ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』(ルパンさんせい トワイライトジェミニのひみつ)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第8作。1996年8月2日日本テレビ系の金曜ロードショーで放送された。視聴率は16.8%[1]

概要[編集]

時価数千億フランともいわれるゲルト族(架空の部族)の財宝の鍵を握るダイヤモンド、「トワイライト」をめぐってゲルト族にルパンファミリーが加わり、ICPOの新任本部長であるジャン・ピエール率いるイゴ族と争奪戦を演じる。本作のコンセプトは「ルパン三世としてデフォルトとなっている魅力、武器をすべてはずしてみる」「栗貫ルパンの完成」とされ、これまでのルパン作品とは一味違った作品であるのが特徴。また、ルパンは他の作品では見られない青いシャツにノーネクタイ、白い上下のジャケット・パンツの衣装となっている。

本作の監督でもある杉井ギサブローは『ルパン三世 パイロットフィルム』の原画担当以来、27年ぶりの参加となった。

本作内では、変装したルパンが銭形警部に名前を聞かれ「通りすがりの古畑です」「あー、今泉君」と古畑任三郎のモノマネをするシーンがある。また、志村けん鳳啓助のモノマネをするシーンもあるなど、モノマネ芸人の栗田貫一だからこそできる「ルパンのモノマネ」が見られるという意味でも(それ以降のシリーズではあまり見られないため)貴重な作品といえる。

本作に登場する女性キャラクター(不二子・ララ)は胸を完全に露出するなどの、歴代のTVスペシャルでは最も過激なお色気シーンが用意されている。

前作まではラストシーンの静止画をバックに曲のみを流すエンディングだったが、本作はエンディング中に本編が挿入され、さらに初めてエンディング後のエピローグシーンが存在しており、以降のTVスペシャルでも同様の演出を行う作品が登場することとなった。なお、エンディング映像ではララが踊っている。

長年劇伴を担当してきた大野雄二は『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』同様に一時的に降板。代わって根岸貴幸が本作も担当することになった。よって、これまでの7作に渡ってテレビスペシャルで使用された「ルパン三世のテーマ'89(THEME FROM LUPIN III '89)」は使用されなくなり、本作のみ「ルパン三世のテーマ('96 TVヴァージョン)」 に変更された。TVスペシャルの中で大野が劇伴を担当していない作品は、2016年現在本作のみである。

本作から『ルパン三世 愛のダ・カーポ〜FUJIKO'S Unlucky Days〜』まで、制作クレジットが「キョクイチ東京ムービー」となっている。

本作から次元の帽子の帯がジャケット・背広より薄いものとなり、この設定は『ルパン三世 1$マネーウォーズ』まで続いた。

あらすじ[編集]

ベイビィ、これがトワイライトと言われるダイヤだ…

そう言ってヨーロッパ暗黒街の全てを知る老首領ドルーネは、ルパン三世に1つの大きなピンク・ダイヤを手渡した。変則的なカッティングが施されたそのダイヤは、ドルーネによるとモロッコのある民族の隠し財宝の鍵になっているということをルパンに告げる。

早速モロッコに向かったルパンであったが、モロッコに向かう列車の車中で、銭形警部が仕掛けた「ルパン逮捕作戦」にハメられてしまい警官隊に取り囲まれてしまう。だがそこへ、特殊暗殺工作部隊を率いて忍者傭兵の貞千代が乗り込んできて、列車内は大混乱に陥る。

銭形と、五ェ門と同門だったオカマの殺し屋貞千代の追撃をかわして逃亡に成功したルパンは、ようやくモロッコに到着する。

そのモロッコでは、かつてのイギリス占領政策を背景に街の実権を握るイゴ族と、奪われた民主自治の復活を求めるゲルト族が対立していた。100年以上の長きにわたってゲルト族に受け継がれてきた、民族の悲願が息づく街角でルパンの前に現れたのは、地道に抵抗運動を続けるゲルト族の少女ララ、そしてご存知峰不二子であった。久々の再会を祝し不二子はルパンと性交を始めるも貞千代の再襲撃によって中断、全裸の不二子を残しルパンと貞千代は夜の街を駆け巡る。

