D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
D・N・A²
〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜
ジャンル SFラブコメディ少年漫画
漫画
作者 桂正和
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 1993年36・37合併号 - 1994年29号
巻数 全5巻
話数 全42話
アニメ
原作 桂正和
監督 坂田純一
シリーズ構成 浦畑達彦
脚本 浦畑達彦
キャラクターデザイン 高橋久美子
メカニックデザイン 小池健
音楽 高野ふじお
アニメーション制作 マッドハウススタジオディーン
製作 パオハウス
放送局 日本テレビ
放送期間 1994年10月7日 - 12月23日
話数 全12話
OVA
原作 桂正和
監督 坂田純一
シリーズ構成 浦畑達彦
脚本 浦畑達彦
キャラクターデザイン 高橋久美子
メカニックデザイン 小池健
アニメーション制作 マッドハウス、スタジオディーン
製作 パオハウス
発売日 1995年
話数 全3話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜』(ディー・エヌ・エー・ツー どこかでなくしたあいつのあいつ)は桂正和によるSF漫画作品、及びこれを原作としたアニメである。

概要[ソースを編集]

週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において1993年36・37合併号から1994年29号まで全42話で連載。『Vジャンプ』における「SHADOW LADY」の次となる桂正和6作目の連載作品。『WJ』上では「電影少女」の次に当たり、5作目の連載作品となる。単行本はジャンプ・コミックスより全5巻。

連載期間は10ヶ月弱と、事実上の打ち切り作品であったにも関わらず、テレビアニメ化とOVA化もされ、金田龍監督実写映画化する計画も有ったものの流局している[1]。作者はトレンディドラマ風に仕上げるつもりだったが[2]、掲載誌の読者年齢層や、アンケートシステムの影響で、サイキック能力を用いたバトル要素を取り入れた。

原作とアニメでは設定が若干異なり、話の順序や結末も異なる。(後述)

あらすじ[ソースを編集]

DNAが人に無意識の行動指令を与えることが解明され、DNAの書き換えによって人の行動を制御する技術が確立された、63年後の未来。63年後の未来は人口増加により、子供を2人以上作ったら死刑という法律が作られるほどの人口過密に悩まされていた。そんな時代に、女性を虜にするDNAの持ち主メガプレイボーイ(以下、メガプレ)が100人以上の子供を残していることが発覚する。メガプレDNAを受け継いだ子孫たちにより人口増加に拍車がかかることを危惧した政府は、メガプレの存在を未然のうちに無かったこととすることを決定。“DNAオペレーター”葵かりんを過去の時代に派遣し、最初のメガプレDNAの持ち主である男のDNAを書き換えることにした。

しかし、その男である桃生純太は、女にモテず、さえない、おおよそメガプレとはほど遠い人間だった。かりんは予定通りに仕事を果たしたはずだったが、実はDNAを書き換える弾(DCM弾)を取り違えており、純太はメガプレに覚醒する片鱗を見せ始める。

登場人物[ソースを編集]

