ビッグX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビッグX
ジャンル SF漫画SFアニメ
漫画
作者 手塚治虫
出版社 集英社
掲載誌 少年ブック
発表期間 1963年11月 - 1966年2月
アニメ
原作 手塚治虫
監督 浜本征三
脚本 角田次朗、村野守美、広瀬正、
山野浩一、山本グループ ほか
音楽 冨田勲
アニメーション制作 東京ムービー
放送局 TBS系列
放送期間 1964年8月3日 - 1965年9月27日
話数 全59話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ビッグX』(ビッグエックス)は、1963年11月から1966年2月まで集英社少年ブック』に連載されていた手塚治虫漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。また「ビッグX」は、薬品またはエネルギーの名称であると共に、それにより変身した主人公を指す場合もある。

あらすじ[編集]

ナチス同盟編(プロローグ - 第9章)[編集]

第二次世界大戦時、無敵の軍隊を作ろうと目論むナチス・ドイツの下で、生物を鋼鉄のように強靭でしかも巨大化させる薬品「ビッグX」の開発を行っていた日本人の朝雲(あさぐも)博士とドイツ人のエンゲル博士は、「ビッグX」の軍事利用を恐れ、その秘密を守るために「ビッグX」の製法を記したカードを朝雲の息子のしげるの体内に埋込んだ。両博士は射殺され、ビッグXの研究書類は全て焼き捨てられた。20年後、朝雲博士の孫・昭は、「ビッグX」の製法を狙うエンゲル博士の孫のハンス・エンゲル率いる秘密結社「ナチス同盟」に襲撃され、父・しげるを殺されてしまう。翌年、しげるの親友・花丸博士との協力で「ビッグX」を完成させた昭は、自ら「ビッグX」で巨大化してナチス同盟に立ち向かうのだった。

クロス党編(第10章 - 第14章)[編集]

ナチス同盟を壊滅させた昭とニーナは、ビッグXで巨大化させたハゲタカに乗って日本へ帰ろうとするが、ハンスの攻撃により密林地帯に不時着してしまう。昭たちを襲撃したのは、世界的なネオナチ系秘密結社「クロス党」だった。全世界に核戦争を起こして人類を滅亡させ、自分たちは放射能が薄くなるまで宇宙に移住しようという陰謀を知った昭は、人類滅亡の引き金となるアメリカ合衆国へと向かう。

ガレア共和国編(第15章 - 第18章)[編集]

クロス党を滅亡させ、国連にその功績を讃えられた昭とニーナは特務レンジャーの称号を与えられる。ある日昭とニーナは国連からの依頼で、50年来の寒波に襲われたガレア共和国へと向かい、主要作物のジャガイモをビッグXで大きくすることで食糧問題を解決しようとする。しかし、その巨大化したジャガイモを漂着した宇宙生物が乗っ取り、巨大な植物怪獣「キング・ガレア」が誕生してしまう。キング・ガレアはガレア共和国の秘密地下要塞「じねずみ」を制圧し、兵を奴隷化して人類に降伏を勧告する。ニーナを人質に取られてしまった昭は、キング・ガレアを倒すべくハンスと協力を打診する。

月世界編(第19章・第20章)[編集]

国連科学財団のモル・タル博士は、月ロケット「アルテミス」を開発した。国連は勇敢な宇宙飛行士5名を月に送ろうとしたのだが、地球の機密を盗むスパイが紛れ込んでいるのだ、とモル博士は昭に告げる。昭とニーナは宇宙飛行士たちの護衛兼スパイの発見を名目に「アルテミス」に乗船、人類初の月着陸[1]を成功させようとする。途中、「アルテミス」に隕石が衝突し、昭はビッグXの力でこれを除去するが体が重くなりすぎてロケットの外壁から滑り落ちてしまう。月面に叩き付けられた昭の前に姿を現したのは、ハボス星で800年前に作られたと自称するアンドロイドカグアだった。

ミクロX編(第21章 - 最終回)[編集]

