東京ムービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社東京ムービー(とうきょうムービー、1964年8月19日 設立 - 1993年2月 解散)は、かつて存在した日本アニメーション制作会社。

概要[編集]

設立経緯[編集]

1963年(昭和38年)、フジテレビ虫プロダクションが日本初の本格的なアニメのテレビシリーズ『鉄腕アトム』を制作し、放送を開始した。この成功を見たテレビ局と制作会社が続々とテレビアニメに参入して、テレビアニメブームが起こる。当時はテレビ局と制作会社が系列化しており、フジテレビは虫プロダクションと竜の子プロダクションおよびピー・プロダクション、NETテレビ(のちテレビ朝日)は同一資本系列の東映動画(のち東映アニメーション)を抱えていた。TBSは既にTCJ(のちエイケン)制作の『エイトマン』を放送していた。

TBSテレビはさらにアニメの制作を望んでいたが、TCJに制作を発注したくても、既にフジテレビの『鉄人28号』を抱えたTCJは週2本の制作体制で余力はなく、別の制作会社に発注するよりなかった。そこで、広告代理店「萬年社」を仲介役に、1963年(昭和38年)に人形劇『伊賀の影丸』制作のために人形劇団ひとみ座の映画制作部門として設立された「東京人形シネマ」の藤岡豊に、「人形を動かすのも絵を動かすのも同じだろう」という理由で、アニメーション制作を委託したことから、1964年(昭和39年)、アニメーション制作の新会社「株式会社東京ムービー」が発足した。

設立の際TBSの出資を受けており、当初はTBSテレビでの放送が多かった。また初期の演出陣の長浜忠夫大隅正秋、文芸担当の今泉篤は藤岡の人脈で人形劇団出身者である。本社はTBS本社の一室から西新宿へ移転するが、すぐに手狭となり、ほどなく地下鉄南阿佐ケ谷駅に近い杉並区成田東へと移った。以後、杉並区は日本におけるアニメーション産業集積地の一角となった。

経営危機と外注化[編集]

第1回作品『ビッグX』を制作するも、大赤字を出し経営危機に陥る。人材の多くが人形劇出身者で占められていたため、アニメーション制作の経験者が少なく、アニメーターの言い値や枚数のごまかしがまかりとおったのが原因であった。倒産寸前に陥った東京ムービーは、テレビ制作会社国際放映(旧新東宝)の傘下となり、経営再建を図ることになる。新社長には国際放映の阿部鹿三が就任し、創業者の藤岡は取締役制作部長に降格した。

1965年(昭和40年)、藤岡が東映動画の楠部大吉郎に声をかけ、楠部が代表となって有限会社エイプロダクション(以下Aプロ、現在のシンエイ動画株式会社)を設立。東映動画からクリエイターを招き入れることに成功する。『ビッグX』での経験から、制作体制の整備が目的であった。東京ムービーとAプロは業務提携の形をとり、東京ムービーは企画・管理を担当し、作画・撮影など実制作をAプロに委託する体制となる。以後、『オバケのQ太郎』『巨人の星』『アタックNo.1』等のヒット作を飛ばした。1971年(昭和46年)に国際放映から独立し、藤岡が社長に返り咲いた。

アメリカ進出[編集]

1975年(昭和50年)、アメリカ市場への進出を狙って新たに株式会社テレコム・アニメーションフィルムを設立する。1976年(昭和51年)、営業部門として株式会社東京ムービー新社(とうきょうムービーしんしゃ)を設立、株式会社東京ムービーを制作部門として分離した。同年、Aプロとの業務提携を解消した。Aプロはシンエイ動画株式会社として改組・商号変更して独立した。1984年(昭和59年)、アメリカABCテレビで『マイティ・オーボッツ』を放送した。アメリカの製作会社を通じた下請けではなく、アメリカのテレビ局から直接発注を受けたのはこれが日本初であった。以後、精力的に海外向けアニメの制作に乗り出す。社運をかけたプロジェクトである長編作品『NEMO/ニモ』は、制作費55億円、制作期間に10年を費やしたが、その制作費と制作期間に比して商業的失敗に終わり、その責任をとる形で藤岡は東京ムービーから退いた。

セガ傘下へ[編集]

