スネークマン・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スネークマン・ショー
SNAKEMAN SHOW
スネークマンショースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
コント
レーベル アルファレコード
ソニー・ミュージックダイレクト(再発)
プロデュース 細野晴臣
桑原茂一
スネークマンショー 年表
- スネークマン・ショー
1981年
死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!
(1981年)
テンプレートを表示

スネークマン・ショー』(SNAKEMAN SHOW)は、1981年2月21日アルファレコードから発売されたスネークマンショーのアルバムである。帯に書かれたコピーから「急いで口で吸え」とも呼ばれる[1]

概要[編集]

1980年にYMOと組んで発表した『増殖』がヒット、それによりアルファ・レコード側から単独でアルバム発売を依頼され製作[1]。プロデュースは桑原茂一細野晴臣

ゲストはYMOのほか、加藤和彦ムーンライダースプラスチックスといった日本のミュージシャン(レコード会社の関係上匿名で参加[1])やクラウス・ノミザ・ロカッツなどの海外のミュージシャンが参加。

のちの1981年に続編「死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!」が出されている。

収録曲[編集]

A面[編集]

  1. 盗聴エディ P-1
  2. 磁性紀 - 開け心 - : YMO
    作詞 : 細野晴臣 作曲 : 坂本龍一高橋幸宏 編曲 : YMO・大村憲司
    フジカセットのCM曲として作成。資料によっては「開け心〜磁性紀のテーマ〜」とも表記される[2]。歌詞に対してクレームがついたため、はっきり聞こえないようにモノラルで録音された[2]
  3. 盗聴エディ P-2
  4. レモンティー : シーナ&ザ・ロケッツ
    作詞 : 柴山俊之 作曲・編曲 : 鮎川誠
  5. はい、菊池です
    大麻所持で逮捕されたポール・マッカートニーが取調室で横柄な警官(菊池)にサインを何枚も頼まれるという寸劇。ポールは前年の1980年に来日した際に大麻所持で現行犯逮捕されており、その直後にラジオで放送されたコントがベースとなっている。なお、後のポール本人へのインタビュー等で、ポールが拘置中に看守の警官にサインを何枚も頼まれ、色紙にサインしたことを明かしており、結果的にこのコントは半ば実話であったことが明らかになった。菊池の声は伊武雅刀が担当。
  6. 盗聴エディP-3
  7. オール・スルー・ザ・ナイト : ザ・ロカッツ
    作曲 : スマット・スミフ
  8. ストップ・ザ・ニュー・ウェイブ : 伊武雅刀とTHE SPOILとお友達
  9. ジミー・マック : サンディー
    作詞・作曲 : ブライアン・ホランド、エディー・ホランド、Lamont Dozier

B面[編集]

  1. 急いで口で吸え
  2. 黄金のクラップヘッズ : ザ・クラップヘッズ
    作詞・作曲 : ザ・クラップヘッズ
  3. シンナーに気をつけろ
  4. メケ・メケ : ドクター・ケスラー
    作詞 : シャルル・アズナブール丸山明宏 作曲 : ジルベール・ベコー 編曲 : ドクター・ケスラー
  5. 正義と真実
  6. コールド・ソング : クラウス・ノミ
  7. 咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー : ユー・アンド・ミー・オルガスムス・オーケストラ
    作詞 : スネークマンショー 作曲・編曲 : 細野晴臣
    1980年4月25日にスネークマンショーのラジオで放送された同名曲に細野が新たに曲をつけたもの。シングルカットもされている。
  8. これなんですか
  9. ごきげんいかが アゲイン

脚注[編集]

  1. ^ a b c 桑原茂一2監修『これなんですか? スネークマンショー』(新潮社、2003年)p139。
  2. ^ a b 『YMO イエロー・マジック・オーケストラ』 アスペクト、2007年、59頁。