魚返善雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魚返 善雄(おがえり よしお、1910年1月8日 - 1966年3月27日)は、日本の言語学者中国文学研究者。

来歴[編集]

大分県日田町に生まれる。信濃憂人の別号を持つ。1926年より上海東亜同文書院に学ぶが、病気のため1929年中退して帰郷。1933年文部省検定試験に合格し英語と支那語の教師資格を得、東亜学校で教える。1937年日華学会理事、NHK嘱託として北京語放送を担当、1939年より東京帝国大学東京大学文学部非常勤講師を27年務めた。戦時中、東京高等師範学校教授。戦後、東洋大学駒澤大学東洋大学客員教授。

著書[編集]

  • 華語基礎読本 三省堂 1941
  • 支那語の発音と記号 三省堂 1942
  • 支那語注音符号の発音 帝国書院 1944
  • 日本語と支那語 慶應出版社 1944
  • 民国の文芸 育生社 1948
  • 日本文学と中国文学 弘文堂 1952(アテネ文庫)
  • 中国的考え方 宝文館 1952
  • 暗い時代の青春 日本出版協同 1953
  • 東洋人の心 東洋経済新報社 1953
  • 漢文の學び方 至文堂 1953(学生教養新書)
  • 趣味の漢文 旺文社 1956(学生ライブラリー)
  • 人間味の文学 明徳出版社 1957
  • 外来語小辞典 研究社 1959(研究社小辞典シリーズ)
  • 日本語心得帳 大修館書店 1961
  • 文学と東洋 小峯書院 1961
  • お山のひっこし 放送童話集 小峯書店 1963(コスモス文庫)
  • コオロギになった子 放送童話集 小峯書店 1963(コスモス文庫)
  • 言語と文体 紀伊国屋新書 1963
  • 漢文の世界 東京大学出版会 1963
  • 漢文入門 社会思想社 1966(現代教養文庫)

共編著[編集]

  • 支那語読本(編)日本評論社 1938
  • 時文読本  高田真治共編 大日本図書 1940
  • 大陸の言語と文学(編)三省堂 1940
  • 華日語法読本 双訳 王化共著 三省堂 1941

翻訳[編集]

  • 支那人の見た日本人 信濃憂人訳編 青年書房 1937
  • 支那言語学概論 カールグレン 岩村忍共訳 文求堂書店 1937
  • 現代支那語科学 デンツエル・カー 文求堂書店 1939
  • 支那人の精神 辜鴻銘 目黒書店 1940
  • 支那民衆の告白 信濃憂人訳編 青年書房 1940
  • 新支那の出発 信濃憂人訳編 青年書房 1940
  • 北京語の発音 カールグレン 文求堂 1941
  • 広東語の発音 ダニエル・ヂョウンズ、胡炯堂 文求堂書店 1942
  • 漢文華語康煕皇帝遺訓 大阪屋号書店 1943
  • 支那文法講話 劉復 中野昭麿共訳 三省堂 1943
  • 西洋文化の支那侵略史 E.R.ヒューズ 大阪屋号書店 1944
  • 東洋語の声調 ヂョーヂ・グリアスン 竜文書局 1945
  • 三民主義及自伝 孫中堂 増進堂 1946
  • 機械と精神 林語堂 朝日新聞社 1946
  • 東西の国民性 林語堂 増進堂 1946
  • ソロモン 万人の聖書 生活社 1947
  • 民国の文芸 育生社 1948(芸林新書)
  • 紅楼夢 奥野信太郎共編 好学社 1948
  • 遊仙窟 張さく 東書房 1948
  • 菜根譚新訳 洪自誠 鎌倉文庫 1948 のち角川文庫
  • 新中国小説集 目黒書店 1948
  • 旧中国小説集 甲編 目黒書店 1949
  • 水滸伝 改造社 1949 のち現代教養文庫
  • 西遊記 改造社 1950 同
  • 中国文学入門 劉麟生 東京大学出版部 1951
  • 迷路の殺人 ヴァン・グーリック 大日本雄弁会講談社 1951 「中国迷宮殺人事件」文庫
  • 中国千一夜(今古奇観)抱甕老人 日本出版協同 1952-1953
  • 禅問答四十八章 慧開 学生社新書 1955
  • 中国文学史 オディル・カルタンマルクーゲキエ 高田淳共訳 白水社 1957(文庫クセジュ)
  • 新しい論語 弥生書房 1957
  • 「論語」新訳 學生社 1957
  • 中国名詩選 学生社新書 1963
  • 宝のひょうたん 張天翼 小学館 1964(少年少女世界名作文学全集)
  • 広東語小説集 俗話傾談 邵彬儒 小峯書店 1964
  • 禅問答四十八章 学生社 1978