世界歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界歌謡祭
World Popular Song Festival
世界歌謡祭会場として行われた日本武道館
世界歌謡祭会場として行われた日本武道館
通称・略称 WPSF
開催時期 毎年10月
初回開催 1970年
最終開催 1989年
会場 日本武道館
主催 ヤマハ音楽振興会
後援 外務省文化庁東京都、日本航空、フジテレビジョン、ニッポン放送、ヤマハ発動機、ヤマハ、ヤマハレクリエーション
備考
1988年は諸事情で中止。

世界歌謡祭(せかいかようさい、World Popular Song Festival)は、ヤマハ音楽振興会が主催し1970年から1989年まで毎年秋頃に日本武道館で開催された歌謡曲コンテスト。通称東洋のユーロビジョン

解説[編集]

1970年に東京国際歌謡音楽祭として開始され、翌年からは世界歌謡祭に改称された。日本からも弘田三枝子などの実力派歌手が出場している。1987年からはネッスル共催のBAND EXPLOSIONとの併催で行われていた。

1988年の第19回大会は昭和天皇の容態悪化(翌1989年崩御)を考慮し開催を中止。1989年の第20回大会はユニセフとの共催で歴代グランプリ受賞者によるチャリティーコンサートとし、20年の歴史に幕を下ろした。

テレビはフジテレビ日本テレビコッキーポップ)、ラジオはニッポン放送(コッキーポップ→ぽっぷん王国)でそれぞれ放送されていた。グランプリ受賞曲はフジテレビ『夜のヒットスタジオ』にて披露された。TBS東京音楽祭と並ぶ国際ポピュラー音楽コンクールとなった。

本大会は3日間にわたって開催。末期には2日間、1986年以降は1日開催となっており、最終日に本選が行われ、グランプリにはメダリオンと賞金10000ドルが授与されるほか、ほかに最優秀歌唱賞、金賞、川上賞、オーディエンス賞などがあった。

エピソード[編集]

当大会の司会は第1回から第15回まで坂本九が担当しており、大口のスポンサーとして日本航空ハウス食品工業(現・ハウス食品)が名を連ねていた。しかし、皮肉なことに1985年8月12日に起こった日本航空123便墜落事故により、坂本(過去ハウスのCMに出演歴あり)と当時のハウス社長・浦上郁夫がその犠牲となってしまった。そのため、同年の第16回大会(司会はこの回から第2回グランプリ受賞者の上條恒彦)では大会中坂本の追悼コーナーも設けられた。なお、同事故の影響により日航は第16回大会のスポンサードを辞退したが、第17回からスポンサーに復帰している。

歴代出場者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]