名探偵コナン 絶海の探偵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名探偵コナン 絶海の探偵
Detective Conan
Private Eye in the Distant Sea
監督 静野孔文
脚本 櫻井武晴
原作 青山剛昌
出演者 高山みなみ
山崎和佳奈
小山力也
山口勝平
柴咲コウ
音楽 大野克夫
主題歌 斉藤和義ワンモアタイム
製作会社 トムス・エンタテインメント
読売テレビ
配給 東宝
公開 日本の旗 2013年4月20日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 36.3億円[1]
前作 名探偵コナン 11人目のストライカー
次作 シリーズ:名探偵コナン 異次元の狙撃手
特別版:ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
テンプレートを表示

名探偵コナン 絶海の探偵』(めいたんていコナン ぜっかいのプライベート・アイ)は2013年4月20日に公開された日本アニメ映画で、劇場版『名探偵コナン』シリーズの17作目にあたる。上映時間は110分。興行収入は36億3000万円[1]

読売テレビ放送開局55周年記念作品となる。

概要[編集]

沿革[編集]

本作は、第15作『沈黙の15分』以降総監督を務めていた山本泰一郎がアニメシリーズの監督に復帰し[注 1]静野孔文の初の単独監督作品となった。脚本はテレビドラマ『相棒』や『ATARU』を手がけた櫻井武晴が担当。櫻井がアニメ作品の脚本を担当するのは本作が初である[注 2]海上自衛隊の新鋭イージス艦を舞台に、偶然居合わせたコナンたちが巨大な陰謀に立ち向かう。劇場版でスパイミステリーをテーマにした作品は初である。なお、劇場版コナン史上初めて自衛隊が登場している。

製作には防衛省・海上自衛隊が全面協力にあたっており、実際のあたご型護衛艦あたご」をCICに至るまで取材したことで細部まで忠実な描写がなされ、恒例の実写EDでは「あたご」・こんごう型護衛艦きりしま」・SH-60K哨戒ヘリコプター舞鶴水中処分隊などが登場した[注 3]

ゲスト声優は、『名探偵コナン』の大ファンである女優柴咲コウがイージス艦内の女性自衛官・藤井七海役で出演する[2]。柴咲は次作『異次元の狙撃手』にて劇場版主題歌を担当している。

本作の公開と同日に放送されたテレビアニメ名探偵コナン』の第694話「消えた老舗の和菓子」[3]は、本作のプレストーリーとなっている。

第1作『時計じかけの摩天楼』から第16作『11人目のストライカー』まで全ての劇場版に登場していた白鳥警部が登場しない作品でもある。同年末に公開された『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』、次作には登場している。また、2015年3月7日に小川真司が死去したため、小川が演じる遠山銀司郎が登場する映画は本作が最後になった。

近年のシリーズ同様、本作も小説版が小学館のジュニア文庫(小学館ジュニアシネマ文庫)から2013年4月18日に発売されている[4]

劇場版シリーズの定番となっているエンディング後の次回作の予告が今作でも放映された。弾丸が画面の奥側から客席側に向かって来ると言う内容の3DCGによる映像のあと、次回作の製作および公開が決定したと言う旨の字幕による予告が流れた。のちに次回作は『異次元の狙撃手』だと発表された。

興行成績[編集]

全国344スクリーンで公開され、2013年4月20日21日の初日2日間で観客動員数56万5,914人、興行収入6億7,154万8,700円となり、これは最終興行収入32億9,000万円の前作『11人目のストライカー』との初動興行収入の対比で100.6%に及び、興行通信社の調査による映画観客動員ランキングでは初登場第1位となった[5][6][7][8]。また、ぴあの調査による初日満足度ランキングでは、91.6ポイントを獲得して第1位となった[9]

その後も4週連続で第1位を記録し[10]、4週連続で第1位・9週連続トップ10はいずれもコナン映画作品で初である。公開第8週目には第13作『漆黒の追跡者』の最終興行収入35億円を上回り、当時のコナン映画シリーズ最高興収記録を更新した[11][注 4]。最終興行収入はシリーズ最高となる36億3,000万円を記録[1]、観客動員数も300万人に迫っている[13]

テレビ放送[編集]

2014年4月18日には劇場版の次作『異次元の狙撃手』の公開を記念して、本作が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送され、関東地区での平均視聴率は13.6%を記録した[14]

キャッチコピー[編集]

  • それ、マズくね!?
  • 限界突破! 究極のスパイミステリー
  • 危険すぎる緊急ミッション!標的は日本全土!

