ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルパン三世
愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜
ジャンル 単発テレビアニメ
原作 モンキー・パンチ
脚本 藤田伸三
監督 ワタナベシンイチ
声の出演 栗田貫一
小林清志
井上真樹夫
増山江威子
納谷悟朗
戸田恵子
森山周一郎
千葉繁 ほか
音楽 大野雄二
言語 日本語
製作
プロデューサー 山下洋(NTV)
尾﨑穏通(TMS)
制作 日本テレビ(企画・制作)
製作 キョクイチ東京ムービー(製作・著作)
放送
放送国・地域日本の旗 日本
初回放送
放送期間1999年7月30日
放送枠 金曜特別ロードショー
回数1回
番組年表
前作ルパン三世 炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜
続編ルパン三世 1$マネーウォーズ
テンプレートを表示

ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜』(ルパンさんせい あいのダ・カーポ〜フジコズ アンラッキー デイズ〜)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第11作。1999年7月30日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』で放送された。視聴率は20.0%[1]

概要[編集]

不二子の記憶と共に消えたコロンブスファイルをめぐって、ルパン一味が活躍する。

この作品で監督を担当したワタナベシンイチは、よく自分や自分をモチーフとしたキャラクターを作品のどこかに出演させるというエピソードがあるが、本作も例外ではなくルパンのライバルとして登場する「ナザロフ」は彼をモデルにしたキャラクターである。

なお、本作ではテロップや後日発売のサウンドトラックにおいてテーマソングに『THEME FROM LUPIN '97』が使用されたと表示されているが、実際には『ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!』以来4年ぶりに'89バージョンが使用された。

テレビスペシャルのオープニングにルパンと不二子という2人だけの登場は稀である。『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』以来ルパンが不二子に変装する珍しいシーンがある。

あらすじ[編集]

峰不二子の依頼でスイス銀行を建物ごと盗み出したルパン三世であったが、彼女の真の狙いは、その収蔵品の1つである書類「コロンブス・ファイル」であった。それは1492年、クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸を発見した際に偶然入手したという謎多き伝説のお宝「コロンブスの卵」の隠し場所を示しているという。直後に、下品な高笑いが特徴のナザロフ率いる謎の集団に襲われ、彼らもファイルを狙っている。不二子は投降する振りをして陽動のために既に内容を記憶してしまったファイルを焼き払い、逃げようとするが、戦闘ヘリからの攻撃でルパンと共に断崖から落とされる。手を伸ばして不二子を助けようとするルパンであったが、その努力の甲斐もなく、彼女は崖下に転落し、行方不明となる。

地中海で活動している若き美人トレジャー・ハンターのロザリアは、顔馴染みの故買屋の古美術商から「コロンブスの卵」について教えられる。その夜、ロザリアは自宅に侵入していた何かに怯える女性を保護する。その女性こそ不二子であったが、記憶を失っており、性格もか弱くなっている。不二子につけた発信機で彼女の居場所を把握したルパンも、次元大介や石川五ェ門を連れてロザリアの家に向かうが、再び多数の手勢を率いたナザロフも現れる。不二子が記憶喪失になったと知って困惑するルパンとナザロフの一方、彼女が「コロンブスの卵」を見つける鍵と知ってロザリアもまた彼女の争奪戦に介入する。銭形警部の急襲の隙を突いて、彼女の身柄を抑えて海を水上艦艇で逃げたナザロフを、ルパン一味とロザリアがそれぞれ追い、道中では唐突な水上竜巻に襲われつつも、ルパンとロザリアは協力して彼女を奪還することに成功する。

一行は、ロザリアに案内され古美術商のアジトに匿われる。そこでルパンは不二子の記憶を回復させようと試みるが、うまくいかない。間もなく、どうやって嗅ぎつけたのか、ナザロフの下品な笑い声が響き渡り、再びルパンたちは戦闘部隊の襲撃を受ける。抵抗するものの、結局、不二子を奪われてしまい、彼女を助け出すためにルパンとロザリアは正式に手を組むことを決める。

