アイアンマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイアンマン
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場 Tales of Suspense #39 (1963年3月)
クリエイター スタン・リー
ラリー・リーバー
ドン・ヘック
ジャック・カービー
作中の情報
本名 Anthony Edward "Tony" Stark
種族 人間
所属チーム スターク・インダストリー
アベンジャーズ
マイティ・アベンジャーズ
ニューアベンジャーズ
ウェスト・コースト・アベンジャーズ
イルミナティ
S.H.I.E.L.D.
フォース・ワークス
国防総省
著名な別名 Cobalt Man, Iron Knight
能力

天才レベルの知能,
パワードアーマーとのサイバパシックリンク,
リアリティジェムの所持,
白兵戦闘の技術,
パワードアーマーによる能力:

  • 超人的怪力
  • 飛行
  • エナジーブラスト

アイアンマン』(: Iron Man)は、アメリカ合衆国マーベル・コミックが刊行しているアメコミのタイトルであり、同名のヒーローを主人公としている。同タイトルを冠したアニメや映画作品も制作されており、2008年5月2日には実写映画『アイアンマン』が公開され、オープニングの週末で興行収入が1億ドルを突破する大ヒットとなった。


登場人物[編集]

主人公[編集]

アンソニー・エドワード・(トニー)スターク/アイアンマン

交友関係[編集]

ハッピー(Happy)
本名:ハロルド・(ハッピー)ホーガン(Harold "HAPPY" Hogan)
実力はあるが優しさ故に勝てない元ボクサー。トニーの親友で、運転手兼ボディーガード。アイアンマンとしても活動した。
ペッパー(Pepper)
本名:ヴァージニア・(ペッパー)ポッツ(Virginia "PEPPER" Potts)
トニーの親友で、元秘書。ハッピーと結婚したが、現在は離婚している。現在は女性型アイアンマン・アーマー「レスキュー」を装着するに至る。
エドウィン・ジャービス(Edwin Jarvis)
トニーの父の代からスターク家に仕える優秀で忠実な執事。家族のいないトニーにとって父代わりとも言える人物。トニーがアベンジャーズに参加して以降はアベンジャーズ基地の執事としても活躍。
実写映画版では人類史上最も精巧なAIフラックスネット「J.A.R.V.I.S.」として登場。日常生活や仕事、戦闘のサポートも行う。
ダミー(DUMMY / DUM-E)
実写映画版にのみ登場するロボットアーム。ユーと同じタイプのアームで、アーム本体の左側面に「DUM-E」と書かれている。言葉は発しないが、電子音やジェスチャーのような動きで感情を示す。ダミー(不器用)という名前通り鈍くさく、機械なのに何かと失敗が多い。しかしトニーはダミーを毒づきながらも気に入っており、いつもそばに置いている。実際「1」ではトニーの命を救う活躍をした。「3」でスターク邸が襲撃された際に海中に沈んでしまうが、その後引き上げられている。
ユー(YOU / U)
実写映画版にのみ登場するロボットアーム。ダミーと同じタイプのアームで、アーム本体の左側面に「U」と書かれている。ダミーと同様に言葉は発しないが、電子音やジェスチャーのような動きで感情を示す。ダミーと比べて有能なのか、「1」ではトニーが飛行実験中のカメラ係、「2」ではトニーとペッパーが飲むシャンパンを運んだり、プリズム加速器制作のサポート、「3」ではマーク42の装着実験のカメラ係を行っていた。しかし、ダミーと同様に機械なのに何かと失敗が多く、「2」ではトニーが飲むクロロフィルムをまき散らかしてしまったり[1]、「3」では装着パーツが当たったことでカメラを落してしまって、慌てふためいていた。「3」でのスターク邸が襲撃された際の攻撃で大破してしまったが、残骸はダミーと共に引き上げられている。
バターフィンガー(Butterfingers)
実写映画版にのみ登場するロボットアーム。「1」でペッパーがトニーのリアクターを交換する際に登場している。
ウォーマシン(War Machine)
本名:ジェイムス・ルパート・(ジム・)ローズ(James Rupert "Jim" Rhodes)
トニーが戦えなくなった時期に、アイアンマンとして代役を務めた。アフリカ系人種の元ネイビー
死を装っていたトニーに憤怒して袂を分かち、ウォーマシンを名乗ってヒーロー活動をするようになった。
一時期戦闘で重傷を負った際、ベサニー・ケイブの手によって触れた機械と融合することのできるサイボーグになるも、自身のクローンに脳を移植するという方法で生身に戻った。
実写映画版では第一作から登場し、二作目からはウォーマシンとして、三作目ではウォーマシンの改良版であるアイアン・パトリオットとして活躍する(ただし演じている俳優は第一作と二作目以降で変っている)。なおウォーマシンはトニーのオリジナルデザインではなく、ヴィランのジャスティン・ハマーがトニーのアーマーを改造したものであるなど誕生の経緯は大幅に異なっている。
アベンジャーズ(Avengers)
キャプテン・アメリカを中心にしたヒーローチーム。アイアンマンは結成メンバーであり、一時的な脱退時期はあるが中核メンバーであるビッグ3の一人として知られている。シビル・ウォーで2つに分断されてしまった。
イルミナティ(Illuminati)
クリー/スクラル戦争(星間列強種族による宇宙戦争)を切っ掛けに結成された、様々なヒーローチームのリーダー6人による極秘のコミュニティ。トニーもアベンジャーズの代表として参加している。
エディー・マーチ
アイアンマンとして活動した。
ミカエル・オブライエン
短期間ながらアイアンマンとして活動した。