あらすじ[編集]

早朝、京都府舞鶴湾で巡回中の海上保安官・倉田正明によって、自爆用の爆弾を積んだ1隻の不審船が発見された。

同日、舞鶴湾で海上自衛隊によるイージス護衛艦『ほたか』の体験航海が開催され、参加者の中には高倍率の抽選を当てたコナン一行も含まれていたが、不審船の騒ぎにより入艦の際の検査が厳しくなり、携帯電話も取り上げられてしまう。井上文忠航海長の案内の下、順調に航海スケジュールをこなしていくが、CICでの対空対戦戦闘の訓練が終了する直前に未確認物体が艦体へ接近し、艦内は物々しい空気に包まれる。航海長の機転により訓練であるとごまかすことができ、接近物も潮によって流されてきたただの廃船だったため、大きな混乱はなかったが、コナンは疑問を抱くようになる。

その後、船首を見学中にコナンは対空対戦戦闘の訓練中に1人で居た少年・雨宮勇気に声をかける。勇気や少年の父親と別れた直後、イージス艦には乗船していないはずの女性自衛官・藤井七海と遭遇する。藤井にどんな仕事をしているかコナンが尋ねると、みんなの食事をつくっていると言うが、階級章が1等海佐で、イージス艦では艦長クラスだと推測したコナンは、藤井を疑い、灰原に女性自衛官の写真を送り、藤井の所属先の調査を依頼する。調査を開始しようとするコナンとそうとは知らずトイレに行こうとするコナンに付き添う蘭は、トイレに行く道を間違え自衛官・笹浦洋介の左腕のみが発見された場面に遭遇してしまう。蘭が小五郎の名前を出して捜査協力を申し出る一方、コナンは大阪の平次に連絡し捜査の協力を頼む。その直後、外部との連絡が巡回中の海上保安官に発覚しそうになる。また、海上保安官の無線機でスパイX(エックス)の存在を知る。

平次は、若狭湾の造船場で、笹浦の左腕のない溺死体を発見し、首に血ではない赤い塗料が付着しているのに気が付く。そのころ、目暮警部を含む警察官たちも海上保安官らとヘリでイージス艦に合流して捜査を開始するが、海上自衛隊側は何かを隠している様子だった。その後、マイクロSDの抜かれた被害者の携帯電話が艦内で発見され、笹浦がイージス艦のデータを流用していたことが分かる。

艦長室で不審な行動をする藤井を見掛けたコナンは、藤井がパソコンに出したデータの一部を入手し、そのデータを衛星電波を介して阿笠博士に送る事で、衛星電波を感知した目暮警部たちを艦長室に呼び出すことに成功する。藤井たちは不審な行動を問われ、遂に重い口を開く。藤井は情報保全隊員で、某国のスパイXを逮捕するために乗艦していた。Xは、イージス艦の機密情報を手に入れるため侵入したが、マイクロSDは藤井が持っているのになぜそのことを言わないのかコナンは疑問を抱く。室内の通信機器を調べるために所持品を回収されそうになったコナンは、小五郎に盗聴器を付けてその場を立ち去る。

