この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

それいけ!アンパンマン
ゆうれい船をやっつけろ!!
監督 矢野博之
脚本 翁妙子
原作 やなせたかし
製作総指揮 加藤俊三
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
冨永みーな
千葉繁
音楽 いずみたく
近藤浩章
主題歌 『海の白馬マリン』
編集 鶴渕允寿
公開 日本の旗 1995年7月29日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 それいけ!アンパンマン リリカル☆マジカルまほうの学校
次作 それいけ!アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!』(それいけアンパンマン ゆうれいせんをやっつけろ)は1995年7月29日公開の映画『それいけ!アンパンマン』シリーズ通算第7作。同時上映作品は『それいけ!アンパンマン アンパンマンとハッピーおたんじょう日』(それいけアンパンマン アンパンマンとハッピーおたいじょうび)。

全日本私立幼稚園連合会、社会福祉法人日本保育協会推薦作品。キャッチコピーは『マリン・ブルーの海から生まれた"海の白馬"の伝説。』。

概要

ロールパンナが初登場した映画で、彼女と妹のメロンパンナ、ゲストキャラクターのマリンが中心となったストーリーになっている。

また、ロールパンナが初めてブラックロールパンナに変身した作品でもある。本作公開後、TV版では別の形でブラックロールパンナが誕生し、それ以後は良い心と悪い心で姿が変化するようになった。ストーリー中にはロールパンナがなぜ2つの心を合わせ持つようになったのかという誕生時のエピソードが語られる。

本作でロールパンナ用の様々なBGMが作られた(それまではロールパンナのテーマ曲『ふたつのこころ』が挿入歌として使用されていた)。本作の劇中曲はTV版で使われることが多い(特にロールパンナがアンパンマンに最後の勝負を挑む時の使用曲)。

強制変身固めはなく、アンパンマンたちだけでなく、町の住民やサブキャラクターも活躍する。

あらすじ

海にピクニックに出かけたメロンパンナ達は、白馬に出会う。メロンパンナはその白馬を「マリン」と名付け仲良くなる。

しかし、マリンを欲しがったドキンちゃんのわがままからばいきんまんによって「ガイコツ島」へさらわれてしまう。その島にいたロールパンナとも仲良くなったマリンだが、ばいきんまんとドクター・ヒヤリによって、ロールパンナは優しい心の源である「まごころ草」を奪われ、「ブラックロールパンナ」になってしまう。

ばいきんまんはヒヤリが作ったおばけ達を乗せた幽霊船でブラックロールパンナと共にアンパンマン達の町を侵攻し始めた。アンパンマン達はばいきんまん達を倒し、ロールパンナとマリンを救えるのだろうか?

登場キャラクター(キャスト)

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター

アンパンマン
- 戸田恵子
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
本作のキャストクレジットではトメとなり、前作同様にばいきんまん達は終盤にクレジットされる。
ジャムおじさん
声 - 増岡弘
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
しょくぱんまん
声 - 島本須美
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
メロンパンナ
声 - かないみか
中盤ではホラーマンを捕らえて取り調べを行い、ガイコツ島に向かう。
ロールパンナ
声 - 冨永みーな
劇場版初登場であり、1999年の『勇気の花がひらくとき』まで連続で登場した。本作では、ドクター・ヒヤリによってまごころ草を全て抜き取られる形でブラックロールパンナになってしまう。
ドキンちゃん
声 - 鶴ひろみ
ホラーマン
声 - 肝付兼太
序盤ではばいきんまんと手を組むが、中盤ではメロンパンナに捕られ、取り調べを受けると「サヨナラ、サヨナラー」と退散した後登場しなくなる。
ドクター・ヒヤリ
声 - 千葉繁
ロールパンナ同様、本作が劇場版初登場となる(ただし、本作以降『ハピーの大冒険』まで10年間劇場版には登場していなかった)。
SLマン
声 - 富山敬[1]
イルカのベソ
声 - 山田栄子
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
カバオくん
声 - 山寺宏一
ピョン吉
声 - 原えりこ
ウサ子
声 - 中村ひろみ
ウサお
クマ太
ネコ美
声 - 小島悠理 
ブタお
かびるんるん

