アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険(アニメーションきこう マルコ・ポーロのぼうけん)は、NHK総合テレビ1979年4月7日から1980年3月22日までの土曜夜7:30 - 8:00に放送されたテレビアニメ

あらすじ・概要[編集]

1271年イタリアヴェネツィアに暮らしていた17歳の少年マルコ・ポーロは父ニコロと叔父マテオに随行して東方へ旅立つことになる。道中でマルコは様々な体験や色々な人々との出会いと別れ、冒険を繰り返しながら成長していく。

折からのシルクロードブームに乗って企画され、アニメーションと実写ドキュメンタリー映像を折衷させた実験的かつ意欲的な作品。放映期間は1979年4月7日から1980年4月5日まで。時間帯は毎週土曜の19:30〜20:00で全43話[1]。原作はマルコ・ポーロの『東方見聞録』だが、アニメオリジナルのエピソードが大半を占める。全体として三部にパートが分かれ、「シルクロード編」(1〜20話)・「中国編」(21〜33話)・「南海編」(34〜43話)で構成される[2]。音楽を当時大人気のシンガーソングライター小椋佳が担当したことも話題になった。また、マルコのビジュアルが当時人気だった『宇宙戦艦ヤマト』の主人公・古代進に似ている(特に中国編以降)という指摘がファンから多数寄せられたという(マルコの声を担当した富山敬が、古代進の声も演じていたため尚更その印象は強かった)。マルコのビジュアルが少年時代から壮年まで(17歳〜37歳の間)若い姿のまま(等身やコスチュームが若干変化した程度)でほとんど変わらない点についてキャラクターデザインの杉野昭夫は「老けたマルコのビジュアルもデザインしてみたが、イメージが少年期と異なり視聴者が混乱するとNHK側からダメ出しされ、結局ああいう風(若い姿のまま)になってしまった」と後年インタビューで答えている。

なお、NHKには本作のマスタービデオテープ(ドキュメンタリー部分と組み合わせて音声まで完全パッケージされたもの)が現存していない。恐らく局側が当時高価だったビデオテープの再利用ということで後日に別の番組を重ねて録画したためであろうという説が濃厚である。[3]真偽はどうあれ、マスターテープが行方不明で再放送すら行なわれず「幻の作品」となって久しいのは事実であり、各メディアでの発売は今後も絶望的な状況である。NHKアーカイブスに第1話と最終回が保存されているが、一般視聴公開はされていない。

徳間書店から発行されたロマンアルバムで概要を知ることができる。

本作終了後、土曜夜7:30枠は7:20からの10分枠と統合され、40分枠となった。

登場人物(声の出演)[編集]

レギュラー[編集]

セミレギュラー[編集]

各話ゲストキャラ[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • OP「いつの日か旅する者よ」[4]
(歌:小椋佳、作詞・作曲:小椋佳、編曲:小野崎孝輔)
  • ED「大空から見れば」[5]、「また旅支度」、「それが夢ならば」、「誰でもいいから」、「蒼き狼」
(歌:小椋佳、作詞・作曲:小椋佳、編曲:小野崎孝輔) ※使用はランダム
アルバム『マルコ・ポーロの冒険』は1979年6月1日発売。上記OP、ED曲(「それが夢ならば」のみ、アルバムとは別に発売)を含む全11曲収録。「いつの日か旅する者よ」(TVバージョンとはアレンジが異なる)はラストに収録されていた。

放送リスト[編集]

  1. はるかなる旅立ち
  2. 聖なる油を求めて
  3. 二人の僧侶
  4. さらばネフドの星よ
  5. 悪魔の火
  6. 砂漠の盗賊カラウナス
  7. 黄金のパイザ
  8. バグダッドの幻想
  9. カスピに消えた少年
  10. 暗殺教団の谷
  11. ホルムズの熱い風
  12. じゅうたんに秘めた恋
  13. 拝火教徒の友情
  14. 反乱
  15. まぼろしの谷
  16. 命の色
  17. まぼろしの騎士チャパンドゥ
  18. パミール越えの恐怖
  19. 天山に消えた少女
  20. 悪霊の砂漠
  21. 燃え上がる陰謀
  22. 天駆ける謎の旗
  23. 王の中の王フビライ
  24. 密命下る
  25. カラジャンの大蛇
  26. 百雁の便り
  27. 秘密兵器回回砲
  28. 王家の墓の秘密
  29. 揚子江決壊
  30. ジパングの宝
  31. ジパングを討て
  32. アクマッドの最期
  33. 新たなる旅立ち
  34. 南海の嵐
  35. 巨象の怒り
  36. 魔の海峡マラッカ
  37. 密林の秘密
  38. ラジャの遺産
  39. 宝石と陰謀の島
  40. 洞窟寺院の奇蹟
  41. 父と子の絆
  42. 大いなる旅路
  43. 想いは東方を駆けて

注釈[編集]

  1. ^ プロ野球中継や特別番組で返上された週もあるため。
  2. ^ 各パートの呼称は便宜上のものであって、特に本編で明記された訳ではない
  3. ^ ただし、この時点ですでに家庭用のビデオテープであるβVHSが発売されているので一般家庭から映像が出てくる可能性はある。また、長年現存しないと考えられていた1976年大河ドラマ風と雲と虹と』の放送回の映像が近年発見されたことから、実際には映像が残っている可能性も否定できない。
  4. ^ 番組本編放送前に、ロケハンに随行して曲を制作したばかりの時点で「夜になお」の仮題で録音したデモテープがNHK-FMで放送されている。
  5. ^ 番組本編放送前の1978年10月・11月に『みんなのうた』で放送、この時はシルクロード近辺のロケフィルムが映された。2012年3月には『みんなのうた発掘スペシャル』でも放送された。

外部リンク[編集]

NHK総合 土曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険
海外ウィークリー
(19:20 - 20:00)