マイティ・オーボッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マイティ・オーボッツ(MIGHTY ORBOTS)は、日本アメリカ合衆国の共同制作によるテレビアニメ

概要[編集]

1984年製作、全13話。ABCの要請により、東京ムービー新社(現トムス・エンターテインメント)が制作した。アメリカでは1984年9月から12月まで13話が放送された。日本では2010年代にアニマックスにて放送された。

宇宙を舞台に活躍する巨大ロボットアニメで、主役ロボットデザインは日本では同じく東京ムービーで製作された『六神合体ゴッドマーズ』が下地になっており、そのゴッドマーズの玩具の型変更をしたバンダイ製品もアメリカで発売され(日本未発売)、日本語吹き替え主人公の声も、ゴッドマーズと同じ水島裕になっている。

ストーリー[編集]

宇宙征服を企むコンピューター魔人オーブラが、宇宙各所に魔の手を延ばし始めた。

ギャラクシーパトロールのロブと、パートナーであるオーノに5人のオーボッツが立ち向かう。オーボッツは緊急時には巨大化、そして合体して無敵の巨大ロボマイティ・オーボッツとなり、そして一体化したロブとオーノの操縦で、オーブラの野望を打ち砕く。

スタッフ[編集]

キャラクター(声の出演)[編集]

ギャラクシーパトロール隊隊長。
ロブの助手のサイボーグ。

オーボッツ[編集]

これら5体のサイボーグが巨大化・合体して「マイティ・オーボッツ」となり、ロブとオーノのコアシップを収納し、ロブの操縦で戦う。

外部リンク[編集]