みんなのうた発掘スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

みんなのうた発掘スペシャル』(みんなのうた はっくつスペシャル)は、2012年3月に5回に亘ってNHK総合の深夜で放送された、『みんなのうた』関連の特別番組である。

概要[編集]

1961年4月1日に開始し、2011年で放送50周年を迎えた『みんなのうた』だが、過去放送した1300曲以上の楽曲のうち、500曲の映像や音声が失われてしまった[1]

そこで放送50周年をきっかけに「みんなのうた発掘プロジェクト」を立ち上げ、2011年1月1日からリニューアルされた番組サイトや、その日NHK総合で放送された『みんなのうた新春スペシャル』で、視聴者からの情報提供を呼びかけたところ、1年間の間に、音声約200曲、映像約80曲もの楽曲を回復する事が出来た[2]。そこで、発掘された映像付き楽曲の中から、約60曲を5回に亘って放送されたのが当番組である。

番組構成[編集]

オープニングは、「VOL.1」と「VOL.2」は通常放送版と同じオープニング映像に、「みんなのうた発掘スペシャル」のタイトルテロップを添えて放送した後、ナレーションと放送曲紹介を添えたアバンタイトル(新造)を放送したが、「VOL.3」以降は通常放送版OPが省略されて、いきなりアバンタイトルとなる。

曲名表示部は、放送当時の同部分(初回・再放送に関らず)をそのまま放送したが、『こびとのうた』、『じゃがいも』などの様に、ホワイトバックに曲名などのテロップを添えた物も存在した。また通常番組で行われている「初回放送年月」のテロップも添えられたが、『じゃがいも』、『歩いて行こう』などの様に、楽曲映像部の冒頭に添えられた物も存在した。

楽曲映像部は、「歌手名」、「映像製作者」、「歌詞」のテロップは当時の物をそのまま放送するか、あるいはニュープリントとなるかのどちらかとなる。また映像は両脇にサイドパネルを添えて放送し、更に通常番組同様、曲のラストには画面右隅に「曲名」「歌手名」のテロップが添えられた。

エンドキャッチは、「VOL.1」は通常番組の物を使用、「VOL.2」は「発掘プロジェクト」に関する視聴者への呼びかけだったが、「VOL.3」以降は最終曲のラストの画面に、そのままタイトルが添えられた。

放送楽曲一覧[編集]

VOL.1[編集]

放送日時:2012年3月16日 1:40 - 2:20(JST

VOL.2[編集]

放送日時:2012年3月17日 1:55 - 2:25(JST)

VOL.3[編集]

放送日時:2012年3月20日 4:30 - 5:00(JST)

VOL.4[編集]

放送日時:2012年3月28日 2:25 - 2:55[6](JST)

VOL.5[編集]

放送日時:2012年4月3日15:25 - 15:55 本来は3月26日 2:10 - 2:40(JST)放送予定だった。 また、関東向けにはL字画面「暴風に警戒」を表示していた。

脚注[編集]

  1. ^ みんなのうた#発掘プロジェクトの項を参照。
  2. ^ 『NHKテキスト みんなのうた 2012年4・5月号』(NHK出版、7頁、2012年
  3. ^ 1972年放送のリメイク版。
  4. ^ 1978年放送のオリジナル版。
  5. ^ 1979年放送のオリジナル版。
  6. ^ 当初は3月23日 2:05放送の予定だったが、当日放送の国会中継の未放送分を放送したために、放送変更となった。
  7. ^ 1979年放送のリメイク版。
  8. ^ 同曲がオープニングテーマ曲として使われたアニメ『名犬ジョリィ』やエンディングテーマ『ふたりで半分こ』(こちらも『みんなのうた』で放送された)とカップリングされたシングルレコードでは「堀江美都子とティティーネ&チルドレンコーラス」とクレジットされた。

関連項目[編集]