Sugar (日本のコーラスグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Sugar
別名 シュガー
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
コーラス
活動期間 1981年 - 1987年
レーベル フォーライフ
メンバー ミキ (ボーカルキーボードピアノ
クミ (ボーカル、ギター
モーリ (ボーカル、ベース

Sugar(シュガー)は、日本の3人組女声コーラス・グループ。元々はバンドとして結成されたため、デビュー当初は3人とも楽器を演奏しながら歌っていたが、活動後期には得意分野であるコーラスに特化して楽器を持たずに歌うこともあった。代表曲『ウエディング・ベル』は、きれいなコーラスと、自分を振って別の女性と結婚した元恋人に悪態をつく歌詞で一躍注目された。

メンバー[編集]

解散後は、テレビ朝日の子供向け番組『パオパオチャンネル』のコーナー「ピッカピカ音楽館」で「ねこのひげ」(「DE:RAH」名義)と「すきだからあだな」(「MIKI」名義)を歌っていた[1]。その後、「森田公一とトップギャラン2」のキーボードを経て、現在はソロ及び作曲家として活動。
解散後は、ソロ活動等を経て、現在はデザイナーとして、企画・デザイン会社Bring代表。犬の愛護を目的とした団体NPO法人シュガープロジェクトも運営している。
解散後はタレントとしてラジオのリポーターなどを中心に活動。1988年6月に結婚後も仕事を続けていたが、第一子の出産直前に常位胎盤早期剥離による羊水塞栓症を発症し29歳で死去。

来歴[編集]

クミとモーリが横浜市立寺尾中学校在校中に出会い、モーリの通う神奈川県立鶴見高等学校音楽バンド「かりんとう」の活動を開始。第14回ヤマハポピュラーソングコンテストに出場する。2人は「杉山清貴&オメガトライブ」の前身バンドである「きゅうてぃぱんちょす」結成時(1978年12月)のメンバーでもあった。 その後、ミキが合流し、「シュガー」となる。グループ名の由来は「自分達がしお(塩)らしくない」という意味から。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. ウエディング・ベル[2]/新鮮微笑女(1981年11月21日)
  2. アバンチュールはルックスしだい/新入社員ととらばーゆ(A.M.9 to P.M.5)(1982年4月21日)
  3. 私○にほリカ人/an non ストリート(1982年8月21日)
  4. Misty Night/浮気な勉強ガール(1982年10月21日)
  5. ウエディング・ベル II/アバンチュールはルックスしだい II(1982年11月21日)
  6. キスがいっぱい/春・花ざかり(1983年4月5日)
  7. 中ブラ・ラブ/中ブラ・ラブ(カラオケ)(1983年5月5日)
  8. タマゴ/IMAGINATION EXPRESS<夢急行>(まんがはじめて物語第4期ED/OP)(1983年6月5日)
  9. CIRCUS GAME/スイマセン My love(伊賀野カバ丸OP/ED)(1983年11月5日)
  10. 恋はマスカレード/MIDNIGHT CALL(1984年4月21日)
  11. ナイト・ポリス/Goin' Man(1985年9月5日)

アルバム[編集]

  1. Sugar Dream(1981年12月5日)
    1. ムーピー・ベイビー
    2. 色キャンディー
    3. バナナが桃(ピーチ)に恋をした
    4. ごめんなさいね…
    5. Love Is Moment
    6. おねむEXPRESS
    7. ふられBaby
    8. ハートブレイク・バレンタイン
    9. ウエディング・ベル
    10. Sugar Dream
  2. COFFEE BREAK(1982年9月21日)
    1. Misty Night
    2. キラキラSummerメモリー
    3. 女は色よ
    4. Who are you ?
    5. Lindy
    6. 私oにほリカ人
    7. ギャルズ・パワー
    8. 熱い夢
    9. Bobby Soxer 物語 ~夏の少女Anna~
    10. ウエディング・ベル その後
    11. オー・ラーメン
  3. Sugar Bean(1983年5月21日)
    1. キスがいっぱい
    2. 夏のLonely Night
    3. バースデイ・スーツ
    4. おばかさん
    5. 100 million
    6. Good morning, April
    7. Sugar Bean
    8. いじわるShine
    9. なぜ
    10. マンゴ・マドンナ
    11. いいお嫁さんになるため
    12. ひばり(美しい空に...)
  4. FACES(ベスト盤)(1983年12月5日)
    1. ウエディング・ベル
    2. Lindy
    3. 熱い夢
    4. Who are you
    5. ムーピー・ベイビー
    6. タマゴ
    7. アバンチュールはルックスしだい
    8. いじわるShine
    9. ふられBaby
    10. ごめんなさいね…
    11. キスがいっぱい
    12. 夏のLonely Night
  5. 29:00 AM(1985年8月21日)
    1. Goin' Man
    2. ラッキー・シャワー
    3. 29:00 Tonight
    4. Doubt
    5. 上海ベイ・ブルース
    6. NY 5th Ave.
    7. ナイト・ポリス
    8. ベイビー・ジェーン
    9. 今夜は特別
    10. Who am I
  6. SUGAR(ベスト盤)(1987年2月21日)
    1. ウエディング・ベル
    2. アバンチュールはルックスしだい
    3. 私oにほリカ人
    4. Misty Night
    5. キスがいっぱい
    6. CIRCUS GAME
    7. 恋はマスカレード
    8. ナイト・ポリス
    9. 新鮮微笑女
    10. 新入社員ととらばーゆ(A.M.9 to P.M.5)
    11. an nonストリート
    12. ふられBaby
    13. 春・花ざかり
    14. Sugar Dream
    15. ウエディング・ベルⅡ
  7. ゴールデン☆ベスト(ベスト盤)(2004年10月20日)
    1. ウエディング・ベル
    2. アバンチュールはルックスしだい
    3. 私○にほリカ人
    4. Misty Night
    5. キスがいっぱい
    6. CIRCUS GAME
    7. 恋はマスカレード
    8. ナイト・ポリス
    9. 新鮮微笑女 Heart Box
    10. 新入社員と とらばーゆ
    11. an non ストリート
    12. ふられBaby
    13. 春・花ざかり
    14. Sugar Dream
    15. ウエディング・ベルⅡ
    16. ハ-トブレイク・バレンタイン
    17. 涙色キャンディ-
    18. ごめんなさいね…

みんなのうた[編集]

NHKみんなのうた』で2曲を歌っている。

  • カメレオン(1984年8月-9月放送)
  • こぶたのしっぽ(1986年6月-7月放送)

書籍[編集]

  • バナナ&桃(ピーチ)白書(1982年、立風書房

主なテレビ出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1982年(昭和57年)/第33回 ウエディング・ベル 07/22 サザンオールスターズ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM [編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、317頁。ISBN 978-4-907583-45-3
  2. ^ 2009年4月にフジテレビ月9ドラマ婚カツ!』の主題歌としてPUFFYがカバー

外部リンク[編集]