好セールスを記録し、オリコンチャート初登場19位に入る快挙を達成した[2]

当初はレコードカセットテープのみの発売であったが、1986年4月25日に『ザ・ベスト・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』として初CD化(1985年発売『ザ・リターン・オブ・ビデオ・ゲーム・ミュージック』のA面とカップリング収録)。また1996年12月24日には、¥ENレーベル作品のボックスCD『¥EN BOX VOL.2』に、『スーパーゼビウス』とともに収録。

2001年にはサイトロンディスクより、アルバム単体でのCD化がなされた。このCD化にあたっては、復刻版ライナーノーツのほか、当時の制作事情や収録ゲームのエピソードなどを記載した新たな冊子が同梱されている。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. XEVIOUS(作曲:慶野由利子
    • ゲームセンターの喧噪から始まり、ゼビウスのプレイ中の音を収録。その後BGMと効果音を用いたリミックスに続き、最後に2 - 5位ネームレジストが流れ、フェードアウトして終わる。
    • 冒頭の喧噪は、実際にゲームセンターで収録を行ったもの[2]。そのため、『ハイパーオリンピック』や『マリオブラザーズ』などの他社作品の音も、まぎれて収録されている。
    • タイトルは「ゼビウス」であるが、収録に使われたのはスーパーゼビウスの基板である。[要出典]
  2. BOSCONIAN(作曲:大野木宣幸
    • ほぼ効果音とボイスで構成されている。サウンドテストで「レバーを左に入れた状態で、時計回りに5回転させ、手前に来たらレバーを離す」と、同じ音を出すことができる[4]
  3. PAC-MAN(作曲:甲斐敏夫)
  4. PHOZON(作曲:慶野由利子)
  5. MAPPY(作曲:大野木宣幸)
    • 一部効果音がステレオ化されている(本来ゲームでは全てモノラル)。

SIDE B[編集]

  1. LIBBLE RABBLE(作曲:大野木宣幸)
    • BGMと効果音を用いたリミックス・バージョンを収録。
  2. POLE POSITION(作曲:大野木宣幸)
  3. NEW RALLY-X(作曲:大野木宣幸)
  4. DIG DUG(作曲:慶野由利子)
    • アナログ盤のオビでは「デグダグ」と誤記されている。
  5. GALAGA(作曲:大野木宣幸)
    • BGMと効果音のほか、シンセサイザーも加えたアレンジ・バージョンを収録。遠藤が終盤の展開を「ミッドナイトハイウェイ」と表現している[2]

補足[編集]

  • レコードジャケットの人物の顔は、『ゼビウス』AREA 5の埠頭の写真に、口をつけたもの。ただし初期盤には口が無く、身体部分のイラストの色も異なっている。2001年版CDのジャケットは口付きのレコードと同じデザインだが、ライナーノーツを裏返してケースに入れ直すと、初期盤のデザインに変更出来る。また、この人物は当時のナムコットのCMにも細野晴臣と一緒に登場している。なお、カセットテープのジャケットは単純に『ポールポジション』のゲーム画面のみ。
  • ライナーノーツには野々村文宏中沢新一が寄稿している。
  • 1984年5月10日には、ナムコ直営のゲームセンター「プレイシティキャロット田町店」に細野・遠藤両名を招き、松居直美三田寛子進行のもとテレビ生中継(TBSテレビ生だ!おもしろ特急便』)[5]で本作が紹介された[2]

脚注[編集]

  1. ^ オリジナル・コンフィデンス 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』、1990年、353頁。ISBN 4871310256 
  2. ^ a b c d e f 株式会社ナムコNG編集室「ビデオゲームミュージック発表報告」、『季刊NG』第6号、1984年7月25日、 9頁。
  3. ^ 太田出版「遠藤雅伸ロングインタビュー」、『CONTINUE』第15号、2004年ISBN 4872338529
  4. ^ 西島孝徳 『新明解ナム語辞典』、1987年12月1日、201頁。ISBN 9784930795861 実際には、サウンドテストを「01」 - 「19」の順に行い、最後に「00」を行うことで再現される。
  5. ^ 朝日新聞(東京版)・産経新聞(岡山版)1984年5月10日。同番組の内容に「細野晴臣テクノゲーム」の記述がある。なお、ローカルセールス枠だったため、山陽放送中国放送など同時ネットした局と、毎日放送大阪ガス一社提供『鶴瓶のぐるぐるグルメ』に差し替え)、中部日本放送(外国テレビドラマ『アーノルド坊やは人気者』に差し替え)など独自編成とした局とがあった。