名探偵コナン 11人目のストライカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名探偵コナン
11人目のストライカー
Detective Conan
The Eleventh Striker
監督 山本泰一郎(総監督)
静野孔文(監督)
脚本 古内一成
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
山口勝平
林原めぐみ
緒方賢一
松井菜桜子
茶風林
岩居由希子
高木渉
大谷育江
音楽 大野克夫
主題歌 いきものがかりハルウタ
撮影 西山仁
編集 岡田輝満
制作会社 トムス・エンタテインメント
製作会社 小学館
よみうりテレビ
日本テレビ
小学館集英社プロダクション
東宝
トムス・エンタテインメント
配給 東宝
公開 日本の旗 2012年4月14日
台湾の旗 2012年7月6日
シンガポールの旗 2012年7月26日
イタリアの旗 2013年1月28日
ドイツの旗 2013年10月29日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 32.9億円[1][2][3][4][5][6][7]
前作 名探偵コナン 沈黙の15分
次作 名探偵コナン 絶海の探偵
テンプレートを表示

名探偵コナン 11人目のストライカー』(めいたんていコナン じゅういちにんめのストライカー)[注 1]2012年4月14日公開の日本アニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの16作目。上映時間は110分。興行収入は32億9000万円[1][2][3][4][5][6][7]

小学館創業90周年記念作品

概要[編集]

沿革[編集]

前作『沈黙の15分』から総監督に山本泰一郎が就任し、3代目の監督静野孔文が就任したため、本作でも監督が2人体制の作品となっている。脚本も前作から引き続き古内一成が担当している。

前々作『天空の難破船』と同様、回想を含めて殺人事件が発生しておらず、「サッカースタジアムに設置された爆弾の捜索・解除、及び爆弾を仕掛けた犯人の特定」が物語の主軸になっている。映画のタイトルが登場人物の台詞から採られる例は『世紀末の魔術師』以来13年ぶりで2作目となる。

本作は、Jリーグ20周年記念プロジェクトとのコラボレーション作品でもあるため、それを記念して本編に現役のプロサッカー選手が本人役で登場している。また、声優としても参加しており、三浦知良横浜FC)・遠藤保仁ガンバ大阪)・楢崎正剛名古屋グランパス)・中村憲剛川崎フロンターレ)・今野泰幸ガンバ大阪)の5人がプロサッカー選手の本人役としてコナンたちと共演を果たした。その他、Jリーグ特命PR部女子マネージャーの女優・足立梨花も同じく本人役、Jリーグメディアプロモーション経営戦略本部放送業務支援部の岩貞和明が特別出演し、夢のコラボレーションが実現することになった[8][9]。また、2011年シーズン2012年シーズンの両シーズンで、Jリーグ ディビジョン1(J1)に所属していた、15クラブのチーム・所属選手も登場している[9]

ゲスト出演としてタレントの桐谷美玲が容疑者の1人・香田薫役で出演している[10]。また、前作『沈黙の15分』に続いてアナウンサーの宮根誠司が、自身が司会を担当している『情報ライブ ミヤネ屋』のキャスター役としてアシスタントの川田裕美(当時読売テレビアナウンサー)と本人役で登場した。

TVシリーズのキャラクターからは、榎本梓が初登場を果たした[注 2]。小五郎が大ファンであるアイドルの沖野ヨーコも初登場となるが、台詞は無い。他には、プロサッカー選手の赤木英雄上村直樹比護隆佑が初登場となる(ただし、上村直樹は台詞無し)。なお、比護に台詞が与えられるのは原作・TVアニメを含めても本作が初めてである。また、2018年10月17日辻谷耕史が急死したため、辻谷が演じる赤木英雄は本作が唯一である。

本編前半と公式サイトでは、コナンたちが応援するサッカーチーム「東京スピリッツ」の対戦相手は実在のチームである「ガンバ大阪」になっている(本編後半と特報は「ビッグ大阪」)。そのため、J1は実在の18チームに『名探偵コナン』で活躍している「東京スピリッツ」・「ビッグ大阪」の2チームを加えた、全20チームで構成されている。そのため、原作に登場したチーム「ノワール東京」は存在しないことになる。

国立競技場で開催された、FUJI XEROX SUPER CUP 2012の指定席が「名探偵コナンシート」として特別に設けられ[11]、収録された試合中の歓声が本編で使用されている[12]