貞千代による再追撃の中、同門としての恥であると貞千代を追ってきた五ェ門が参戦する。捜査に乗り込んできた銭形警部をごまかしながらルパンの耳に入ってきた情報は、ゲルト族の抵抗運動が長老の率いる一派と、長老の息子ガルが中心になって結成した新興結社の2つに分かれて活動しているというものだった。不二子も独自に調査を開始するが、明らかにゲルト族では考えられない抜群のスタイルと露出度の高い服装が災いし悪目立ちしてしまっていた。それでも貞千代たちの潜むアジトへ辿り着いたが、運悪く貞千代によって捕えられ胸を完全に露出させられてしまう。色仕掛けを匂わせた交渉術も通じず、ショーツ以外の衣服を全て破壊され吊し上げられてしまう。

警察とイゴ族の追跡を逃れ、ラクダに乗って街の外へ脱出したルパンとララだったが、砂漠の底なし穴に飲まれかけ、九死に一生を得る。ルパンが気がつくと、銀色の月光の下でララが水浴をしている。そして、その胸にはトワイライトと瓜二つのダイヤモンドが輝いていた。本人も知らなかったが、実はララはゲルト族の姫だったのだ。そしてルパンは、若き日のドルーネがゲルト族のために戦ったゲルトの英雄だということ、そしてララはドルーネの孫娘であるということを知る。

独自で動いていた次元の情報も加え、結社はICPOの新任本部長ジャンが、長老の息子ガルを殺害してデッチ上げたものであることをルパンは見破った。ほぼ全裸で放置されていた不二子は五ェ門によって救出され、砂漠の果てのゲルトの遺跡で最後の激闘の火蓋が切られた。

イゴ族の内部に隠れゲルトとしていたブルトカリー巡査も加わり、ついにルパンたちはトワイライトへたどり着く。ルパンから報告を受けたドルーネは歓喜の涙を流しルパンに礼を述べ、はじめてルパンを一人前の男として認めた。

ゲストキャラクター[編集]