桃生 純太(ももなり じゅんた)
私立歩駒(ふこま)高校に通う16歳。実家は時計店を営んでいる。後にメガプレイボーイ(以下メガプレと記述)と呼ばれる男であり、かりんの未来では100人以上の子供を作った大迷惑者として扱われている。しかし、それは覚醒後の話で、現在では女の裸やそれに近いもの(水着レオタード)を見るとゲロを吐いてしまう女性アレルギーという特異体質に悩まされている。基本的には善人であり、自分が弱くても佐伯の危機には不良に立ち向かったり、同じ様な特異体質で悩んでいる高梨ことみの体質改善の協力もしたりした。亜美の気持ちには少しも気づいていないが、心の底では気に掛けて大切に思っている。血液型はO型。
葵 かりん(あおい かりん)
未来から来たDNAオペレーター。懸命に強く明るく生きているが、その生い立ちは不幸に尽きる。3歳で親に捨てられたため、可愛いペット付きのスイートスイートホームと素敵なダンナ様に憧れる。興味があるものに色々手を出すも、何をやっても一人前とはいえず、そこを森に付け込まれる。しかし、体術に関してはかなりの腕で、そこいらの不良ぐらいでは相手にならない。純太に一目惚れされ、また、自分も純太に惚れるがそれは全てDCM弾による効果だと思い(本当は本人たちの純粋な気持ち)、自分の気持ちと任務との間で苦悩する。最終的に亜美の事と未来に与える影響を考え、純太の記憶とメガプレのDNAを消し、未来に帰る。実写映画化の企画段階の設定ではクローン人間という事になっている。
名字の葵は「青い(=未熟な)カリン」に由来してかりんが未熟者である事を示しており、『ウイングマン』に登場する同名のあおいとは無関係[3]
佐伯 倫子(さえき ともこ)
竜二が他の女と遊ぶ事への当てつけとして純太をからかうが、メガプレに覚醒しつつある純太に逆に引き付けられ惚れてしまい、その事が後に大きなトラブルを生むことになる。性格は決して良いとは言えないが、竜二の本命であるらしい。アニメではことみが佐伯をミス歩駒だと言っている。純太と竜二の間で揺れ動き、一度は竜二に訣別を告げるものの、純太との戦いで傷ついた孤独な竜二を放っておけず、結果的によりを戻した。
栗本 亜美(くりもと あみ)
純太の幼馴染。家は向かい側で蕎麦屋「栗乃庵」を営んでいる。純太のことが好きで気に掛けているのだが、長年幼馴染である事、また、自分を女として見てくれない純太に対し、気持ちを素直に打ち明けられず世話焼き女房に徹してしまっている。作中唯一メガプレのDNAに対し免疫を持っており、変身後の純太を毛嫌いする。ちなみに目は奥二重。後のインタビューで作者のお気に入りキャラクターとして挙げられている[4]
高梨 ことみ(たかなし ことみ)
亜美の親友。新体操部所属。緊張するとおならをしてしまうという特異体質(過敏性腸症候群ガス型)に悩ませられている。メガプレに非常に弱い体質で、メガプレ状態で戦う純太を見て以来、彼に惚れてしまう。純太に気に入られるためにイメチェンをし、いきなり印象が変わる。特異体質を直すために純太と特訓をするが、純太はあくまでもことみの体質改善だけを目的として相手をしてくれていると分かり、自分から身を引き、亜美に純太を譲る。
菅下 竜二(すがした りゅうじ)
容姿端麗、金持ち、しかし、性格は女ったらしというプレイボーイ。メガプレの影響で竜二の本命である佐伯が純太に惚れてしまい、復讐に走る。最初は金の力でチンピラを雇ったりしていたが、かりんに誤ってDCM弾を撃ち込まれ、サイキック能力に目覚めた後は、その能力を用いて純太に戦いを挑む。かりん曰く究極のサイキックウェポンである「サイコジャケット」を使うことができ、力に関しては純太を凌駕する。しかし、歪んだ人格は冷えた家族関係や金目当ての男女関係による、愛情を与えられなかった孤独さに起因している。DCM弾の影響で精神面にも変化が現れ始め、優しさと純粋な愛情に目覚める。そうした変容を読んだ純太により、敢えて佐伯を危険にさらす策により倒された。その後、療養中に佐伯とよりを戻すことになった模様。
染屋 垣麿(そめや かきまろ)・市川 一期(いちかわ いちご)
共に純太の友達で原作ではほとんど出番がない。TV版では少し増える。
岩崎 魔子(いわさき まこ)
ことみと新体操でのドイツ留学を競うライバル。実力はあるが陰険な性格の為、兄の魔人に依頼してことみの邪魔をしようとする。原作だけでアニメには登場しない。
岩崎 魔人(いわさき まこと)
魔子の兄でサイキック能力者。純太がサイキック能力を持っている事を知り興味を持ち、ことみの妨害をする。地区予選大会当日に純太を拉致していたぶるも、メガプレに目覚めた純太に瞬時に倒される。妹と同じく、原作だけでアニメには登場しない。
おはる
かりんのタイムマシーンのコンピューター。非常に優秀な様で聞かれた質問には正確に答えている。コンピューターに名前があり、人格のようなものが見受けられるのはアニメだけの設定。
横森(よこもり)
かりんの上司。時空通信によって未来からかりんに指示を与える。
森(もり)
この事件の黒幕であり、環境庁所属。桃生純太とその子孫のDNAを自分の思いどおりに操れるサイキックソルジャーに変えて、自分の住みやすい世界を作ろうとした。かりんが持っていくはずだったDCM弾をすり換えた張本人。
川崎 るらら(かわさき るらら)
デビル純太と呼ばれる森に操られている状態の純太の最後の子供。正史では100人目の子供であったが、ジュンが生まれた為に101人目の子供となる。高いサイキック能力を持ち、正史では生まれないはずのジュンに対抗するため、実の父である純太と子供を作りに来たが、純太がメガプレのDNAを自分の物にしたため彼女の存在自体も消えた。アニメでは上記の設定とは違い、単に森に洗脳されている純太の子孫になっている。最後はかりんの必死の説得により洗脳が解け善人に戻る。また、100年後の未来から来た事になっている為、純太は父ではなくお爺ちゃんという位置付け。
桃生 ジュン(ももなり ジュン)
かりんと純太の子供。森によってかりんが現在に送り込まれた為に生まれる事となった、正史では存在しなかった子供。デビル純太になった後にくすぶっていた元の純太の人格と、かりんとの間に生まれたため森の操り人形にはなっていない。非常に高いサイキック能力を誇り、その力を使って森達に抵抗していた。岩崎兄妹と同じく、原作だけでアニメには登場しない。