ヘリで京都府警の綾小路文麿とその部下・車折刑事が合流した。そのころ平次は阿笠博士と合流し、灰原が赤い塗料の鑑定をした結果、赤い塗料はTBT(船の塗料)と分かり、笹浦の胴体は海流によって流されたわけではなかったことも分かる。また、コナンが送ったデータはイージス艦のデータの一部と分かり、そのデータは笹浦がネットのクラウドサービスに1度保存し、後で携帯のデータカードにコピーしたものであることも分かる。コナンは、なぜ笹浦が、イージス艦の情報を民間のクラウドサービスに保存したのか疑問を抱く。

コナンは小五郎に付けた盗聴器の会話から、笹浦が今朝5時半頃日の丸の旗をふっているのを観光船の職員が目撃したことを知る。また、笹浦がイージス艦のデータを流したことが分かった。

対空対戦戦闘の訓練が終了する直前に未確認物体が艦体に接近する騒ぎで艦長がCICに来て艦長室が無人だと推理したコナンは、勇気の父親がXだと気付き、直ちにXに会いに行く。コナンは、Xに船が揺れた時に艦長室に居たと言い、雨宮さんと言った時すぐ振り向けなかった事と、勇気の薬は塗り薬ではなく飲み薬である事、そして勇気はアトピーではなく食物アレルギーだと言いXを追い詰める。コナンは、ボール射出ベルトからボールを出そうとするが、小五郎の名刺のせいで転んでしまう。周囲に参加者が居たおかげで殺されずにすんだが、勇気にお父さんが殺されると言われ、Xを追うのを一旦やめる。

勇気を取り返したXは、立ち入り禁止のエリアを2人で歩いている所を蘭に目撃され、更に話し掛けて来た蘭に対し勇気がこの人はスパイだと真実を明かしてしまう。蘭は、Xと戦うことになるが、卑怯な手を使ったXに負けてしまい、海に落とされる。そのころ平次と和葉は、関西国際空港で竹川を探しており、和葉は竹川を見付ける事に成功するが拳銃を突き付けられる。

コナンは、ボールを蹴りXに当ててXを無事逮捕、平次もかすり傷こそ負ったものの竹川を逮捕することができた。その後、阿笠博士からの連絡を受けたコナンは、小五郎に麻酔針を撃ち、笹浦を殺したのは倉田だと推理を披露する。容疑者も捕まって一件落着と思いきや、勇気がスパイと戦ってから蘭が消えたと口にし、Xも蘭を口封じのために海に落としたと自供する。

一行はヘリを出して蘭を探すがなかなか見付からない。日没の5時になると海水の温度が下がるので、タイムリミットはあとわずかと言う時に、コナンは光彦が蘭に渡した電波時計のことを思い出す。電波の受信は午前と午後の5時ジャストだと光彦が言うので、電波探知装置を用意するが、反応はなかった。それでも一行は懸命に捜索を続け、時間が経った頃に電波の感知に成功する。ヘリの操縦士には海水の反射で要救助者が見えないと言う状況に陥るが、蘭は小五郎の金の名刺に反射して光っていると考えたコナンの指示により、無事に蘭を発見することができた。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

X(エックス)
声 - 黒田崇矢
イージス艦「ほたか」に侵入した某国のスパイ。国籍などは一切不明。雨宮勇気の父親と偽って、勇気を連れ体験航海に参加しており、紳士的で穏やかな口調を装っているが、実際は冷酷な性格で自衛官を翻弄するほどの頭脳明晰な工作員である。戦闘にも長け、空手の関東大会優勝経験者である蘭をして「強い」と思わしめる実力の持ち主[注 5]。イージス艦内で自衛官を人質に逃亡を試みようとしている。

容疑者[編集]