ヴィラン[編集]

マンダリン
中国などを支配する犯罪組織の首領。フィン・ファン・フームの惑星から来た古代宇宙船から発見した10個の指輪の力(レーザー光線、インパクトビーム、火炎放射、冷凍光線、暗黒光線、電撃、突風、物質崩壊、物質変換、精神支配etc)を使って戦うヴィラン。自称「ジンギス・カンの子孫」。現在はエクストリミスの力を手に入れている。実写映画版では第一作では当初はヴィランとしてマンダリンが候補に挙がっていた名残としてマンダリンの特徴である手に10個の指輪を付けていることに由来する名前のゲリラ「テン・リングス(10個の指輪)」が登場し、第三作にテン・リングスのリーダーとして登場するが、実際はエクストリミスを利用している真の黒幕によって金で雇われ、テン・リングスのリーダーという架空の役割を演じさせられていた只の俳優だった。
テムジン
マンダリンの息子。
モーガン・スターク
トニー・スタークの従兄弟。トニーに憎しみを抱いており、トニーの財産を狙っているなど、アイアンマンのヴィランというより、トニーとしての敵。
アイアンマン2020 / アーノ・スターク
モーガン・スタークの息子。未来世界の悪人。
グレゴール・シャパンカ / ジャックフロスト / 初代ブリザード
スターク産業の科学者。初代ブリザードとなるが、未来から来たアイアンマン2020に殺される。
アイアンモンガー / アバディア・スティン
オバデヤ・スターン、オバディア・ステインと記述されることもある。スターク・エンタープライズの乗っ取りを企む事業家で、コミックでは既に故人。実写映画版に登場するヴィラン。
ジャスティン・ハマー
ヴィランに兵器を与えている会社の社長。超音波を使ってアイアンマンのアーマーを誤作動させたこともある。実写映画では第二作にて登場する。
クリムゾン・カウル
ジャスティン・ハマーの娘。
ドニー・ギル / 2代目ブリザード
ジャスティン・ハマーの元部下であり、2代目ブリザードとなるが、改心してアイアンマンに協力するようになる。
アーサー・パークス / リビング・レーザー
手首につけた装置からレーザー光線を発射する。アイアンマンとの戦闘中に過負荷状態になったレーザー装置が爆発し、人間としての肉体が消滅した。しかし、意識を保ったまま光子でできた体を手に入れ、より強力なヴィランへと生まれ変わった。
マーク・スカーロッティ / ウィップラッシュ / ブラックラッシュ
特殊なムチの使い手。コミックでは既に故人。ウィップラッシュは実写映画第二作にて宿敵として登場する。
クリムゾン・ダイナモ
旧ソ連製のアーマーに身を包んで戦うヴィラン。初代はロシアの科学者アントン・バンコが製作し、それ以降、多くの人物がクリムゾン・ダイナモ・アーマーを装着することになる。政治的立場でアイアンマンと国家を超えて共闘することがあり、初代のアントン・バンコはアメリカに亡命後、アイアンマンを救って命を落とした。因みに五代目デミトリ・バカーリン、六代目ヴァレンティン・シャタロフは後にヴィランからヒーローに、八代目ゲナディ・ガブリロフはヒーローとして活動している。
チタニウムマン / ボリス・ブルスキー