本作からアニメーション制作会社の名義が「東京ムービー」から「TMS/V1 Studio」に変更され、プロデューサーも吉岡昌仁から浅井認・石山桂一に交代した。

本作の小説版が小学館ジュニア文庫から2012年4月12日に発売されている[13]。コナン映画の文庫版は本作が初となる。

2014年6月14日には2014 FIFAワールドカップ開催を記念し、本作の後日談となるTVシリーズ第742話「Jリーガーとの約束」が放送され、真田・比護・香田が登場した[注 3]。また、ゲストとして浦和レッズから槙野智章が本人役で登場している。槙野は幼少時からの『コナン』ファンであり、本作の出演者候補に挙がっていたが、当時は都合がつかずに出演できなかったため、後日談でようやく実現することとなった[14]

さらに、2018年7月14日にはJリーグ開幕25周年を記念したコラボレーション企画としてTVシリーズ第907話「Jリーグの用心棒」が放送され、遠藤が「東京スピリッツ」の対戦相手「ガンバ大阪」の選手として本作に続き、2度目の本人役で登場し、ゲスト出演した[15]

劇場版シリーズの定番となっているエンディング後の次回作の予告が今作でも放映された。画面にが表示され、次回作の制作および公開が決定したという旨の字幕による予告が流れたのちに、大きな船が画面に登場した。のちに次回作は海上自衛隊イージス艦を主な舞台とした『絶海の探偵』だと発表された。

興行成績[編集]

全国351スクリーンで公開され、2012年4月14日と翌15日で初日2日間の観客動員数54万975人、興収6億2,974万550円となり、これは最終興行収入31億5,000万円の前作『沈黙の15分』との初動興行収入の対比で106.1%に及び、興行通信社の調査による映画観客動員ランキングでは初登場第1位となった[16][17][18]。また、ぴあの調査による初日満足度ランキングでは第2位を獲得した[19]

テレビ放送[編集]

テレビ放送は2013年4月19日[20]金曜ロードSHOW!で放送された。

ストーリー[編集]

コナン少年探偵団は現役プロサッカー選手が指導を行うサッカー教室に参加した。そこで小五郎は、大学時代の後輩の榊良輔と再会を果たす。現在は少年サッカーチームの監督をしている彼はその昔、重要な試合でオウンゴールを決めてしまい優勝を逃すという苦い経験があった。榊は、小五郎のファンだという少年サッカーチームのスポンサーである本浦圭一郎を紹介される。本浦は病死したばかりのサッカー好きの息子の知史のことで心が癒せずにいた。そのほかにも日売テレビに勤める山森慎三、芸能カメラマンの香田薫、怪我でJリーガーへの道を絶たれた中岡一雅など様々な人物がそのサッカー教室に集まっていた。

それから2週間後の昼下がり、毛利探偵事務所に爆破予告の電話が掛かってきた。小五郎は当初イタズラだと考えるが、その直後に事務所前の路上に停められた車が爆発し、爆破予告は本物だと分かる。犯人は「これから言う暗号を解いて爆弾を見つけないと、次は大勢の死傷者が出る」と脅す。

『青い少年と青いシマウマ、上からの雨、下から人が左の手でそのまま示すのは左の木』
『次は米花。ネクスト米花』

2つの暗号を手掛かりに爆弾を見つけるため、と小五郎は目暮警部らと町中を駆け回るが、一向に手掛かりがつかめない。蘭は藁にもすがる思いで新一の携帯へ連絡を取る。

その頃、コナンと少年探偵団は東都スタジアムでJリーグの「東京スピリッツVSガンバ大阪」の試合を観戦していた。前半終了後のハーフタイム、コナンは蘭からの電話で爆破予告のことを知り、暗号解読に乗り出す。タイムリミットが刻々と迫る中、コナンは暗号の解読に成功し、爆弾が今いる東都スタジアムに仕掛けられていることが判明する。爆弾の解除が間に合わず大規模な爆破が起きてしまうが、暗号を解いて事前に観客を避難させていたため、幸い死者を出さずに事なきを得た[注 4]

