ヒンドゥークシュ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒンドゥークシュ山脈
Mountains of Afghanistan.jpg
ヒンドゥークシュ山脈
所在地 アフガニスタンの旗 アフガニスタン
パキスタンの旗 パキスタン
位置 北緯35度 東経71度 / 北緯35度 東経71度 / 35; 71座標: 北緯35度 東経71度 / 北緯35度 東経71度 / 35; 71
最高峰 ティリチミール (7,708m)
延長 1,200km
500km
ヒンドゥークシュ山脈の位置
ヒンドゥークシュ山脈
ヒンドゥークシュ山脈の位置(アジア
テンプレートを表示
アフガニスタン国土の高度分布図 灰色に写っている部分は高度3000mを越えており、白が強くなるほど高度が上がる。この部分がほぼヒンドゥークシュ山脈に相当する

ヒンドゥークシュ山脈(ヒンドゥークシュさんみゃく、パシュトー語/ペルシア語: ھندوکُش)とは、主にアフガニスタン国内を北東から南西に1200kmにわたって延びる山脈。一部はパキスタン西部にも広がる。クシュは山や山地を指すのでさらに山脈をつけるのは日本語の翻訳地名によくある慣例である。また、ヒンドゥークシュはペルシャ語で「インド人殺し」を意味する[1]

山脈は単一ではなく、最大幅500kmにわたる山地となっており、アフガニスタンの首都カーブルも山脈を区切る幅の広い盆地に位置している。北東部ではタジキスタン領内のパミール高原ゴルノ・バダフシャン自治州)やインド・パキスタン間で帰属に問題があるカシミールに接し、ヒマラヤ山脈の西端であるカラコルム山脈西部とつながっている。2つの山脈が接する東経74度の地点にはバツラ氷河の源流がある。ヒンドゥークシュ山脈は南西に延びていくにしたがって複数の支脈に別れていく。いずれもカンダハル平原が南西の端となっている。

最高峰ティリチミール(7690m)。7000m以上の峰としては、ノシャック(7492m)、イストルオナ英語版(7398m)、サラグラル英語版(7349m)などが際立つ。

交通[編集]

ヒンドゥークシュ山脈は古来から東西南北の交通の障害となってきた。このため重要な峠が点在する。中央アジアインドを結ぶ峠道が多数あり、ハワク峠英語版 (3548m)はアレクサンドロス3世(大王)やティムールが通過している。シバル峠英語版(2978m)、サラン峠(3363m) はカーブルと中央アジアのマザーリシャリーフを結ぶ重要な道路が通る。

国際道路であるアジアハイウェイAH-1)は、イランテヘランを経由し、西からアフガニスタン国内に入る。しかし、ヘラートの町でヒンドゥークシュ山脈にぶつかる。そのためハイウェーは南に向きを変え、ギリシュク英語版カンダハールを通ったあと、北東に進み山脈内の谷間を抜けてカーブルに到達する。その後、東のカイバル峠を越えてパキスタン国内に入る。

産業[編集]

標高が高く森林限界に近いため、樹木はほとんど見られない。鉱物資源が発見されているものの交通路がないために開発が進んでいない。

脚注[編集]

  1. ^ 杉山正明『モンゴル帝国と長いその後』講談社

関連項目[編集]