ガジェット警部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガジェット警部
Inspector Gadget
ファイル:Inspector Gadget DIC animated series title card.png
ジャンル Science fiction[1]
Comedy
原案 Bruno Bianchi
アンディ・ヘイワード英語版
Jean Chalopin
企画 Jean Chalopin
脚本 Peter Sauder (season 1)
Jean Chalopin (season 2)
監督 Bruno Bianchi
声の出演 ドン・アダムス[2]
ゲイリー・オーウェンズ英語版(pilot)
ジェシー・ホワイト英語版(pilot)
フランク・ウェルカー[2]
クリー・サマー・フランクス (season 1)
Holly Berger (season 2)
ダン・ヘネシー (season 1)
モーリス・ラマーシュ (season 2)
テーマ曲作者 Saban Records[3]
作曲 シュキ・レヴィ[2]
ハイム・サバン[2]
国・地域
言語 英語
シーズン数 2
話数 86 (各話リスト)
各話の長さ 22分
製作
製作総指揮 Jean Chalopin
アンディ・ヘイワード英語版
片山 哲生
プロデューサー Jean Chalopin[2]
アンディ・ヘイワード英語版
片山 哲生
Patrick Loubert (season 1)
製作

DIC Audiovisuel[4]
Nelvana (season 1)
Field Communications (season 1)

Animation
services
TMS Entertainment (season 1)
Cuckoo's Nest Studios (season 1)
K.K. DIC Asia (season 2)
配給 Lexington Broadcast Services Company
放送
放送チャンネルFirst-run syndication (United States)
FR3 (France)
映像形式NTSC
音声形式Mono
Stereo
放送期間1982年12月4日 (1982-12-04)
(Pilot episode)
1983年9月12日 (1983-09-12) - 1986年2月1日 (1986-2-1)
番組年表
続編Inspector Gadget Saves Christmas
関連番組ガジェット警部の事件簿英語版』(2015年)
テンプレートを表示

ガジェット警部』(ガジェットけいぶ、INSPECTOR GADGET)は、1983年にフランスDICと、日本の東京ムービー新社と、カナダ]のネルバナと、アメリカのField Communicationsが合作したテレビアニメ

フランスは1983年9月10日から1986年2月1日に放送され、日本でもNHK衛星第2テレビジョン衛星アニメ劇場の枠にて、1990年8月15日から9月14日の間に第26話まで放送された後一旦打ち切られ、1994年4月7日から1996年3月21日までの再放送にて残りの回も放送された。2シーズン合わせて全86話が制作されたが、日本では合計81話分の放送が確認されている。残り5話分の放送は不明。

1999年には『GO!GO!ガジェット』として実写映画化された。こちらは日本版『バグズ・ライフ』VHSによると2000年に日本でロードショーする予定であった。

2015年現在Netflixでは、新作CGアニメシリーズの『ガジェット警部の事件簿』が配信されている。[5]また海外では「Inspector Gadget Megaset」という全シーズンを収録した3枚組DVDボックスが発売されている。[6]

登場人物[編集]

この作品は各国の合作作品ではあるが、キャラクターの名前が言語版ごとにそれぞれ異なっている。例えば、ペニーはヨーロッパ放送分では、ソフィーという名前に置き換えられている。

ガジェット警部
- 玄田哲章(TV)、安原義人(SP)、江原正士(世界旅行版)、関直人(CGアニメ版)
メトロ・シティの警部。不慮の事故(バナナの皮で滑って転ぶ)で死亡するが、フォンスリックスタイン教授(のちに本編にも登場する人物)の手によりサイボーグとして復活。全身にあらゆる装置(ガジェット)が仕込まれている。やることなすことドジばかりだが本人はまったく気づいておらず、自身の強運とペニー及びブレインの陰のサポートにより切り抜ける。常にコートと帽子を着用(どちらも装備の一部である)。特に帽子は風呂でも寝るときでも外さない。同じコートを何着も持っている。
ペニー
声 - 高田由美(TV)、清華(CGアニメ版)
ガジェットの姪。金髪ツインテールにTシャツ、ひざパッチの長ズボン姿。頭がよく、決断力、判断力に富む。毎回ガジェットを陰からサポートし、実質的には彼女が事件を解決している。行動力が災いしてマッドに捕まり拘束されることもままある。腕時計型の通信機でブレインと通信したりクインビー署長を呼び出す。本型の高性能パソコン「コンピューターブック」を携行している。コンピューターコンテストに優勝し、東京 に行ったことも。年齢は10歳。(他シリーズでは12歳など設定が異なる)
ブレイン
声 - フランク・ウェルカー
ペニーの飼い犬。首輪にマイクとヘッドホンが仕込まれており、ペニーからの指令を受けてガジェットを陰から助ける。通常は普通に四本足で歩くがガジェットのサポート時は二足歩行する。変装が得意。人語は話せないが理解はできる。通信での会話の際は手話もどきのジェスチャーを使う。
クインビー署長
声 - 辻村真人
ガジェットの上司。事件があるといろいろな「物」に変装してガジェットに指令を渡す。指令書は読んだ後に自動的に消滅(爆発)する物であり、毎回、「こうなることを恐れていたんだ」などと言いつつお約束的に爆風を浴びる事となる。話によって署長だったり部長だったりする(台詞の邦訳者が異なるためと思われる)。
ドクタークロウ
声 - 小関一
秘密結社マッドのボス。画面では腕しか登場していない。なおマッドはその技術力を主に利潤追求のための犯罪に利用しようとするので秘密結社と言うよりは犯罪組織である。CGアニメ版では甥と母が登場する。
マッドキャット
声 - フランク・ウェルカー
ドクタークロウの飼い猫。ドクタークロウの機嫌が悪いときは決まってひどい目に合わされる。

