ジョージ・エイブラハム・グリアソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サー・ジョージ・エイブラハム・グリアソン
生誕 (1851-01-07) 1851年1月7日
アイルランドダブリン州
死没 (1941-03-09) 1941年3月9日(90歳没)
職業 言語学
著名な実績 インド言語調査

サージョージ・エイブラハム・グリアソンSir George Abraham Grierson1851年1月7日1941年3月9日)は、アイルランド言語学者で、インド高等文官。1898年から1928年にかけて行われたインド言語調査の指揮者として、364の言語・方言の情報を収集した。

生涯[編集]

グリアソンはダブリン州グレナギャリーで生まれた。父と祖父(ジョージ・グリアソン)はダブリンの有名な印刷・出版業者だった。

グリアソンはカンバーランドのセント・ビーズ学校で、ついでダブリン大学トリニティ・カレッジで数学を学んだ。1871年にインド高等文官の資格を非常に優秀な成績で得た。またダブリンでの2年間の準備期間中にサンスクリットヒンドゥスターニー語でトリニティ・カレッジの賞を得た[1]。 1873年にインドのベンガル州に到着し、ビハールのバンキプールに配属された。後にパトナの長官、ビハール州のアヘン機関に就任した。1898年には新しく設立されたインド言語調査の指揮者に任命され、「ヨーロッパの図書を調べたり学者に相談する便宜のため」イングランドに引っ越した[2]。グリアソンがインド高等文官を退職した1903年までに、大部分のデータ収集が完了していた。グリアソンは残りの30年をかけて、収集された膨大な量の資料を編集した[1]

グリアソンは学術的著作を生涯出版しつづけた:ビハールの方言や農民の生活、ヒンディー語文学、バクティ言語学についてなど。

同時代の学者はグリアソンが不二一元論に冷淡であることを批判した。グリアソンは不二一元論を「パンディットの宗教」とみなしていたが、一方でグリアソンは「地方の民衆の一神教的な信心への暖かい評価」を明かにした[3]

グリアソンの晩年の著作の大部分は言語学に関するものである。グリアソンの生涯を称える記事において、F・W・トーマスとR・L・ターナーは、インド言語調査に関する大量の出版物を「インドの言語学的植物学の体系的な分類を表す巨大な帝国博物館」と呼んでいる[4]

グリアソンはイングランドのサリー州キャンバーリーで没した。

栄誉[編集]

グリアソンは1928年にメリット勲章を授けられた[5]

グリアソンはインド帝国勲章のナイト・コマンダー(KCIE)に叙勲された。

インドの文学賞であるグリアソン博士賞はグリアソンの名を冠している。

著作[編集]

  • Sir George Grierson; Dr. Lionel D. Barnett Litt. D., M. R. A. S. (1920). Lallā-Vākyāni. London: The Royal Asiatic Society. https://archive.org/details/LallaVakyani. 
  • Sir George Abraham Grierson, ed (1923). The Lay of Alha: A Saga of Rajput Chivalry as Sung by Minstrels of Northern India. Oxford University Press, Humphrey Milford. 
  • Gleanings from the Bhakta-Mala”. Journal of the Royal Asiatic Society: 607-644. (1909年). 
  • Gleanings from the Bhakta-Mala”. Journal of the Royal Asiatic Society: 269-306. (1910a). 
  • Gleanings from the Bhakta-Mala”. Journal of the Royal Asiatic Society: 87-109. (1910b). 

出典[編集]

  1. ^ a b McGuire, James; Quinn, James (2009). Dictionary of Irish Biography. 3. Dublin: Royal Irish Academy-Cambridge University Press. ISBN 9780521633314. 
  2. ^ Thomas and Turner (1941) p.3
  3. ^ Thomas and Turner (1941) p.11
  4. ^ Thomas and Turner (1941) p.18
  5. ^ R.C. Ganjoo (2001年8月11日). “The Lost Scholars of Kashmir”. The Tribune. 2015年4月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • Thomas, F.W; Turner, R.L (1941). George Abraham Grierson 1851-1941. London: Humphrey Milford Amen House, E.C. 

外部リンク[編集]

  1. Photos of Sir George Grierson
  2. Gramaphone recordings from Linguistic Survey of India