フォード財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フォード財団
Ford Foundation
設立年 1936
設立者 エドセル・フォード英語版ヘンリー・フォード
位置
貢献地域 アメリカ合衆国、中南米、アジア、アフリカ、中東
メソッド 補助金、助成金
重要人物 ダレン・ウォーカー英語版(会長)
コフィ・アペンテン(運営委員会議長)[1]
基金 121億ドル[2]
綱領 人類福祉の増進
ウェブサイト www.fordfoundation.org

フォード財団(フォードざいだん、英語: Ford Foundation)とは、アメリカ合衆国の大規模なプライベート・ファウンデーション(私立財団)である。フォード・モーターエドセル・フォード英語版ヘンリー・フォードが1936年に設立した財団で、資産規模は全米第2位[3]の121億ドルであり、2015年度は1570事業に対して約6億1061万ドルの補助を行った[4]

活動[編集]

フォード財団はすべての人間には「内在的な尊厳」があると考えており、「貧困と不公正を減らし、民主主義の価値を増進させ、国際協調を推進し、人類の偉業を進め」なければならないと考えている。そのためには社会運動が必要だが、社会運動は「個人のリーダーシップ、強い組織、革新的で時としてハイリスクなアイデア」が必要である。そのため財団は「個人への投資と組織作り、新しいアイデアの支援」を行ってきた[5]

2016年現在のフォード財団の目標は「不平等への挑戦」である[6]。財団は不平等の原因は公正さ・寛大さ・包摂性などを侵害する「凝り固まった文化的な物語」、機会と結果の不平等を拡大する「経済的な規則」、政府の意思決定と資源に対する「政府への不平等なアクセス」、教育や天然資源のような「生存に欠かせない公共財に対する投資・保護の失敗」、女性・人種・民族・少数派カーストに対する「がんこな偏見と差別」にあると考えている。これに対抗するために財団は「市民的社会参画英語版と政府」「想像性と表現の自由」「公平な開発」「性別・人種・民族的な公正」「包摂的な経済」「インターネットの自由」「青少年の機会と学習」という7つの任務を設定し[6]、2016年8月現在は181事業に対して約9999万ドルの補助を行っている[4]。このうち最も補助金が多いのは「公平な開発」(37事業・約1801万ドル)であり、オレゴン州ポートランドのNational Community Land Trust Network(共同体土地信託英語版)に対して約217万ドルを提供している[4]。2番目に補助金が多いのは「包摂的な経済」(23事業・約1043万ドル)であり、ウィスコンシン州ミルウォーキーのFamily Values at Work: A Multi-State Consortium, Inc(有給病気休業や病気離職者に対する支援)に約225万ドルを提供している[4]。三番目に補助金が多いのは、「性別・人種・民族的な公正」(24事業・約864万ドル)であり、カリフォルニア州のForward Together(性と生殖に関する健康と権利英語版の支援)に約80万ドルを提供している[4]

なお2015年度は1570事業に対して約6億1061万ドル、2014年度は1636事業に対して6億4756万ドルの補助を行った[4]

貢献地域[編集]

フォード財団はアメリカ合衆国の他に中南米(アンデス地域英語版、メキシコと中央アメリカ、ブラジル)、アジア(中華人民共和国、インド・ネパール・スリランカ、インドネシア)、アフリカ(中東と北アフリカ、南アフリカ、東アフリカ、西アフリカ)で活動している[7]

日本に関係する援助[8]
年度 団体 金額 説明
2006 日本国際交流センター 60万ドル
2006
2007
2015
日本財団 約13万ドル 合計。日米の相互理解の支援
2008 国際経済研究所 10万ドル 日本の金融統治の状況
2009 全米日系人博物館 20万ドル 改築
2009 ハートマウンテン・ワイオミング財団 25万ドル


脚注[編集]

  1. ^ Leadership: Officers”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ 2015 Audited Financial Statements and Footnotes”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ Find Funding”. Foundation Center. 2016年8月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Grant making by Thematic Area in 2016”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。
  5. ^ ABOUT US - Mission”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。
  6. ^ a b Challenging inequality”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。
  7. ^ ホームページ上部のWORLDWIDE メニュー
  8. ^ Grants Database”. フォード財団. 2016年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]