ララ
- 久川綾
ゲルト族再興を図る勢力のメンバーだが、実はゲルト族王家の末裔で、ドルーネの孫娘。明るく気丈な性格の持ち主で、自身の出身であるゲルトを想う気持ちは強い。ドルーネと深く愛し合っていたゲルト王家の血を引く祖母の代から受け継がれていった事で、ドルーネに託されたルパンが持っていたトワイライトのもう片方を持っていた。
反イゴ族の運動を行っていた際にルパンと関わりを持つことになり、当初は警察の警備が厳重になった原因で、更には結社にまで追われているルパンに不信感を持っていたが、彼が自分を結社のテロリスト達から助けてくれて、行動を共にする中で徐々にルパンの優しさに触れた結果、信頼と好意を寄せていく事になる。その後、ルパンやゲルト族の仲間達と共にガルに扮していたジャン率いる結社のメンバーと戦い、不利になったジャンによって拉致されかけるが、長老とブルトガリの機転によって事無きを得る。
ラストでは「一緒にゲルト族再興を手伝って欲しい」と誘うが、ルパンからは手際よく断られ、最後にはトワイライトの残り半分を託し、別れを告げた。
ドルーネ
声 - 森山周一郎
かつてのヨーロッパシンジケートのドン。寝たきりとなった現在でも「裏社会で起きた事件の半分は彼につながっている」と言われ、若い時はゲルト族の英雄として活躍していた。肖像画に書かれていた若い頃の顔はルパンにそっくりで、ルパンを「ベイビィ」と呼ぶ。ルパンを呼び出し、トワイライト・ジェミニを託す事で、モロッコを舞台にした今回のルパンの冒険が始まる事になる。実はゲルト族王家の血を引くララはドルーネの孫でもあり、最初からドルーネはララ達ゲルト族にその秘宝を掘り出させるべくルパンを差し向けていた。その事に気づいたルパンは、「最初から俺を嵌めやがったな…」と呆れていた。
最後にはルパンが仕事の報告をした時には涙を流して「ルパン」と呼んだ(ルパンは困惑し、「ベイビィと呼んでくれよ」と返された)。
ジャン・ピエール
声 - 菅生隆之
大学の助教授上がりで、ICPOの本部長に就任したばかりの男性。ルパン逮捕をICPOの悲願とし、その為に尽力していた銭形に期待している。その後、銭形のルパン逮捕を激励する為にわざわざモロッコにやって来て、うだつの上がらない署長の尻を蹴る形で銭形のルパン逮捕に協力させるが、その後姿を消してしまう事になる。
実は本作の舞台であるモロッコの出身で、先祖がゲルトの天敵だったイゴ族の英雄である事から、署長からは一応敬意を表されている。一見紳士に見えるが、本性は冷酷で卑劣な性格の持ち主で、大学の助教授時代に教え子であったガルをゲルトの財宝について聞き出した後に殺し、ゲルトの長老の子である彼の名を利用して傭兵紛いの小悪党達を雇い入れて秘密結社を結成。全ての責任を殺したガルに擦り付け、ゲルトの財宝を手に入れようと目論む。ICPO本部長の肩書きを利用している事からも、目的の為には手段を選ばず、用済みになり身動きの出来ない捕虜を平然と射殺し、その後は捕らえた不二子から知っている事の全てを吐かせるべく貞千代に拷問させている。貞千代によって乳房を丸出しにされた不二子の色仕掛けを前にしても全く効果がないほどの冷徹な心をもつ。
ゲルトの遺跡へ向かったルパン達を追跡し、ルパンにその正体を見破られた事で本性を現して貞千代達に攻撃させるも失敗。最後は追い詰められてララを捕らえて連れ去ろうとした所を、長老に息子のガルの仇として額を撃ち抜かれて射殺され、死に際に銃をヘリに向けて暴発させ、失速したヘリの爆発に巻き込まれた。
ガル
長老の一人息子。ゲルト族の若者達を率いて勝手に結社を築き、自らはその大司教となっていた。仮面と妖術師の様な風貌で素顔を隠し、普段は一人で瞑想をしているらしく、結社のメンバー達の前にも滅多に姿を現さない。警察内の資料室にあった写真でその素顔が登場し、温厚で優しそうな雰囲気から、ルパンと不二子も「とても父親を裏切るような人物には見えない」と評価していた。
その正体はICPO本部長であるジャン・ピエールの変装で、実は彼とは大学時代に教え子と助教授という間柄であった。本物のガル本人は財宝の秘密を喋らされた後に用済みになった為、ジャンに殺されていた。
貞千代
声 - 野沢那智
フリーランスのオカマの殺し屋で、五ェ門のかつての同胞。拷問を「大好き」と評する等、冷酷非道な性格の持ち主で、間抜けな面もあるが、殺し屋としての実力は本物。普段は電磁鞭を武器に使うが、本来の戦闘スタイルは腰に差した脇差による剣術で、五ェ門と対等に斬り合える程の腕前。現在はゲルト復興を図るテロ集団同然の結社に雇われており、実行部隊の指揮官を務める。
序盤よりルパンの命を執拗に狙うも、度々失敗していた結果、無関係であるララ達ゲルト族の拠点も襲撃してララを人質にとる形で巻き込んでいる。しかし、宗派を裏切った事で五ェ門に付狙われるが、本人はそのことに関心が無く、自らの目的の邪魔をする彼にいつも「馬鹿」と言っている。その後、アジトに侵入してきた不二子を捕らえ、雇い主であるジャンの命令で、知っている事の全てを吐かせるべく嬉々として拷問を行う。当初は少しずつ衣服を破壊することにこだわり不二子の乳房を露出させる。乳首まで丸出しにされても交渉を試みる不二子の誘いを却下し衣服破壊を続行した。最終的にはショーツ以外の衣服を全て破壊された不二子を吊るし上げにしている。
ゲルトの遺跡での最終決戦では、再び邪魔しに現れた五ェ門との戦いで、脇差で斬鉄剣を根元から叩き折り、止めを刺そうとしたが、白刃取りで刀を受け止められ、不幸にもそこへ宙に舞った斬鉄剣が背後に刺さったのが致命傷となり、「五ェ門の、馬鹿野郎…」と言い残して死亡。(図らずも)死なせてしまった五ェ門は、貞千代に「許せ」と詫びている。
モロッコ警察署長
声 - 藤本譲
イゴ族出身。権威主義者な性格もあってゲルト族の排除しか頭になく、他の事件には無関心な態度を取る。ルパン逮捕の為に来た銭形を疎ましく思い、役立たずと見ていたブルトガリーを押し付けて追い払うも、わざわざモロッコにまでやってきたICPOの本部長であるジャンに叱責された結果、渋々とルパン逮捕に協力する。イゴ族の英雄の血を引くジャンには敬意を表しており、彼には全く頭が上がらない模様。
その後、ジャンがいなくなったのを良い事に再びルパン逮捕には無関心となり、それを咎める銭形にも適当にあしらう態度しか見せなかった。
ブルトカリー巡査
声 - 北村弘一
モロッコの警察署に勤める老警官だが、実は隠れゲルト族で、本名「カリ」である。署長からはお荷物扱いされてしまっている節があり、銭形に押し付けられる形でルパンの捜査担当に任命される。ゲルト族に関する知識も豊富であるらしく、銭形をルパン達の居る遺跡まで案内している。また、見た目によらず、戦闘力や判断力に優れており、追跡用のトラックが砂に埋もれてしまった際にも自力で持ち上げてしまっており、銭形を驚かせた他、ララがジャンに捕まって転落した際にもトラックに詰まった藁をクッションにして救出するという、迅速さを見せた。
長老
声 - 峰恵研
ゲルト族の長老で、トワイライトの一件を仕組んだ黒幕とも呼べる人物。実子のガルが怪しげな結社を作った事を嘆いていたが、実は同じ大学の助教授であったジャンがガルを殺し、その名を騙って秘密結社を作ったことを知り、驚愕していた。その後、自らの手で油断していたジャンを射殺し、息子の仇を討った。
老婆
声 - 京田尚子
ゲルト族出身の老婆で、幼少期はゲルト族の王女であるローレに仕えていた。ドルーネにトワイライトの片方を託されたルパンに、ドルーネとローレの関係やゲルト族とイゴ族の因縁、そしてトワイライトが二対一体のダイヤである事を教えている。その後、ルパン達と共に結社の襲撃を受けるが、ルパンや駆けつけてきたララによって助け出される。
街での一騒動が起こった後、次元にルパンやララがゲルト族の遺跡に向かった事を教え、彼からは自分達がゲルト族の財宝を手に入れた後は、そのままモロッコから去ることを告げられているが、老婆自身はトワイライトがどんな時でも自分達ゲルトを守る事を確信しており、その考えは最終的に実現している。
ローレ
かつてのゲルト族の王女で、踊り子をしていた女性。砂漠で行き倒れていたドルーネを助け、後に彼と恋仲になり、彼の子を身ごもる。ゲルト族とイゴ族の戦争時、トワイライトの片割れをドルーネに託した。ララの祖母にあたる。
ゾラ
声 - 金尾哲夫
ゲルト族の人間。よそ者への差別意識が強く、モロッコに現れたルパンの存在が自分達の邪魔になっていると決め付け、ひたすら排他的な態度をとりながら毛嫌いする。
ゲルト族結社の大司教を騙るジャンに捕らわれ、喋らせようとした財宝の秘密を知らないことで用済みになった為、射殺される。