不二子が連れて行かれたのは某国の国立科学研究所であった。ナザロフの雇い主は研究所の長であり、科学省長官でもあるバートンであり、彼は車椅子の身ながら未知のエネルギー「オルゴン・エネルギー」の研究に生涯を費やしていた。バートンはオルゴン・エネルギーの副作用を利用して不二子の記憶を回復させようとする。変装で研究所に侵入したルパンとロザリアは、ナザロフの妨害を受けつつ、彼女の奪還に成功し、輸送ヘリで脱出する。その際、バートンはロザリアが自分の生き別れた娘であることに気づき、生かして彼女も連れてくるようナザロフに命じる。

ファイルの内容について少しだけ思い出した不二子の証言を元に、ルパン一行はミノア文明の遺跡の1つで未発掘のエンデカ宮殿に向かう。迷宮かつ様々なトラップがある遺跡内を、ルパンは不二子の追加情報などを駆使して攻略していく。ナザロフの手勢たちに対応していた次元や五ェ門、そして古美術商も途中から合流し、ついに一行は宝物庫に到着する。最後の謎を解いて「コロンブスの卵」を手に入れるも、古美術商の正体は変装したナザロフであり、卵を横取りされた上に、さらにロザリアも捕まる。迷宮の罠によって壁が壊れ、海水が流入してきた混乱に乗じてルパン一味は逃げ出すことに成功し、ナザロフは卵とロザリアを持ってバートンの原子力潜水艦でその場を後にする。

「コロンブスの卵」の正体はオルゴン・エネルギーの増幅装置であり、気象すら操れるというものであった。この力を使ってバートンは国に反旗を翻した上に各国をも脅迫し始め、研究所を爆撃されても、既にアジトを原潜に移していた。またロザリアについても娘としてではなく、エネルギーが人体細胞に与える影響を調べるための実験体扱いする。

バートンが水上竜巻を起こして見せしめに沿岸都市を襲おうとしている中、ルパンと不二子は潜水艦内に潜入する。そしてルパンは動力部をオーバーロードさせ、艦に多大なダメージを与える。さらにロザリアを助けようとするルパンであったが、オルゴン・エネルギーによって銃撃も効かないほどの肉体強化を果たしたバートンがこれを阻もうとする。バートンはもやはロザリアも含めて全員を殺そうとするが、暴走した動力部に突き落とされ、感電・炎上する。ロザリアは父と決別し、優しかった頃の思い出も捨てると言うが、ルパンはたとえ虚構だったとしても大事な思い出のままでいいじゃないかと優しく諭す。

水上竜巻が迫る中、艦外に脱出したルパンたちであったが、バートンはまだ生きており、執拗に迫ってくる。ロザリアは海に落とされ、ルパンも攻撃を浴びる。不二子が竜巻に巻き込まれ、ルパンは救援にやってきた次元と五ェ門のプロペラ機の縄梯子に掴まり、彼女を助けようとする。そこにナザロフも現れ、脱出のため自らも縄梯子に掴まりつつ、ルパンに代わって不二子を手に入れようとする。ルパンはナザロフの攻撃で肩に重傷を負いつつ、その血で目潰しして彼を梯子から落とし、不二子に手を伸ばす。そこに今度は竜巻の気流に乗ったバートンが現れ、ルパンたちに報復しようとする。手を伸ばして自分を助けようとするルパンに、冒頭の崖での出来事がフラッシュバックして記憶を取り戻した不二子は、ルパンの手を取って梯子に到着すると、続けて中空のバートンを海上に蹴り落とす。バートンはちょうどそこにあった原潜のアンテナ(もしくは避雷針)に後背から突き刺さる。最後の爆発で原潜は沈みはじめ、そのままバートンも海底に沈む。最後に五ェ門が斬鉄剣を振るうと竜巻が斬れて消滅する。直後、やってきた銭形によってロザリアは救出され、ナザロフは捕まる。

エピローグ。不二子は相変わらずルパンを翻弄し、出し抜こうとしている。ロザリアは優しかった頃の両親を思い出に残す。

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

ルパン三世
世界的な大泥棒。記憶を失った不二子を守ろうと奮闘する。
次元大介
ルパンの相棒。五エ門と共にルパンを支援する。
石川五ェ門
ルパンの仲間。次元と共にルパンを支援する。
峰不二子
ルパンの仲間。「コロンブスの卵」を手に入れようとしていたが、劇中冒頭の出来事で記憶を失ってしまう。記憶喪失中は、普段の性格と裏腹に、か弱く、お淑やかなものになる。
銭形警部
ルパンを追うICPOの刑事。日本の機動隊を率いて地中海へとやってくる。