ガジェット警部のガジェット(装備)[編集]

ガジェットコプター
頭部(帽子)からローターと操縦桿が出現、空を飛べる。
ガジェットアンブレラ(パラソルとも呼称)
頭部(帽子)から傘(を持ったマニピュレーター:ガジェットハンド)が出現。主にパラシュート代わりに使用。
ガジェットスコープ
帽子のつばから望遠レンズ(双眼鏡)が降りてくる。索敵・偵察に使用。
  • ガジェットアーム
ひじから先がテレスコピックになっており伸ばすことが出来る。
極秘ガジェット電話(シークレットガジェットフォンとも呼称)
親指の先からアンテナが出現、親指と小指で受話と送話を行う電話。主にクインビーからの第一段階連絡用。電話の直後に変装したクインビーと直接会う。ちなみにこの極秘ガジェット電話を使うときの指の動きは実際にある「電話する」という意味の手話である。
ガジェットスクリュードライバー
薬指から出現するドライバー。なぜか使用しようとするとガジェットスケートまで出現、転倒する事が多い。
ガジェットコート
ボタンを引っ張るとコートが膨らみクッションや救命胴衣になる。
ガジェットレッグ
足首の関節がコイル状になってのびる。ジャンプや高所への移動に使用する。
ガジェットスケート
靴の裏からローラーが出現。滑走できる。たいがい転倒する。
ガジェット磁石(マグネット)
靴の裏から蹄鉄型磁石が出現。
ガジェットバン
ガジェット警部の愛車。シフトレバーの操作によりバンからデロリアン・DMC-12に酷似したスポーツタイプの乗用車(ガジェットモービル)に変形する。
ガジェットレーザー
人差し指からレーザーを発射。鉄格子を切ったり、バーベキューの着火に使われたりする。
ガジェットウォーターガン
人指し指から水を発射。雪を発射するガジェットスノーガンもある。

スタッフ[編集]

共通
  • 監督 - ブルーノ・ビアンキ
  • プロデューサー - ジーン・チャロピン、アンディ・ヘイワード、片山哲生
シーズン1
  • 助監督 - 比留間敏之
  • キャラクターデザイン - ブルーノ・ビアンキ、エドワード・デビッド、キリシタン・ショケ、ジーン・バルボー、ジレス・アストーグ、チャールズ・ボニファシオ、ブライアン・ルメイ
  • 編集 - ピーター・アリエス、フィリップ・コトラルスキ、鶴渕允寿
  • 音楽 - シュキ・レヴィハイム・サバン
  • プロデューサー - ジーン・チャロピン、パトリック・ルベー
  • 制作協力 - FIELD COMMUNICATIONLBS東京ムービー新社、CUCKOO'S NEST
  • 製作 - DIC PRODUCTIONFR3NELVANA
シーズン2
  • シリーズ構成 - ジーン・チャロピン
  • キャラクターデザイン - ブルーノ・ビアンキ、ジーン・バルボー、キリシタン・ショケ、ステファン・マルティニエア、フランコイス・アロット
  • 美術監督 - 東條俊寿、河野次郎古谷彰、藤江優子、海老沢登代、遠山麻里子
  • 編集 - 鶴渕允寿、高橋和子
  • 音楽 - シュキ・レヴィ、ハイム・サバン
  • 音響効果 - 横山正和
  • プロデューサー - ジーン・チャロピン、アンディ・ヘイワード、片山哲生
  • 製作 - DIC

