藤枝晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤枝 晃
人物情報
生誕 (1911-08-03) 1911年8月3日
日本の旗 日本大阪府西成郡粉浜村大阪市住之江区
死没 1998年7月23日(1998-07-23)(86歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 東洋史(西域研究)
研究機関 京都大学人文科学研究所
テンプレートを表示

藤枝 晃(ふじえだ あきら、1911年明治44年)8月3日 - 1998年平成10年)7月23日)は、日本の東洋学者。敦煌学および西域出土の古写本研究の第一人者である。中国天津市にある南開大学で敦煌学を講じた際(1981年)に、大学関係者に「敦煌は中国にあるが、敦煌学は国外にあった」と賛嘆された、という逸話がある。

経歴[編集]

大阪府西成郡粉浜村大阪市住之江区)出身。旧制大阪高校を経て、1934年昭和9年)、京都帝国大学文学部史学科を卒業し、文学部の副手となる。1937年(昭和12年)には、東方文化研究所(京都大学人文科学研究所)の図書係、のちに同副研究員となる。第二次世界大戦末期には中国・内蒙古西北研究所に派遣され現地調査に従事した。

1948年(昭和23年)、京都大学人文科学研究所の助教授となる。1951年(昭和26年)、森鹿三を班長とする居延漢簡共同研究班に所属し、木簡の研究を行なう。同研究班には、米田賢次郎大庭脩永田英正らが所属した。1959年(昭和34年)、居庸関に関する共同研究により、日本学士院賞を受賞する。1962年(昭和37年)、文学博士の学位を取得。1968年(昭和43年)には、京都大学人文科学研究所教授となる。

1970年(昭和45年)、コペンハーゲン大学に新設された中国文化講座の客員教授となる。1972年(昭和47年)には、フランス学士院よりスタニラス・ジュリアン賞を授与され、さらに1975年にはフランス政府より教育学術功労賞オフィシェ級勲章を受ける。

1975年(昭和50年)に、京都大学を定年退官し、名誉教授となる。1982年(昭和57年)、勲三等旭日中綬章を受章する。1988年(昭和63年)、カリフォルニア大学バークレー校の客員教授となる。

著書・編著[編集]

  • 『征服王朝』 (秋田屋 1948年)
  • 『文字の文化史』 (岩波書店 1971年 / 岩波同時代ライブラリー 1991年 / 講談社学術文庫 1999年)
  • 『高昌残影』 (法藏館 1978年、改訂版2005年)
  • トルファン出土仏典の研究』 (法藏館 2005年)

共著[編集]

参考文献[編集]