この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
それいけ!アンパンマン
ロールとローラ うきぐも城のひみつ
監督 大賀俊二
脚本 米村正二
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
黒木瞳
冨永みーな
音楽 いずみたく
近藤浩章
主題歌 『まわれ歯ぐるま〜ロールとローラ〜』
撮影 金井弘
編集 鶴淵和子
鶴淵允寿
製作会社 日本テレビ放送網
VAP
トムス・エンタテインメント
フレーベル館
やなせスタジオ
公開 日本の旗 2002年7月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 それいけ!アンパンマン ゴミラの星
次作 それいけ!アンパンマン ルビーの願い
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ』(それいけアンパンマン ロールとローラ うきぐもじょうのひみつ)は2002年7月13日公開の映画『それいけ!アンパンマン』シリーズ通算第14作。同時上映作品は『それいけ!アンパンマン 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん』(それいけアンパンマン てっかのマキちゃんときんのかまめしどん)。

全日本私立幼稚園連合会、社会福祉法人日本保育協会推薦作品。

概要

前作『ゴミラの星』と前々作『人魚姫のなみだ』と、2年連続で登場しなかったロールパンナが再び登場し、メインになっている作品。大気汚染が本作のテーマ。

彼女がメインになった作品は『ゆうれい船をやっつけろ!!』以来7年ぶりとなる。その代わり、本作ではクリームパンダは登場しない。

また、本作のOPとEDは凝った構成である(下記参照)。セル画で製作され、モノラル音源で製作された最後の作品でもある。

あらすじ

ロールパンナは、アンパンマンワールドに現れた「うきぐも城」を訪れた。そこには、ローラ姫という少女がいた。

彼女の仕事は世界の汚れを洗い流すこと。しかし、その為の機械が故障してしまっていたのだ。ローラ姫は、機械の修理を手伝ってくれたロールパンナと仲良くなる。

うきぐも城が汚れていることを心配して、アンパンマン達もやって来たが、そこにばいきんまん達も乱入してきた。ロールパンナにバイキン草のビームを浴びせブラックロールパンナにした上、「バイキンの雨」で世界を汚れでいっぱいにしようとしてきたのだ。

ロールパンナと世界を救う方法は、「ローラの雨」を降らせること。しょくぱんまんとカレーパンマンがブラック化し更なるピンチを迎える中、アンパンマン達はローラの雨を降らせることができるのだろうか?

登場キャラクター(キャスト)

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター

アンパンマン
- 戸田恵子
本作ではストーリーの展開上、自分の顔を分け与える場面はなかった。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
ドキンちゃんやホラーマンと共に、うきぐも城を乗っ取ろうとしたが、ブラックロールパンナを制御しきれず地上に投げ捨てられてしまった。
エピローグでは真っ白になり生還したが、バイキン城から締め出され、ドキンちゃんから「あんたなんか知らない」と言われてしまう末路となっている。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
ホラーマン
声 - 肝付兼太
なぜか中盤で「鉄骨ホラーマン」状態になっていた。
ロールパンナ
声 - 冨永みーな
今作の序盤では、うきぐも城の庭にまごころ草が咲いていたため、花びらが何度か赤いハートに取り込まれたことで性格が女の子らしくなり、言葉遣いが丁寧になる、ローラのドレスを見て胸をときめかせる、ばいきんまんとの戦いを嫌がるなどといった珍しい姿を見せている(ドキンちゃんにも『弱々しい』と評されている)。他にもメロンパンナやローラを「ちゃん」付けで呼び、声質もこの時だけは高めになった。
劇場版でブラック化するのは 『虹のピラミッド』以来5年ぶり。また、今回はバイキン草をたくさん浴びており、ブラックロールパンナの額のマークがRからBになり、青いハートも真ん中に位置している。正気に戻ると左半分が赤く割れ、ブラック状態のままでアンパンマン達に協力し、生死不明になるが、機械から誕生した雲によって復活した。その後、「きっといつか一緒に暮せる」と言い残し、去って行った。
メロンパンナ
声 - かないみか
本作ではロールパンナと仲良くしているローラに多少嫉妬している様子であったが、彼女ともすぐに仲良くなる。
しょくぱんまん
声 - 島本須美
本作では、ブラックロールパンナによってカレーパンマンと共にブラック化されてしまう。その後、元に戻り雨を浴びたせいで、顔がふやけてしまった。
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
しょくぱんまん同様、ブラックロールパンナによってしょくぱんまんと共にブラック化されてしまう。その後、しょくぱんまん同様ふやけてしまう。
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
カバオくん
声 - 山寺宏一
ピョン吉
声 - 原えりこ
ウサ子
声 - 中村ひろみ
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
ウサお
クマ太
ネコ美
ブタお
コン太
モン吉
かびるんるん

