森田公一とトップギャラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

森田公一とトップギャラン(もりた こういち と トップギャラン)は、森田公一と5名のコーラスによるグループ。 

概要[編集]

1969年に結成され、エキスプレス/東芝音工(現・ユニバーサルミュージック)よりデビュー。その後CBSソニーレコードに移籍。「青春時代」などのヒット曲を出す。1977年第28回NHK紅白歌合戦に出場。1981年解散。

その後、1990年に森田公一自身の作曲家30周年を記念して森田公一とトップギャラン2として再結成された。元Sugarのミキこと笠松美樹がキーボード担当として一時期加わっていた(Sugarは87年に解散している)。

メンバー[編集]

  • 森田公一 - ボーカル、キーボード、リーダー
  • 渡部玲子 - ボーカル
  • 原田正美 - ギター
  • 岩田康男 - ギター
    • 元スケルトンズ、元レモンルーツ。
  • 小原重彦 - ベース
    • 元マグマックス・ファイブ。
  • 北村勝彦 - ドラムス
    • 元スケルトンズ、元レモンルーツ。

代表作[編集]

  • 恋のグァム島 c/w グァム・グァム・エブリボディ(1971年2月5日発売:デビュー盤)東芝音工 EP-1276
  • 時は変る (キープ・クリーン) c/w 過去の涙(1971年11月5日発売)東芝音工 ETP-2547
  • アフリカの雪(1973年シングル)
  • 長距離バス(1973年シングル)
  • 下宿屋 c/w マリーこれが涙だ(1975年8月シングル)
  • 青春時代c/w 別れ煙草(1976年8月シングル)
  • 秋だなァ(1976年アルバム「青春時代」収録)
  • 地球最後の日(1976年アルバム「青春時代」収録)
  • 愛する人に歌わせないで(森山良子への提供楽曲)(1976年アルバム「青春時代」収録)
  • 人間はひとりの方がいい c/w 爪(1976年シングル)
  • 想い出のピアノ c/w 悲しみを(1977年2月シングル)
  • 過ぎてしまえば c/w もう飲むなまた抱いてしまう(1977年8月シングル)
  • 乳母車(菅原洋一への提供楽曲)
  • 惜春の唄 c/w どうかしている(1978年2月シングル)
  • ちいさな旅立ち(1978年5月シングル)
  • 白い流氷(1978年8月シングル)
  • ローテーション(KBCテレビ「亭主の家出」主題歌)(1978年シングル)
  • 北国放浪(1978年12月1979年1月みんなのうたで放送) c/w 吹雪の里(1978年シングル)
  • どうぞ勝手に c/w 喜望峰(1979年シングル)
  • 沿線名画座 c/w いつかどこかで誰かと何か(1979年シングル)
  • ある青春 c/w しんじゅく’60(1980年シングル)
  • 君へラブソング(1980年シングル)
  • 時代おくれ河島英五への提供楽曲)
  • ひと駅ごとに
  • 浪漫を抱いて c/w 友よ(1990年8月シングル)森田公一とトップギャランⅡ
  • 時代おくれ c/w 下宿屋 森田公一とトップギャランⅡ

アルバム[編集]

  • ファースト・アルバム(1975年)
  • 人間はひとりの方がいい(1976年)
  • 青春時代(1976年)
  • 想い出のピアノ(1976年)
  • 過ぎてしまえば(1977年)
  • ラブ・ソングス・フォー・ユー(1980年)
  • GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション(2010年1月20日発売:MHCL1694/5)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1977年(昭和52年)/第28回 青春時代 08/24 ハイ・ファイ・セット
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。