喜納昌吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
喜納 昌吉
きな しょうきち
生年月日 1948年6月10日(67歳)
出生地 沖縄県コザ市(現・沖縄市
出身校 琉球政府立普天間高校
国際大学(現・沖縄国際大学除籍[1]
前職 音楽家
所属政党 民主党(旧鳩山グループ)→)
無所属

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日
テンプレートを表示

喜納 昌吉(きな しょうきち、1948年6月10日 - )は、ウチナー・ポップを代表する音楽家日本政治家民主党沖縄県連元代表[2]沖縄県コザ市(現・沖縄市)出身。参議院議員(1期)を務めた。

略歴[編集]

  • 1948年、米軍占領下のコザ市(現・沖縄市)に生まれる。
  • 1961年、島袋中学入学
  • 1964年、琉球政府立普天間高等学校入学
  • 1967年、国際大学(現・沖縄国際大学)入学。友人兄弟で「チャンプルーズ」のもとになるバンド結成。民謡クラブ「ミカド」経営。
  • 1970年、国際大学(現・沖縄国際大学)中退
  • 1972年、麻薬不法所持により琉球警察逮捕される。
  • 1973年、沖縄刑務所出所
  • 1976年、喜納昌吉&チャンプルーズ結成、「ハイサイおじさん」が沖縄で大ヒット。久保田麻琴中村鋭一らにカヴァーされ、本土でも知られる。
  • 1977年、東京デビュー。アルバム「喜納昌吉とチャンプルーズ」をリリース
  • 1980年、「花〜すべての人の心に花を〜」発売
  • 1987年、タイで「花〜すべての人の心に花を〜」大ヒット 、半年間チャートの1位を独占した。
  • 1991年、NHK紅白歌合戦出場
  • 1993年、中国で「花〜すべての人の心に花を〜」大ヒット
  • 1995年、終戦被爆50年祈念「黒潮祈りの巡礼 サバニ・ピース・コネクション」。沖縄西南端の与那国島から2000キロの距離を2ヶ月間かけて、25の島々を手漕ぎのサバニでつむぎ渡り、鹿児島県山川港に上陸。水俣、大阪などを経由し8月6日に広島、8月9日には長崎の両市長に島々からの平和のメッセージを届けた。
  • 1995年、第1回「遠藤実歌謡音楽大賞」受賞
  • 1996年、アトランタオリンピックにおいて行われた近代オリンピック百周年を記念する祭典にアジア大陸代表として出演。
  • 1996年、朝日新聞「海への功労賞」受賞
  • 1998年、喜納の環境保護活動に対し 「オメガアワード」受賞
  • 2004年7月、第20回参議院議員通常選挙比例区民主党から出馬し当選。
  • 2009年12月24日、実父である喜納昌永が死去
  • 2010年7月、第22回参議院議員通常選挙比例区に民主党から出馬し、再選を目指すも落選。
  • 2014年11月、2014年沖縄県知事選挙に出馬したが、得票数最下位で落選。

経歴[編集]

父は沖縄民謡の第一人者喜納昌永。11人兄弟の四男。妹の喜納啓子も歌手。元妻も歌手の喜納友子。

沖縄民謡を元にした独特のメロディとウチナーグチ(沖縄方言)が特徴的なポップスを歌ってきた。実妹らと共に結成したバンド「喜納昌吉&チャンプルーズ」の音楽は、りんけんバンドネーネーズ等のものと共に「ウチナー・ポップ」とも呼ばれる。

平和活動に携わり、「すべての人の心に花を(「花」の副題でもある)、すべての武器を楽器に、すべての基地を花園に、戦争より祭りを」というメッセージを発信し続けている。2002年3月13日には、このメッセージをテーマとするNGO、ピースメーカーズ・ネットワーク(PMN:Peace Makers Network)も作られた。

インドの宗教家、神秘思想家バグワン・シュリ・ラジニーシ(オショウ 和尚 OSHO)のサニヤシン(弟子)である。サニヤス名(法名)はスワミ・プレム・ウパニシャッド。

政治家として[編集]

県内の在日米軍基地問題アイヌ問題、世界の先住民族との連携、「ニライカナイ祭り」「白船計画」などに積極的に関わっている。防衛省設置法案には賛成票を投じている。

民主党は、当初は沖縄県の在日米軍基地について、県外・国外移転を公約していた。しかし、2010年鳩山政権普天間基地移設先として、従来の自公政権同様、県内・辺野古への移転受け入れを表明(詳細は普天間基地移設問題参照)。同年の第22回参院選でも、辺野古受け入れに公約を変えた。