ゲストキャラクター

ローラ姫
声 - 黒木瞳
の上のうきぐも城のお姫様。気は強いが本当は寂しがり屋。男勝りな一面もあり、一人称は「アタイ」で口調は極めて荒く、ドレス姿を見せた後も口調は変わらなった。汚れた雲や空気を綺麗に掃除して、大地にローラのを降らせるのが仕事。機械が故障してその修理中に助けてもらったロールパンナと仲良くなる。
当初はロールパンナ同様、包帯を巻いていたが、ロールパンナと会った直後に包帯を外した。本来色白の肌で髪型は金髪のお団子頭だったが、機械の修理によって油で汚れたたせいか頬も髪も黒くなっている。映画ではロールパンナが彼女をお風呂に入れて一部汚れが落ちたが、原作ではそのシーンがカットされているためか終盤まで汚れが落ちなかった。
カラス
声 - 寺田はるひ
ばいきんまんの手下。複数登場する。ばいきんまん達にうきぐも城のことを説明する。
ブラックしょくぱんまん
声 - 島本須美
ブラックロールパンナによって邪悪になったしょくぱんまん。ドキンちゃん曰く「ニヒルで素敵」。最後はドキンちゃんやホラーマンと共に泥人形になり、終盤で元に戻る。
ブラックカレーパンマン
声 - 柳沢三千代
ブラックロールパンナによって邪悪になったカレーパンマン。黒い「カレービュー」を放つ。バタコさんに制止され、彼女と共に泥人形になり、終盤で元に戻る。

その他の登場キャラクター

ユキダルマン
とうだいまん
イルカのベソ
くじらのクータン
SLマン
以上のキャラはばいきんまんによって、黒くなったり、身動きが取れなくなったがその後元に戻った。

用語

うきぐも城
雲の上にあるローラ姫の城。空気の汚れを浄化している。まごころ草とバイキン草が咲く地帯がそれぞれ存在している。

乗り物

飛行船アンパンマン号
ドキンUFO

バイキンメカ

バイキンロボット
OPで登場。アンパンマン達同様CG化し戦いを繰り広げる。今回は腹部から足場を兼ねたサポートメカを出して歯車でアンパンマンたちを攻撃するが軸の部分を破壊されバランスを崩したところを倒される。
スーパーモグリン
1号
うきぐも城を乗っ取るためのもぐりん型の戦闘機。バイキン草を食べてエネルギーにする。口からバイキン草の力で作った光線やうきぐも城の黒い沼から吸い上げたバイキン水を吐き出す。バイキン水に触れた者は泥団子になってしまう。その他にミニモグリン(先述のものと違い、かびるんるんが操縦している)も搭載している。始めはアンパンマンにやられていたが、うきぐも城のバイキン草を見つけてそれを食べ、バイキン草の力で作った光線でロールパンナをブラックロールパンナに変えてしまう。更にうきぐも城からバイキン水を吐き、地上を黒く染め始めた。2号へと変形する。
2号
1号の変形ロボット。腕と3本の足が生えているおり、上下を分離して攻撃をかわせる。しかし3本足にしたばかりにうまく歩けなくなってしまい、邪魔に思ったブラックロールパンナによって地上に投げ捨てられてしまい、いいところが全くなかった。

