北京ダック (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北京ダック
細野晴臣シングル
初出アルバム『トロピカル・ダンディー
B面 Black Peanuts
リリース
規格 7"シングルレコード
録音 クラウンスタジオ
ジャンル ロック
レーベル PANAM / 日本クラウン
作詞・作曲 細野晴臣
プロデュース 細野晴臣
細野晴臣 シングル 年表
絹街道
1975年
北京ダック
1976年
三国志メイン・テーマ
1982年
テンプレートを表示

北京ダック」(ペキンダック)は、日本シンガーソングライター細野晴臣の3枚目のシングル

概要[編集]

  • 曲自体は、1975年発売の2枚目のアルバム『トロピカル・ダンディー』に収録されているが、シングルにはアルバムとは異なるバージョンで収録されている。細野の発売当時のマネージャーだった長門芳郎によると「北京ダック」の新録シングルがリリース予定にあったと言う[1]。そのため、元々シングル用に新録することにしていたと思われる。
  • シングルバージョンは、CDでは『HOSONO BOX 1969-2000』、『CARAMEL PAPA〜PANAMソウル・イン・トーキョー』とボックスセット『Harry Hosono/Crown Years 1974-1977』の『泰安洋行』のボーナストラックに収録されている。また、シングルバージョンとは書かれていないが『ティン・パン・アレー セレクション』、ティン・パン・アレイと各メンバーの曲を取り混ぜて収録したティン・パン・アレイ『ヒストリー』や横浜にまつわる歌を集めたコンピレーションアルバム横浜幻想』(ヨコハマ・ファンタジー)にもシングルバージョンで収録されている。
  • 神奈川県横浜市中区山下町にある横浜中華街が舞台となっている。当時細野は実際に中華街のレストラン「同發新館」でライブを行い、この歌を歌っている。
  • B面の「Black Peanuts」は、3枚目のアルバム『泰安洋行』に収録される。こちらの方はアルバムとバージョンやミックスの変更はない。

収録曲[編集]

SIDE-A[編集]

  1. 北京ダック

SIDE-B[編集]

  1. Black Peanuts
    • 作詞・作曲・編曲:細野晴臣

演奏[編集]

北京ダック[編集]

Black Peanuts[編集]

  • 細野晴臣:Vocal, Electric Bass, Piano, Marimba, Chorus
  • 鈴木茂:Acoustic Guitar, Chorus
  • 林立夫:Drums, Chorus, Percussions
  • 岡田徹:Accordion

出典[編集]

  1. ^ ボックスセット『HARRY HOSONO Crown years 1974-1977』ブックレット32Pの長門芳郎インタヴューより

関連項目[編集]