サンディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンディー(Sandii)は、日本の女性歌手。東京都田無市(現:西東京市)生まれ。本名は鈴木あや日本芸術専門学校特別講師。

来歴・人物[編集]

アメリカ人と日本人とのハーフ。9歳の頃から歌手として活動。10歳のときにハワイにわたり、カイルアハイスクール卒業までそこで過ごす[1]。日本では70年代初頭から活動し、「サンディー・アイ」名義でグラビアアイドルとしても活躍していた(そのスタイルの良さは50歳を過ぎた今でも健在で、[独自研究?]ステージでの肌の露出度は高い)。1976年「グッドバイ・モーニング」で第7回世界歌謡祭グランプリ最優秀歌唱賞を受賞。1978年、映画『ナイル殺人事件』の主題歌「ミステリーナイル(サンディー・オニール名義)」がヒットする。

1980年細野晴臣プロデュースの初ソロアルバム『イーティン・プレジャー (Eating Pleasure)』を日本、イギリスでリリース。 また同アルバムから、「ラヴ・シック (cw/ イーティン・プレジャー)」をシングル・カット。

その後、「久保田麻琴と夕焼け楽団」を母体にした「サンディー&ザ・サンセッツ英語版」(本来は「ザ・サンセッツ」であったが、オーストラリアの新聞の誤報道がきっかけとなりこのバンド名となった)を結成し、世界各国のツアー活動を開始。オーストラリアでシングル「スティッキー・ミュージック」がヒットする。この頃より、日本よりも海外での評価が高まってゆく。

1990年より再びソロ活動を開始し、アルバム『マーシー』をリリース。元々アジア色の濃い音楽性であったが、久保田とディック・リーとの共同プロデュースにより、このアルバムによってそのスタイルがより強固になってゆく。1994年リリースのアルバム『ドリーム・キャッチャー』は海外でも高く評価され、服部良一音楽祭優秀アルバム賞を受賞している。

90年代中盤頃より、自身のルーツであるハワイ音楽に傾倒。『サンディーズ・ハワイ』などハワイアンを基調としたアルバムをセルフプロデュースで次々とリリースしている。クム・フラ(「フラの教師」の意)でもある。

変名を多用する人物で、先述のサンディー・オニール以外でも、サンドラ・ホーン名義で『ルパン三世』(第2期)のエンディング曲「ラブ・スコール」を歌っている。それ以外には「久保田あや」など。海外では「サンディー・鈴木」の芸名で活動する事もある。又ゴダイゴなど他のミュージシャンとのコーラス、CMソング(ノークレジットである事が多い)などのセッション活動も多い。

ディスコグラフィ[編集]

サンディー&ザ・サンセッツ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • ヒート・スケール
  • イミグランツ
  • Viva Lava Liva(ベスト盤)
  • ラ・ラ・ラ・ラブ
  • リズム・ケミストリー
  • ワン・ラブ
  • オリエンテーション(ベスト盤)

ソロ[編集]

シングル[編集]

  • くちづけは許して(サンディー・アイ名義)
  • 愛のメロディー(サンディー・アイ名義)
  • ペルシャ猫は恋泥棒(サンディ・愛 名義 作曲・トニー荒木)
  • ミステリー・ナイル(サンディー・オニール名義、映画『ナイル殺人事件』イメージソング)
  • グッドバイ・モーニング(作詞:庄野真代、作曲:なかじまかおる
    1992年に、近藤房之助が当時Mi-Ke宇徳敬子とコラボレートして宇徳敬子&近藤房之助名義で、『Good-by morning』と曲名をアルファベット表記に変えたカバー曲をリリースした。
  • ヘイ!キング・コング
  • ラブ・スコール(サンドラ・ホーン名義、テレビアニメ『ルパン三世』エンディングテーマ)
  • Suriram / Te cherir a jamais (12インチアナログ盤のみ)
  • ラヴ・シック (cw/ イーティン・プレジャー)_アルファ:ALR-707。1980年、サンディー名義

アルバム[編集]

  • くちづけは許して(1975年)(サンディー・アイ名義)
    2011年08月にオリジナルソング6曲のカラオケをボーナス・トラックで収録し、初CD化。
  • ミステリー・ナイル(1978年)(サンディー・オニール名義)
  • イーティン・プレジャー(1980年)
  • マーシー(1990年)
  • コム・アゲイン(1991年)
    蘇州夜曲」「花〜すべての人の心に花を〜」のダンスミックスも収録。発売から半年で約2万5000枚を販売した[2]
  • パシフィカ(1992年)
    オリコン最高55位。
  • アイルマタ(1993年)
  • ドリーム・キャッチャー(1994年)
  • WATASHI
  • サンディーズ・ハワイ
  • サンディーズ・ハワイ 2nd
  • サンディーズ・ハワイ 3rd
  • サンディーズ・ハワイ 4th
  • サンディーズ・ハワイ 5th
  • サンディーズ・ハワイ 7th
  • サンディーズ・ハワイ・クリスマス
  • Sandii with The Coconut Cups
  • Sings Pacific Lounge Classics featuring Lune Paolo
  • Sandii Beach

客演[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮原安春 「現代の肖像 サンディー アジア・ポップスの扉をあけた」『AERA』1994年9月5日号
  2. ^ 「ワタシにも歌えちゃう ニュー民謡 ニュー演歌」『日経流通新聞』1991年8月29日付、28頁。
  3. ^ アストロミュージック出版 | 1975〜1979年作品

外部リンク[編集]