サクラ大戦 (テレビアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サクラ大戦(サクラ大戦TV)
ジャンル ヒロインアクション
アニメ
原作 広井王子
監督 中村隆太郎
キャラクターデザイン 松原秀典
メカニックデザイン 福島秀樹
音楽 田中公平
アニメーション制作 マッドハウス
製作 サクラ大戦製作委員会TBS
放送局 TBS、MBS(ほか、放送局参照)
放送期間 2000年4月8日 - 9月23日
話数 全25話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

サクラ大戦』(サクラたいせん)は、セガ同名テレビゲームを原作としたテレビアニメ作品。2000年4月8日から同年9月23日までTBSMBSほかで放送された[1]。全25話。TBS製作のテレビアニメおよびサクラ大戦アニメシリーズとしては、最後のセル画フィルム撮影による製作作品となった。

ゲーム版との区別のため、映像ソフト(VHS/DVD)は『サクラ大戦TV』(サクラたいせんティービー)というタイトルで販売されており、便宜上一般的にはこちらの名で呼ばれる[2][3]。資料によっては、『TV版 サクラ大戦』と表記されることもある[4][5]

概要[編集]

ゲーム版『サクラ大戦』のストーリーを元に、アニメ独自の脚本や演出を加え再構成した作品。真宮寺さくらの帝国華撃団への加入から始まり、葵叉丹率いる黒之巣会との戦いまでを描いている。本作のストーリーの中心はさくらを中心とした帝国華撃団の結束であり、ゲームでの大きな要素でもある大神一郎とヒロインとの恋愛は描かれておらず、全般的にシリアスな内容になっているのが特徴である。

1クール時点で『サクラ大戦』のOVA等で脚本を手掛けてきたメインライターの川崎ヒロユキと、川崎が招いた脚本家が全員降板しており、2クール以降はライター陣が大幅に入れ替わっている。

登場人物[編集]

帝国華撃団[編集]

その他の登場人物[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

※発売元は全てavex mode。

オープニングテーマ
ゲキテイ(檄! 帝国華撃団)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 横山智佐&帝国歌劇団
  • テレビ放送初期には、檄! 帝国華撃団にて表示。バックトラックは「III」と同音源。DVDでは初期より修正済み。
エンディングテーマ
「夢見ていよう」(第1 - 12話、第21 - 25話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 横山智佐&帝国歌劇団
「ゲキテイ音頭」(第13 - 20話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 田中真弓
挿入歌
「愛ゆえに」(第1話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 宮崎慎二 / 歌 - 高乃麗 & 富沢美智恵
「東京的休日」(第6話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - 渕崎ゆり子
「赤いカチューシャ」(第9話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 浜口史郎 / 歌 - 高乃麗
「お花畑」(第12話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 多田彰文 / 歌 - 帝国華撃団
「センタースポット」(第13話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 富沢美智恵
「ストーンモンキー」(第17話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 田中真弓 & 高乃麗
「シンデレラ」(第18話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 松尾早人 / 歌 - 横山智佐 & 高乃麗 / 台詞 - 富沢美智恵、西原久美子、渕崎ゆり子、田中真弓
「下町ラプソディー」(第20話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 横山智佐 & 渕崎ゆり子
「花吹雪・白波弁天」(第21話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - 横山智佐 & 田中真弓
「雲雀の歌」〜椿姫より〜(第22話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 浜口史郎 / 歌 - 富沢美智恵 & 高乃麗
「夢見る機械」(第23話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 岸村正実 / 歌 - 渕崎ゆり子
「花咲く乙女」(第25話)
作詞 - 広井王子 / 作曲 - 田中公平 / 編曲 - 根岸貴幸 / 歌 - 帝国華撃団

各話リスト[編集]

「第九話 火喰い鳥と呼ばれた少女」に限り、VHS収録時にテレビ放送時より大幅にストーリー構成を変更した上で収録された。テレビ放送版はサクラ大戦TV DVD-BOX(2006年10月27日発売)に初回限定版特典として封入された[6]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第一話 さくら 帝都に来る 川崎ヒロユキ 中村隆太郎 中村隆太郎
浅見隆司
中原清隆
宮田奈保美
佐藤雄三
第二話 守るべき都市 鈴木利正 田中誠輝
第三話 さくらの初舞台 中村隆太郎 岡嶋国敏 伊藤良明
第四話 華撃団の新隊長 川崎ヒロユキ[7][8]
成田良美
原博 はしもとなおと 秦野好紹
中原清隆
第五話 邪悪なる影 川崎ヒロユキ[7][8]
玉井豪
小林孝志
中村隆太郎
安田賢司
鈴木利正
宮田奈保美
中原清隆
安徳正則
福世孝明(メカ)
第六話 光武の心 高山カツヒコ 布施木一喜 高橋成之
小笠原篤
第七話 おいしい秩序 金巻兼一 小林孝志 伊藤良明
第八話 これがレビュウ![注釈 1] 原博 佐藤雄三 田崎聡
第九話 火喰い鳥(クワッサリー)と呼ばれた少女[注釈 2] 川崎ヒロユキ テレビ放送版
渡部高志 又野弘道 箕輪悟
中原清隆
VHS / DVD版
佐藤雄三 浅見隆司
鈴木利正
守岡英行
第十話 嵐を呼ぶ女(カンナ)[注釈 3] 成田良美 小島正幸 岩井優器
第十一話 花組合宿[注釈 4] 高山カツヒコ 佐藤順一 布施木一喜 高橋成之
小笠原篤
中原清隆
藤原潤
第十二話 ひとりぼっちのバースデー 玉井豪 小島正幸 浅見隆司 伊藤良明
小原充
第十三話 花と咲かせよ!乙女の意地で! 土井佐智子 駒井一也 はしもとなおと 小林利充
第十四話 アイリス出撃す![注釈 5] 吉岡たかを 原博 鈴木薫 佐藤陵
第十五話 さくら故郷へ帰る 鈴木達也 武内宣之 小原充
伊藤良明
第十六話 対降魔部隊[注釈 6] あべけん 安田賢司 又野弘道 島崎克実
中原清隆
第十七話 序曲[注釈 7] 土井佐智子 小林孝嗣 岡嶋国敏[7][11]
川崎逸朗
関口可奈味
第十八話 シンデレラ[注釈 8] 佐藤和治 まついひとゆき はしもとなおと 秦野好紹
長坂寛治
第十九話 破邪の陣[注釈 9] 吉岡たかを 小林孝嗣 岡嶋国敏 関口雅浩
中原清隆
第二十話 しのび寄る闇 鈴木達也 TAMA 鈴木薫 佐藤陵
第二十一話 もうひとつの戦い あべけん 浅見隆司 伊藤良明
小原充
第二十二話 帝劇、炎上! 佐藤和治 原博 佐藤雄三
田中洋之
田崎聡
第二十三話 夢見る機械[注釈 10] 土井佐智子 安田賢司 はしもとなおと[7][12]
川崎逸朗
岡嶋国敏
関口可奈味
三浦和也
第二十四話 [注釈 11] 吉岡たかを 小林孝嗣 はしもとなおと 小林利充
第二十五話 夢のつづき[注釈 12] 鈴木達也 中村隆太郎[7][13]
鈴木利正
小林孝嗣
浅見隆司
鈴木利正
守岡英行
小原充
三浦和也(メカ)