だが、犯人からの挑戦はこれで終わらなかった。小五郎宛てに「次はさらに多くの人が集まる場所に爆弾を仕掛ける」という脅迫状が届く。次はどこに爆弾を仕掛けるつもりなのか。コナン達は推理を巡らせるが、犯人が仕掛けた罠はコナン達の想像を遥かに超えた恐るべき規模のものだった。Jリーグすべてを巻き込む犯人の巨大な陰謀にコナンが挑む。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

江戸川 コナン(えどがわ コナン)
声 - 高山みなみ
本作の主人公。本来の姿は「東の高校生探偵」として名を馳せている工藤新一。黒の組織APTX4869という薬を飲まされ、小学生の姿になっている。推理だけではなく運動能力にも優れ、特にサッカーに関しては並の高校生を超えた天才的な実力の持ち主。
毛利 蘭(もうり らん)
声 - 山崎和佳奈
本作のヒロインで、新一の幼馴染かつガールフレンド。コナンのお姉さん的な存在で、コナンを弟のようにかわいがっている。関東大会で優勝するほどの空手の達人。
今作公開の時点で、原作・テレビアニメ共に新一から想いを伝えられていることが判明しているが、まだ返事はできておらず、新一との関係は劇場版において本作から第22作『ゼロの執行人』まで、その状態が続く事となる。
毛利 小五郎(もうり こごろう)
声 - 小山力也
蘭の父親で私立探偵。江戸川コナンの保護者。元・警視庁捜査一課強行犯係の刑事で「毛利探偵事務所」を経営する。コナンのおかげで世間では「眠りの小五郎」として名を馳せている。
工藤 新一(くどう しんいち)
声 - 山口勝平
コナンの本来の姿で高校生探偵。世間では「蘭と遊園地に行ったあと行方不明になった」ということになっている。
灰原 哀(はいばら あい)
声- 林原めぐみ
本来の姿は宮野志保。元は黒の組織の一員かつAPTX4869の開発者であるが、姉を殺されたために自ら薬を飲み、小学生の姿になって脱走した。コナンの正体を新一と知る主な協力者。
阿笠 博士(あがさ ひろし)
声 - 緒方賢一
工藤家の隣人で発明家。少年探偵団の保護者的存在。コナンの正体を新一と知る主な協力者。
鈴木 園子(すずき そのこ)
声 - 松井菜桜子
蘭の同級生で親友。鈴木財閥の令嬢で、蘭や新一とは幼馴染でもある。財閥の令嬢であることを感じさせない気さくでサバサバした性格。
目暮 十三(めぐれ じゅうぞう)
声 - 茶風林
警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査三係の警部
吉田 歩美(よしだ あゆみ)、小嶋 元太(こじま げんた)、円谷 光彦(つぶらや みつひこ)
声 - 岩居由希子(歩美)、高木渉(元太)、大谷育江(光彦)
白鳥 任三郎(しらとり にんざぶろう)
声 - 井上和彦
警視庁捜査一課のキャリア組警部。
高木 渉(たかぎ わたる)
声- 高木渉
警視庁捜査一課の刑事で巡査部長。佐藤刑事とは、お互い両想いの関係。
佐藤 美和子(さとう みわこ)
声 - 湯屋敦子
警視庁捜査一課の刑事で警部補格闘技に長けていて洞察力も鋭い。高木刑事と両想いの恋愛関係。
千葉刑事(ちばけいじ)
声 - 千葉一伸
警視庁捜査一課の刑事で巡査部長。
榎本 梓(えのもと あずさ)
声 - 榎本充希子
「毛利探偵事務所」の下の階の喫茶店「ポアロ」のウェイトレス。茶髪でおでこが出ている。「ポアロ」に来る小五郎に時々事件の依頼を持ちかけている。
沖野 ヨーコ(おきの ヨーコ)
声 - なし[注 5]
小五郎が大ファンのアイドル歌手で、女優。優しく控えめな性格。歌手活動だけでなく、料理番組のコーナーや映画に出演するなど、幅広く活動している。小五郎にストーカー事件の調査を依頼したことからコナンたちとも知人になり、その後も何度か自身や友人に関する依頼を持ってきている。そういった理由もあり、ヨーコに無関係なエピソードや彼女が登場しないエピソードでも熱烈なファンである小五郎がヨーコの名前を挙げることは多い。
劇場版には本作が初登場となるが台詞はない。ただし、第1作『時計じかけの摩天楼』で蘭が提示した雑誌の星占いページにコラムを書く形で、劇場版でも既に存在は示されていた。
大阪府生まれで、同じく本作で劇場版に初登場するサッカー選手の比護隆佑は、高校時代の先輩であった事が後に判明する[21]
山村 ミサオ(やまむら ミサオ)
声 - 古川登志夫
群馬県警察刑事部捜査一課の警部。明るい性格だが、洞察力や推理力はどうして警部になれたのかと疑問を持たれるほど低く、「ヘッポコ警部」と呼ばれている。
比護 隆佑(ひご りゅうすけ)
声 - 櫻井孝宏
灰原が大ファンのサッカー選手で、プロサッカーチーム・ビッグ大阪に所属。ポジションはFW、背番号は9。灰原によれば、無回転シュートが得意との事。
上村 直樹(うえむら なおき)
声 - なし[注 6]
歩美がファンであるサッカー選手で、プロサッカーチーム・東京スピリッツの選手。ポジションはFW。愛称はナオキ。米花高校出身で、ライバルで親友の赤木英雄ことヒデと共にサッカー部を全国制覇に導き、「黄金のツートップ」と呼ばれた。ヒデと共に東京スピリッツに入団した。一時期は練習試合でのヒデとの接触による負傷を逆恨みした事もあったが、テレビを通じてヒデからエールを受けて自身を悔いて改心し、ヒデへの友情を取り戻した[22]。その後は東京スピリッツで再びヒデと共にプレーしている。劇場版には本作が初登場となるが、台詞はない。
赤木 英雄(あかぎ ひでお)
声 - 辻谷耕史
元太と光彦がファンであるサッカー選手で、東京スピリッツの選手。ポジションはFW、背番号は11。愛称はヒデ[注 7]。米花高校出身で、高校時代から天才と評され、ナオキとともに東京スピリッツに入団して活躍中。

