柴本浩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しばもと ひろゆき
柴本 浩行
プロフィール
本名 阿部 信行(あべ のぶゆき)[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本愛知県丹羽郡岩倉町(現・岩倉市[1]
生年月日 (1955-12-18) 1955年12月18日(66歳)
血液型 O型[2]
職業 声優俳優歌手
事務所 81プロデュース[3]
公式サイト 柴本浩行 - 81プロデュースの公式サイト
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 167[4] cm / 50 kg
声優活動
活動期間 1980年代 -
ジャンル アニメ吹き替え
デビュー作機動戦士Ζガンダム[2]
俳優活動
活動期間 1970年代 -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
音楽活動
活動名義 川口 亮
活動期間 1973年 -
職種 歌手
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

柴本 浩行(しばもと ひろゆき、1955年12月18日[6] - )は、日本声優俳優歌手愛知県丹羽郡岩倉町(現・岩倉市)出身[1]81プロデュース所属[3]

芸名阿部 健太(あべ けんた)[2]柴本 広之[7]。また、声優業を始める以前は川口 亮(かわぐち りょう)[1][7]阿部 健多[8] 名義で芸能活動を行っていた。

経歴[編集]

中学生の頃から歌が好きで、オーディション番組『スター誕生!』などへ応募[9]。芸能雑誌の記事を見て『1972年第2回クラウン全国歌謡新人コンクール』に出場し優勝したのをきっかけに歌手になることを決心する[9]

上京してプロダクションMK企画に入社し16歳で芸能関係の仕事を始める[9]。数ヶ月のレッスンを経て1973年春に発売したEPレコード『ぼくら青春』で歌手デビュー[1][7][10]テレビドラマ映画に出演するうち芝居に魅了され、1980年公演ミュージカル『アニーよ銃をとれ』(Annie Get Your Gun)のオーディションに受かり舞台にのめり込むようになる[2]

1984年12月劇団四季のミュージカル『コーラスライン』のオーディションを受け外部からただ一人合格する。しかしたまたま受けた『機動戦士Ζガンダム』のオーディションにも合格してしまい、悩んだ末に稽古を続けていたコーラスラインを降板、未知の世界であるアニメを選び1985年放送の『Ζガンダム』で声優デビューを果たす[2]

現在も声優活動を続ける傍ら、81プロデュースや文化学院の講師として後進の育成にあたっている。

人物・エピソード[編集]

「クラウン全国歌謡新人コンクール」の地元の名古屋予選に友達と受けに行き、300人の応募の中から決勝へ進む3人のうちの一人に選ばれる。どうせ駄目だと思っていたので予選通過は予想外だった。その日はたまたま好きな陸上の練習がない日で、練習がある日だったらきっとコンクールの方へは行かなかったという。決勝大会で歌ったのは、クラウンの先輩石橋正次の『あなたは可愛い人だから』。B面なら誰も歌わないと思ったのが理由だった。会場には北島三郎美川憲一水前寺清子など大物歌手が顔を並べていたが、どうせ優勝などしないと思っていたので全くあがらなかった。しかしレコード初吹き込みの時はあがりにあがり、リズムを取っているのかと周りから思われるほど足が震えていた[9]

上京とともに東京都立小山台高等学校[8]の定時制に編入。昼は芸能関係の仕事をし、夕方からはきちんと学校に登校していた。映画で共演した森田健作和田アキ子から「学校だけは出るように」とアドバイスされ感激する。『時間ですよ』では浅田美代子の友達役で出演しデュエットも披露。収録では間違えて女風呂に入りヌードの女性軍を目の当たりにするハプニングに遭う。のちに芝居に傾倒するようになるが、デビュー当時はあくまで本業は歌手であり、テレビタレントとして見られるのは本意ではなかった[9]

コーラスラインのオーディションを受けたのと同じころ、三ツ矢雄二らの発足した劇団プロジェクトレヴューが旗揚げ公演に際し「そこそこ二枚目」の男優を探していた。候補の一人としてメンバーが過去に共演したことのある柴本の名が挙がり出演が決定。そこで相手役の田中真弓と出会う。田中は稽古を続けるうち柴本の人柄に惹かれていったが、柴本は初対面からしばらくずっと「こういう人とはお付き合いしないだろうな」という印象が続いていた。公演終了後も柴本は劇団員として行動をともにするようになり、田中の思いを知った仲間の後押しもあって二人は何度かデートを重ねた。ある日、田中を案じる三ツ矢は二人のはっきりしない関係を見かね、仲間と食べに行った先で柴本に田中のことをどうするのか問いかけた。突然のことに驚いた柴本はびっくりした拍子に田中と一緒になるとの一言を思わず口にした。このことから柴本は仲間内で「ボランティア健ちゃん」と呼ばれるようになる。