各話スタッフ[編集]

シーズン1
  • 脚本 - ジーン・チャロピン、アンディ・ヘイワード、ブルーノ・ビアンキ
  • 絵コンテ - フィリップ・ブーシェ、ジョージス・グラマ、エドワード・デビッド 他
  • 演出 - デール・コックス、スコット・ケープル、橋本三郎、矢野博之、小堤一明、宮沢みきお
シーズン2
  • 脚本 - エレノア・ブリアン・モール 他
  • 絵コンテ - 橋本三郎、矢野博之、有原誠治 他
  • 演出 - 比留間敏之、三家本泰美

各話一覧[編集]

ガジェット警部[編集]

話数 邦題 原題 放送日(日本)
1(S1) ネス湖の怪物騒動 Monster Lake 1990年
8月15日
2 ミサイルを止めろ Down on the Farm 8月16日
3 ピエロになったガジェット Gadget at the Circus 8月17日
4 アマゾンは危険がいっぱい The Amazon 8月18日
5 ガジェットの休日 Health Spa 8月20日
6 奪われた豪華客船 The Boat 8月21日
7 ドラキュラ城の恐怖 Haunted Castle 8月22日
8 カーレースの罠 Race to the Finish 8月23日
9 ルビーを取り戻せ The Ruby 8月24日
10 消えたスター A Star is Lost 8月25日
11 インカ帝国の黄金 All That Glitters 8月27日
12 映画スター・ガジェット誕生 Movie Set 8月28日
13 ダイナマイトを探せ Amusement Park 8月29日
14 自由の女神の乾杯を Art Heist 8月30日
15 呪われた火山島 Volcano Island 8月31日
16 インベーダー出現 The Invasion 9月1日
17 ふたりのガジェット The Infiltration 9月3日
18 ピラミッドの謎 The Curse of The Pharaoh 9月4日
19 ガジェット殺人計画 M.A.D Trap 9月5日
20 暴走列車危機いっぱつ! Basic Training 9月6日
21 ガジェットを眠らせろ Sleeping Gas 9月7日
22 クビになったガジェット Gadget's Replacement 9月8日
23 恐怖のおばけ植物 Greenfinger 9月10日
24 ガジェット西部へ行く Gadget Goes West 9月11日
25 秒読みのスペースシップ Launch Time 9月13日
26 アフリカの黒い悪魔 Photo Safari 9月14日
27 カッコー時計の犯罪 Coo-Coo Clock Caper 1994年
4月14日
28 バミューダ・トライアングル The Bermuda Triangle 4月21日
29 ガジェット日本へ行く The Japanese Connection 5月5日
30 ガジェットのアラビアン・ナイト Arabian Nights 5月12日
31 見えないスーツ Clear Case 5月19日
32 風車とチョコとダイヤモンド Dutch Treat 6月2日
33 地震装置を見つけ出せ! The Great Divide 6月9日
34 真珠の首飾りを取り戻せ! Eye of the Dragon 6月16日
35 逮捕されたガジェット Doubled Agent 6月30日
36 ガジェットは人気スター? Plantform of the Opera 7月14日
37 スパイ衛星を追え! Don't Hold Your Breath 7月28日
38 謎の最新兵器 Gone Went the Wind 8月11日
39 王様とガジェット King Wrong 8月25日
40 おかしな冒険ツアー Pirate Island 9月8日
41 ガジェットを特訓せよ! M.A.D. Academy 9月22日
42 ジャングルは大さわぎ No Flies on Us 10月6日
43 クローバーは幸運のしるし Luck of the Irish 10月20日
44 ガジェット殿下の花嫁? Prince of the Gypsies 11月3日
45 魔法のヤギをつかまえろ! Old Man of the Mountain 11月17日
46 エメラルドのアヒルの秘密 The Emerald Duck 12月8日
47 乳牛のストライキ? Do Unto Udders 12月22日
48 木馬は危険なプレゼント Did You Myth Me? 1995年
1月5日
49 ホテル爆破計画をつぶせ A Bad Altitude 1月26日
50 ニセ札作りを追え Funny Money 2月9日
51 消えた戦闘機 Follow That Jet 2月23日
52 貯水量0!盗まれたダムの水 Dry Spell 3月9日
53 ねらわれた黄金 Smeldorado 4月20日
54 クインビー署長を救出せよ! Quimby Exchange 4月27日
55 ヒマラヤから消えた雪 Weather in Tibet 5月11日
56 ロンドン塔の危機 Unhenged 5月18日
57 死闘? ガジェット対毒ヘビ教授 Snakin' All Over 6月1日
58 パリの宝石強盗 In Seine 6月8日
59 カナダの森が大ピンチ Tree Guesses 6月15日
60 イスタンブールの星 Birds of a Feather 6月22日
61 伝説の勇者? ガジェット So It is Written 6月29日
62 天才犬ファング誘拐事件 Fang the Wonder Dog 7月6日
63 カーニバルはスリの季節 School for Pickpockets 7月13日
64 危機一髪! クイズ王ガジェット Quizz Master 7月20日
65 (不明) Gadget in Winterland (不明)
66(S2) マジシャン? ガジェット Magic Gadget 7月27日
67 有名人のペットはご用心! The Great Wambini's Seance 8月10日
68 しくまれた三つの予言 Wambini Predicts 8月24日
69 押しかけ刑事はウデっきき! The Capeman Cometh 9月7日
70 マッドの悪の記念日 Crashcourse in Crime 9月21日
71 ガジェット装備は絶好調? Gadget's Gadgets 10月5日
72 強敵は五つ子ちゃん Gadget in Minimadness 10月19日
73 人形にされたガジェット The Incredible Shrinking Gadget 11月2日
74 ペニーの秘密兵器 Gadget Meets the Grappler 11月16日
75 ガジェット警部のみた夢は? Bad Dreams Are Made of This 11月30日
76 ガジェットの幽霊退治 Ghost Catchers 12月14日
77 連続盗難事件・ナゾの電話機 Busy Signal 1996年
1月25日
78 SOS!宇宙ステーション Focus on Gadget 2月8日
79 月へとびだしたガジェット Mad in the Moon 2月22日
80 恋におちたガジェット N.S.F. Gadget 3月7日
81 ガジェットは恐竜の調教師 Tyrannosaurus Gadget 3月14日
82 (不明) Gadget's Roma (不明)
83 (不明) Gadget's Clean Sweep (不明)
84 (不明) Gadget Meets the Clan (不明)
85 ガジェット最後の大手柄 Gadget and Old Lace 3月21日
86 (不明) Gadget and the Red Rose (不明)