立石 由紀夫(たていし ゆきお)
声 - 廣田行生
イージス艦「ほたか」艦長。海上自衛隊一等海佐
日本の国防を担うための正義感と統括力を兼ね備えた有能な艦長。謎の不審船の襲来にも冷静に対応し、事態の悪化を防いだ。当初は警視庁や海上保安庁を事件に関わらせることについて及び腰だったが、小五郎に説得された後は、警視庁・海上保安庁・海上自衛隊の大規模な三面体制の捜査を容認する。また、CIC本部から責任者として自衛官に指示を与える。コナンは変声機で立石艦長の声を借り藤井一等海佐を艦長室から追い出し、情報を入手している。
藤井 七海(ふじい ななみ)
声 - 柴咲コウ
自衛隊情報保全隊所属。海上自衛隊一等海佐。
ミステリアスな雰囲気を漂わせる美女で、イージス艦「ほたか」に乗艦する唯一の女性自衛官。イージス艦における女性隊員の乗艦は前例がなかったため[注 6]、コナンに怪しまれて質問された際、女性隊員も任務に参加する為の計画の一環であり、担当は料理係だと答えるが、艦長室で証言の矛盾をコナンに指摘され、笹浦一等海尉の情報漏洩事件に関する工作員の捜査のために乗艦したと明かした。「X」との戦闘に備え「H&K USP」を携帯している。自衛官としての使命感から警察官や探偵を信用していないが、小五郎から「Xを逮捕する事すら出来ない」と諭される。
井上 文忠(いのうえ ふみただ)
声 - 幸野善之
イージス艦「ほたか」航海科の航海長。海上自衛隊三等海佐
コナン達が乗艦しているイージス艦「ほたか」の案内役を務めており、見学コースを説明していた。どんな有事にも対応し、寝惚けた小五郎にもジョークを返すユーモアのセンスも持ち合わせている。不審船騒動では、訓練の一環とその場を収め、見学者に悟られないようイベントを再開させる。雨宮勇気をCIC本部へ連れて行く途中「X」に気絶させられるが、後にメガネをかけて、再びCICに現れる。
関口 誠(せきぐち まこと)
声 - 成田剣
イージス艦「ほたか」警務官。海上自衛隊一等海尉
自衛隊の中の警察と言われる警務官で、小五郎らと捜査を開始する。スパイ容疑で笹浦一等海尉を調査しており、今回のスキャンダルが外部に漏れる危険から、部外者の参加には反対しており、警視庁と海上保安庁からの情報提供の要請に対して当初は難色を示していたが、小五郎の「日本のため」と言う言葉に説得されて大規模捜査に協力する。なお、普段は護衛艦に警務官は常駐しない。
笹浦 洋介(ささうら ようすけ)
声 - 水内清光
若狭地方隊情報官。海上自衛隊一等海尉。
海上自衛隊の幹部だが、某国の工作員にイージス艦のデータを売り渡そうと画策していた。そのため、クラウドに保存されたデータを携帯電話でコピーして、マイクロSDで持ち歩いていた。調査の結果、笹浦が旗を振って何かを伝えていたことが明らかになる。その後、造船所で左腕を失った溺死体となって発見される。捜査中の平次は首に付着していた赤い塗料から推理していくこととなる。また、笹浦の左腕はイージス艦に吸い込まれており、自衛官らに発見される。
倉田 正明(くらた まさあき)
声 - 松風雅也
海上保安庁・若狭海上保安部警備課[注 7]所属の海上保安官。階級章から三等海上保安正だと思われる。
舞鶴港近辺の警備を担当している保安官。拳銃と警棒を所持しているため、彼が動くとカチャカチャと言うような独特の音が鳴る。舞鶴港に停泊している不審船を発見して調査した結果、日本にはない機材と爆弾が発見され、若狭保安部に連絡した。その関係から海上保安庁の代表として、警視庁のメンバーと共にイージス艦に乗り込んだ。当初はスキャンダルがらみで海上自衛隊が情報提供を拒んでいたため口論となるが、小五郎の説得で捜査可能となり、安堵の表情を浮かべる。

体験航海の参加者[編集]

雨宮 勇気(あまみや ゆうき)
声 - 三田ゆう子
小学生。名前の「勇気」は、勇気のある子に育ってほしい父親からの願いで付けられた。アレルギー体質のため錠剤を持ち歩いている。体験航海に親子で参加していたが、謎の不審船を破壊して騒動になっていた際に、1人で怯えていたのでコナンに声を掛けられた。最初はスパイ「X」に脅されて真実を言えないでいたが、コナンの言葉に奮い立たされ、「X」の正体が自身の父親だと偽っている人物である事を蘭に告発した。EDではその勇気ある行動を称えられ、自分に力をくれたコナンと敬礼を交わした。