ソ連の高官からシベリアの強制労働キャンプに左遷され、自分の有能さを政府に認めさせようとしてクリムゾン・ダイナモの開発施設を流用して開発したアーマーを装着して戦うヴィラン。ボリス・ブルスキーの死後、グレムリンというミュータントがチタニウムマンに扮していたこともあり、更に現在は正体不明のチタニウムマンが戦っている。クリムゾン・ダイナモとロシア版アベンジャーズ「ソビエト・スーパー・ソルジャーズ」や、ラヂオアクティブマンとクリムゾン・ダイナモで「タイタニック3」を結成し、アイアンマンを苦しませた。
マダム・マスク
ホイットニー・フロストとして育てられたが、犯罪界の大物カウント・ネフェリアの死後に娘であることが発覚し、本名のジュリエッタ・ネフェリアを名乗って犯罪組織マギアに加わる。スターク・インダストリーズ襲撃に失敗した際に顔に永久に残る傷を負い、コードネームの由来となった黄金のマスクを被るようになる。過去、トニー・スタークに恋心を寄せていたことがある。『アイアンマン ザ・アドベンチャーズ』ではステインの娘ホイットニー・ステインとして登場する。
スパイマスター
一流の産業スパイ。ジャスティン・ハマーに雇われてアイアンマンの技術を流出させた。
ドレッドノート
国際テロ組織ハイドラが開発したロボット。
ドクター・ドゥーム / ヴィクター・フォン・ドゥーム
本来は、『ファンタスティック・フォー』のメインヴィランであるが、天才科学者にしてアーマーを着ているといった似たような境遇のためか幾度か対戦しており、そういった経緯から『インフィニティ・ガントレット』では真っ先にいざこざを起こすなど二人の仲は最悪であるものの、ソーバスターアーマー開発の際には知恵を貸したこともある。
フィン・ファン・フーム
マクルゥⅣという惑星からやってきた宇宙生命で、巨大なドラゴンのような姿。本名は地球では聞き取れない発音であり、上記の名前は俗称である。ちなみに、マンダリンが所持する指輪もマクルゥⅣのものである。
ウルティモ
マンダリンが開発した巨大ロボット。ゲーム「アイアンマン2」でもAIとして戦術発展順応ネットワーク付きピコテック自己修復型軍需品「PROTEAN」を使った数千万トンのロボットボディ等を操り登場。
ラヂオアクティブマン / チェン・ルー
中国政府の要望によって、大量の放射能を浴びてヴィランとなった核物理学者。アメリカのヒーローを倒すことで中国の優位性を証明しようとする。ソ連のクリムゾン・ダイナモ、チタニウムマンと共に共産主義ヴィランチーム「タイタニック3」を結成した。現在は中国に戻ってヒーローチーム「人民防衛軍」の一員として活動している。

シビル・ウォー」や「ワールド・ウォー・ハルク」(ハルクの制御不能な能力を危惧したアイアンマンらが彼を騙して宇宙の彼方に追放。ハルクは追放された先の混沌の惑星を統一するが、ハルクを追放した宇宙船が大爆発を起こして国は壊滅。ハルクと生き残ったごく一部の仲間が、復讐のために地球に戻って来る)と言ったクロスオーバー作品では、アイアンマン自身がヴィラン的なポジションを演じることが多い。

漫画作品[編集]