スタッフ

楽曲

オープニング『アンパンマンのマーチ
アンパンマンたちが異空間に入ると一旦演奏がとまり、しばらくするとまた最初から演奏が始まる。なお、本作のOPはCGアニメーションとなっている(アンパンマンたちは自分達がCG化したことに驚いていた)。
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
本作はエピローグが存在する。オープニング同様、終盤で一旦演奏が止まり、エピローグを挟んで、「おわり」のクレジットの部分で曲が終了するという複雑な演出となっている。
テーマ曲『まわれ歯ぐるま〜ロールとローラ〜』
作詞:やなせたかし、作曲・編曲:中島優貴、歌:ドリーミング
劇中ではロールパンナとローラ姫、メロンパンナとローラ姫(とアンパンマン、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズ)が歌っていたが、いずれも音源化されていない。

それいけ!アンパンマン 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん

それいけ!アンパンマン
鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん
監督 大賀俊二
脚本 日吉恵
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
勝生真沙子
山寺宏一
小池栄子
音楽 いずみたく
近藤浩章
撮影 白尾仁志
編集 鶴渕允寿
鶴渕和子
製作会社 バップ
公開 日本の旗 2002年7月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 それいけ!アンパンマン 怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン
次作 それいけ!アンパンマン 怪傑ナガネギマンとドレミ姫
テンプレートを表示

『それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ』の同時上映作品。

あらすじ

今日はきのこ山のきのこ祭りの日。かまめしどんもてんどんまんとカツドンマンに屋台の準備を手伝わせていた。

そこにばいきんまんとドキンちゃんがキノコ大魔王ロボでキノコ料理を奪うべく襲ってきた。そこに現れた鉄火のマキちゃんによって劣勢に陥ったばいきんまんたちだったが、きのこちゃんを人質にとり逃走した。

一方、キノコ大魔王ロボに吹っ飛ばされたかまめしどんは、いずみのせいによってスーパーゴールドかまめしどんにパワーアップした。

果たしてどんぶりまんトリオと鉄火のマキちゃんはきのこちゃんを救い出す事が出来るであろうか。

登場キャラクター(キャスト)

レギュラーキャラクター

アンパンマン
声 - 戸田恵子
前作と同様に終盤のみの登場であり、ストーリーへの関与は無い(ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズも同様)。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
きのこ祭りのきのこ料理を狙ってドキンちゃんと共に「きのこ大魔王」というロボットに搭乗し村を襲撃したものの、まだ祭りの催しも料理も準備段階だったため、強引にきのこ料理を作らせようときのこちゃんを攫っていった。
倒された後は幹が倒れた巨大きのこの影に隠れてしまったため、正体がばいきんまんだったことにかまめしどんやマキちゃんは気付かなかった。
その後はきのこ祭りに変装して参加してきのこ料理を食べていた。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
かまめしどん
声 - 山寺宏一
今回の主人公の一人。てんどんまんとカツドンマンにきのこ釜飯の屋台の手伝いをさせていた。きのこちゃんと仲がよく彼女からは「かまめしちゃん」とよばれていた。
主人公であるため本作ではキャストクレジットに記載されており、担当声優の山寺はチーズとの二重クレジットとなっている。
スーパーゴールドかまめしどん
いずみのせいのハンマーを受けたかまめしどんが変身した、黄金に輝くかまめしどん。略して「金かま」。
身体能力が大幅に向上しているが、きのこ大魔王のきのこエキスをくらい、怒ったり笑ったり泣いたりクシャミをしたりと苦しめられてしまった。最後はいずみのせいに頼んで元に戻してもらった。
鉄火のマキちゃん
声 - 勝生真沙子
今回の主人公の一人。きのこ大魔王ロボ相手に奮戦し、最終的に足元への一撃で付け根を切り落として転落させ、破壊する事に成功した。
てんどんまん
声 - 坂本千夏
カツドンマンと共にきのこちゃん探しに同行させられる。エンディングではかまめしどんに内緒で泉の精にたのんだのか、ちゃっかりゴールド化してステージに登場する。
カツドンマン
声 - 三ツ矢雄二
てんどんまんと同様、きのこちゃん探しに同行させられ、エンディングではかまめしどんに内緒で泉の精にたのんだのか、ちゃっかりゴールド化してステージに登場する。
ホラーマン
声 - 肝付兼太
アンパンマン達と同様、出番は少なく、この作品を始め、終わらせるだけ。劇場版では珍しくばいきんまん達との絡みがなかった。
冒頭でこの作品のあらましの説明役となり、泉に自分の頭を落とした際に泉の精が現れ「普通の頭」と「金の頭」を選ばされたが、身体部分は正直ではなく金の頭を選んでしまった。
エピローグでは作品の終了を告げた直後に頭に塗装されていた金箔が剥がれる。
かびるんるん

