久保田麻琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保田 麻琴(くぼた まこと、本名:久保田 誠、1949年 - )は、日本の男性ミュージシャン

経歴[編集]

京都府生まれ、石川県小松市育ち。同志社大学文学部英文科在学中の1970年、URCから「アナポッカリマックロケ」でデビュー。また同年、軽音楽部の一年上だった水谷孝らと裸のラリーズのベーシストとしてバンド活動を始める。その後大学を1年休学しアメリカに行く。アメリカから帰った後、松任谷正隆プロデュースのソロ・アルバム『まちぼうけ』を発表。また、裸のラリーズと並行して夕焼け楽団を始める。ヒッピーカルチャー、アロハ琉球などを昇華した。[独自研究?]喜納昌吉の「ハイサイおじさん」のカバーなど。

のちに夕焼け楽団はフラダンスで知られるサンディー(元夫人)をメインボーカルに迎え入れ、ザ・サンセッツ(後にサンディー&ザ・サンセッツ英語版)として活動。「スティッキー・ミュージック」は、オーストラリアでヒットした。

細野晴臣と親交が深く、ユニットを結成したり、久保田の係わる作品にゲストミュージシャンとして参加している。

90年代はプロデューサー業中心で、サンディーのソロアルバムのプロデュースを初め、ディック・リーエルフィ・スカエシなど、アジア系のミュージシャン、歌手を数多くプロデュースする。

アルバム[編集]

久保田麻琴[編集]

  • まちぼうけ (1972年)
  • 久保田麻琴II / サンセット・ギャング(1973年)
  • On The Border(2000年)
  • KAUAI March-05(2005年)
  • スピリット・オブ・ヒーリング-バリ(2005年)
  • スピリット・オブ・ヒーリング-インド(2006年)
  • バリ・ドリーム(2008年)
  • スパ アジア(2010年)

久保田麻琴と夕焼け楽団[編集]

  • ハワイ・チャンプルー(1975年)
  • ディキシー・フィーバー(1977年)
  • ラッキー・オールド・サン (1977年 / 夕焼け楽団単独名義)
  • セカンド・ライン(1979年)
  • リズム・ロマンス(1981年 / 夕焼け楽団単独名義の編集盤)

Sunsetz[編集]

  • ヒート・スケール(1981年)

Sandii & The Sunsetz[編集]

  • イミグランツ(1982年)
  • Viva Lava Liva(1984年)
  • ラ・ラ・ラ・ラブ(1986年)
  • リズム・ケミストリー(1987年)
  • ワン・ラブ(1988年)
  • オリエンテーション(1989年)

Harry & Mac[編集]

細野晴臣とのユニット

  • Road to Louisiana(1999年)

カラビサ[編集]

細野晴臣、照屋林賢とのユニット

  • Roochoo Gumbo y2k(2000年)

Blue Asia[編集]

マレーシアのMac & Jennyとのプロジェクト

  • HOTEL IBAH(2001年)
  • HOTEL ISTANBUL(2001年)
  • HOTEL WAIMEA(2002年)
  • HOTEL Re-Champur(2002年)
  • HOTEL VIETNAM(2003年)
  • HOTEL BANGKOK(2005年)
  • HOTEL MOROCCO(2006年)
  • SKETCHES OF MYAHK(2009年)

著書[編集]

  • 世界の音を訪ねる—音の錬金術師の旅日記(岩波書店、2006年)ISBN 978-4004310112

関連項目[編集]