音のシンフォニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みんなのうた
音のシンフォニー
歌手 NHK東京児童合唱団
作詞者 山本直純
作曲者 山本直純
編曲者 山本直純
映像 アニメーション
映像制作者 中原収一
初放送月 1974年6月 - 7月
再放送月 1975年8月 - 9月
2012年8月 - 9月
2019年6月 -
その他 2012年3月17日の『みんなのうた発掘スペシャル』でも放送。
テンプレートを表示

音のシンフォニー」(おとのシンフォニー)は、日本の歌。作詞・作曲・編曲:山本直純。歌:NHK東京児童合唱団

概要[編集]

「音」を題材にした歌で、「動物の鳴き声」「楽器」「職業」に関する音を7つずつ出し、それを一斉に合わせる内容。曲構成は、前半は7つの音の紹介、後半前部は途中でそれらを一斉に鳴らし、後部は「ラララ…」となっている。

この曲は、1960年代にNHKの『歌のメリーゴーラウンド』で歌われていた。1966年には第8回日本レコード大賞の童謡賞候補にもなった(受賞曲は石川進の「オバケのQ太郎」)。

その後も、1974年6月から同年7月までNHKの『みんなのうた』で紹介された。同番組においては3番が省略され、2番はオリジナル版の3番の調で歌われた。映像は、児童文学作家の中原収一によるアニメーションである。中原が同番組で手がけたアニメーションは、本作が最後となっている。

『みんなのうた』版の再放送は1975年8月 - 9月に一度実施して以来長らく行われていなかったが、2011年に始められたみんなのうた発掘プロジェクトで映像が見つかり、2012年3月17日(16日深夜)放送の『みんなのうた発掘スペシャル』で36年ぶりに再放送された。そして同年8月からは『みんなのうた』本編での再放送が行われた。

音の内容[編集]

1番[編集]

  1. イヌ
  2. ネコ
  3. ブタ
  4. サル
  5. ネズミ
  6. ガチョウ
  7. ヤギ

2番[編集]

  1. ピアノ
  2. ヴァイオリン
  3. クラリネット
  4. 太鼓
  5. トランペット
  6. トロンボーン
  7. ギター

3番[編集]

  1. 大工(トンカチ)
  2. 豆腐屋(ラッパ)
  3. 交差点の警察官
  4. ラーメン屋(チャルメラ)
  5. バスの車掌
  6. 体操の先生
  7. 魚屋の主人

参考文献[編集]

「NHKみんなのうた第16集」(日本放送協会出版・刊)38頁〜41頁

外部リンク[編集]