鈴木規夫 (イスラム学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 規夫(すずき のりお、1957年7月3日 - )は、日本のイスラム学者、愛知大学教授。

略歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ。上智大学文学部仏文科卒[1]、1987年中央大学大学院法学研究科博士課程前期政治学専攻修了、1991年成蹊大学大学院法学政治学研究科博士課程後期政治学専攻中退、1993年「政治哲学における想像力の問題 スフラワルディーの<光>概念をめぐるイスラームと西欧」で博士(政治学)。1998年長野県短期大学助教授、1998年愛知大学国際コミュニケーション学部助教授、2002年教授となる[2]

著書[編集]

  • 『日本人にとってイスラームとは何か』1998 ちくま新書
  • 『光の政治哲学 スフラワルディーとモダン』国際書院 (愛知大学文學會叢書) 2008
  • 『現代イスラーム現象 その恐怖と希望』国際書院 2009

編著[編集]

  • 『イメージング・チャイナ 印象中国の政治学』編 国際書院 2014

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002
  2. ^ researchmap