山本コウタロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 コウタロー
出生名 山本 厚太郎(やまもと こうたろう)
生誕 (1948-09-07) 1948年9月7日(71歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都 千代田区
ジャンル J-POPフォークソング
職業 シンガーソングライター
歌手
タレント
大学教授
活動期間 1969年 -
レーベル ビクター音楽産業
CBSソニー
日本コロムビア/TRIAD
NEWSレコード
事務所 オフィスプロフィット
共同作業者 ソルティー・シュガー
武蔵野タンポポ団
山本コウタローとウィークエンド
山本山田
山本コウタローとほぼウイークエンド
渡鬼おやじバンド

山本 コウタロー(やまもと コウタロー、本名:山本 厚太郎(やまもと こうたろう)、1948年9月7日 - )は、日本歌手タレント白鴎大学教授。オフィスプロフィット所属。芸名は山本コウタロー(コタローではない)だが、作曲や大学で教鞭をとるときは本名の山本厚太郎名義で行っている。

東京都千代田区出身。千代田区立麹町中学校東京都立日比谷高等学校一橋大学社会学部卒業。白鴎大学特任教授。学生から講義の人気は高く抽選科目である。

略歴など[編集]

上智大学法学部に入学。上智大学在学後も東京大学受験を志すも東大紛争による東大入試中止により一橋大学社会学部に転学。大学在学中からフォーク・グループソルティー・シュガーのメンバーとして活動。日本におけるコミックソングの代表作のひとつともいえる「走れコウタロー」を1970年にリリース。その面白さから第12回日本レコード大賞新人賞を受賞するヒットソングとなった。1971年ソルティー・シュガー解散後、高田渡シバらとともに武蔵野タンポポ団のメンバーとして、中津川フォークジャンボリーに参加。この頃からなぎらけんいち(現:なぎら健壱)らと親交を持つ。1972年大学卒業。卒論は「誰も知らなかったよしだたくろう」という題名だった。

その後ソロ活動を経て、1974年に森 一美(男性、元・黒崎とかずみ)、板垣秀雄(元・ピピ&コット)とフォークグループ「山本コウタローとウィークエンド(1976年以降はウィークエンドに改称)」を結成。デビュー曲「岬めぐり」がオリコン5位の大ヒット。「走れコウタロー」と並んで、現在でも歌い継がれるスタンダードとなっている(2008年には京急三崎口駅の電車到着メロディに採用された。現在は京急三浦海岸駅の電車到着メロディーに採用されている。(2017年2月10日より))

1971年から1978年までTBSラジオの深夜放送『パック・イン・ミュージック金曜日の第1部パーソナリティを担当、第2部は後に山本のパートナーとなり、現在も同居生活をしている吉田真由美(DJ、映画評論家)が担当していた。『パック・イン・ミュージック』終了後、単身アメリカに渡り、約2年間生活。帰国後『アメリカあげます』(ほんの木社)を書き上げた。その後は、テレビ番組司会(『午後は○○おもいッきりテレビ』の初代司会者だった)、タレント、役者などで活躍している。ニッポン放送バイタリス・フォーク・ビレッジ→ライオン・フォーク・ビレッジ』のパーソナリティーをも担当したこともあった。

東京ヤクルトスワローズのファン。『プロ野球ai』のインタビュー記事によると、前述のとおり1978年に渡米したが、同年秋に一時帰国。ヤクルトがセ・リーグで首位争いをしているとの知らせを聞き、「このようなチャンスは二度とない」と思い立ったためで、球団創設以来初の日本一達成まで、神宮球場など各地で声援を送った。

1989年第15回参院選比例代表区に環境政党ちきゅうクラブ」より出馬するも落選。

地球環境問題に造詣が深いことから、白鴎大学教授として教鞭をとるかたわら、団塊の世代へ提唱するセカンドライフの食・健康、男女共同参画の問題、教育問題平和問題といった講演活動などに勤しんでいる。ちなみに、白鴎大学では、硬式野球部の部長も務める[1]

2005年より、山本コウタローとウィークエンドのオリジナルメンバーである森、山本のマネージャーの見崎孝雄(元・ラニアルズ)、オラン本柳らと共に「山本コウタローとほぼウイークエンド」を結成し、ライブ活動を開始。アルバムも発売した。