朝雲科学研究所にが落ちた。開発中のビッグXに落ちた雷はその成分を変質させ、生物の細胞を拡大ではなく縮小させる「ミクロX」に変えてしまった。昭は花丸博士にこのことを報告しようとするが、謎の男に襲われてユー・ユーと名乗る男に捕えられ、挙句薬を注射されて小さくされてしまう。ユー・ユーは化学者の蟻田博士を脅迫してミクロXを作らせ、最強の化学兵器として南北での戦争を続けるアブラム共和国に売りつけようとする。戦争の兵器として作られたビッグXを、またも戦場で使わせるわけにはいかない。身体が元の大きさに戻った昭は、蟻田博士に協力しアブラム共和国でのミクロXの使用を阻止しようとする。

単行本[編集]

アニメ版[編集]

映像外部リンク
ビッグX
YouTube手塚プロダクション公式アカウントが2013年12月19日にアップ

1964年8月3日から1965年9月27日までTBS系列局で放送。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)の初制作作品である。また、TBSでは『エイトマン』に次ぐ国産アニメにして、初の19時台での放送である。国産アニメでは唯一の花王石鹸(現・花王)の一社提供で、オープニングのラストには宇宙空間に浮かぶ同社の商標「月のマーク」に腰掛ける朝雲昭(声 - 太田淑子)が映され、昭が「この番組を提供するのは、僕の大好きな月のマークの花王石鹸です」とコメントすると、画面が「提供(月のマーク)花王石鹸」と描かれた提供クレジットに変わる。

手塚治虫テレビアニメとしては初めて、手塚と直接関わりの無い外部のプロダクションの元請によって制作された作品である[2]。当初はTBSからピー・プロダクションに企画が持ち込まれたが、既に制作中のテレビアニメ『0戦はやと』などで手一杯だったため、社内の反対で話が流れた[3]。このため、TBSでテレビの人形劇を制作していた藤岡豊にアニメの制作プロダクション設立を促し、藤岡は間借りしたTBS社屋の4階で本作を制作した。このときに設立された東京ムービーは本作制作のためのプロダクションであり、会社登記も第1話の放送後であった[4]

1966年、ピー・プロダクションが手塚作品の実写化を企画した際には本作と『マグマ大使』が候補に上がったが、結果的には『マグマ大使』が実写映像化された。

原作では主人公・朝雲昭は薬液「ビッグX」をシャープペンシル[5]の注射器で自ら打って(後に経口薬により)変身するが、アニメ版の「ビッグX」はシャープペンシル型の装置から出る光線状のエネルギーで、それを昭が胸に当てて、目盛1で鋼鉄の体に、目盛2で20倍の巨体に変身するという設定となった。

原作のストーリーは、ビッグX(朝雲昭)が超能力少女ニーナらと共にナチス同盟と戦う連続物語となっていたが、アニメ版は1話完結で、多くはナチス同盟と無関係の敵と戦う話になっている。ビッグXの宿敵・ハンスは、原作では中盤以降、ナチス同盟の兵器であるロボット・V3号に酷似したロボット(頭部の形状、カラーリングは異なる)に脳を移し変えるが、アニメ版では最後まで人間であり、最終回では、科学者である実妹のイリーナの制止を振り切って専用円盤でビッグXと戦い、最後は「俺は遂に降伏しなかった」と叫んで円盤と自爆して果て、墓に埋められる最期だった。

本作は大部分のフィルムが所在不明となっており、2014年時点で現存が確認されているのは全59話のうち、第1話、第11話、第40話 - 第59話の計22話分のみである。

1987年7月26日放送のTBS『テレビ探偵団』(夏休みアニメ特集)では、番組コメンテーター・朝井泉の思い出の作品として本作が取り上げられ、第11話の一部が放送された。

1990年7月28日放送のNHK BS2の企画「夏休み・手塚治虫アニメ・メドレー[6]」では第11話と第30話が、同時期にBS局で第5話が放送された。

1999年のLD-BOXおよびVHSソフト化の際には、当時現存が確認されていた第40話 - 最終話(第59話)の計20話分が収録された。この際、オープニングのフィルムが所在不明であったため、出崎統の監修で本編を再編集して新規制作された。同年発売された歴代東京ムービー作品の主題歌映像を収録したビデオソフト「東京ムービーアニメ主題歌大全集」(LD・VHS)第1巻にも、この新規制作のオープニング映像および第40話のエンディング映像が収録されている。

