渡部高志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡部 高志(わたなべ たかし、1957年(昭和32年)7月22日 - )は、日本の男性アニメーション監督映画監督アニメーター。「河口もと」という名義でクレジットされることがある。代表作は『スレイヤーズ』シリーズ。

来歴・人物[編集]

北海道札幌市出身。東海大学芸術学科在学中に海外合作アニメ制作会社トップクラフトでアニメーターとしてのキャリアをスタートさせる。1985年(昭和60年)にスタジオジブリ結成によりトップクラフトは解散したが、ジブリには行かずスタジオぎゃろっぷを経て、フリーに。

1989年(平成元年)に『ミラクルジャイアンツ童夢くん』で初監督。妻でアニメーターの宮田奈保美、アニメーターの加藤洋人と1996年(平成8年)にフリー集団「猫南蛮亭」を結成した。1980年代は髭がトレードマークとしていた。

代表作はテレビアニメスレイヤーズ』シリーズ、『灼眼のシャナ』シリーズなど。同作をはじめ、監督作にライトノベル原作作品が多いのも特徴である。

ロスト・ユニバース』における「ヤシガニ問題」の際、監督の職にあって苦悩した様に、自らが関わった作品において製作体制に問題を抱える羽目に陥った経験が多く、その為か、1998年(平成10年)頃にはインターネットで自らウェブサイト「アニメの骨壷」を開設し、アニメ業界について問題提起を行なっていた。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]

外部リンク[編集]