オリジナルキャラクター[編集]

犯人[編集]

爆弾犯
毛利探偵事務所に爆破予告の電話を掛けてきた人物。いたずらではない証拠に事務所前に停車していた車を爆破し、爆弾の設置場所を示した暗号の解読を迫る。何らかの理由で小五郎とJリーグに恨みを持っており、東都スタジアムのある場所に無数の爆弾を仕掛け、大勢の東京スピリッツサポーターを危険に晒そうと企んでいる。また、コナンにそれを阻止された後も、Jリーグ全体を巻き込む更なる大規模爆破を画策し、小五郎に暗号を織り交ぜた警告文を送り付ける。

容疑者[編集]

山森 慎三(やまもり しんぞう)
声 - 千葉繁
日売テレビスポーツ情報局部長。51歳。
上層部からサッカー中継の視聴率アップを厳命され、達成しなければ降格という命令が出されている。サングラスと洒落たスーツを着用して、小五郎に無理やり握手を求める典型的な業界人。常に笑みを浮かべながら、健闘を祈ると挑発的な言動を繰り返している。この口癖から、犯人の脅迫文との関連性を疑われている。香田とは香田ちゃんと呼ぶ親しい間柄のようだが、お互いに重要な情報は隠し合い、彼女が落とした沖野ヨーコの情報が書かれたメモ帖を拾い上げニヤ付いていた。
香田 薫(こうだ かおる)
声 - 桐谷美玲
日売新聞スポーツ・芸能部カメラマン。27歳。
美人な芸能カメラマンで、社会部から芸能部に転属させられるが、社会部に戻るべくスクープを獲得するチャンスを窺っている。沖野ヨーコに関するスクープを入手しており、山森にも見せないようにしていたが、情報が書かれているメモ帖を拾われてしまっている。その後、真田貴大と同じくテレビアニメにも登場し、社会部への復帰が叶った後も、真田貴大に個人的に興味を持った事で、彼への取材を続けている事を明かしている。また、声優は白石涼子に変更された。
中岡 一雅(なかおか かずまさ)
声 - 東地宏樹
バイク店アルバイト。21歳。
柄の悪い見た目と攻撃的な性格から素行の悪さばかり目立つが、数年前まではプロサッカー選手として将来を期待されていた。サッカー高校選手権で活躍して東京スピリッツ入りの内定を受けていたが、バイク事故で足を負傷した後はサッカーを止めている。現在は、実家のある群馬で暴走行為を繰り返す日々を送っており、その姿から、山村警部には「手負いのオオカミ」と評されている。根は子供好きでサッカーへの未練もまだあるようである。
榊 良輔(さかき りょうすけ)
声 - 中村大樹
スポーツジムのインストラクターで、少年サッカークラブ監督。32歳。
子供達のサッカー教室に付き添っていたクラブ監督。小五郎と同じ米花大学の後輩で、リーグ最終戦で自身のオウンゴールによって優勝を逃した過去を持っており、その事を皆の前で小五郎に指摘されてしまい苦笑いを浮かべていた。本浦知史が所属していた少年サッカークラブの監督で、病弱な知史を何とか試合に出してあげようとするなど、優しい性格で良き理解者だった。捜査本部では、大きな動機が見当たらない事から重要参考人とは見られていないようで、早々に犯人候補から外されている。
本浦 圭一郎(もとうら けいいちろう)
声 - 井上倫宏
町工場経営者で、少年サッカーのチームスポンサー会長。43歳。
温厚そうな風貌の中年男性で、3か月前に息子の知史を失っている。サッカー教室を訪れた際に小五郎にその事を伝え、携帯で知史の写真を見せていた。大切な息子の知史を亡くしているため、その表情には複雑な思いが表れている。知史の一件が事件に絡んでいる可能性が高いとされ、小五郎や警察から重要参考人として自宅に押しかけられた。自宅にも知史の写真などが残されており、コナンは撮影された映像から、ある重要な証拠に気が付いた。