その後、アメリカのフィルムコレクターが所有していたオリジナルのオープニング[7]を含む第1話のフィルムが発見され、2003年8月31日にアニマックスで放送された。2006年に発売されたDVD-BOXにも第1話が第40話 - 最終話と共に収録された。

2013年7月9日には、NHK BSプレミアムの企画『手塚治虫×石ノ森章太郎 TV作品 初回・最終回大集合!』で第1話と最終話が放送された。DVD版と同じ素材での放送であったが、第1話オープニングの提供読み部分はカットされた。

1990年頃までテレビで映像が流れるなどして存在が確認されていた[8]第11話は、その後永らく映像ソフトに収録されることが無かった[9]が、2014年になってフィルムが再び発見され、同年8月3日のアニマックスの特番『TMSアニメ50年のDNA』内で放送された。ただし、オープニングとエンディング映像は欠落しており、放送では第1話のものが流用された。第11話と同じく1990年頃まで存在が確認されていた第5話および第30話については、近年は表に出ていない。

1966年3月5日のTBSでの再放送が羽田のカナダ航空飛行機事故特番で放送中止になっている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 手塚治虫
  • 脚本 - 角田次朗、村野守美、広瀬正、山野浩一、山本グループ ほか
  • 演出・絵コンテ - 朝岡隆志、清水浩二、岡本光輝、出崎統、木下蓮三 ほか
  • 動画監督 - 浜本征三
  • 作画 - 鈴木英二、木下蓮三、堀口忠彦、井上晴美、中村やすお、小鷹文雄、藤井達朗、橋本吉雄、谷口守泰ほか
  • 美術 - 半藤克美、椋尾篁ほか
  • 背景 - 大塚綾子ほか
  • 撮影指導 - 高橋澄夫
  • 撮影 - 杉本伸一
  • トレス・彩色 - 田中文世ほか
  • 録音監督 - 清水浩二
  • 録音制作 - 中村武雄
  • 録音進行 - 武田晴道
  • (録音)協力 - 東京プロモーション、東京人形シネマ
  • 製作 - 稲田伸生
  • 進行 - 石山卓也、花井稔ほか
  • (制作)協力 - 東京T.V.Fプロダクション、アートフレッシュほか
  • 編集 - 佐々木喜美子
  • 音楽 - 冨田勲
  • 音響効果 - 斎藤大士
  • 主題歌 - 「ビッグX」(作詞 - 谷川俊太郎 / 作曲 - 冨田勲 / 歌 - 上高田少年合唱団(上高田小学校))
  • 制作 - 藤岡豊、久保田仁司、郷田三朗
  • 制作 - 東京ムービー、TBS

登場人物・声の出演[編集]

  • 朝雲昭(声 - 太田淑子) - 主人公。
  • ビッグX(声 - 島田彰) - 昭が「ビッグX」を使って巨大化した時。単なる巨大化ではなく少年から青年に姿が変わり、原理は不明だがコスチュームも変化する。
  • 花丸博士(声 - 永井一郎) - 昭の庇護者。
  • ニーナ・ベルトン(声 - 白石冬美) - ナチス同盟に捕まっていた超能力少女。
  • ハンス・エンゲル(声 - 山本圭子) - ナチス同盟の首領。冷酷非情だがどこか悪に染まりきれていない面があり、昭達からは幾度か救いの手を差し伸べられ、改心の兆しを見せたこともある。しかし意志薄弱な面もあるがため、改心の兆しを見せても誘惑や甘言に乗せられ、尽く恩を仇で返す裏切り行為を繰り返し続けた。意志薄弱な面は最後まで改善されること無く最終的には昭からも見限られてしまい、倒されてしまうこととなる。原作では中盤からロボットの体に脳だけを移植した姿となる。
  • 朝雲しげる博士(声 - 仲野宏) - 昭の父。
  • 昭の母(声 - 渡辺知子)
  • 山田康雄
  • 納谷悟朗
  • 村越伊知郎
  • 千葉耕市
  • 清川元夢
  • 西沢由郎
  • 田の中勇
  • 森山周一郎
  • 野島昭生
  • 立壁和也
  • 二見忠男
  • イリーナ・エンゲル(声 - 向井真理子) - アニメオリジナルキャラクター。ハンスの実妹にして天才女性科学者。