Iron Man (vol.1) 1968年~1996年。全332号。
Iron Man (vol.2) 1996年~1997年。全13号。
Iron Man (vol.3) 1998年~2004年。全89号。
Iron Man (vol. 4) 2005年~2009年。全35号。
The Invincible Iron Man 2008年~2012年。#1~#33、#500~#527。
Iron Man (vol.5) 2013年~

映画[編集]


テレビアニメ[編集]

The Marvel Super Heroes[編集]

1966年にアメリカで日替わりでマーベルヒーローが登場する帯アニメ『The Marvel Super Heroes』内で放送。アイアンマンは水曜日担当だった。

アイアンマン[編集]

アメリカで1994年から1996年にかけて放送、全26話。日本では1996年4月1日から9月30日にかけてNHKBS2の衛星アニメ劇場で放送された。

内容はアニメオリジナルで、アイアンマンはアイアンフォースというオリジナルのヒーローチーム[2]を結成している。敵側もボスであるマンダリンとその補佐役となるコンピュータ人間モードック、マンダリンと結託した悪の実業家ジャスティン・ハマー、何人かのヴィランで構成されたチームダークブリンガーがレギュラーとして登場し、毎回正義と悪のチーム戦が繰り広げられた。またアメリカで同時期にテレビアニメが放映していたハルクがゲストキャラとして出演している。

本作のアーマーはモジュラーアーマーをメインとしているが、状況に応じてトニーの掛け声によってアーマーをチェンジする。アーマーの装着等の一部のバンクシーンでCGを使用しているが、当時のCG技術ゆえに他のシーンのセルアニメ部分と比べると明らかに質感が違い、浮いていた。

キャスト[編集]

トニー・スターク/アイアンマン
声 - 江原正士/英 - ロバート・ヘイズ
ジム・ローディス/ウォーマシン
声 - 玄田哲章/英 - ジェームズ・エイブリー→ジム・カミングスドリアン・ヘアウッド(第2シーズンより)
ホーマー
声 - 三木眞一郎/英 - トム・ケイン
クリントン・バートン/ホークアイ
声 - 中村大樹/英 - ジョン・レイリー
センチュリー
声 - 納谷六朗/英 - ジェームズ・ワーウィック→ジム・カミングス→トム・ケイン
ジュリア・カーペインター/スパイダー(原語ではスパイダーウーマン)
声 - 潘恵子/英 - ケーシー・デフランコ→ジェニファー・ヘイル
ワンダ・フランク/レディマジック(原語ではスカーレットウィッチ)
声 - 高田由美/英 - キャサリン・モファット→ジェニファー・ダーリン
マンダリン
声 - 大塚明夫/英 - エド・ギルバート→ロバート・イトウ
モードック
声 - 中村秀利/英 - ジム・カミングス
ジャスティン・ハマー
声 - 納谷六朗/英 - トニー・ステッドマン→エフリム・ズィムバリストJr.
ドレッドナイト
声 - 宗矢樹頼/英 - ニール・ディックソン
ミステリア(原語ではヒュプノシア)
声 - 朝倉あゆみ/英 - リンダ・ホルデヒー→ジェニファー・ダーリン
リビングレーザー
声 - 中村秀利→梅津秀行/英 - ロバート・ヘイズ
ブリザード
声 - 宇垣秀成/英 - チャック・マッカン→ニール・ロス(代役)
ブラックロッド(原語ではブラックラッシュ)
声 - 坂口候一/英 - ジェームズ・エイブリー→ドリアン・ヘアウッド
トルネード(原語ではウィールウインド)
声 - 中村大樹/英 - ジェームズ・エイブリー→ドリアン・ヘアウッド
エイムの黒幕(ゲスト)
声 - 宇垣秀成/英 -
ひげ面の連れの女(ゲスト)
声 - 菊地祥子/英 -
フィン・ファン・フーン[3](ゲスト)
声 - 梁田清之/英 - ニール・ロス
イン・セン(原語ではウェリントン・インセン)(ゲスト)
声 - 石森達幸/英 - ニール・ロス
ハワード・ウォーカー・スターク(トニーの父)(ゲスト)
声 - 堀勝之祐/英 - ニール・ロス→ピーター・レナディ
ポール・ピエール・デュバル/ガーゴイル(原語ではグレイ・ガーゴイル)(ゲスト)
声 - 梁田清之/英 - ジム・カミングス
レイチェル・カーペインター(ゲスト)
声 - 浅田葉子/英 - キャサリン・モファット
ゴースト(ゲスト)
声 - 柴本浩行/英 - ジェニファー・ヘイル、トム・ケイン、ジャミー・ホートン
クリムゾン・ダイナモ(ゲスト)
声 - 中村秀利/英 - ウィリアム・ホーキンス、ストゥ・ローセン
ハッカー(ゲスト)
声 - 中原茂/英 - トッド・ロイゾ
チタニウマン(ゲスト)
声 - 若本規夫/英 - ジェラード・マギラー
ダークイージス(ゲスト)
声 - 内海賢二/英 - スコット・バレンタイン
イラスティカ(ゲスト)
声 - 石川寛美/英 - マリア・ルビノフ
ダム・ダム・ドゥーガン(ゲスト)
声 - 徳丸完/英 - W・モーガン・シェパード
ハルク(ゲスト)
声 - 郷里大輔/英 - ロン・パールマン
ブルース・バーナー[4](ゲスト)
声 - 内田直哉/英 - ロン・パールマン
リーダー(ゲスト)
声 - 梁田清之/英 - マット・フリューワー
フューリー(ゲスト)
声 - 大友龍三郎/英 -