用語[ソースを編集]

メガプレイボーイ(メガプレ)
“ただそこに居るだけ”でもあらゆる女性を虜にできる男性のこと。DNAに基づいた先天的な能力だが、覚醒するまでその能力を発揮できない。非覚醒状態から徐々に覚醒状態へと移行するものらしく、また能力に覚醒すると人格も変化する様子。
DCM(Dna Clinic Medical)弾
DNAを変化させる弾で、撃ち込まれるとしばらく仮死状態になるが、すぐに起き上がる。またDCM弾を撃ち込まれた前後の記憶が曖昧になる様子。
同じDCM弾でも撃ち込んだ相手(のDNA)によって効果が変わり、誤った人物にDCM弾を撃ち込むと、想定されていない変化が起きることもある。
メガプレ純太
メガプレDNAに完全覚醒した純太。21歳で純太はこれに覚醒し、100人の女性と関係をもちフラフラと生きたらしい。それぞれの女性に一人ずつ子供を残している。
キラキラ純太
メガプレDNAに不完全に覚醒した純太。ノーマル純太の記憶と人格を持ちつつも、女性に対して無意識にメガプレの人格と能力を発揮し女性を簡単にメロメロにできる。この状態では純太は女性アレルギーにならない。加えて本来のメガプレが持っていなかったはずのサイキック能力をも駆使するが、性格面は純粋で善人である元の純太と比べ、成算があったとはいえ無力な倫子を危険に晒すことも躊躇わないなど打算的な面があり、メガプレ能力に免疫を持つ亜美からは嫌悪される。外見は、髪が逆立ちキラキラ発光する等、同時期に連載していた鳥山明の「ドラゴンボール」の超サイヤ人形態に酷似しているが、これは桂の友人である鳥山自身のアドバイスによる。「パワーアップさせるなら髪を逆立ててキラキラさせないと。」との助言に桂は内心(それじゃまるで『超サイヤ人』じゃないですか)と突っ込みながら描いたところ、案の定ドラゴンボールファンの読者から「バカにするな!」「マネするな!」と抗議が寄せられたという。
デビル純太
森が用意したDCM弾を撃ち込まれた状態で覚醒した純太。メガプレ能力のほかに、サイキック能力と森の従順な下僕となる邪悪な人格を持つ(本来のメガプレ純太はメガプレ能力のみで、サイキック能力や森の下僕となる人格はない)。メガプレ能力とサイキック能力、森の下僕となる人格は、100人の子供たちにも遺伝している。
メガプレキャノン
テレキネシスの強化技。圧縮したサイキックエネルギーを光弾として放つ。
スーパーソニックアタック
竜二が編み出した、テレポートを応用した必殺技。テレポートの速度を半分に抑え、粒子化した自分自身で相手の身体を突き抜けることで全身に大ダメージを与える。しかし同様にテレポートを使える純太にやり返されてしまった。
変身
DCM弾を撃ち込まれた竜二が獲得した能力の一つ。純太に化けて亜美を襲うことで陥れようと画策するが、精神的変容の影響で完全には果たせなかった。
DNA吸収
DCM弾を撃ち込まれた竜二が獲得した能力の一つ。相手に触れることで、DNAに由来する能力を吸収する。純太のサイキック能力を我がものとした他、変身と組み合わせることで子分にしたチンピラたちの身体能力を駆使するキメラのような姿も見せた。吸収容量には限度がある模様で、乱心して無差別の大量吸収に及んだ際には吐血して苦悶していた。
サイコジャケット
追い詰められた竜二が奥の手として使用し、かりんを戦慄せしめた、「究極のサイキックウェポン」。膨大なサイキックエネルギーを物質化させ装甲外骨格として全身を覆ったもの。竜二は従来と同じ変身であると誤解しており、使用者は完全に自己の肉体の一部として扱うことができる。不定形であり、腕を伸ばして攻撃に用いる他、当人の意思や心理状態を反映した姿をとり、竜二は「人外の強大な力」を求めて悪魔をイメージした姿になったが、変容中途の不安定な精神を反映し、しばしば天使を思わせる形相にも変化した。