ビッグ大阪[編集]

真田 貴大(さなだ たかひろ)
声 - 吉野裕行
ビッグ大阪期待の新人フォワード。比護の控えとして、ユースからプロに昇格した。18歳。関西弁の軽い性格で、ヒデにライバル宣言を放つなど自信家な面もあるが、技術は超一流。爆弾の解除装置を狙ってサッカーボールを当てる大役を任され、本心では緊張しながらも、プロとして試合に挑んだ。その後、原作・テレビアニメに登場。劇場版オリジナルキャラクターの登場は白鳥任三郎・栗山緑に続き3人目[注 8]。アニメ版では、綾小路文麿[注 9]に続く4人目(香田薫が5人目)である。
松崎 幸司(まつざき こうじ)
声 - 稲葉実
ビッグ大阪の監督。警視庁から爆弾の存在を知らされ、真田貴大に、クロスバーの中央に設置された爆弾の解除装置を狙いサッカーボールを当てるよう指示した。

東都スタジアム[編集]

野本 博昭(のもと ひろあき)
声 - チョー
東都スタジアムで東京スピリッツVSガンバ大阪の試合を実況したアナウンサー。コナンが爆弾の解体に動き出す中、熱い実況でスタジアムを盛り上げた。
Jリーグスタッフ
声 - 岩貞和明
東都スタジアムの爆弾事件で観客を誘導していた男性スタッフ。声を担当した岩貞和明は、株式会社Jリーグメディアプロモーションの社員で特別出演した。
アナウンス
声 - 前田愛茂呂田かおる
東都スタジアム・サッカー教室のアナウンス。東都スタジアムでは爆弾事件のため、一部の応援席にいる観客は避難するようにアナウンスされた。
カメラマン
声 - 川津泰彦川中子雅人
東都スタジアムの試合を撮影していたカメラマン。撮影中に警備員から速やかに移動するようにと促されたので、文句を言っていた。
警備員
声 - 麻生敬太郎青山穣川村拓央
東都スタジアムの警備員。観客やカメラマンの避難誘導を担当した。また、別の警備員は爆弾を設置するために侵入した犯人に殴り倒され、気絶してしまった。

サッカー関係者[編集]

本浦 知史(もとうら ともふみ)
声 - 雪野五月
本浦圭一郎の一人息子。サッカーが大好きだったが、身体が弱く激しい運動は禁じられていた。3か月前、サッカーの試合を観戦中に発作を起こして亡くなった。

警察関係者[編集]

警察の運転手
声 - 蓮池龍三
コナンや小五郎らを乗せて本浦圭一郎の自宅まで送った警察官。爆弾の起爆装置が解除されたかで一喜一憂している中、一人だけ冷静に運転していた。

メディア関係者[編集]