放映リスト[編集]

シーズン1
話数 サブタイトル 原題 脚本 絵コンテ 演出 備考
1   "And the Sea Shall Give Up Its Dead" ロン・フリードマン    
2   "Rejoice! I am Ultimo, Thy Deliverer" ロン・フリードマン
Ted Pederson(ストーリー原案)
Francis Moss (ストーリー原案)
   
3   "Data In, Chaos Out" ダグ・ブース
ロン・フリードマン(ストーリー原案)
スタン・リー(ストーリー原案)
   
4   "Silence My Companion, Death My Destination" Steve Hayes(ストーリー原案)
ロン・フリードマン
   
5   "The Grim Reaper Wears a Teflon Coat" ダグ・ブース
ロン・フリードマン(ストーリー原案)
スタン・リー(ストーリー原案)
 
6   "Enemy Without, Enemy Within" ロン・フリードマン    
7   "Origin of the Mandarin"    
8   "The Defection of Hawkeye"    
9   "Iron Man to the Second Power, Part 1" Yale Rudoff    
10   "Iron Man to the Second Power, Part 2" ロン・フリードマン& Yale Rudoff    
11 戦士の目覚める時(前編) "Origin of Iron Man, Part 1" ロン・フリードマン    
12 戦士の目覚める時(後編) "Origin of Iron Man, Part 2"    
13 偽りのウェディング "The Wedding of Iron Man"    
シーズン2
話数 サブタイトル 原題 脚本 絵コンテ 演出 備考
14   "The Beast Within" Greg Johnson   Richard Trueblood
15   "Fire and Rain" レン・ヴァイン   ボブ・アークライト
16   "Cell of Iron" Jan Strnad   ダン・トンプソン
17   "Not Far From the Tree" Francis Moss   ボブ・アークライト
18   "Beauty Knows No Pain" Brooks Wachtel   ダン・トンプソン
19   "Iron Man, On the Inside" Steve Cuden
20 消された惑星 "Distant Boundaries" グレッグ・ジョンソン   ボブ・アークライト
21   "The Armor Wars, Part 1" Len Uhley   ダン・トンプソン
22   "The Armor Wars, Part 2"   ボブ・アークライト
23 アイアンマン対超人ハルク "Empowered" グレッグ・ジョンソン  
24   "Hulk Buster" Francis Moss, Ted Pederson, &グレッグ・ジョンソン   ボブ・アークライト &ダン・トンプソン
25   "Hands of the Mandarin, Part 1" ダグラス・ブース ボブ・アークライト
26   "Hands of the Mandarin, Part 2" ボブ・アークライト &ダン・トンプソン