ゲストキャラクター

マリン
性別 - 不明
波から生まれた海の白馬。マリン・ブルーの瞳をしている事からメロンパンナが「マリン」と名づけた。鈴の音の様な声で鳴く。不思議な力を持っていて、水上を走れる。難破船だった船を元に戻す事もでき、その船を宝物にしている。メロンパンナとロールパンナの二人と心を通わせ、彼女らのピンチを救う活躍をする。
終盤で一度は死んでしまうが、仲間によって蘇った。このシーンはアニメ映画『風の谷のナウシカ』のシーンのオマージュである[要出典]。メロンパンナやロールパンナを再会を約束し、仲間と共に帰っていった。後に『てのひらを太陽に』でロールパンナを助けるが、メロンパンナとは対面するものの絡むことはなく、鳴き声も発しなかった。
ヒヤリの幽霊(ヒヤリのゆうれい)
性別 - 不明
ドクター・ヒヤリがナメクジを元に作ったお化け。それ故にに弱く、弱点をメロンパンナに見抜かれて一掃された。

その他の登場キャラクター

カバオくんのお父さん
声 - 富山敬
カバオくんのお母さん
声 - 滝沢ロコ
しおぼうや
トンガラシ
どんぶりまんトリオ
てんどんまん
カツドンマン
かまめしどん
忍者のニャンジャ
鉄火のマキちゃん
かつぶしまん
おそうじトリオ
おそうじまん
タワシくん
バケツくん
マジカちゃん
雲のもくちゃん
ペッパーけいぶ
とんかちどり
けむりいぬ・ムクちゃん
かぜこぞう

用語

ガイコツ島
ドクター・ヒヤリの城がある島。
まごころ草
ロールパンナの良い心の元になっている花。『ロールとローラ うきぐも城のひみつ』でこの花が登場する。

乗り物

アンパンマン号
飛行船アンパンマン号
ドキンUFO

バイキンメカ

バイキンUFO
バイキンゆうれい船
難破船をヒントに作ったメカ。大砲から砲弾やドクター・ヒヤリが作ったお化けを打ち出す。メインマストから雨を降らすことが出来る。内部には飛行船もぐりんが収納してあり、舵から入り込む。
飛行船もぐりん
バイキンゆうれい船の内部にあるもぐりん型の飛行船。正面に巨大ドリルミサイル一つ、頭上部に大砲一門、竜巻を起こすマスト三本、両側面にビーム砲三門、回転のこぎりが一つずつ、口にはミサイルも装備してある。カレーパンマンから「かっこ悪い」と言われていた。アンパンマン達と壮絶な空中戦を繰り広げるが、ロールパンナと飛行船アンパンマン号の救援により形勢が悪化。巨大ドリルミサイルで反撃するが投げ返され、串刺しになったところをトリプルパンチで破壊された。

スタッフ

楽曲

オープニング『アンパンマンのマーチ
エンディング『勇気りんりん』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
本作のED映像はダイジェストではなく後日談である(「虹のピラミッド」、「勇気の花がひらくとき」(この作品は、枠の中に収まっている)、2003年以降の劇場版も同様)。
挿入歌
『海の白馬マリン』
作詞:やなせたかし、作曲:いわみゆり、編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング
『ゆうれい船の歌』
作詞:やなせたかし、作曲・編曲:近藤浩章、歌:中尾隆聖

それいけ!アンパンマン アンパンマンとハッピーおたんじょう日

それいけ!アンパンマン
アンパンマンとハッピーおたんじょう日
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
冨永みーな
高乃麗
音楽 いずみたく
近藤浩章
主題歌 『ハッピーおたんじょうび』
公開 日本の旗 1995年7月29日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 それいけ!アンパンマン みんな集まれ! アンパンマンワールド
次作 それいけ!アンパンマン ばいきんまんと3ばいパンチ
テンプレートを表示

『それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!』の同時上映作品。同年2月から展開されていた『それいけ! アンパンマン おたんじょうびシリーズ 』の販促的な内容で本編も同シリーズの8月生まれ編を劇場用に再編集したもの(アスペクト比がスタンダードからビスタへ、また新作映像の追加)となっている。(ソフトなどでもその様な断り書きがされている。)

概要

雲のもくちゃんの誕生パーティーを舞台に展開。人間の子供が登場し、遊び歌を行うなど、教育ビデオに近い内容であり、レギュラーキャラクターはアンパンマンとばいきんまんのみ登場する(ただしアンパンマン達が他のレギュラーキャラクターの話をする場面がある)。

あらすじ

ある日、アンパンマンたちは誕生日を迎えた雲のもくちゃんのために、みんなで楽しい誕生パーティーを開く。そこではアンパンマンとばいきんまんが歌とお遊戯を披露したり、アンパンマン達が生まれた頃の話が繰り広げられる。

登場キャラクター(キャスト)