イージス艦「ほたか」[編集]

副長
声 - 梅津秀行
イージス艦「ほたか」船務科の船務長 兼 副艦長。海上自衛隊二等海佐
各種レーダーの運用・無線通信を担当する船務科のトップで、副艦長も兼務する。味方に属さない潜水物が接近してきた際に、艦長から艦橋を一任されたため、CICから来る操艦の指示を各所に伝達する。
佐久間 重吾(さくま じゅうご)
声 - 麻生敬太郎
イージス艦「ほたか」砲雷科の砲雷長 兼 戦術行動士官。海上自衛隊三等海佐。
武器などの運用を担当する砲雷科のトップで、CICの実質的な責任者。有事の際は攻撃命令を発令、平時では艦内警備の指揮を執り、CICから艦長の補佐をする。
野津原 将(のづはら まさし)
声 - 三戸耕三
イージス艦「ほたか」CIC勤務、船務科の船務士・電測員。海上自衛隊三等海尉
CICの他の隊員より少し太っており、中央にある対水上レーダーを担当する。目標までの距離と目標の位置の正確な座標を報告する。
岸 大和(きし やまと)
声 - 津久井教生
イージス艦「ほたか」CIC勤務、船務科の船務士・電測員。海上自衛隊二等海尉
眼鏡をしており、野津原と共に対水上レーダーを担当している。
丸山 一(まるやま はじめ)
声 - 松本大
イージス艦「ほたか」CIC勤務、船務科の通信士。海上自衛隊二等海尉。
全艦放送で各員に指示を伝える他、舞鶴基地やSH-60Kとの通信も行っている。
的場 章(まとば あきら)
声 - 鳥海勝美
イージス艦「ほたか」CIC勤務、船務科の船務士・電測員。海上自衛隊三等海尉。ソナーを担当し、味方に属さない潜水物を探知する。
味谷 勇作(あじたに ゆうさく)
声 - 土田大
イージス艦「ほたか」CIC勤務、船務科の船務士・電測員。海上自衛隊三等海尉。
電波探知装置を担当し、艦内から発せられた衛星電波を探知したと艦長に報告する。また、送られてきた監視カメラの映像を解析して、竹川を見つけ出している。
畑 宗徳(はた むねのり)
声 - 西前忠久
イージス艦「ほたか」CIC勤務。船務科の船務士・電測員。海上自衛隊三等海尉。
命令を受け、接近する味方に属さない潜水物に対して発光信号弾の発射を行う。
我孫子 勇治(あびこ ゆうじ)
声 - 毛利ケンイチ
イージス艦「ほたか」体験航海中の艦内警備担当、砲雷科の運用員。海上自衛隊三等海尉。
渡辺三尉と衛星電波が探知された場所を調査するため、特別許可で「ニューナンブM60[注 8]を携帯。その後、艦長室に発信源を検知する探波機を持ってくる。
渡辺 隼人(わたなべ はやと)
声 - 鈴木清信
イージス艦「ほたか」体験航海中の艦内警備担当、砲雷科の運用員。海上自衛隊三等海尉。
我孫子三尉と共に拳銃を携帯して衛星電波の調査に当たる。その後、発信現場に突入するが、コナンは電波を切って発見されるのを回避している。
沢村 啓太(さわむら けいた)
声 - 蓮池龍三
イージス艦「ほたか」機関科の機関士。海上自衛隊三等海尉。
機関整備担当で、幹部自衛官で最初に事件を知る。立ち入り禁止エリアに来たコナンらを戻そうとするも、蘭に説得され、事件と小五郎の存在を艦長に報告した。
宗川 勉(むねかわ つとむ)
声 - 天田益男
海上保安庁・若狭海上保安部刑事課[注 7]所属の海上保安官。
倉田正明の上官で、階級章から、一等海上保安正か三等海上保安監だと思われる[15]。倉田と共に「ほたか」に乗船して事件の調査に当たる。
電子音声
声 - 甲斐田裕子
イージス艦「ほたか」に設置されている電子音声。艦内状況を報告する役割を担っている。

