よなよなペンギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

よなよなペンギン』とは、2009年12月23日に公開の日本映画。原作は、りんたろうマッドハウス製作、松竹配給。略称はよなペン

ストーリー[編集]

毎晩、ペンギンの格好をして街を歩き回っていた少女ココ。ココは、天国のおとうさんが話してくれた、「ペンギンと空を飛んだことがある」という言葉を信じている。だから、彼女の願いは、いつか空を飛ぶということだった。 彼女の元に、ある日、空から招待状が届く。

登場キャラクター[編集]

ココ - 森迫永依
本作の主人公。常にペンギンのコートを着ている少女。明朗活発な性格。父の遺言からペンギンは空を飛べると信じている。
チャリー - 田中麗奈
村の危機で助けを求めにココの世界にやって来たゴブリンの少年。臆病だが優しい性格。ココを伝説の勇者と勘違いするも、彼女と仲良くなる。
ザミー - 太田光(爆笑問題)
ブッカ・ブーの一番の家来を自称する小太りな少年。4級の見習い天使だが意地悪な性格。当初は、ココと対立していたが、次第に仲良くなる。
ブッカ・ブー - 田中裕二(爆笑問題)
地下世界の闇の帝王。高齢で衰えていたはずの力を取り戻し始め、ゴブリン村を襲う。
長老 - 永井一郎
ゴブリン村の長老。物知りで村への愛着は強いが、頑固者。
チャリーの父親 - 田中秀幸
ゴブリン村のリーダー。チャリーの一番の理解者。
チャリーの母親 - 皆口裕子
常にチャリーの事を心配する。優しい性格。
ココの母親 - 小山茉美
ココの一番の理解者。夫は他界しており、女手ひとつで娘を育てた。
ムルムル - 山口勝平
ブッカ・ブーの執事。特技は相手を褒める事。
猫のチャビスケ - TARAKO
ココの友人で、彼女と踊る事が日課。
おじさんたち - 野沢那智内海賢二
ココの友人。常に彼女を見守る。
デビル四人組 - 松本梨香ヒロシダンディ坂野小島よしお
ブッカ・ブーの手下。ザミーと行動を共にする。ラップが得意。
双子のフェアリー - 田中れいなモーニング娘。)、リンリン(モーニング娘。)
パラケケの執事。
悪ガキ三人組 - くまいもとこ桑島法子朴璐美
ココに意地悪をしてくる少年3人組。
スパイダー - 本多俊之(友情出演)
ブッカ・ブーの宮殿を見回る悪魔。
大天使 - 山寺宏一(友情出演)
ザミーの先生。
ココの父親 - 高橋ジョージ
ココが3歳の時に他界。生前はペンギンの飼育係だった。
パラケケ - 藤村俊二
大地の妖精。博識だが、1つの質問に答えると、100年の眠りに就いてしまう。
じい - 柄本明
ココを温かく見守る老人。ココがピンチの時に不思議な力で助けてくれるが、正体は不明。
その他 - 宮澤正葛城七穂魚建室園丈裕橘U子坂本くんぺい

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「アミーゴペンギン」歌:ココ(森迫永依)とアミーゴペンギンズ
プロデュース・作詞・作曲:堂島孝平 編曲:東京レクリエーション部(堂島孝平×神森徹也)
※CDは2009年9月26日、バップより発売
プロモーションビデオでは森迫永依と子どもたちがかわいいダンスを披露している。(振付:近藤良平コンドルズ
カップリング曲「デビル4兄弟のテーマ」歌:デビル4兄弟(松本梨香ダンディ坂野ヒロシ小島よしお
プロデュース・作詞・作曲:堂島孝平 編曲:東京レクリエーション部(堂島孝平×神森徹也)
CDには「アミーゴペンギン」のオルゴールバージョンも収録されている。
堂島孝平の制作チーム(冨永周平浅田秀之ら)によって制作された。

関連商品[編集]

CD[編集]

  • 「映画『よなよなペンギン』オリジナル・サウンドトラック」 バップ(2009年12月16日発売)

DVD、Blu-ray Disc[編集]

バップより2010年11月26日に発売。

関連書籍[編集]

  • 「よなよなペンギン」清水志穂著、りんたろう・林すみこ原作 メディアファクトリー 2009年12月2日発売 ISBN 978-4840131209
  • 「よなよなペンギン公式ガイドブック」角川書店 2009年12月16日発売 ISBN 978-4048544283
  • 「よなよなペンギン ココ、ちきゅうをすくう」寺田克也著・イラスト、りんたろう・林すみこ原作 徳間書店 2009年12月16日発売 ISBN 978-4198628772
    • 寺田克也による完全オリジナルストーリーのスピンオフ作品。マンガ風の絵本で、主人公ココだけが登場する[1]
  • 「よなよなペンギン」寺田克也・りんたろう・林すみこ著 ポプラ社 2009年12月17日発売 ISBN 978-4591114506
  • 「よなよなペンギン 寺田克也のキャラクターメイキングブック」寺田克也著、マッドハウス監修 飛鳥新社 2009年12月23日発売 ISBN 978-4870319806

その他[編集]

  • 主人公のココは、2010年バンクーバーオリンピックへの出場を目指すボブスレー日本代表の公式キャラクターとなっている[2][3][4]。これは、本作品の制作会社であるマッドハウスの関連会社・中小企業スポーツ機構がボブスレー日本代表のスポンサーとなったことに伴うもの[5]
  • 東京消防庁の火災報知器設置促進用の防災ポスターにココが起用。2009年12月2日には声をあてた森迫永依に感謝状も贈られている[6][7][8][9]
  • 第66回ヴェネツィア映画祭 特別招待上映作品
  • 第22回東京国際映画祭 正式招待作品
  • 第1回バンコク国際アニメーション映画祭 オープニング招待作品
  • 第29回ブリュッセル・アニメーション映画祭(ANIMA2010) 最優秀児童映画観客賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]