アニメ[ソースを編集]

テレビアニメは、1994年10月7日より12月23日まで日本テレビをキー局として、毎週金曜日17:30‐18:00に関東地区のみで同時ネット、山形放送テレビ新潟テレビ金沢は時差ネットで放送された。制作はマッドハウススタジオディーン。全12話。このテレビアニメにオリジナルストーリーを3話足した物がOVAとして1995年バンダイビジュアルより販売された。VHSLDで全5巻。アニメの桃生純太にはサイキック能力はない。これまでDVD化はされていなかったが、2013年にアニメ化20年を記念してDVD・BD化されることになった(2014年1月29日発売)。

またオープニング・エンディングテーマは、ブレイク前であるL'Arc〜en〜Cielシャ乱Qが初のアニメタイアップとして使用された。

声の出演[ソースを編集]


スタッフ[ソースを編集]

主題歌[ソースを編集]

オープニングテーマ「Blurry Eyes
作詞 - hyde / 作曲 - tetsu / 編曲・歌 - L'Arc〜en〜Ciel
エンディングテーマ「シングルベッド
作詞 - つんく / 作曲 - はたけ / 編曲 - 鳥山雄司、シャ乱Q / 歌 - シャ乱Q

各話リスト[ソースを編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
テレビシリーズ
1 未来からの少女 かりん 福冨博 うえだしげる 北尾勝 1994年
10月7日
2 メガプレ誕生! 純太 菊池一仁 栗本宏志 井上栄作 10月14日
3 祭りの夜に 亜美 小寺勝之 田中洋之 君塚勝教 10月21日
4 ネックレスは誰に? 倫子 クドーヒロキ 西本由紀夫 敷島博英 10月28日
5 誰にも言えない! ことみ 加瀬充子 阿宮正和 坂元大二郎 11月4日
6 純太はことみに何をした? 山内重保 牧野滋人 長野伸明 11月11日
7 私のすべてをあげたいの! 小寺勝之 野間吐晶 横田守 11月18日
8 ずっとあなたがそばにいた 山田徹 栗本宏志 井上栄作 11月25日
9 その弾丸は竜二の胸に… 神戸守
小高義規
小高義規 古賀誠 12月2日
10 アブナイ竜二の危ない能力 クドーヒロキ 西本由紀夫 敷島博英 12月9日
11 メガプレになっちゃダメ!! 山内重保 牧野滋人 長野伸明 12月16日
12 バイバイメガプレイボーイ 林秀夫 小寺勝之 高橋久美子 12月23日
OVA追加エピソード
1 もう一つのタイムマシン 小寺勝之 田中洋之 君塚勝教 -
2 100年後の忘れもの 加瀬充子 小高義規 長森佳容
3 ぼくはあなたを忘れない 阿部司 坂田純一 君塚勝教

書誌情報[ソースを編集]

全て著者は桂正和集英社発行。

  1. 1993年12月2日刊行 ISBN 4-08-871756-2
  2. 1994年4月4日刊行 ISBN 4-08-871757-0
  3. 1994年7月4日刊行 ISBN 4-08-871758-9
  4. 1994年10月4日刊行 ISBN 4-08-871759-7
  5. 1995年2月3日刊行 ISBN 4-08-871760-0

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 桂正和「桂正和インタビュー」『4C R-side <HEROES-side> Katsura Masakazu Illustrations 2』集英社、1998年8月9日発行、ISBN 4-08-782762-3、72頁
  2. ^ 桂正和『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜 5巻』3版 199頁
  3. ^ 桂正和「タイム・タイムス2」『D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜 3巻』205頁
  4. ^ 桂正和「桂正和インタビュー」『4C R-side <HEROES-side> Katsura Masakazu Illustrations 2』集英社、75頁

関連項目[ソースを編集]

本作同様ヒーローを扱った桂正和作品

外部リンク[ソースを編集]