1992年(平成4年)、東京ムービー新社の株式をセガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が取得して、同社の傘下となる。1993年(平成5年)2月、株式会社東京ムービーを解散。1995年(平成7年)11月1日、セガグループで、名古屋を拠点とする株式会社キョクイチを存続会社として、株式会社東京ムービー新社を吸収合併した。アニメーション制作部門は東京支店東京ムービー事業本部(とうきょうしてんとうきょうムービーじぎょうほんぶ)となる。当時制作されていた作品のクレジット表記は「キョクイチ東京ムービー」(キョクイチとうきょうムービー)となる。一部の作品(例:『名探偵コナン』)では再び「東京ムービー」の表記に戻された。

ブランド名としての東京ムービー[編集]

2000年1月1日、株式会社トムス・エンタテインメントに商号を変更した。「東京ムービー」の名は、アニメーション制作事業部門の名称、アニメーション制作ブランド名として残った。東京ムービー時代の作品は「製作・著作:トムス・エンタテインメント、アニメーション制作:東京ムービー」等と表記を差し替えて再放送される場合がある。しかし、2007年頃から『名探偵コナン』等を除けばクレジットに「(放送局・広告代理店)トムス・エンタテインメント」や「(放送局・広告代理店)TMSトムス・エンタテインメント」が多くなり、「東京ムービー」は消滅しつつあった。

2011年8月からは『名探偵コナン』も「(ytv・)トムス・エンタテインメント」のクレジット表記に変わったことで、「東京ムービー」名義での制作作品は廃止された。アニメーション制作名義においても「それいけ!アンパンマン」が2011年クリスマスSPから表記変更したことでTVアニメでは「東京ムービー」ブランドは消滅した。劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』では従来通り「アニメーション制作:東京ムービー」と発表されていたが、実際のクレジットは「TMS/V1Studio」だった。

現在の「アニメーション制作」のクレジットは、トムスが出資している作品は制作スタジオ名(V1Studio、Po10tial等)が表示され、他の会社の出資や共同制作の場合は会社名がそのままクレジットされている。

沿革[編集]

  • 1964年(昭和39年)8月19日 - 株式会社東京ムービー設立。
  • 1965年(昭和40年) - 有限会社エイプロダクション(以下Aプロ)を設立。
  • 1971年(昭和46年) - 国際放映から独立。
  • 1975年(昭和50年)5月19日 - 株式会社テレコム・アニメーションフィルムを設立。
  • 1976年(昭和51年)6月8日 - 株式会社東京ムービー新社を営業部門として設立。株式会社東京ムービーを直接制作部門として分離。
  • 1976年(昭和51年)9月9日 - 制作部門の中核を担ったAプロがシンエイ動画株式会社として改組・商号変更して独立。
  • 1982年(昭和57年)8月 - フランスDICとの合弁会社DIC JAPANを設立。フランスDICはCLTグループのアニメーション部門。DICには他にアメリカDICがあり、テレビアニメを共同製作。
  • 1984年(昭和59年) - アメリカABCテレビで『マイティ・オーボッツ』を放送。
  • 1988年(昭和63年) - ポストプロダクションとして有限会社トムス・フォトを設立。
  • 1991年(平成3年) - 社運を賭けたアニメ映画『NEMO/ニモ』失敗の責任を取り、創業者の藤岡豊が退任。
  • 1992年(平成4年) - 株式会社東京ムービー新社の株式をセガ・エンタープライゼスが取得して、同社の傘下となる。
  • 1993年(平成5年)2月 - 株式会社東京ムービーを解散。
  • 1995年(平成7年)11月1日 - 株式会社キョクイチが株式会社東京ムービー新社を吸収合併。
  • 2000年(平成12年)1月1日 - 株式会社トムス・エンタテインメントに商号変更。

以降はトムス・エンタテインメントの項目を参照。

作品履歴[編集]

参考文献[編集]

  • 東京ムービー新社監修「東京ムービー・アニメ大図鑑」竹書房、1986年 (ISBN 4-88475-013-6)
  • キョクイチ東京支店東京ムービー事業本部監修「東京ムービーアニメ大全史」辰巳出版、1999年 (ISBN 4-88641-409-5)
  • 大塚康生「作画汗まみれ 増補改訂版」徳間書店、2001年 (ISBN 4-19-861361-3)
  • 大塚康生「リトル・ニモの野望」徳間書店、2004年 (ISBN 4-19-861890-9)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]