カンバーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カンバーランド
Cumberland
歴史的カウンティ英語版
Cumberland flag.svg
Cumberland en 1851.svg
面積
 • 1831年969,490エーカー (3,923.4 km2) Vision of Britainで引用された1831年国勢調査 – Ancient county data
 • 1911年973,086エーカー (3,937.94 km2)
 • 1961年973,146エーカー (3,938.18 km2)
人口
 • 1911年265,746 Vision of Britain – カンバーランド 人口 (密度面積)
 • 1961年294,303人
人口密度
 • 1911年0.27/acre (0.67/ha)
 • 1961年0.3/acre (0.74/ha)
歴史
 • 起源歴史的英語版
 • 設立12世紀
 • 滅亡1974年
 • 後継カンブリア
現在
Chapman codeCUL
政府カンバーランド州議会 (1889年–1974年)
 • 本部カーライル (Carlisle)
Arms of Cumberland County Council.svg
カンバーランド州議会の紋章
行政区画
 • 種類英語版
 • 名称
  • カンバーランド (Cumberland)
  • エスクデイル (Eskdale)
  • アラーデール・アバブ・ダーウェント (Allerdale Above Derwent)
  • アラーデール・ビロウ・ダーウェント (Allerdale Below Derwent)
  • リース (Leath)
Wards of Cumberland

カンバーランド (英語: Cumberland) は、12世紀から1974年まで行政機能を持っていたノース・ウェスト・イングランド歴史的カウンティ英語版である。北東は歴史的カウンティのノーサンバーランド、東はカウンティ・ダラム、南東はウェストモーランド英語版、南はランカシャー、北はスコットランドダンフリースシャー英語版ロクスバーグシャー英語版に接している。1889年から1974年まで行政カウンティを形成し(1914年からはカーライルを除く)、1974年にウェストモーランド、ランカシャー、ヨークシャーの一部と統合され、現在はカンブリアの一部となっている。2023年4月に、カンブリアの地方政府は2つの単一自治体に再編成される。そのうちの1つはカンバーランドと名付けられ、ペンリス英語版とその周辺地域を除いて、歴史的カウンティのほとんどが含まれる[1]

初期の歴史[編集]

中世前期、カンブリアはヘン・オグレッド英語版、または「オールド・ノース」のストラスクライド王国英語版の一部で、その人々は現在カンブリア語と呼ばれるブリソン諸語を話していた。「カンバーランド」という用語の最初の記録は945年に登場し、アングロサクソン年代記は、この地域がイングランドのエドマンド1世によってアルバの王(スコットランド)マルカム1世英語版に割譲されたと記録された。ウェールズの固有のウェールズ語である「Cymru」と同様に、「Cumberland」および「Cumbria」という名前は、元々「同胞」を意味していた共通ブリソン語kombrogesに由来している[2][3]

ドゥームズデイ・ブック(西暦1086年)の時点では、ノーサンブリア伯爵英語版の所有物であったミロム英語版周辺のいくつかの村がヨークシャーに組み込まれていたが、将来のカウンティのほとんどはスコットランドの一部だった[4]

西暦1092年、イングランドのウィリアム2世がカーライル地域に侵入し、開拓者を入植させた。彼はカーライル伯爵を創設し、ラヌルフ・ル・メシン英語版に領地を与えた。1133年、カーライルは伯爵領の領域と大部分が同じである新しい教区英語版教区長英語版に任命された。しかし、1135年にイングランドのヘンリー1世が亡くなると、この地域はスコットランドのデイヴィッド1世によって奪還された。彼は権力を固めることができ、カーライルを彼の政府の主要な議席の1つにしたが、イングランドは長い内戦に陥った。カンブリア語は12世紀に消滅したと考えられている[5]

この地域は、1157年にイングランドのヘンリー2世が(スコットランドのマルカム4世から)この地域を獲得したときに、イングランドの国家に戻った。

地理[編集]

12世紀に形成された境界は、カウンティが存在する間、実質的に変更されることはなかった。4つのイングランドの歴史的カウンティとそれが国境を接する2つのスコットランドのカウンティがある:東にノーサンバーランドカウンティ・ダラム、南はウェストモーランド英語版、南西はランカシャーファーネス英語版の一部、北はダンフリースシャー英語版、北東はロクスバーグシャー英語版

西は、カウンティはソルウェー湾アイリッシュ海に囲まれている。

遺産[編集]

この名前は、地理的および文化的な用語として使用され続けており、カンバーランド・ソーセージHMS カンバーランド、カンバーランド・フェル・ランナーズクラブ、カンバーランド・アスレチッククラブなどの各種団体・企業、地元の新聞カンバーランド・ニューズ、ウェスト・カンバーランド・タイムズ&スター、カンバーランド・ビルディング・ソサエティなどに残っている。マルコム王子に与えられた王国としてマクベスにも言及されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Names for two controversial Cumbria councils revealed”. BBC News. (2021年11月5日). https://www.bbc.com/news/uk-england-cumbria-59183200 2022年3月12日閲覧。 
  2. ^ Cymric”. Online Etymological Dictionary. 2010年9月25日閲覧。
  3. ^ Davies, John (2007). A History of Wales. Penguin Books. pp. 68–69 
  4. ^ Barrow, G. W. S. (2006). The Kingdom of the Scots: Government, Church and Society from the Eleventh to the Fourteenth Century (2nd ed.). Edinburgh University Press. ISBN 0-7486-1803-1 
  5. ^ W. F. H. Nicolaisen, Scottish Place Names, p. 131

関連項目[編集]

外部リンク[編集]