サブタイトル[編集]

  1. ビッグX登場
  2. V3号の襲撃
  3. 要塞脱出
  4. 砂漠の対決
  5. ビッグXの危機
  6. どれい狩
  7. 死の湖の対決
  8. 黒いオーロラ
  9. ライオン帝国
  10. 悪魔の太陽
  11. 海の墓場
  12. カイザー0号との対決
  13. 仮面の男
  14. 毒ガス列車
  15. 大怪鳥ヒンメル
  16. 宇宙人スナルリ
  17. 無重力線
  18. 死火山の怪
  19. スペードバイキング
  20. 決戦20対21
  21. 走れビッグX
  22. 狂った大噴水
  23. 幻の海賊船
  24. ロボット撃破指令
  25. キングの電送作戦
  26. 蟻地獄作戦
  27. 空中都市
  28. 大竜神対ビッグX
  29. 大昔ミサイル
  30. あの耳を狙え
  31. ゴム人間の反乱
  32. 悲しき昆虫博士
  33. 真空人間サルベージ
  34. 大都市全滅作戦
  35. ロボット城
  36. 火の馬
  37. 海底秘密研究所
  38. 宇宙の虎
  39. 軽くて重い男
  40. 虹の国から
  41. 雪男の泉
  42. 銀河に向って
  43. パール博士の発明
  44. エンゼル星よりの使者
  45. ニーナの危機
  46. セントローザの秘密
  47. 宇宙ランドの秘密
  48. 大氷原の決戦
  49. 大くらげ出現
  50. グレート3
  51. 地球第五氷河期
  52. サマリンガの魔法使い
  53. 盗まれた実験
  54. 人面獣ゾンビー
  55. サンゴ礁の奇跡
  56. ハンスの復讐
  57. アマゾンの黒雲
  58. 月世界の対決
  59. 最後の決戦

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時、まだアポロ計画は月着陸までこぎつけておらず、アポロ11号の月面着陸は本エピソード発表から3年を待たねばならなかった。
  2. ^ ただし、これよりも前の1959年放送の実写版『鉄腕アトム』のオープニングで村田安司によるアニメーションが放送された事例がある。
  3. ^ うしおそうじ 『手塚治虫とボク』 草思社2007年、244 - 248頁。
  4. ^ 「大きいことはいいことだの60年代 『ビッグX』はビッグなヒーローとして誕生した!!」、『アニメージュ』1981年9月、徳間書店、 59 - 66頁。
  5. ^ 「万年筆型」というのは誤りで、当時のシャープペンシルは現在より高価だった。
  6. ^ 番組表検索結果詳細”. NHKアーカイブス. 日本放送協会. 2015年4月10日閲覧。
  7. ^ フィルムには花王石鹸の提供読み部分も含まれている。
  8. ^ 前述のTBS『テレビ探偵団』(1987年7月26日)、NHK BS2『夏休み・手塚治虫アニメ・メドレー』(1990年7月28日)で映像が流されているほか、徳間書店『アニメージュ』1981年9月号にも第11話のフィルムを接写した写真が掲載されていた。
  9. ^ ただし、2002年にTBS開局50周年を記念して関係者に配布された書籍『TBS50年史』付属のDVDには、本作を紹介する映像として第11話の一部が収録されていた。

外部リンク[編集]

TBS系列 月曜19:00枠
(本番組から花王石鹸一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
白馬の剣士(第1期)
(1964年1月13日 - 1964年7月27日)
※19:00 - 20:00
ビッグX
(1964年8月3日 - 1965年9月27日)
ヤングショー
(1965年10月4日 - 1965年10月18日)