主要キャラクター

アンパンマン
声 - 戸田恵子
雲のもくちゃんが誕生パーティーに来るのを待つ間、ばいきんまんに自身とメロンパンナが生まれた時の話をする。紙芝居『ばいきんまんの七夕伝説』では神様役として登場する。
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
今作ではアンパンマンと敵対せず、2人でもくちゃんの誕生日を祝う。誕生パーティーの飾り付けを担当するが、アンパンマンに散々扱き使われた為「自分でやった気がしない」と零していた。もくちゃんの到着を待つ間、アンパンマンに自身が生まれた時の話をする。ドキンちゃんがやって来た時の事も回想するが、現在の彼女の女王様っぷりに憤慨しアンパンマンに窘められる。紙芝居『ばいきんまんの七夕伝説』では彦星役として登場する。
雲のもくちゃん
声 - 冨永みーな
近々誕生日を迎えるため、アンパンマン達にお祝いしてもらう。誕生パーティーに向かう道中、浜辺で出会ったフラッペちゃんと仲良くなるが、楽しく遊んでいるうちにパーティーの事を失念してしまう。
フラッペちゃん
声 - 高乃麗
人間達の住む世界の浜辺でかき氷屋を営む。砂の城をもくちゃんに壊された男の子の為に新しく城を作ってあげた。

その他の登場キャラクター

ほたる姫
声 - 冬馬由美
仲間と共に、アンパンマンとばいきんまんに光のショーを見せる。その後、沢山の仲間達を連れてもくちゃんの誕生パーティーに訪れる。
男の子
声 - 福島おりね
人間の男の子。もくちゃんに砂の城を壊され泣いてしまうが、彼とフラッペちゃんが競い合いながら作った新しい城に大はしゃぎした。
少年
声 - 坪井智浩
人間の少年。サメの背びれのようなものを着用して潜水し、アンパンマンやもくちゃん達を驚かせた。
雲のもくちゃんのお母さん
声 - 島本須美
ジャムおじさん
バタコさん
めいけんチーズ
メロンパンナ
以上、アンパンマンの回想シーンに登場。
ドキンちゃん
ばいきんまんの回想シーンに登場。紙芝居『ばいきんまんの七夕伝説』では織姫役として登場する。
かびるんるん
『いくぞ! ばいきんまん』のシーンに登場。
カレーパンマン
しょくぱんまん
ホラーマン
ペンギンぼうや
ユキダルマン
ナンドバット
ハンバーガーキッド
すなおとこ
SLマン
シャボンダマン
くじらのクータン
イルカのベソ
スマイル
マイマイの親子
マジカちゃん
おしるこちゃん
アンコラ
カバオくん
ピョン吉
ウサ子
以上、『なんのために飛ぶ』のシーンに登場。
こゆきちゃん
マシュマロさん
けいとだまん
シャンプーちゃん
おひなちゃん
だいりくん
つくしくん
ランドセルくん
スケールちゃん
えんぴつぼうや
ノートくん
ケシゴム先生
かしわもちまん(かぜまる、くもまる、きりまる)
こんぺいとうさん
かんたんシスターズ(プラちゃん、マイちゃん)
パラソルこぞう
ふうりんくん
ナシオくん
ペアコちゃん
ムーン姫
かきくけこちゃん
ガマンぼうや
なみだちゃん
きのこちゃん
やきいもまん
もちつきまん
つららちゃん
以上、もくちゃんの誕生日を祝いに登場。
ロールパンナ
エンディング『サンサンたいそう』にのみ登場。次回作からセリフありで登場。

スタッフ

楽曲

エンディング『サンサンたいそう』
作詞:やなせたかし、作曲:近藤浩章、歌:ドリーミング
フルサイズから1番と2番後の間奏の一部を省略したバージョン。
挿入歌
『ハッピーおたんじょうび』
作詞:やなせたかし、作曲・編曲:近藤浩章、歌:戸田恵子・中尾隆聖・高乃麗、コーラス:劇団若草
『ハ行で笑うばいきんまん』
作詞:やなせたかし、作曲:宮崎尚志、編曲:近藤浩章、歌:中尾隆聖
『アンパンマンのマーチ』
作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング
『私はドキンちゃん』
作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング
『パンナのパンチ』
作詞:やなせたかし、作曲:高橋ひろ、編曲:近藤浩章、歌:かないみか
『いくぞ! ばいきんまん』
作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、編曲:近藤浩章、歌:中尾隆聖
『なんのために飛ぶ』
作詞:やなせたかし、作曲:辻陽、編曲:近藤浩章、歌:戸田恵子
曲中の映像はTVアニメ『消えたジャムおじさん(後編)』のシーンの使い回しである。

脚注

  1. ^ 演じる富山が同年9月25日に死去したため最後の出演になった。

関連項目

外部リンク