田中とは1985年12月25日結婚[11]、翌1986年11月2日一児をもうける。81プロデュースに移籍する前は一時期夫婦でNABEYAに所属していた。のちに離婚するが、夫婦になる前から現在まで多数のデュエットや共演がある。1988年に田中と仲間が結成した劇団「おっ、ぺれった」には柴本も振り付けや演出家として参加している[10][12]。田中と離婚後、柴本は別の女性と再婚するが再び離婚しており、その後田中と復縁した[13]

声種バリトン[14]

尊敬する歌手は布施明堺正章[1]

趣味・特技は器械体操サッカー[3]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2009年
2014年
2015年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

1986年
1987年
1988年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
2000年
2010年
  • さばくの宝の城(金峰)
2011年

ゲーム[編集]

1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

アニメ[編集]

ボイスオーバー[編集]

特撮[編集]

1998年
2001年
  • 仮面ライダーアギト(スネークロード / アングィス・マスクルスの声、ゼブラロード / エクウス・ノクティスの声、ゼブラロード / エクウス・ディエスの声、フィッシュロード / ピスキス・セラトゥスの声、ジャッカルロード / スケロス・グラウクスの声)
  • 劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4(フォルミカ・エクエスの声)
2002年
2003年
2004年
2007年

テレビ番組[編集]

実写(顔出し)[編集]

人形劇[編集]

CD・ボーカル[編集]

幼年向け

EPレコード(歌手デビューシングル)

舞台[編集]

  • ドラマティックカンパニー公演 ハッピーライド'06[2006](振付)
  • おかあさんといっしょファミリーコンサート ドキドキ!!みんなの宇宙旅行[2005](演出・振付・声の出演)
  • ミュージカル サンリオピューロランド ハローキティドリームレビュー2 〜夢のコンサート〜[2002] (アメリカ大統領の声)
  • 鈴置洋孝プロデュース公演 煙が目にしみる[1997](演出助手)
  • 東京ディズニーランドショー[1990](振付)
  • サンバードミュージカル公演 グリース[1988]
  • 新宿コマ劇場 アニーよ銃をとれ[1980](出演)
  • 労音公演 死神
  • 劇団おっ、ぺ れった公演作品(演出、振付)
  • 劇団プロジェクトレヴュー公演作品
  • 二期会オペラ

その他コンテンツ[編集]

音響監督[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

シリーズ一覧

  1. ^ 『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『GENESIS』(2016年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「フレッシュ5座談会」『月刊平凡』1973年6月号、マガジンハウス、1973年6月、 123頁。
  2. ^ a b c d e 「ホット!!ザ・ボイス」『アニメディア』1985年12月号、学習研究社、1985年11月、 99頁。
  3. ^ a b c 柴本浩行 - 81プロデュースの公式サイト
  4. ^ 柴本 浩行”. 日本タレント名鑑. 2022年4月9日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(1997年版)』VIPタイムズ社、1997年、194頁。 
  6. ^ 柴本浩行(しばもとひろゆき)の解説”. goo人名事典. 2020年1月23日閲覧。
  7. ^ a b c 「情報VOICE TOPICS」『アニメージュ』1986年10月号、徳間書店、1986年9月、 175頁。
  8. ^ a b 『日本タレント名鑑(1983年版)』VIPタイムズ社、1982年、7頁。 
  9. ^ a b c d e 「新人デビュー・ストーリー」『月刊平凡』1973年8月号、マガジンハウス、1973年8月、 132-133頁。
  10. ^ a b 小川びい 『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、66-67頁。ISBN 4-19-720012-9 
  11. ^ 「ホット!!ザ・ボイス ウェディング・ベル 田中真弓+阿部建太」『アニメディア』1986年3月号、p.103
  12. ^ おっ、ぺれった”. 2022年4月9日閲覧。
  13. ^ 「ONE PIECE」ルフィ役の田中真弓 演出家の夫とは一度離婚も復縁「今の状態ってベスト」”. 2022年8月15日閲覧。
  14. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年3月25日、57頁。ISBN 978-4-09-526302-1 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]