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
関東広域圏 東京放送 2000年4月8日 - 9月23日 土曜 17:30 - 18:00 製作局
近畿広域圏 毎日放送
中京広域圏 中部日本放送 2000年4月 - 9月 土曜 16:30 - 17:00
北海道 北海道放送 2000年4月15日 - 9月30日 土曜 17:00 - 17:30 7日遅れ
宮城県 東北放送 2000年7月 - 2001年1月 土曜 17:30 - 18:00
福島県 テレビユー福島 2000年4月 - 10月 木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜)
静岡県 静岡放送 2000年7月 - 2001年1月 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)
岡山県・香川県 山陽放送 2000年9月2日 - 2001年3月 土曜 6:00 - 6:30
山口県 テレビ山口 土曜 5:45 - 6:15[14]
愛媛県 あいテレビ 2000年6月 - 12月 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜)[15]
日本全域 キッズステーション CS放送

台湾でも『櫻花大戰』のタイトルで放送された。

ほかにもバンダイチャンネルで配信されているほか、TBSチャンネルでも放送されることがある[16]

注釈[編集]

  1. ^ 仮タイトルは「きらりきらりと夢輝かせ」だった[9]
  2. ^ 仮タイトルは「哀しき火喰い鳥」だった[9]
  3. ^ 仮タイトルは「南風GOGO」だった[9]
  4. ^ 仮タイトルは「燃ゆる炎の戦闘訓練」だった[10]
  5. ^ 仮タイトルは「非情なる叉丹の罠!アイリス出撃す!!」だった[10]
  6. ^ 仮タイトルは「我ら陸軍対降魔部隊」だった[11]
  7. ^ 仮タイトルは「それぞれの戦いの序曲」だった[11]
  8. ^ 仮タイトルは「さくら主演舞台に立つ」だった[11]
  9. ^ 仮タイトルは「月下の攻防戦」だった[12]
  10. ^ 仮タイトルは「夢見る頃を過ぎても」だった[12]
  11. ^ 仮タイトルは「復活!聖魔・穢土城」だった[13]
  12. ^ 仮タイトルは「この夢のつづき」だった[13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ サクラ大戦とはコトバンク
  2. ^ サクラ大戦TVの動画視聴・あらすじ | U-NEXT” (日本語). www.video.unext.jp. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ サクラ大戦TV DVD-BOX”. sakura-taisen.com. 2020年5月22日閲覧。
  4. ^ TV版 サクラ大戦|バンダイチャンネル” (日本語). バンダイチャンネル. 2020年5月22日閲覧。
  5. ^ TV版 サクラ大戦(全25話)” (日本語). dアニメストア | 国内最大級のアニメ見放題サイト. 2020年5月22日閲覧。
  6. ^ サクラ大戦TV DVD-BOXHMV公式サイト
  7. ^ a b c d e ノークレジット。
  8. ^ a b 徳間書店刊「アニメージュ」2000年5月号「ANIMATION WARLD」154Pより。
  9. ^ a b c 徳間書店刊「アニメージュ」2000年6月号「ANIMATION WORLD」145Pより。
  10. ^ a b 徳間書店刊「アニメージュ」2000年7月号「ANIMATION WORLD」178Pより。
  11. ^ a b c d 徳間書店刊「アニメージュ」2000年8月号「ANIMATION WORLD」186Pより。
  12. ^ a b c 徳間書店刊「アニメージュ」2000年9月号「ANIMATION WORLD」186Pより。
  13. ^ a b c 徳間書店刊「アニメージュ」2000年10月号「ANIMATION WORLD」190Pより。
  14. ^ 12月まで土曜 6:00 - 6:30に放送。
  15. ^ 10月まで土曜 1:35 - 2:05(金曜深夜)に放送。
  16. ^ TBSチャンネル公式サイト・サクラ大戦

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

東京放送 土曜17:30 - 18:00枠
前番組 番組名 次番組
サクラ大戦
※TBS・MBS共同制作
無敵王トライゼノン
※TBS・MBS・CBC共同制作
毎日放送 土曜17:30 - 18:00枠
サクラ大戦
無敵王トライゼノン