山下将仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山下 将仁(やました まさひと、1961年12月27日 - )は、北海道出身の日本のアニメーター

人物[編集]

幼少時は特撮に夢中になり、その後でアニメに興味を持ちパラパラ漫画などを描く。高校時代にアニメーターになる決意をし、卒業後はスタジオNo.1に入社。動画を半年間続けるも評判が悪く、19歳で『太陽の使者 鉄人28号』で原画デビューする。

その後、スタジオOZ(後のスタジオとめ)で活動し、解散後はアニメーター数人で作画集団ワンパターンを結成。メンバーには岸義之上妻晋作などがおり、途中で新房昭之佐野浩敏も参加する。漫画家の高橋和希なども遊びに来ていた。ワンパターンは自然消滅し、金田伊功に声をかけられ「スタジオのんまると」で活動する。映画『幻魔大戦』ではキャラが似ていないと監督のりんたろうに呼び出され、それに対し文句を言ったという逸話がある。

1998年にハワイで、映画『FINAL FANTASY』を製作するため、スクウェア(現スクウェア・エニックス)のスタッフとして絵コンテを切る作業をする。途中で仕事が嫌になり退社しようとするが、『ファイナルファンタジーⅩ』の召喚獣の絵コンテの仕事を任され、その後に退社。現在はフリー。

80年代に代表される暴走するようなアクションや特徴的なエフェクトは「山下系」などとも呼ばれ、他のアニメーターに強い影響を与えた。また、女性キャラを肉感を強調するような作画をしていた。現在は基本的にリアル志向である。金田伊功に影響を受けたとされ、本人もそれを認めている一方、絵を真似したりはしなかったという。

主な作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

外部リンク[編集]