ゲストキャラクター

きのこちゃん
声 - 小池栄子
かまめしどんの憧れの人。なお、厳密的にはゲストキャラクターではなく、テレビアニメでも登場しているが、テレビアニメとは声優が違う(テレビアニメの声優は川浪葉子が担当)。かまめしどんを「かまめしちゃん」と呼ぶ。
いずみのせい
声 - 緒方賢一
泉にものを落としたものに落としたものが金のものか普通のものか問い、正直に答えたら金のものを与え、更にそれを断られたら本人をスーパーゴールドにする精霊。最初に、頭を落としたホラーマンの嘘を聞いて、怒りで雷を落とした後、しっかり頭を返しておいた。
続いてかまめしどんが落としてしまった「しゃもじ」の問いに「金のしゃもじはいらない」と答えた際に「スーパーゴールドかまめしどん」にした。三河弁で話す。
その後かまめしどんを元に戻すが、代わりにエンディングでは、なぜかテンドンマンとカツドンマンをスーパーゴールドにしていた。
きのこ村長
声 - 藤井恒久
きのこ村の村長。年に一度のきのこ祭りを開く。
きのこダンサーズ
きのこ村の住人。きのこ祭りで、きのこちゃんと一緒にラインダンスを踊る。
きのこ村の村人
声 - 伊藤静

バイキンメカ

きのこ大魔王
きのこ村のきのこ祭りを襲い、きのこ料理を横取りするためのロボット。怒り、泣き、笑い、くしゃみの毒きのこエキスが入っているきのこ銃が武器。スーパーゴールドかまめしどんと鉄火のマキちゃんに敗れ、倒れてきた巨大きのこの下敷きになる。

スタッフ

  • 原作 - やなせたかし
  • 製作 - 加藤俊三、伊藤梅男
  • プロデューサー - 吉野朋子、小野利恵子、尾崎隠通、柳内一彦
  • 脚本 - 日吉恵
  • 音楽 - いずみたく、近藤浩章
  • 作画監督 - 大道博政
  • 美術 - 横山幸博、池上みどり
  • 撮影 - 白尾仁志
  • 音響監督 - 山田智明、山田悦司
  • 音楽監督 - 鈴木清司
  • 音響効果 - 糸川幸良
  • 絵コンテ - 日巻裕二
  • 編集 - 鶴渕允寿、鶴渕和子
  • 監督 - 大賀俊二
  • 制作協力 - スタジオキャブ
  • 協力 - 読売新聞社

楽曲

エンディング『どんぶりまんトリオうきうき歌』
作詞:やなせたかし、作曲:丸山武彦、編曲:近藤浩章、歌:坂本千夏、三ツ矢雄二、山寺宏一
こちらはエンディングの最後でエピローグが入る。なお、「おわり」のクレジットではTV版で使用されているBGMを使用。
挿入歌『鉄火のマキちゃん』
作詞:やなせたかし、作曲・編曲:近藤浩章、歌:勝生真沙子