その他のキャラクター[編集]

竹川(たけかわ)
声 - 宗矢樹頼
潜入中の某国工作員。休眠会社を利用するも、和葉から慌てて逃走したりと詰めの甘い行動が目立った。サイレンサー付きの「ベレッタ 92」を携帯する。
車折(くるまざき)
声 - 沢木郁也
京都府警捜査一課刑事。綾小路警部の部下でイージス艦にも随行。本作のプレストーリーであるテレビアニメ「消えた老舗の和菓子」[3]にも登場した。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

ワンモアタイム
作詞・作曲・編曲・歌 - 斉藤和義

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 監修として参加。
  2. ^ 原作者の青山は『相棒』シリーズのファンで、2011年元日に放送された同作のSeason9第10話「聖戦」で特別出演したほか、単行本第48巻の名探偵図鑑で主人公・杉下右京を紹介したことがある。
  3. ^ 「あたご」の主砲による砲撃シーンや普段は完全非公開のCICまでもが実写で映された。
  4. ^ なお、翌年に公開された第18作『異次元の狙撃手』は本作の興収を上回っている[12]
  5. ^ 純粋な空手の実力では蘭が優っているが、一本のロープすら武器に変える戦闘技術で蘭を上回る(週刊少年サンデー2013年21・22合併号の「コナンシークレットレポート」)。
  6. ^ イージス艦以外であれば、ひゅうが型護衛艦など女性隊員が乗艦している例は存在する。
  7. ^ a b ただし実際に海上保安部に存在するのは警備救難課であり、警備課や刑事課は存在しない。
  8. ^ 現在自衛隊の装備品にリボルバー拳銃はなく、実際に配備されている拳銃は、一部の特殊部隊を除き9mm拳銃である。

出典[編集]

