岩村忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩村 忍(いわむら しのぶ、1905年9月26日1988年6月1日)は、日本の東洋史学者。専攻は内陸ユーラシア史・東西交渉史。戦後日本におけるシルクロード学の開拓者として知られる。

略歴[編集]

北海道小樽市出身。旧制小樽中学(現・北海道小樽潮陵高等学校)卒業後渡米し1929年オタワ大学社会学科卒。1931年に新聞連合社(現・共同通信社)に就職、1932年にはトロント大学大学院修了。満州事変後のリットン調査団に随行して中国各地を回り、国際連盟のジュネーヴ本部などに勤務した。戦時期には東方社の理事に就任したほか、1942年から1945年にかけて文部省民族研究所で在外研究(後出)、敗戦に伴う帰国ののち1948年には参議院常任委委員会専門員となり文化財保護法などの起草にあたった[1]

1950年京都大学人文科学研究所教授。その後、京大におけるアジア財団フォード財団の研究資金受け入れに奔走し、196569年にはこの資金により設置された東南アジア研究センター(現・東南アジア地域研究研究所)の初代所長を兼任した[2]1969年定年退官し京都大学名誉教授。1970年には「日本モンゴル学会」創立に関与し初代会長に就任。

1988年、癌性腹膜炎で死去。享年82[3]

業績[編集]

主に遊牧民族史・東西交渉史を研究分野とし、とりわけモンゴル帝国シルクロードを専門とした。

戦時期には所属する民族研究所の事実上の在外機関であった内モンゴル西北研究所佐口透と共に派遣され中国ムスリムについての共同研究をすすめた。戦後は京大人文研で1954年から翌1955年にかけて2回の「カラコラムヒンズークシ学術探検隊」に参加、中央アジアアフガニスタンヒンドゥークシュ地方で調査を行った。第2次探検では、それまで実態が不明であった、当地に居住するモンゴル部族の末裔「モゴール族」に関する実態調査を行い、彼らの中で伝えられてきた「ジルニ文書(チルニ文書)」を発見、各国研究者の注目を集めた。主著に『モンゴル社会経済史の研究』、『十三世紀東西交渉史序説』など東西交渉史(シルクロード)関連の著書が多数。

また晩年の南方熊楠と交流があったことから平凡社版の『南方熊楠全集』(全11巻)の監修者となった。

専門書以外にも一般的な啓蒙書を多数著し、1980年代に盛り上がった「シルクロード・ブーム」の土台を作った功労者の一人として知られている。しかし彼の死後もロングセラーとして版を重ねていた『マルコ・ポーロ』(岩波新書)は、アメリカの東洋学者ヘンリー・H・ハートの著書『MARCO POLO』(原著1942年刊)の剽窃の疑いが濃いことが当該書の日本語訳[4]刊行時に判明し、以後、重版はなされていない[5]

著書[編集]

専門書
  • 「十三世紀東西交渉史序説」 三省堂、昭和14年、復刻<アジア学叢書32>大空社
  • 「蒙古の欧洲遠征」 三省堂、昭和17年
  • 耶律楚材」 生活社、昭和17年
  • 「蒙古史雑考」 白林書房、昭和18年
  • 「マルコポーロの研究」 筑摩書房、昭和23年
  • 「モンゴル社会経済史の研究」 京都大学人文科学研究所(昭和43年)
一般書籍
  • 「世界の歴史.12 中央アジアの遊牧民族」 講談社
  • 「人類文化史.3 西アジアとインドの文明」 講談社
    • 「西アジアとインドの文明」 新版・講談社学術文庫
  • 「世界の歴史.5 西域とイスラム」 (中央公論社、新版中公文庫
  • 「暗殺者教国 イスラム異端派の歴史」 新版・リブロポートちくま学芸文庫
  • 「アフガニスタン紀行 モンゴール族の村を求めて」 新版・現代教養文庫、朝日文庫
  • 「東洋史のおもしろさ」 新潮選書
  • 「東洋史の散歩」 新潮選書
  • 「シルクロード 東西文化の溶炉」 NHKブックス:日本放送出版協会
  • 「マルコ・ポーロ 西洋と東洋を結んだ最初の人」 岩波新書青版
  • 「元朝秘史 チンギス=ハン実録」 中公新書
  • 「文明の経済構造」 中公叢書:中央公論社
  • 「歴史とは何か」 中公新書
  • 「アジアの見方」 講談社現代新書
  • 「日本人はどれだけの事をしてきたか」 新潮社、児童出版
  • 「秘境を探検した人々」 さ・え・ら書房、児童出版
  • 「東洋の発見」 講談社学術文庫、講演録・小冊子
  • 「遊牧の運命 歴史と現代」 人物往来社
  • 「西域 人物と歴史」 (井上靖と共著) 筑摩書房(新書版)/新版現代教養文庫
  • 「大蒙古帝国」 (勝藤猛と共著) 人物往来社
  • 「世界の歴史.19 インドと中近東」 (共著、河出書房新社/新版河出文庫
  • 「古代文明の謎と発見.4 文化の交流」(共著) 毎日新聞社
  • 「グランド世界美術.8 イスラムの美術」 (編・解説) 講談社

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 「岩村忍教授著作目録」『東方學報・京都』41号(1970年3月)pp.765-767
  • 猪木正道「岩村教授に感謝して」『東南アジア研究』6巻4号(1969年3月)
掲載誌は京都大学東南アジア研究センターの研究紀要誌であり、同号は「岩村忍教授退官記念号」。
  • 「遊牧社会に魅せられて」木原武一(編)『講義のあとで』(1) 丸善2009年、所収
岩村からの聞き書き。雑誌初出は1977年8月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし京大就職以前の経歴については岩村自身も生前にあまり語っておらず、藤枝晃佐口透など民族研究所時代の知人による間接的証言を除けば不詳の点が多い。
  2. ^ 猪木正道「岩村教授に感謝して」、参照。
  3. ^ 以上、経歴については「講義のあとで」(1)、pp.52-53、およびちくま学芸文庫版『暗殺者教国』(2001年)の鈴木規夫による「解説」、pp.217-219、など参照。
  4. ^ 幸田礼雅の訳で『ヴェネツィアの冒険家』として1994年新評論より刊行。
  5. ^ 近江哲史「図書館の風景」『図書館サポート・フォーラム』第4号(2007年7月5日)、および上記『ヴェネツィアの冒険家』の「訳者あとがき」、p.304、参照。