脚注

関連項目

外部リンク

それいけ!アンパンマン 映画作品
通番 題名 公開日 併映作 上映時間
第1作 キラキラ星の涙 1989年3月11日 おねがい!サミアどんロボタン 75分(本作品)
60分(同時上映)
第2作 ばいきんまんの逆襲 1990年7月14日 おむすびまん 70分(本作品)
27分(同時上映)
第3作 とべ! とべ! ちびごん 1991年7月20日 ドキンちゃんのドキドキカレンダー 40分(本作品)
50分(同時上映)
第4作 つみき城のひみつ 1992年3月14日 アンパンマンとゆかいな仲間たち 60分(本作品)
31分(同時上映)
第5作 恐竜ノッシーの大冒険 1993年7月17日 かいけつゾロリ(1993年版) 60分(本作品)
30分(同時上映)
第6作 リリカル☆マジカルまほうの学校 1994年7月16日 みんな集まれ! アンパンマンワールド 60分(本作品)
30分(同時上映)
第7作 ゆうれい船をやっつけろ!! 1995年7月29日 アンパンマンとハッピーおたんじょう日 56分(本作品)
30分(同時上映)
第8作 空とぶ絵本とガラスの靴 1996年7月13日 ばいきんまんと3ばいパンチ 60分(本作品)
30分(同時上映)
第9作 虹のピラミッド 1997年7月26日 ぼくらはヒーロー 56分(本作品)
25分(同時上映)
第10作 てのひらを太陽に 1998年7月25日 アンパンマンとおかしな仲間 55分(本作品)
25分(同時上映)
第11作 勇気の花がひらくとき 1999年7月24日 アンパンマンとたのしい仲間たち 55分(本作品)
25分(同時上映)
第12作 人魚姫のなみだ 2000年7月29日 やきそばパンマンとブラックサボテンマン 55分(本作品)
26分(同時上映)
第13作 ゴミラの星 2001年7月14日 怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン 50分(本作品)
20分(同時上映)
第14作 ロールとローラ うきぐも城のひみつ 2002年7月13日 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん 50分(本作品)
20分(同時上映)
第15作 ルビーの願い
(この作品からはデジタル製作)
2003年7月12日 怪傑ナガネギマンとドレミ姫 50分(本作品)
20分(同時上映)
第16作 夢猫の国のニャニイ 2004年7月17日 つきことしらたま 〜ときめきダンシング〜 51分(本作品)
21分(同時上映)
第17作 ハピーの大冒険 2005年7月16日 くろゆき姫とモテモテばいきんまん 50分(本作品)
20分(同時上映)
第18作 いのちの星のドーリィ 2006年7月15日 コキンちゃんとあおいなみだ 50分(本作品)
20分(同時上映)
第19作 シャボン玉のプルン 2007年7月14日 ホラーマンとホラ・ホラコ 50分(本作品)
20分(同時上映)
第20作 妖精リンリンのひみつ 2008年7月12日 ヒヤヒヤヒヤリコとばぶ・ばぶばいきんまん 50分(本作品)
20分(同時上映)
第21作 だだんだんとふたごの星 2009年7月4日 ばいきんまん vs バイキンマン!? 50分(本作品)
20分(同時上映)
第22作 ブラックノーズと魔法の歌 2010年7月10日 はしれ! わくわくアンパンマングランプリ 50分(本作品)
20分(同時上映)
第23作 すくえ! ココリンと奇跡の星 2011年7月2日 うたって てあそび! アンパンマンともりのたから 45分(本作品)
20分(同時上映)
第24作 よみがえれ バナナ島 2012年7月7日 リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル 47分(本作品)
21分(同時上映)
短編 アンパンマンが生まれた日 2012年12月1日 ハルのふえ、ロボくんとことり 10分(本作品)
58分(同時上映)
第25作 とばせ! 希望のハンカチ 2013年7月6日 みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ 45分(本作品)
20分(同時上映)
第26作 りんごぼうやとみんなの願い 2014年7月5日 たのしくてあそび ママになったコキンちゃん!? 48分(本作品)
21分(同時上映)
第27作 ミージャと魔法のランプ 2015年7月4日 リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり 46分(本作品)
21分(同時上映)
第28作 おもちゃの星のナンダとルンダ 2016年7月2日 (無し) 62分(本作品)
第29作 ブルブルの宝探し大冒険! 2017年7月1日 (無し) 62分(本作品)
第30作 かがやけ!クルンといのちの星 2018年6月30日