沖縄県連は沖縄県選挙区に在日米軍県内移設に反対する独自候補を擁立しようとしたが、党本部は争点にされることを嫌い擁立を拒否。さらに、県連は次善の策として移設反対派の山城博治(無所属社民社大推薦)を支援しようとしたので、安住淳選対委員長は「政府方針と違う候補者を応援するな」と、比例区で立候補を予定していた喜納の公認取り消しをちら付かせ断念させた[3][4]。結果、沖縄県選挙区は自民島尻安伊子が再選し、また比例区の喜納は落選した。同年11月の沖縄県知事選挙でも、民主党沖縄県連は引き続き辺野古移設に反対を表明したが、候補者を擁立できず、不戦敗に終わった。

2013年3月、同年夏に実施される第23回参院選の民主党公認内定候補(比例区)となった事が発表された。同年6月25日、常任幹事会において自ら公認内定の取り下げを願い出て認められた[5]。喜納が代表を務める民主党沖縄県連は沖縄県選挙区でも独自候補擁立を模索したが、最終的には断念。平和バスガイドの新島メリーを支援した。

2014年9月、民主党沖縄県連は同年11月の沖縄県知事選挙に喜納を擁立することを発表。喜納も出馬に強い意欲を示している。 喜納の意向に対して、民主党本部は立候補取りやめ、もしくは離党を求めた。これに対し、喜納は10月10日に沖縄県連代表を辞任したが、党本部の求める立候補中止と離党については拒否。このため、「重大な反党行為」に当たると判断した党本部は同月14日、常任委員会において喜納の除籍処分を決定した[6]。投開票の結果、得票数最下位で落選した。

政策[編集]

  • 沖縄県への一括交付金を立案し実現[7]
  • 国が運営主体となっていた首里城の沖縄県への返還を実現[8]
  • 沖縄の離島へのベーシックインカムの導入を提唱
  • 唯一原発行政のない沖縄にR-水素(再生可能水素)など最新エネルギー技術の粋を結集し先端エネルギー社会のモデルを実現する、スマートアイランドOKINAWAを提唱。
  • 辺野古埋め立て承認の取り消し・撤回
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[9]

所属議員連盟[編集]

代表曲[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1991年(平成3年)/第42回 花〜すべての人の心に花を〜 15/28 松原のぶえ 喜納昌吉(&チャンプルーズ)として出場
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

著書[編集]

  • 『喜納昌吉 1948〜2000 流れるままに』 エイト社、2000年。
  • 『泣きなさい笑いなさい―ウパニシャッドの詩』 リヨン社、1988年8月。ISBN 4576880896
  • 『すべての武器を楽器に』 冒険社、1997年5月。ISBN 4938913135 - JLNSブロンズ賞受賞
  • 『すべての人の心に花を』 双葉社、2001年4月。ISBN 4575292079
  • 『反戦平和の手帖―あなたしかできない新しいこと』集英社新書、2006年3月。ISBN 978-4087203349 - C・ダグラス・ラミスとの共著
  • 『沖縄の自己決定権』 未來社、2010年5月31日。ISBN 978-624-30114-9 C0031

脚注[編集]

  1. ^ 政官要覧 平成21年秋号
  2. ^ 民主党ニュース:沖縄に寄り添い政策を進めていく 新体制スタートにあたり細野幹事長が表明 2013年05月15日
  3. ^ 沖縄タイムス[共闘と分裂・参院選後の県内政局](3)正念場の民主県連 本部は圧力 県民は失望 2010年7月15日 09時30分
  4. ^ 喜納は比例区候補なので、公認取り消しは即立候補取り消しを意味する。この選挙では、たちあがれ日本足高慶宣が、選挙中に党の方針に反する行動を理由に除名、立候補を取り消されている。
  5. ^ 民主、喜納昌吉氏の公認内定取り消し読売新聞、2013年6月26日、2013年7月24日閲覧
  6. ^ 民主党、沖縄知事選立候補の喜納氏を除名日刊スポーツ 2014年10月14日(2014年10月15日閲覧)
  7. ^ 「民主党沖縄県連の歩み」民主党沖縄県総支部連合会、2014年10月7日。
  8. ^ 「民主党沖縄県連の歩み」民主党沖縄県総支部連合会、2014年10月7日。
  9. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  10. ^ 「共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い

外部リンク[編集]