瀬尾一三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬尾 一三
出生名 瀬尾 一三(同じ)
別名 師匠[1]
生誕 (1947-09-30) 1947年9月30日(70歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
学歴 関西大学卒業
ジャンル J-POP
フォーク
職業 プロデューサー
担当楽器 ギター
ピアノ
キーボード
活動期間 1969年 - 現在
共同作業者 中島みゆき
長渕剛
CHAGE and ASKA
吉田拓郎
かぐや姫
公式サイト 隔月間プロサウンド誌2005年10月号 プロデューサー・ニッポン/瀬尾一三

瀬尾 一三(せお いちぞう、1947年9月30日 - )は、兵庫県生まれの音楽プロデューサーアレンジャーシンガーソングライター。主に中島みゆき長渕剛吉田拓郎かぐや姫徳永英明伊勢正三などの作品を多数手がけていることで知られる。特に1990年代は、中島みゆき、長渕剛の両名のプロデュースに力を注いでいる。

経歴[編集]

関西大学卒業。学生時代から関西フォーク・シーンで音楽活動を始め、1969年より翌年にかけて金延幸子中川イサト松田幸一らとともにグループ「」として活動。ロックボサノヴァの要素も取り入れたユニークなスタイルのフォークグループとして注目を集め、2枚のシングルを残した(うち1枚は「秘密結社○○教団」名義)。

1970年アルファレコードに入社したが、1972年に退社し、シンガーソングライターとしてソロデビュー。1973年には赤い鳥サディスティック・ミカ・バンドのメンバーが参加したソロアルバム『貘』(東芝EMI)を発表した。一部で高い評価を得た本作だったが、商業的成功は得られず、瀬尾がセッション・ミュージシャン、プロデューサーへと転身する契機となった。

1973年吉田拓郎のアルバム『たくろうLIVE'73』を吉田と共同でプロデュース、1974年斉藤哲夫のアルバム『Goodtime Music』で初めて単独プロデュースを手がける(クレジットはされていない)。その後杏里の「オリビアを聴きながら」やバンバンの「『いちご白書』をもう一度」など、手がけた作品が次々と大ヒット。一躍ニューミュージック界を代表するアレンジャー/プロデューサーとなる。1977年にはのアルバム『海風』で、当時まだ珍しかったアメリカ西海岸での海外録音を行う。以降彼は現在まで長くロサンゼルスでのレコーディングを続け、主要なプロデュース作品の多くはロサンゼルスでレコーディングもしくはミックスダウンされている。また、『3年B組金八先生』の劇中音楽も初作から第6作まで担当しており、この縁で小山内美江子が脚本を担当したテレビドラマ風にむかってマイウェイ』に宮本信子が演じる吉野ミドリの夫・忠義役でドラマ出演を果たしている。

1980年代以降は徳永英明甲斐よしひろなどのアルバムや楽曲を手がけたほかに、長渕剛が俳優として出演したドラマ『家族ゲームII』の音楽も担当した(長渕の歌唱及び作曲による主題歌「GOOD-BYE青春」他3曲も瀬尾による編曲)。1987年の長渕のアルバム『LICENSE』の全曲をプロデュースし、それ以降に発表されたアルバムのうち数枚で瀬尾は彼との共同プロデューサーとしてクレジットされている。

また、チャゲ&飛鳥1979年のデビュー曲「ひとり咲き」から、1988年発売のアルバム『ENERGY』に至るまでの楽曲のうち半数の編曲を手掛け、1980年にはシングル「万里の河」をヒットさせている。

1988年中島みゆきのアルバム『グッバイガール』をプロデュース。なお瀬尾はこの作品以降に発表された全ての彼女のオリジナル・アルバム及びシングルで、プロデュース・アレンジ・演奏などに携わっている。1990年代以降中島がロサンゼルスで頻繁にアルバムのレコーディングを行うようになったのは瀬尾の進言であり、1989年から渋谷のBunkamuraシアターコクーン1998年まで行われた(それ以降は不定期で開催)彼女の実験的な音楽劇夜会』の音楽監督も10年連続で務めるなど、彼はまさに近年の中島の片腕的な存在となっている。

1990年徳永英明の「壊れかけのRadio」で第32回日本レコード大賞編曲賞を受賞。

リタ・クーリッジが日本のヒット曲を英詞でカバーした1991年のアルバム『ダンシング・ウィズ・アン・エンジェル』は、クーリッジの自作曲を含む全曲が瀬尾のプロデュースによるものである。彼女はこのアルバムが縁で、同年に発表された中島みゆきのアルバム『歌でしか言えない』に参加した。1970年代から海外で仕事を進めてきた彼の人脈は広く、手がけた作品にはビル・ペインやヴィニー・カリウタ、ニール・スチューベンハウスをはじめとする多くの大御所も参加している。

2000年代に入ってからは吉田拓郎と連名でコンサート・ツアーを行い、2005年中島みゆきのツアーにも参加している。また、彼等との仕事以外ではNSPの19年ぶりの新作にして、リーダー・天野滋にとっての遺作となったアルバム『Radio Days』や、柴田淳のシングル「ちいさなぼくへ」、中島が華原朋美に提供したシングル「あのさよならにさよならを」などの編曲・プロデュースなどを手がけている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. かわいいおまえ東芝EMI1973年
    c/w こんなものさ

アルバム[編集]

  1. 東芝EMI1973年

コンピレーションアルバム[編集]

  1. 『時代を創った名曲たち』〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜ヤマハミュージックコミュニケーションズ2017年11月22日予定)

編曲・プロデュースに関わったアーティスト[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

劇中音楽[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

OVA[編集]

テレビ出演[編集]

テレビドラマ[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中島みゆき著『ジャパニーズ・スマイル』 新潮社1994年7月 ISBN 4103511052