ゲストキャラクター[編集]

ロザリア
本作のゲストヒロイン。トレジャーハンター。
地中海で活動している若い美人トレジャーハンター。左眼が赤、右眼が青のオッドアイが特徴。かなり気が強く、目的のためにはナザロフら謎の武装集団が相手でも引かず、ルパンも出し抜こうとする。後述の過去から孤児で、自らもまた「コロンブスの卵」の行方を捜していた。
幼少時、難病に侵された母を必死に助けようとする父を見て育つが、治療に使われていたオルゴン・エネルギーの暴走によって家族を失い孤児となる(オッドアイの理由も、この時に左眼にエネルギー波を浴びたため)。このため、増幅装置である「コロンブスの卵」を見つけ、破壊しようとしていた。物語後半で実は生きていた父バートンとの再会を喜ぶものの、記憶にある優しい父でないことに強いショックを受ける。
バートン
某国の科学省長官。本作の黒幕。
車椅子に乗った威厳のある初老の男。オルゴン・エネルギーの研究者で、各国の支援も受けつつ、エネルギー増幅装置である「コロンブスの卵」を手に入れようとしている。このためにナザロフを雇い、私兵部隊を有するなど、非合法的な手段も取っていた。その真の狙いはオルゴン・エネルギーによる気象操作技術の獲得と、それによって各国を脅迫し、世界を支配することであった[2]
実はロザリアの父であり、今も幼少時の娘の写真が入ったロケットを身に着けている。少なくともロザリアの記憶にあるバートンは、難病を患った妻を助けるためにオルゴン・エネルギーに手を出した優しい父であった。しかし、劇中では妻を実験動物と呼び、ロザリアを捜していたのも、妻に続く実験体だったからと言い放つ。
ナザロフ
バートンの部下。私兵部隊の長。
青緑のジャケットに下品な高笑いが特徴の細身の若い男。コミカルな言動が多い一方で、戦闘能力や指揮能力は高く、ルパン並の変装技術も身に着けている。バートンの命令で「コロンブスの卵」を追いつつ、個人的に不二子に惚れ、ついでに彼女も手に入れようともくろむ。バートンの命令に忠実な一方で、彼の野望には興味が無く、くだらないと吐き捨てる。
最後、海に落とされた後も生きているが、ルパンを狙った銭形の手錠に引っ掛かり、捕まってしまう。誤認逮捕だと主張するものの、銭形に拘束されたままとなり、その後の去就は不明。
古美術商
古美術商兼故買屋。名前不明。
ロザリアと取引があり、盗掘品を買い取る肥満体の中年の男。物語序盤において、ロザリアに「コロンブスの卵」のことを教える。彼女から信頼されており、中盤ではナザロフらから不二子を守るため、彼女の頼みを受けて手助けする。商売柄、遺跡にも詳しく、不二子の発言からそれがエンデカ宮殿を指していると気づく。
実は初めからナザロフの変装。エンデカ宮殿でルパンらが「コロンブスの卵」を発見したところで正体を現し、これを横取りする。

用語[編集]

コロンブスの卵
本作のお宝。新大陸を発見時にクリストファー・コロンブスが手に入れたという伝承が残る謎のお宝。誰も見たことがなく、それが何なのかもわからないため、泥棒業界ではガセネタとして扱われていた。その手掛かりはスイス銀行に保管されていた「コロンブス・ファイル」に記されている。
その正体はオルゴン・エネルギーの増幅装置であり、所有者は天候すら操れるようになる。
オルゴン・エネルギー
難病の治療に効果が期待されているという、自然界に存在する未知のエネルギー。人体細胞の強化のほか、天候を操ることもできる。ただし、一般にはほとんど知られていない。
なお、20世紀初頭のオーストリアの精神学者ヴィルヘルム・ライヒが唱えた実在の学説であり、劇中でも「たしかオーストリアの研究者が唱えた」と言及されている。詳細はオルゴンを参照。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ VOL.31 '99 7/26(月)〜8/1(日) ビデオリサーチ公式サイト
  2. ^ 物語前半の竜巻もバートンによるものと示唆されており、あくまで世界支配ができるレベルの気象操作のために「コロンブスの卵」を欲している