多部田 美幸(たべた みゆき)
声 - あらいしずか
毛利探偵事務所前で実況していた女性レポーター。宮根誠司から現在の状況について質問され、小五郎が暗号の解読をしたことや爆発事件のことを伝えた。

芸能人(本人役)[編集]

宮根 誠司(みやね せいじ)
声 - 宮根誠司
本人役で『情報ライブ ミヤネ屋』のキャスターとして出演。アシスタントの川田裕美と東都スタジアム爆発事件の解説をしていた。『ミヤネ屋』のスタジオは、第14作『天空の難破船』のニュースで登場していたが、オープニングから描かれたのは本作が初である。そのため、スタジオなども忠実に再現されている。
足立 梨花(あだち りか)
声 - 足立梨花
本人役で出演。観戦に来ていた子供達にガンバ大阪のマスコットについてインタビューをしており、偶然にも聞いたコナンが暗号を解くヒントとなった。

サッカー選手(本人役)[編集]

三浦 知良(みうら かずよし)
声 - 三浦知良
キング・カズとして有名な日本サッカー界のスーパースター。朝のジョギング中にコナンと出会い、自主練習の相手役を頼んだ。帰り際、練習のお礼に白のリストバンドをプレゼントした。リストバンドを渡したのはコナンが2人目で、10数年前に赤いリストバンドをある少年に渡して以来であった。
遠藤 保仁(えんどう やすひと)
声 - 遠藤保仁
サッカー教室で少年探偵団のコーチをした選手。阿笠博士が出題した問題をいとも簡単に答えるなど柔軟な発想力に富んでいる。プロを驚かせるプレイを披露したコナンに注目して、フリーキックのコツを伝授する。これが、爆弾の解除装置を狙ってサッカーボールを蹴るという局面で役に立った。
楢崎 正剛(ならざき せいごう)
声 - 楢崎正剛
サッカー教室で少年探偵団のコーチをした選手。遠藤がフリーキックの蹴り方をコナン達の前で披露した際にはゴールキーパーを担当している。
中村 憲剛(なかむら けんご)
声 - 中村憲剛
サッカー教室で少年探偵団のコーチをした選手。遠藤のフリーキックに協力するため、ゴールポストの前に立って他の選手と並んでディフェンスを担当した。
今野 泰幸(こんの やすゆき)
声 - 今野泰幸
サッカー教室で少年探偵団のコーチをした選手。遠藤のフリーキックに協力するため、ゴールポストの前に立って他の選手と並んでディフェンスを担当した。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

サウンドトラック[編集]

名探偵コナン 11人目のストライカー
大野克夫サウンドトラック
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース 大野克夫バンド
大野克夫 年表
名探偵コナン 沈黙の15分
2011年
名探偵コナン 11人目のストライカー
2012年
名探偵コナン 絶海の探偵
2013年
EANコード
EAN 4582283795065
テンプレートを表示

収録曲[編集]

  1. イン トゥ ピッチ
  2. シャドーA
  3. 名探偵コナン メイン・テーマ(11人目のストライカーヴァージョン)
  4. サッカーゲーム
  5. クッションコントロール
  6. ナイス リフティング
  7. イエローカード
  8. クールボーイ
  9. ブリッジA
  10. サイドライン
  11. CCQ
  12. デュワップ
  13. オーバーウェッジ
  14. シャドーB
  15. アウェイプレイ
  16. インターセプト
  17. ペナルティ モード
  18. インピード
  19. フラッグアップ
  20. カウンターボード
  21. シャドーC
  22. モブスクリーン
  23. ボムトラップ
  24. サイドチェンジ
  25. アウェイブルー
  26. キーパーチャージ
  27. ブリッジC
  28. ワイドショー
  29. クローズドスキル
  30. シャドーD
  31. ミドルクロス
  32. インフロントキック
  33. オンザフィールド
  34. インサイドキック
  35. パープルプレイ
  36. 光をつかもう~挿入歌~
  37. 光をつかもう スローバージョン
  38. ブリッジD
  39. プレイホイッスル
  40. アンダーグラウンド
  41. ブリッジE
  42. アイコンタクト
  43. ダークエリア
  44. フォアチェック
  45. インスピレーション
  46. オブストラクション
  47. ネオストラクション
  48. シャドーE
  49. エヌ クリアランス
  50. アウトサイドキック
  51. プレイヤー
  52. レッドリストバンド
  53. ゲームアイエヌジー
  54. フリージング
  55. ホールディング
  56. ボールストーリー
  57. リスタート
  58. ホイッスル
  59. トライ&トライ
  60. トライ&トライS
  61. ハリーアップ
  62. ベースピッチ
  63. ミーツ メモリー
  64. スローイン
  65. ブリッジF
  66. オフサイドマインド
  67. ブリッジG
  68. ラストゲーム
  69. ウェッジコントロール
  70. ロールオーバー
  71. ダメージ
  72. チームワーク
  73. ストロングスピリッツ
  74. ファイナルトライ
  75. コンセントレーション
  76. タイムアップ
  77. カラージャッジ

