木森敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木森 敏之
出生名 木森 敏之
別名 Keith Morrison・Kirth Morrison
生誕 1947年7月24日[1]
出身地 日本の旗 日本
北海道札幌市
死没 (1988-04-11) 1988年4月11日(40歳没)[2]
学歴 日本大学芸術学部卒・ロスアンゼルス DICK GROVE ミュージックワークショップ卒
ジャンル J-POP
職業 作曲家編曲家
活動期間 1971年 - 1988年

木森 敏之(きもり としゆき、Toshiyuki Kimori、Toshu Kimori、 1947年7月24日 - 1988年4月11日)は、作曲家編曲家北海道出身(札幌市生まれ)。1970年日本大学芸術学部卒業。

ロスアンゼルス DICK GROVE ミュージックワークショップ卒業。

来歴・人物[編集]

代表作として『聖母(マドンナ)たちのララバイ』(岩崎宏美。John Scottと共作扱い、共作となった経緯については同曲の項を参照のこと)、『サンセット・メモリー』(杉村尚美)、『心の色』(中村雅俊)があり、1980年代前半のヒットメーカー作曲家として知られたが、病に倒れ、急性肺炎により40歳で死去した。

数々のテレビ主題歌・ポップスを国内外のアーティストに提供する他、実写映画『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』(1982年)、『時代屋の女房』(1983年)、 『海に降る雪』(1984年)、『きみが輝くとき』(1985年)、アニメ映画『わが青春のアルカディア』(1982年)、『ゴルゴ13』(1983年)、『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』(1986年)、テレビアニメ『キャプテン』(1980年、 1983年)、『伊賀野カバ丸』(1983年)、『ダーティペア』(1985年)、『銀牙 -流れ星 銀-』(1986年、OP・EDおよび挿入曲)、テレビドラマ(単発)『太陽は沈まず~海よ!小さな戦士の歌を聞け』『千羽鶴幻想』『飛鳥・まだ見ぬ子、清子の母として』『化粧』『女刑事・遠山玲子 焼きつくす』、 テレビドラマ(連続)『あさひが丘の大統領』『結婚の四季』『われら動物家族』『女かじき特急便』『クセになりそな女たち』、テレビドラマ(シリーズ)『黄金の犬』『炎の犬』『パパになりたかった犬』などのテーマ曲ないしは挿入曲およびBGMの作・編曲、「球形の荒野」をはじめとする初期(1981年 - 1987年)の『火曜サスペンス劇場』の主題曲および主題歌、アイキャッチと予告編およびCM曲の作・編曲、ドラマ本編のBGMの作・編曲(「可愛い悪魔(大林宣彦監督、1982年)」なども含む)に携わり[注 1]、民放系列(主にNTV、CX系)への音楽提供活動が目立った。

加えてペンネーム"キース・モリソン(Keith Morrison、 Kirth Morrison、前者はJASRAC登録名、後者は主にサントラLPのクレジット表記)"名義で、ドキュメンタリー映画『世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト』(1982年)をはじめ、『クレージーモンキー 笑拳』(1980年、テーマ曲)、『死亡の塔』(1981年)、『少林寺』(1982年)[注 2]、『スパルタンX』(1984年)などカンフー映画の日本版LP制作も担当していた。

アメリカ留学からの帰国後、「熱砂/町田義人PART I」(1976年)、「町田義人PART II」(1977年)、 高見山大五郎「スーパー・ジェシー」(1977年)といったアルバムの制作(作・編曲)に携わる一方で、 アレンジャーとしても活躍し、映画では『蘇える金狼』(1979年、松田優作主演)のBGMとしてケーシー・ランキンに編曲を提供[注 3]レスリー・マッコーエン花の首飾り」「銀河のロマンス」(すぎやまこういち作曲)を英語版カバーバージョンでのプロデュースおよび編曲(1980年)、谷村新司作詞作曲の「青春残酷物語」の編曲(1984年)などを担当した。アルバムでは加藤登紀子の『いく時代かがありまして』(1975年)、森田童子の『グッド・バイ』(1975年)、ツイストの『ツイストII』編曲(1979年)、中村雅俊のLP編曲(1980年、ロスアンゼルス録音)、しばたはつみのLP編曲(1981年、ロスアンゼルス録音)、ニコ・ラムズデンのアルバムプロデュースおよび編曲(1981年、ロスアンゼルス録音)、ジミー・オズモンドの日本制作アルバムプロデュースおよび編曲(1981年、演奏はロックバンドのSHŌGUN)、中原めいこの『ココナッツハウス』(1982年)、渡辺徹の『Talking』(1983年)、田中健 の『Amazing』(1983年)などがある。その他、刀根麻理子のアルバム『WITTY』のプロデュース(1985年)においては自作のメロディーの編曲をラリー・ウィリアムズに委嘱した。

他方でバラエティ分野での活動はまれであったが、「欽ちゃんの全日本仮装大賞テーマ」の作曲が知られている。

主な作品[編集]

その他[編集]

よくマスコミや書物やネット、あるいは通信カラオケの作家名表示等で森敏之と誤記されることが多い。また、大森俊之(作曲家・編曲家)という人物もいるため、混同されがちである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 最初期の火曜サスペンス劇場のタイトルバック音楽である「グランド・テーマ」は、イギリス人作曲家John Scottの作品である米映画『ファイナル・カウントダウン』のスコアから数曲(i.e."Pursued by the Storm"および"ラブテーマ")を組み合わせるなど無断で編曲(主旋律であるラブテーマの一部を補作・改変)したものであったため、これをもとにして再編曲された火曜サスペンス劇場の主題歌『聖母たちのララバイ』もJohn Scottからの盗作として知られている。しかし『聖母たちのララバイ』の後半部分(いわゆるサビ)についてはJohn Scottからのものではなく、木森自ら作曲したものである。また、火曜サスペンス劇場の予告編の音楽「哀愁のテーマ」はファイナル・カウントダウンの劇中曲の"Mr.Tideman"と"ラブテーマ"を組み合わせた曲になっている。さらに、火曜サスペンス劇場「大病院が震える日」の劇中曲「夢のセレナーデ~ミッドナイト・クライシス」の後半部分はファイナル・カウントダウンの"Last Known Position"のカバー曲となっている。[要出典]
  2. ^ 続編『少林寺2』(1984年)の日本版LPも手掛けたが、同作品でのクレジットは本名の木森敏之名義。
  3. ^ 一部のBGMや挿入曲に関しては作曲も担当した。

出典[編集]

  1. ^ 映画『飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ』(1982年)サウンドトラック盤(VAP 30021-28)解説書
  2. ^ 読売新聞朝刊 1988年4月13日

関連項目[編集]

関連項目[編集]