[7]

※衛星アニメ劇場での放送開始前の1988年12月27日、12月31日にもNHK-BS1にて放送が行われていた。ただし、放送された当該エピソードは不明[8][9]

ガジェット警部の事件簿[編集]

話数 邦題 原題
1 ガジェット2.0 前編
ガジェット2.0 後編
Gadget 2.0 Part 1
Gadget 2.0 Part 2
2 タワーリング・タワー
?
Towering Towers
Game Over Man
3 ボディガード
?
Rock Out
Strike a Pose
4 マッドの新人ぼしゅう作戦
?
A Better Class of MAD
Cough Due to Claw
5 ドッグショーは大パニック
?
Dog Show Days Are Over
One Bad Apple
6 マッドみたいに最悪
?
Sucks Like MAD
A Claw for Talon
7 ガジェットばくだん
?
Gadget's Da Bomb
Gadget Management
8 幻のダイヤモンド・シティ
?
Diamonds Are a MAD's Best Friend
Ticked Off
9 ドリル作戦の結末は?
?
You Know the Drill
Operation HQ Reunion
10 ドーナツはママの味
?
A Hole in One
Operation Hocus Pocus
11 飛行船を死守せよ
?
MAD Carpet Ride
Appy Days
12 ガジェット、時空の旅へ
?
Collider Scope
She Got Dangerous Game
13 ガジェットは海の底
?
My Gadget Will Go On
The Gadgetator

主題歌[編集]

「Le Thème de Inspecteur」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Scott (2014),p. 151
  2. ^ Saban Music Group”. Saban.com. Saban Capital Group, Inc.. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月29日閲覧。
  3. ^ The first season was produced by DIC Audiovisuel while the second season was produced by its American branch DIC Enterprises.
  4. ^ Inspector Gadget | Netflix Official Site” (英語). www.netflix.com. 2020年1月25日閲覧。
  5. ^ Inspector Gadget Megaset - Flatiron Film Company - Cinedigm Entertainment”. www.newvideo.com. 2020年1月25日閲覧。
  6. ^ アニメージュ』1995年2月号(徳間書店、237頁)、1996年2月号(徳間書店、176頁)、1997年3月号(徳間書店、193頁)
  7. ^ NHKアーカイブス
  8. ^ NHKアーカイブス

外部リンク[編集]