梶研吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梶 研吾(かじ けんご、男性、1961年2月7日[1][2] - )は、三重県[1][2]出身の漫画原作者脚本家監督演出家小説家プロデューサー、2011年4月より神奈川工科大学特任教授

この他、小池一夫主宰の「小池塾」において漫画原作講師を務めたこともある。自身のウェブサイトなどでは武王と自称することもある。

来歴[編集]

1983年に小池一夫主宰の劇画村塾に入塾(4期生)した後、1987年に漫画『グラップキッズ』(画:岡村賢二双葉社)で漫画原作者としてデビュー。師匠である小池の影響を受けてか、殺し屋を取り扱った作品が多い。またそれ以外では、社会派の『交通事故鑑定人 環倫一郎』(画:樹崎聖集英社)が代表作の一つとして数えられる。

漫画原作者としての活動の傍ら、90年代中頃より映像方面にも進出。『エコエコアザラク』(「-BIRTH OF THE WIZARD-」他)などの脚本監修や『修羅雪姫』(2001年)などのプロデュースの他、近年では特に『ULTRASEVEN X』を始めとするウルトラシリーズや、雨宮慶太原作の『牙狼-GARO-』などの特撮テレビドラマの演出やキャラクターデザイン、小説にも多数携わっている。

この他、水野大深華などを始めとする「梶組」と呼ばれる若手俳優たちによる舞台公演の演出や、『聴こえなくても私は負けない』(著:甲地由美恵角川書店)のボランティア的な作品の監修も行うなど、その活動は多岐にわたっている。

自身のウェブサイト上にて掲げているモットーは「好きなことしかやらない」と「地位と名誉と金銭は求めない」。

主な作品[編集]

原作[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

小説[編集]

  • 修羅々(2000年、講談社)
  • バトルホームズ〜誰がために名探偵は戦う(2001年、集英社)
  • バトルホームズ2〜名探偵、大西部を征く(2001年、集英社)
  • 悪魔捜査官(デビルポリス)(2002年、集英社)

映像作品[編集]

原作[編集]

  • 取立屋本舗 ベビィ(1994年)
  • 取立屋本舗 ベビィ2〜闇金仁義(1994年)
  • 極道弁護士 綾小路春彦(1994年)
  • 極道一匹狼(1998年)
  • マギー's 犬Jr.(2005年、脚本および監督も担当)

監修[編集]

監督[編集]

脚本[編集]

プロデュース[編集]

舞台[編集]

  • 犬神戦記(2007年、演出)
  • ナイトメス(2007年、演出)
  • ホスピタルビルド(2008年、演出)

その他[編集]

  • 聴こえなくても私は負けない(監修)(2008年、著:甲地由美恵、角川書店)

脚注[編集]

  1. ^ a b ウルトラマンマックス マックス!マックス!マックス!怪獣大画報』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクション〉、2006年10月30日、58頁。ISBN 4257037350
  2. ^ a b 「ウルトラマンメビウス白書 梶研吾」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、72頁。ISBN 978-4-257-03745-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]