2008年5月より、『渡る世間は鬼ばかり』(第9シリーズ)に出演する。角野卓造演じる小島勇の友人という役どころを演じる。角野とは中学時代からの親友でもあり、一緒にバンドを組んでいたこともある。 出演に際しては、橋田壽賀子が山本のコンサートを鑑賞し、山本を大いに気に入ったという経緯から、橋田からの熱烈なオファーがあり、実現したものである。また他にも1985年のドラマ『もしも、学校が・・・!?』にもレギュラー出演し、同作では競演する三田村邦彦片岡鶴太郎とユニット「THE SCHOOL」を結成し、主題歌を歌っている。

選択的夫婦別姓制度導入に賛同し、自身も事実婚である。「つれあい、すなわち同居人とは戸籍上の婚姻関係はありません。彼女から結婚はしないで夫婦別姓で行きましょうと言われ、今となってはそれで良かったと思っています。」と述べている[2]

ディスコグラフィー(ソロ)[編集]

シングル[編集]

ビクターレコード

  • 村の郵便配達/人生は旅だよ(1972年3月25日、SF-21)
  • 早川義夫さんに捧げる唄/1972年6月26日晴(1972年11月25日、SF-38)
  • 君のために/怪人二十面相の恋(1973年10月25日、SF-59)

日本コロムビア

  • 渚の歌がきこえる/真夏の夜のシンフォニー(1980年6月5日、AK-656-J)
  • 君のなかの海/波照間島(1980年10月5日、AH-84J)
  • 青春水たまり/なつかしき友よ(1981年10月1日、CH-105)- フジテレビぼくらマンガ家 トキワ荘物語」主題歌

NEWレコード

  • 美保子へ/悲しいくらい普通の流れ(1984年9月21日、7E-0026)

アルバム[編集]

ビクターレコード

  • 卒業記念(1972年10月25日SF-1030)

日本コロムビア

  • カリフォルニア・ブランチ(1980年6月20日、LX-7080-J)

NEWレコード

  • 10月の距離(1984年10月21日、N28E-0023)

オフィス・プロフィット

  • Moonlight All Night(2013年9月20日、OPCD-0101)

その他[編集]

日本コロムビア

  • 人生はコメディ/バナナが好きだった(1985年10月1日、AH-641)- TBSドラマ「もしも、学校が…!?」主題歌、THE SCHOOL!(山本コータロー、三田村邦彦片岡鶴太郎)名義

ディスコグラフィー(山本コウタローとウィークエンド)[編集]

シングル[編集]

CBSソニー

  • 岬めぐり/あの日の僕でなく(1974年6月1日、SOLB-142-0D) ※オリコン5位
  • 落葉の舗道/明日もここで会おうよ(1974年10月20日、SOLB-189-OD) ※オリコン32位
  • はぐれ雲/春でした(1975年4月5日、SOLB-256-OD) ※オリコン95位
  • めぐる季節に/最後のバカンス(1975年8月1日、SOLB301-OD)
  • 幸せの鐘/寒い誕生日(1976年3月20日、SOLB-389-OD)- ウィークエンド名義
  • 祈り/ブルースカイ・ドライブ(1976年8月1日、06SH-52)- ウィークエンド名義
  • カリフォルニア・ドリーム/早春(1977年3月5日、06SH-138)- ウィークエンド名義
  • 卒業間近/愛飛行(1977年9月1日、06SH-241) - ウィークエンド名義
  • 懐かしき海の唄/ストップ(1978年3月1日、06SH-287) - ウィークエンド名義

アルバム[編集]

  • ハロー!ウィークエンド(1974年11月1日、SOLL-94-OD)
  • 虹を下さい(1975年8月20日、SOLL-154-OD)
  • ウィークエンド ビッグ ライヴ’76(1976年7月5日、25AH-36)- ウィークエンド名義
  • DAY & NIGHT(1977年8月1日、5AH-197)- ウィークエンド名義
  • ハロー!グッバイ!(1978年2月1日、25AH-405)- ウィークエンド名義
  • 心のままに(2007年8月29日、Di-p Music Design) - 山本コウタローとほぼウィークエンド名義
  • 海(2008年7月10日、Di-p Music Design)- 山本コウタローとほぼウィークエンド名義

著書[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阪神ドラフト1位指名の白鴎大・大山、「走れコウタロー」山本厚太郎氏から熱いムチ!(『サンケイスポーツ2016年10月23日付記事)
  2. ^ 山本コウタローのプロフィール

関連項目[編集]

  • みのもんた - 午後は○○おもいッきりテレビ司会者の後任

外部リンク[編集]