主題歌[編集]

いきものがかりハルウタ
作詞・作曲 - 山下穂尊 / 編曲 - 江口亮 / 弦編曲 - 江口亮、村山達哉
本作品より毎年4月に公開されるコナンの映画主題歌はすべて『ミュージックステーション』で披露されている[注 10]
また、ビーイング以外の事務所に所属しているアーティストが映画の主題歌を担当するのは、第1作『時計じかけの摩天楼』で杏子オフィスオーガスタ)が担当して以来15年ぶりとなった。本作の公開時点では、TVシリーズもビーイング所属歌手が担当していたが、本作から第19作までの映画シリーズは、ビーイング以外の歌手が起用されている。

挿入歌[編集]

「光をつかもう」
作詞・作曲・編曲 - 大野克夫 / 歌 - 玲里
第10作『探偵たちの鎮魂歌』で「キミがいれば」と「想い出たち」が使用されて以来6年ぶりに挿入歌が起用された。

映像ソフト化[編集]

ファンタジスタの花[編集]

名探偵コナン BONUS FILE ファンタジスタの花』は、『11人目のストライカー』の伏線を描いた2012年OVA作品。コナンの新一時代を舞台にした第2作目のOVAシリーズ。

登場人物(OVA)[編集]

エンディングテーマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第5作『天国へのカウントダウン』以来11年ぶりに、漢字の英語読みではないカタカナ表記のタイトルとなった。
  2. ^ 高木刑事は小五郎に梓を紹介されるまで知らずにおり、原作とは異なっている(原作・アニメでは、高木刑事は梓を張り込んだことから面識を持っており、小五郎もそのことを知っている)。
  3. ^ 比護はイメージのみの登場で、香田の声優は白石涼子に変更された。
  4. ^ この試合は途中で中止となり、そのまま成立した。これはJリーグ規約第63条「不可抗力による開催不能、及び中止となった試合」の取扱いにおける「中断時点で試合成立」に該当するが、現実のJリーグにおける適用事例は存在しない。
  5. ^ テレビアニメでは初代が天野由梨で、後に長沢美樹に交代し、本作の公開時期も長沢が担当している。
  6. ^ テレビアニメでは矢尾一樹が担当している。
  7. ^ 愛称がサッカー選手の中田英寿と同じだが、作者によれば「コナンの方が先」であり、名前の由来ではない。
  8. ^ 山村ミサエも、第10作『探偵たちの鎮魂歌』に登場するためにデザインされたが、登場順は原作が先である。
  9. ^ 原作では綾小路文麿が4人目の登場となっている。
  10. ^ ただし、第20作『純黒の悪夢』の主題歌となったB'zの「世界はあなたの色になる」は、『ミュージックステーション』では披露されていない。

出典[編集]