用語[編集]

ゲルト族
モロッコの少数民族。かつては繁栄を極めたが、イギリス戦勝政策を背景に襲い掛かってきたイゴ族に敗れる。現在は民族復興を目指し、イゴ族の町で抵抗運動をするゲリラと、ゲルト族の財宝を狙う結社の2つの派閥に分かれている。
イゴ族
モロッコの民族の一つ。かつてゲルト族を滅ぼし、現在に至るまで町の実権を握っている。
ゲルト族の財宝
300年以上前にゲルト人が残した、時価数千億フランにも及ぶとされる財宝。砂漠の真ん中にあるゲルトの神殿の内部にあり、2つのトワイライトが財宝のカギとなる。財宝の正体は、壁一面を埋め尽くす無数のダイヤモンド。
トワイライト
ゲルト族の財宝の部屋へのカギとなる、大粒のピンクダイヤモンド。これ自体がかなりの価値のものである。2つに割られており、2つ揃ってはじめて財宝のカギとなる。かつてゲルト族とイゴ族の戦争のとき、当時のゲルトの王女であったローレが片割れをドルーネに渡し、以降作品冒頭でルパンに渡されるまでドルーネが持っていた。もう1つは、ローレの子孫(ゲルト王家)に受け継がれ、現在はローレの孫娘にあたるララが所有し、ペンダントにして首から下げている。
結社
ゲルト族長老の息子ガルが、ゲルト族復興を目指して組織した結社。所属する者は皆、白いローブに身を包み不気味な仮面をしている。大司教としてガルがリーダーを務めているかに見えたが、実はゲルト族の財宝を狙うジャンに殺されており、ゲルト族とは全く関係ない人間を集めて組織されたまやかしの組織だった。貞千代率いる殺し屋軍団を雇い、執拗にルパンを狙う。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『テレビ視聴率季報(関東地区)』ビデオリサーチ。

関連項目[編集]