  1. ^ a b c 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  2. ^ 柴咲 コウ; 青山 剛昌 (2013年4月15日). 『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』柴咲コウ&青山剛昌 単独インタビュー. インタビュアー:高山亜紀. 高野広美. シネマトゥデイ.. http://www.cinematoday.jp/page/A0003661 2013年4月15日閲覧。 
  3. ^ a b "事件ファイル「消えた老舗の和菓子」". 名探偵コナン. 日本テレビ系列. 読売テレビ. 2013年4月20日放送. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ 青山 剛昌、水稀 しま 『名探偵コナン 絶海の探偵』 小学館ジュニア文庫〉、2013年4月18日全国書誌番号:22238540ISBN 978-4092306394OCLC 841144190ASIN 4092306393
  5. ^ “「名探偵コナン 絶海の探偵」が初登場1位!上位3作品は全て新作! (4月20日-4月21日)”. CINEMAランキング通信 (興行通信社). (2013年4月22日). http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201304/22200933.php 2016年4月25日閲覧。 
  6. ^ 壬生智裕 (2013年4月23日). “GWの風物詩『名探偵コナン』初登場トップ!劇場版「シュタゲ」も大ヒットスタート!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0052377 2013年4月23日閲覧。 
  7. ^ 国内映画ランキング : 2013年4月20日〜2013年4月21日”. 映画ランキング・映画興行収入. 映画.com (2013年4月22日). 2016年4月25日閲覧。
  8. ^ 観客動員数ランキング”. ぴあ映画生活. ぴあ. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月25日閲覧。
  9. ^ ぴあ初日満足度ランキング”. ぴあ映画生活. ぴあ. 2013年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月25日閲覧。
  10. ^ 壬生智裕 (2013年5月14日). “『名探偵コナン』V4!有川浩原作が2作品ベスト5入りの大人気!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0052955 2013年5月14日閲覧。 
  11. ^ 入倉功一 (2013年6月10日). “『名探偵コナン』最新作、35億円突破でシリーズ最高興収を更新!”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0053761 2013年6月10日閲覧。 
  12. ^ 壬生智裕 (2014年5月20日). “『アナ雪』、『もののけ』『ハウル』超えも間近!9度目の1位獲得!【映画週末興行成績】”. 映画ニュース (シネマトゥデイ). http://www.cinematoday.jp/page/N0063130 2014年5月20日閲覧。 
  13. ^ “劇場版「名探偵コナン」新作、興収35億突破でシリーズ最高記録更新!”. 映画ニュース (映画.com). (2013年6月11日). http://eiga.com/news/20130611/13/ 2013年6月11日閲覧。 
  14. ^ バックナンバー2014年度(VOL.16)”. 週間高世帯視聴率番組10バックナンバー. ビデオリサーチ (2014年4月30日). 2015年5月12日閲覧。
  15. ^ 第8回 六管豆知識 海上保安庁階級制について (PDF)”. 第六管区海上保安本部. 海上保安庁. 2015年6月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名探偵コナン映画作品
通番 題名 公開日 監督 脚本 主題歌 歌手 興行収入
第1作 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 1997年4月19日 こだま兼嗣 古内一成 Happy Birthday 杏子 11億円
第2作 名探偵コナン 14番目の標的 1998年4月18日 少女の頃に戻ったみたいに ZARD 18.5億円
第3作 名探偵コナン 世紀末の魔術師 1999年4月17日 ONE B'z 26億円
第4作 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 2000年4月22日 あなたがいるから 小松未歩 25億円
第5作 名探偵コナン 天国へのカウントダウン 2001年4月21日 always 倉木麻衣 29億円
第6作 名探偵コナン ベイカー街の亡霊 2002年4月20日 野沢尚 Everlasting B'z 34億円
第7作 名探偵コナン 迷宮の十字路 2003年4月19日 古内一成 Time after time〜花舞う街で〜 倉木麻衣 32億円
第8作 名探偵コナン 銀翼の奇術師 2004年4月17日 山本泰一郎 Dream×Dream 愛内里菜 28億円
第9作 名探偵コナン 水平線上の陰謀 2005年4月9日 夏を待つセイル(帆)のように ZARD 21.5億円
第10作 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 2006年4月15日 柏原寛司 ゆるぎないものひとつ B'z 30.3億円
第11作 名探偵コナン 紺碧の棺 2007年4月21日 七つの海を渡る風のように 愛内里菜&三枝夕夏 25.3億円
第12作 名探偵コナン 戦慄の楽譜 2008年4月19日 古内一成 翼を広げて ZARD 24.2億円
第13作 名探偵コナン 漆黒の追跡者 2009年4月18日 PUZZLE 倉木麻衣 35億円
第14作 名探偵コナン 天空の難破船 2010年4月17日 Over Drive GARNET CROW 32億円
第15作 名探偵コナン 沈黙の15分 2011年4月16日 静野孔文 Don't Wanna Lie B'z 31.5億円
第16作 名探偵コナン 11人目のストライカー 2012年4月14日 ハルウタ いきものがかり 32.9億円
第17作 名探偵コナン 絶海の探偵 2013年4月20日 櫻井武晴 ワンモアタイム 斉藤和義 36.3億円
コラボ ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 2013年12月7日 亀垣一 前川淳 (主題歌なし) 42.6億円
第18作 名探偵コナン 異次元の狙撃手 2014年4月19日 静野孔文 古内一成 ラブサーチライト 柴咲コウ 41.1億円
第19作 名探偵コナン 業火の向日葵 2015年4月18日 櫻井武晴 オー!リバル ポルノグラフィティ 44.8億円
第20作 名探偵コナン 純黒の悪夢 2016年4月16日 世界はあなたの色になる B'z 62億円
(2016年7月15日現在)