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 永遠が愛に変わるとき
作詞:大賀玉之輔 作曲:堀江顕 歌:プリティキャスト

アイアンマン ザ・アドベンチャーズ[編集]

2009年よりアメリカで放送中のフルCGアニメーション。日本では2009年11月にディズニーXDで放送開始。

本作に登場するトニー・スタークは16歳のティーンエイジャーにアレンジされている。

アイアンマン(マッドハウス版)[編集]

テレビシリーズ[編集]

「マーベルアニメ(Marvel Anime)」プロジェクトとして制作された4作の第1弾として2010年10月1日から同年12月17日までアニマックスにて放送。

アイアンマン: ライズ・オブ・テクノヴォア[編集]

2012年10月、ニューヨークコミコンにて、マッドハウス制作による新作長編アニメ『Iron Man: Rise of Technovore』(原題)が2013年春にセルソフト形式で発売することが発表。2013年4月24日にソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりリリースされた。[5][6]

スタッフ
  • 監督 - 浜崎博嗣
  • ストーリー - ブランドン・オーマン
  • 脚本 - 梶研吾
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 筱雅律
  • 絵コンテ - 浜崎博嗣、川村賢一、夏目真悟、寺岡巌、川尻善昭
  • 演出 - 川村賢一、夏目真悟
  • クリーチャーデザイン - 韮沢靖
  • メカニックデザイン - 石垣純哉
  • 美術デザイン - 末武康光
  • デザインワークス - 箕輪豊、戸倉紀元、新妻大輔、今村大樹、高橋瑞香、牟田口裕基
  • コンセプトデザイン - 尾崎隆晴
  • メカニック作画監督 - 牟田口裕基
  • 銃器作画監督 - 新妻大輔
  • 美術監督 - 池田繁美
  • 色彩設計 - 橋本賢
  • 撮影監督 - 吉岡宏夫
  • 編集 - 木村佳史子、塚常真理子
  • 音楽 - 高橋哲也
  • 音響監督 - 三間雅文
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作著作 - SH DTV Partners(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、マッドハウス)
キャスト

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ[編集]

2014年4月よりテレビ東京系列で放送中のアニメーション。本作では、ロキの陰謀によりディスクに閉じ込められてしまうが、バイオコードをインストールされた5人の子どもの一人であるアカツキ・アキラと共に戦う。アイアンマンの声は花輪英司、ジャービス(サポートAI)の声は加瀬康之

ゲーム[編集]

日本発売作品[編集]

ネイティブアプリ[編集]

  • アイアンマン3 公式ゲーム
スマートフォン用ゲームアプリ。基本無料のアイテム課金制の3Dアクションゲーム。ソーシャルゲームではない。

クロスオーバー作品[編集]

格闘ゲーム
また、『MARVEL VS. CAPCOM 2』及び『MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES』には、ウォーマシンが登場。
後者はアイアンマンの版権使用許可が土壇場で取れなくなった事情により、既に許可が出ているウォーマシンの方を急遽参戦させた、という経緯がある。

ゲスト及びサポートキャラ扱い[編集]

  • キャプテンアメリカ アンド ジ アベンジャーズ
  • アベンジャーズ・イン・ギャラクティックストーム

関連項目[編集]

  • TALOS (パワードスーツ) - アメリカ軍が開発中のパワードスーツ。設計段階でアイアンマンを参考にしていると公式に発表されている。

脚注[編集]

  1. ^ その際、トニーに「今度こそスクラップにしてやる!」と怒られている。
  2. ^ メンバー構成はForce Worksがベース。
  3. ^ 日本語吹き替えでは「フィン・ファン・フォーム」ではなく「フィン・ファン・フーン」となっている
  4. ^ 日本語吹き替えでは「ブルース・バナー」ではなく「ブルース・バーナー」となっている
  5. ^ マッドハウス 再びマーベルコミックをアニメ化 新作アイアンマン製作発表 - アニメ!アニメ!
  6. ^ マッドハウスが再び挑んだ 新作「アイアンマン: ライズ・オブ・テクノヴォア」BD発売決定 | アニメ!アニメ!