  1. ^ a b 2012年興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2015年5月16日閲覧。
  2. ^ a b “名探偵コナン:劇場版新作が興収60億円突破 シリーズ最高記録を更新”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2016年6月6日). https://mantan-web.jp/2016/06/06/20160606dog00m200008000c.html 2017年5月25日閲覧。 
  3. ^ a b “劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』興行収入は、ついにシリーズ最高60億到達!?”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2016年6月6日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1465190280 2017年5月25日閲覧。 
  4. ^ a b “劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』が、シリーズ歴代最高興収を記録! まもなく500万人動員、65億円突破へ”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年5月29日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1496040765 2017年7月6日閲覧。 
  5. ^ a b “「劇場 名探偵コナン」シリーズ史上初 興収50億円突破で『純黒の悪夢(ナイトメア)』メガヒットに突入”. 映画/ドラマ (アニメ!アニメ!). (2016年5月9日). http://animeanime.jp/article/2016/05/09/28432.html 2017年5月25日閲覧。 
  6. ^ a b “劇場版「名探偵コナン 純黒の悪夢」興収60億円突破 シリーズ累計は600億円に”. アニメニュース (アニメ!アニメ!). (2016年6月6日). http://animeanime.jp/article/2016/06/06/28848.html 2017年5月25日閲覧。 
  7. ^ a b “【どこまで行く!?】『名探偵コナン から紅の恋歌』63.5億でシリーズ最高興行収入突破!”. T-SITE NEWS (TSUTAYA). (2017年5月29日). http://top.tsite.jp/entertainment/cinema/i/35612870 2017年7月6日閲覧。 
  8. ^ “Jリーグ20周年記念プロジェクト 劇場版「名探偵コナン 11人目のストライカー」とコラボレーション決定! ~Jクラブや選手が実名で登場! Jリーグを舞台に巻き起こる本格ミステリー!~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2011年12月5日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004266.html 2012年3月3日閲覧。 
  9. ^ a b “Jリーグ20周年記念プロジェクト 劇場版「名探偵コナン」 with J.LEAGUE 劇場版最新作「名探偵コナン 11人目のストライカー」に、三浦知良(横浜FC)選手の出演が決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年2月3日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004318.html 2012年3月3日閲覧。 
  10. ^ 桐谷美玲が事件の容疑者に!? 劇場版『名探偵コナン』でアニメ声優に初挑戦”. シネマカフェ. イード (2012年1月19日). 2012年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月25日閲覧。
  11. ^ “【FUJI XEROX SUPER CUP 2012】 名探偵コナンシート 限定販売!!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年1月19日), オリジナル2012年5月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120505000246/http://www.j-league.or.jp/release/000/00004304.html 2012年3月3日閲覧。 
  12. ^ “【FUJI XEROX SUPER CUP 2012】 Jリーグ20周年記念プロジェクト 劇場版「名探偵コナン」with J.LEAGUE ~コラボレーションイベント 公開歓声アフレコ実施!!~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年1月19日), オリジナル2012年10月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121015025901/http://www.j-league.or.jp/release/000/00004301.html 2012年3月3日閲覧。 
  13. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 11人目のストライカー』 小学館ジュニア文庫〉、2012年4月12日全国書誌番号:22066344ISBN 978-4092306264OCLC 788213035ASIN 4092306261
  14. ^ 浦和サポーターも必見! 「名探偵コナン」、浦和レッズ・槙野智章が本人役でゲスト出演! 6月14日放送予定「Jリーガーとの約束」で”. アキバ総研. カカクコム (2014年5月30日). 2014年6月15日閲覧。
  15. ^ ガンバ大阪・遠藤保仁選手、『コナン』TVシリーズにゲスト出演 ORICON NEWS 2018年6月26日
  16. ^ “『名探偵コナン』が過去最高のスタートで初登場首位!(4月14日-4月15日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2012年4月17日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201204/17172309.php 2016年4月25日閲覧。 
  17. ^ 壬生智裕 (2012年4月17日). “『名探偵コナン』初週6億超えのヒットスタート!強敵『バトルシップ』『しんちゃん』抑えナンバー1!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0041329 2016年4月24日閲覧。 
  18. ^ 駒井尚文 (2012年4月16日). “国内映画ランキング : 2012年4月14日〜2012年4月15日”. 映画ランキング・映画興行収入. 映画.com. 2016年4月25日閲覧。
  19. ^ “現場を捉えた記録映画が満足度ランク首位に”. ぴあ映画生活 (ぴあ). (2014年4月16日). http://cinema.pia.co.jp/news/158299/46134/ 2016年4月24日閲覧。 
  20. ^ 名探偵コナン 11人目のストライカー
  21. ^ 単行本84巻File.3「凧揚げ大会」 - File.5「悪魔の声」(アニメ765話 - 766話「堤無津川凧揚げ事件」)。
  22. ^ 単行本7巻File.8「新一の恋人!!」 - 8巻File.1「ついに見つけた!!」(アニメ10話「プロサッカー選手脅迫事件」)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]