中村大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら だいき
中村 大樹
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1962-12-25) 1962年12月25日(53歳)
血液型 A型
身長 170 cm
職業 声優
事務所 81プロデュース
活動
活動期間 1981年 -
デビュー作 宇宙戦艦ヤマト 完結編』(兵士C)[1][2]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中村 大樹(なかむら だいき、1962年12月25日[3] - )は、日本男性声優81プロデュース所属。東京都出身。血液型A型

人物[編集]

来歴[編集]

高校時代、『3年B組金八先生』や『熱中時代』などのテレビドラマが大好きで、教師の道を志し、大学を受験したが、失敗。予備校に行こうかと思い案内を見ていたら、宝映テレビプロダクションのタレント養成所の広告を発見[1]。「俳優になれば、先生の役ができるなぁ」と思い、芝居の道に入った[2]。しかし10ヶ月後、カッコいい人や可愛い女の子が仕事をもらって出ていくのを見て、「なんでオレはここにいるんだ?」という気になり、真剣に芝居の勉強をするために演劇雑誌『テアトロ』にて劇団青社の記事を見つけて正所属となる。舞台をやりながら俳優の仕事をしていた頃、『宇宙戦艦ヤマト完結編』で兵士C役で声優デビューし、『赤い光弾ジリオン』のデイブ役で初レギュラーとなる[1]

1989年の『鎧伝サムライトルーパー』放送時に結成し大ヒットした声優ユニットNG5』のメンバーの1人となる。

声優学校の講師としても活躍している。

特色[編集]

エピソード[編集]

  • 鎧伝サムライトルーパー』の伊達征士に「カボチャが好き」という設定があったため、当時のファンからカボチャが大量に送られてきたという。しかし中村本人はそれほど好きではなかったため、困ったことがあるという。
  • 好きな言葉は真実。理由は「本当にそういう気持ちで台詞を言えば、いい芝居が出来るから」だというとなる[2]
  • たびたび、共演者から「大樹さんは真面目」と言われることが多い。本人いわくコメントの時はアドリブが利かない。また、逆に『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』の収録の際は3つほどアドリブを考えてきたという[4]
  • 超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』で声を演じていたタンカーが1クール目の最後で散ってしまったことを悔やんでいた。シリーズに関しては、しばしば「初期シリーズの頭から撮り直してまたやってほしい」と思い入れを語っている[4]
  • NG5のメンバーに「大ちゃん」と呼ばれていたことがあった。
  • 同じ事務所の千葉繁とは家も近所で、公私ともお世話になり、尊敬している[2]

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • ご姉弟物語(選手A)
  • しまじろう ヘソカ(のろりん)
  • デュエル・マスターズ クロスショック(ブロンズアーム弟)
  • NARUTO -ナルト- 疾風伝(山中いのいち)
  • 名探偵コナン(国分建彦)

2011年

2013年

2014年

2016年

OVA[編集]

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2008年

2010年

2011年

2012年

2014年

劇場アニメ[編集]

1983年

1988年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2003年

2004年

2006年

2008年

2009年

2012年

2013年

2014年

2016年

ゲーム[編集]

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

  • ローゼンメイデン ゲベートガルテン(アザラシ男爵)

2008年

2009年

2010年

  • テイルズ オブ グレイセス エフ(バリー)

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

  • 憂世ノ志士(中岡慎太郎)
  • 憂世ノ浪士(中岡慎太郎)
  • 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇(ダヤッカ・リットナー)
  • フェアリーフェンサー エフ ADVENT DARK FORCE(リュシン[13]

2017年

吹き替え[編集]

海外映画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

1996年

1997年

1999年

2014年

CD[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鈴木倫太郎編「ジ・インタビュー 中村大樹」『月刊OUT 1990年3月号』みのり書房、平成2年(1990年)3月1日、雑誌01587-3、28-29頁。
  2. ^ a b c d 倉田幸雄編「今さら友だちのWA!!(中村大樹→?)」『アニメV 1993年11月号』学習研究社、1993年11月1日、雑誌01591-11、61頁。
  3. ^ 『声優名鑑』、567頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  4. ^ a b 『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ volume 4』オーディオコメンタリー
  5. ^ キャストリスト”. 新釈 眞田十勇士 公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  6. ^ HUNTER×HUNTER : “蟻編”のキャスト発表 メルエムは内山昂輝、ピトー役に藤村歩”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年4月15日閲覧。
  7. ^ mariwaka_animeのツイート (737179389981425664)
  8. ^ お江戸はねむれない!”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  9. ^ “ブラック・ジャック FINAL EPISODE”. オデッサ・エンタテイメント. http://www.odessa-e.co.jp/cont/bjfinal/episode.html 2016年5月3日閲覧。 
  10. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード”. メディア芸術データベース. 2016年8月21日閲覧。
  11. ^ 名探偵コナン 11人目のストライカー”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月11日閲覧。
  12. ^ CHARACTER”. フェアリーフェンサー エフ. 2013年7月25日閲覧。
  13. ^ 週刊ファミ通』2015年5月7・14・21日合併号、エンターブレイン、2015年4月23日

外部リンク[編集]