佐口透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐口 透(さぐち とおる、1916年6月20日 - 2006年11月13日)は、日本歴史学者金沢大学名誉教授。東トルキスタンの研究で知られる。

概要[編集]

1916年(大正5年)、石川県金沢市[1]に生まれる[2]

東京帝国大学卒業[2]。戦時期には民族研究所所員として岩村忍とともに敗戦直前の内モンゴルの西北研究所に出向、中国ムスリムの現地調査に従事した。

富山大学助教授、1971年に金沢大学教授。摂南大学教授を歴任。

モンゴル帝国から19世紀までの中央アジア東トルキスタン新疆ムスリム回民を研究した。1964年、『十八-十九世紀東トルキスタン社会史研究』で東京大学より文学博士を取得[3]

著書・論文[編集]

  • 『一八~一九世紀東トルキスタン社会史研究』吉川弘文館1963年
  • 「サリク・ウイグル種族史考」『東洋史論叢 山本博士還暦記念』山本博士還暦記念東洋史論叢編纂委員会編、山川出版社1972年
  • マルコ=ポーロ : 東西世界を結んだ不滅の旅行家』清水書院、1977年(1986年)
  • 『ロシアとアジア草原』吉川弘文館、1982 (ユーラシア文化史選書3 )
  • 『新疆民族史研究』吉川弘文館、1986年
  • 『新疆ムスリム研究』吉川弘文館、1995年

翻訳[編集]

共著[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 四国新聞2006,11/14記事「佐口透氏死去/金沢大名誉教授」
  2. ^ a b 講談社 日本人名大辞典」
  3. ^ 十八-十九世紀東トルキスタン社会史研究 佐口透”. 国立国会図書館. 2012年7月9日閲覧。

関連項目[編集]