森田公一とトップギャラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森田公一とトップギャラン(もりた こういち と トップギャラン)は、森田公一が率いる音楽バンド。

概要[編集]

1969年に結成され、エキスプレス/東芝音工(現・ユニバーサルミュージック)よりデビュー。その後CBSソニーレコードに移籍。「青春時代」などのヒット曲を出す。1977年第28回NHK紅白歌合戦に出場。1981年解散。

その後、1990年に森田公一自身の作曲家30周年を記念して森田公一とトップギャランⅡとして再結成された。元Sugarのミキこと笠松美樹がキーボード担当として一時期加わっていた。

メンバー[編集]

  • 森田公一 - ボーカル、キーボード、リーダー
  • 渡部玲子 - ボーカル
1948年2月7日生。東京都出身。大和田覚門下。日劇ダンシングチーム出身。1967年ソロ歌手万里れい子としてデビュー。その後、森田に師事。1990年代にソロ作品がサイケデリック歌謡として再評価された[1]
  • 原田正美 - ギター
荒木一郎&マグマックス・ファイブ、元ポニーズ
  • 岩田康男 - ギター
元スケルトンズ、元レモンルーツ。
  • 小原重彦 - ベース
元マグマックス・ファイブ。CM音楽制作「音楽屋ラルゴ」主宰。童謡作曲家[2]
  • 北村勝彦 - ドラムス
元スケルトンズ、元レモンルーツ。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 レーベル 品番 オリコン

最高位

タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
森田公一とトップギャラン
1971年2月5日 東芝音楽工業 EP-1276 A 恋のグァム島
B グァム・グァム・エブリボディ
1971年11月5日 ETP-2547 A 時は変る(キープ・クリーン)
B 過去の涙
1973年5月5日 TP-2842 A アフリカの雪 阿久悠 森田公一
B 人間は飛べるのだ
1974年1月 TP-2953 A 長距離バス 阿久悠 森田公一
B
1975年9月 CBS・ソニー SOLB-295 48位 A 下宿屋 阿久悠 森田公一
B マリーこれが涙だ
1976年4月 SOLB-395 168位 A 人間はひとりの方がいい 阿久悠 森田公一
B
1976年8月21日 06SH-51 1位 A 青春時代 阿久悠 森田公一
B 別れ煙草
1977年2月 06SH-112 27位 A 想い出のピアノ 阿久悠 森田公一
B 悲しみをこらえて
1977年9月 06SH-198 54位 A 過ぎてしまえば 阿久悠 森田公一
B もう飲むな また抱いてしまう
1978年3月 06SH-265 95位 A 惜春の唄 山上路夫 森田公一
B どうかしている
1978年9月 06SH-377 A 白い流氷 山上路夫 森田公一
B 誰でも人は淋しがり
1978年10月 06SH-408 A ローテーション 阿久悠 森田公一 KBCテレビ「亭主の家出」主題歌
B
1978年11月 06SH-414 A 北国放浪 阿久悠 森田公一 1979年1月にみんなのうたで放送、NHK「ほっかいどう730発-北帰行」主題歌
B 吹雪の里 伊藤アキラ
1979年1月 06SH-445 A どうぞ勝手に 伊藤アキラ 森田公一
B 喜望峰
1979年5月 A もともと孤独
B 銀河宇宙
1979年11月 06SH-637 A 沿線名画座 阿久悠 森田公一
B いつかどこかで誰かと何か
1980年4月 A 君へラブソング 伊藤アキラ 森田公一
B
1980年9月 07SH-861 A ある青春 山上路夫 森田公一 船山基紀
B しんじゅく’60
森田公一
1982年8月 CBS・ソニー 07SH-1201 A 愚か者の詩 山上路夫 森田公一 川口真
B 墜ちてゆくマリー
森田公一とトップギャランⅡ
1990年8月 ビクター音楽産業 1 浪漫を抱いて
2 友よ
1 時代おくれ 森田公一
2 下宿屋

非売品シングル・ソノシート[編集]

  • まんまるの歌/マンマルルの歌 (マルイ マルイの丸井です)- トップギャラン名義・両面とも小林亜星作曲(1975年、丸井CMソング)
  • 船は進む/船は進む[カラオケ](1976年、CBS・ソニー、YESA-38)(ソニー創立30周年記念・新しいソニーの歌)
  • 翔び立つ私(太田裕美)/白い旅(1976年、AMS-557)(日本航空'76スキーツアー)
  • 阿波の狸/藍の里(1978年)- ('78ふるさとカーニバル・阿波の狸まつり)
  • ちいさな旅立ち/ちいさな旅立ち[インストゥルメンタル](1978年、YESA-57)-(日本カーフェリー)

アルバム[編集]

  • ファースト・アルバム(1975年、CBS・ソニー、SOLL-156)
  • 人間はひとりの方がいい(1976年、CBS・ソニー)
  • 青春時代(1976年、CBS・ソニー)
  • 想い出のピアノ(1976年、CBS・ソニー、25AH-158)
  • 過ぎてしまえば(1977年、CBS・ソニー、25AH-294)
  • どうぞ勝手に(1979年、CBS・ソニー、25AH-678)
  • ラブ・ソングス・フォー・ユー(1980年、CBS・ソニー、25AH-961)
  • 時代漂流(1990年11月21日、ビクター音楽産業、VICL-99)
  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション(2010年1月20日、MHCL1694-5)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1977年(昭和52年)/第28回 青春時代 08/24 ハイ・ファイ・セット

加藤久仁彦&トップギャラン[編集]

森田・岩田を除いて再集結したトップギャランと狩人加藤久仁彦で2010年から活動[3]。リーダーは小原重彦[4]。※結成当時狩人は解散状態、2012年再結成。

ディスコグラフィー[編集]

  • 「青春紙風船」(2011年)作詞:阿久悠、作曲:森田公一。※阿久の未発表の詞に新たに作曲をした[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]