猪木正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いのき まさみち
猪木 正道
生誕 (1914-11-05) 1914年11月5日
日本の旗 日本 京都府京都市
死没 (2012-11-05) 2012年11月5日(98歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 政治学者
団体 財団法人平和・安全保障研究所顧問
影響を受けたもの 河合栄治郎
影響を与えたもの 高坂正堯木村汎矢野暢西原正大島渚五百旗頭眞
政党 民社党
子供 猪木武徳
受賞 紫綬褒章勲一等瑞宝章文化功労者

猪木 正道(いのき まさみち、1914年大正3年)11月5日 - 2012年平成24年)11月5日)は、日本政治学者京都大学名誉教授、元防衛大学校長(第3代)、財団法人平和・安全保障研究所顧問を歴任し、「日本政治学界の大御所的存在で、安全保障問題の論客」として知られていた[1]。専門は、政治思想法学博士(京都大学、1962年昭和37年))。経済学者猪木武徳は息子。

略歴[編集]

京都府京都市生まれ。6歳から16歳までを三重県上野(現在の伊賀市)で過ごす。東京大学在学中は河合栄治郎の演習に参加し、自由主義社会主義双方に立脚した考えをもとにした[2]人格主義理想主義から共産主義軍部の政治関与のいずれをも批判する態度に共鳴し、戦後日本の平和主義に潜む危険性に警鐘を鳴らしていた[1]。特に、旧ソ連で非人間的な独裁制に至ったマルクス主義の理論的欠陥を訴えるなど、社会主義への理解のある政治思想家の中では反共色の強い政治思想家でもあった[2]。ただし、中川八洋は「猪木は隠れソビエトシンパだった」と批判している。1982年の中川の批判に対して猪木は名誉毀損で訴訟を起こしたが、猪木側で和解を提唱し和解となった[3]。また福田恆存は、『正論』の黒幕S氏から睨まれて『正論』から原稿依頼がなくなったと書いていたが、弟子の松原正は、S氏は猪木だと書き[4]、空想的平和主義者として猪木を批判している[5]。指導した学生に高坂正堯木村汎矢野暢西原正大島渚五百旗頭眞がいる。

産経新聞』のオピニオン面に長期掲載されているコラム正論」の第1回(1973年(昭和48年)6月25日付)を執筆した。

民社党支持の論客としても長く活動したが、大平正芳政権時に設置された「総合安全保障研究グループ」ではその座長を務め、1982年(昭和57年)には新設された自民党シンクタンク総合政策研究所の運営委員に就任した。

2012年11月5日、老衰のため死去[6]。98歳没。生没同日であった。

逸話[編集]

作曲家のすぎやまこういちは成蹊高等学校で猪木に教わり、猪木のおかげで真っ当な歴史観を持てたと述懐している[7]

経歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ロシア革命史――社会思想史的研究』(白日書房、1948年/世界思想社、1951年、新版1970年/中公文庫、1994年)
  • 『共産主義の系譜』(みすず書房、1949年/角川書店角川文庫〉、1953年、新訂版1970年、増訂版1984年)
  • 『戦う社会民主主義――共産主義との対決』(実業教科書、1949年)
  • 『ドイツ共産党史――西欧共産主義の運命』(弘文堂、1950年)
  • 『スターリン』(社会思想研究会出版部、1951年)
  • 『三つの共産主義――レーニン・トロツキー・スターリン』(養徳社、1951年)
  • 『ロシヤ史入門』(創文社、1952年)
  • 『戦争と革命』(雲井書店、1952年)
  • 『政治変動論』(世界思想社、1953年)
  • 『日本の方向――反動に抗して』(創文社、1953年)
  • 『人間尊重のために――西欧に学ぶもの』(河出書房[河出新書]、1955年)
  • 『国際政治の展開』(有信堂、1956年)
  • 『政治学新講』(有信堂、1956年、新訂版1959年、増訂版1969年)
  • 『民主的社会主義のために』(有信堂、1958年)
  • 『民主的社会主義』(中央公論社、1960年)
  • 『議会政治を守るために』(有信堂, 1961年)
  • 『独裁の政治思想』(創文社、1961年、増訂版1984年、三訂版2002年)
  • 『政治学ノート 第1』(有信堂、1962年)
  • 『社会思想入門』(有紀書房、1962年)
  • 『独裁者』(筑摩書房、1963年)
  • 『政治学ノート 第2』(有信堂、1965年)
  • 『激動する世界と日本』(有信堂、1965年)
  • 『随想 世界と日本』(有信堂、1965年)
  • 『政治をみる眼』(世界思想社、1968年)
  • 『歴史の転換点』(文藝春秋、1968年)
  • 『国際政治をみる眼』(世界思想社、1968年)
  • 『大世界史(25) 冷戦と共存』(文藝春秋、1969年)
  • 『国を守る――熱核時代の日本防衛論』(実業之日本社、1972年)
  • 『現代政治の虚像と実像』(世界思想社、1974年)
  • 『七つの決断――現代史に学ぶ』(実業之日本社、1975年)
  • 『安全を考える』(朝雲新聞社、1977年)
  • 『評伝吉田茂[8]』(読売新聞社(上中下)、1978-1981年/ちくま学芸文庫(全4巻)、1995年)
  • 『軍事大国への幻想――真に国を守るには』(東洋経済新報社、1981年)
  • 『日本宰相列伝(18) 吉田茂』(時事通信社、1986年)
  • 天皇陛下』(TBSブリタニカ、1986年)
  • 『歴史の黒白――これだけははっきり言っておく』(文藝春秋・ネスコ、1990年)
  • 『政治の文法――日本・アメリカ・ソ連』(世界思想社、1991年)
  • 『軍国日本の興亡――日清戦争から日中戦争へ』(中央公論社[中公新書]、1995年)
  • 『私の20世紀――猪木正道回顧録』(世界思想社、2000年)
  • 『日本の運命を変えた七つの決断』(文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2015年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ソ連邦』(毎日新聞社、1954年)
  • 『日本の二大政党』(法律文化社、1956年)
  • 『独裁の研究』(創文社、1957年)
  • 『タイ・ビルマの社会経済構造』(アジア経済研究所、1963年)
  • 『共産主義』(至文堂、1967年)
  • 『日本政治・外交史資料選』(有信堂、1969年)

共編著[編集]

  • (多数)『現代史事典』(創文社、1955年)
  • 中山治一)『世界歴史(7)現代の世界』(人文書院、1965年)
  • 勝田吉太郎)『世界の名著(42) プルードン・バクーニン・クロポトキン 』(中央公論社、1967年)
  • 神川信彦)『講座日本の将来(2) 現代日本の政治――分析と展望』(潮出版社、1968年)
  • (勝田吉太郎・渡辺一)『政治学』(高文社、1972年)
  • 市村真一)『共産圏諸国の政治経済の動向』(創文社、1974年)
  • 高坂正堯)『日本の安全保障と防衛への緊急提言』(講談社、1982年)

訳書[編集]

著作集[編集]

  • 『猪木正道著作集』(高坂正堯編:力富書房、1985年/ブレーン出版、1991年)
    • 1巻「共産主義の系譜」(解説:木村汎
    • 2巻「独裁の研究」(解説:渡辺一
    • 3巻「冷戦と共存」(解説:佐瀬昌盛
    • 4巻「歴史・人物・決断」(解説:矢野暢
    • 5巻「国を守る」(解説:西原正

脚注[編集]

  1. ^ a b 猪木正道氏が死去 安全保障問題の論客 「正論」メンバーMSN産経ニュース2012年11月7日16:31配信記事(配信日に閲覧)
  2. ^ a b 政治学者の猪木正道氏が死去 元防大校長山陽新聞WEB NEWS2012年11月7日17:32配信記事(配信日に閲覧))
  3. ^ 『猪木正道の大敗北 ソ連を愛し続けた前防大校長の“言論抑圧裁判”の真相』奥原唯弘ほか 日新報道 1983年7月
  4. ^ [1]
  5. ^ 猪木正道氏に問う
  6. ^ 猪木正道さん死去 安保問題の論客、京大名誉教授朝日新聞2012年11月7日閲覧
  7. ^ 西田ビジョン「西田昌司×すぎやまこういち 憂国対談」vol.2
  8. ^ 親英米的な自由主義者としての吉田を描いた評伝。中曽根康弘は回想記で、「昭和天皇が近衛文麿に対しての自らの思いを私に伝えるために、この本を読むように促した」と述べた。

参考文献[編集]

  • 井上徹英『猪木正道の歩んだ道――"戦後"と闘った自由主義者の肖像』有峰書店新社、1993年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]