前田実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 実(まえだ みのる、1954年3月24日 - )は、日本のアニメーターキャラクターデザイナー北海道出身。SynergySP取締役。

略歴[編集]

1970年、アニメ制作会社スタジオジュニオ(以下ジュニオ)の第1回のアニメーター募集で入社。アニメーターの前田庸生大塚康生から技術を吸収して、ジュニオが下請けを行なっていた東映動画作品、東京ムービーAプロダクション)作品の動画からキャリアをスタート。テレビアニメはじめ人間ギャートルズ』などの原画を経てジュニオの中核アニメーターに成長し、特に1980年代は、キャラクターデザイナーのデビューになったテレビアニメ『Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年)を皮切りに、『タッチ』、『ドラゴンボール』といった大ヒット作のキャラクターデザインと総作画監督を歴任した。

1988年の『それいけ!アンパンマン』開始後は、長く続けた東映動画の『ドラゴンボールZ』も1993年で降板して、アンパンマンシリーズが前田の仕事の中心となった。他にも、杉井ギサブロー監督とは『ナイン』以来の長い付き合いとなっており、コンビを組んでグループ・タック作品などにも参加することも多い。

1998年には、我妻宏岡崎稔らと共に、シナジージャパン(現:SynergySP)の設立に参加し、同社の取締役に就任した。

現場の経歴としては『Dr.スランプ アラレちゃん』で絵コンテを経験した程度で、一貫してアニメーターの道を歩んでいる。

なお1980年代には、任天堂社から発売されているゲームソフト『ゼルダの伝説』シリーズの初期のイラストレーションも請け負っている(同シリーズの生みの親である宮本茂との親交の関係から)。前田の名前は、1998年発売の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』のスタッフクレジットでも「Illustration Support」(監修協力)として確認できる[1]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

  • タッチ(総作画監督・タイトルアニメーション)

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1993年

1995年

1996年

1998年

  • タッチ Miss Lonely Yesterday あれから君は…(作画監督)

1999年

2001年

  • キャプテン翼(総作画監督)
  • タッチ CROSS ROAD〜風のゆくえ〜(総作画監督)

2002年

2003年

2004年

2005年

劇場アニメ[編集]

1972年

1979年

1980年

  • がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース(作画監督)
  • がんばれ!!タブチくん!! あゝつっぱり人生(作画監督)
  • ドラえもん のび太の恐竜(原画)

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

OVA[編集]

1988年

1989年

  • TAMA&FRIENDS 3丁目物語(作画監督)
  • マドンナ2 愛と青春のキック・オフ(キャラクターデザイン・作画監督)

1991年

1994年

出典[編集]

  1. ^ 社長が訊く 『PUNCH-OUT!!』” (日本語). 任天堂 (2009年7月13日). 2011年10月16日閲覧。
  2. ^ 鉄人28号”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。