ルパン三世 アルカトラズコネクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルパン三世 アルカトラズコネクション』(ルパンさんせい アルカトラズコネクション)は、モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』のTVスペシャルシリーズ第13作。2001年8月3日日本テレビ系の『金曜特別ロードショー』にて放送された。視聴率は22.8%[1]。本シリーズ初のデジタル制作作品。

概要[編集]

サンフランシスコ沖に眠る沈没船の金塊を巡る、ルパンファミリーと秘密結社「シークレットセブン」との激しい金塊争奪戦を描く。漫画『新ルパン三世』のサンフランシスコ編をベースとしており、ゲストキャラクターや各種設定はそのまま流用している箇所も多い[2]。歴代TVスペシャルでモンキー・パンチ原作の漫画を基にした作品は2016年現在、本作のみである。

本作ではゲストヒロインがラスト数分のみの登場となっている。TVスペシャルでストーリーラインに絡むマドンナキャラクターが登場しないのは、2016年現在では本作と次作の『ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト』の2作のみである。また、エンディングでは変装ではなくプライベートで洋服(Tシャツ・短パン)を着ている五ェ門を見ることができる。

今回の「ルパン三世のテーマ」は従来のインストゥルメンタルではなく、akikoを起用した新しいヴォーカルバージョンとなっている。

本作はTVスペシャルのシリーズが始まって以来、初めてセル画からデジタル製作に変更となっている。また、21世紀最初の作品でもあり、銭形が「世紀を超えてお前(ルパン)と付き合うつもりはない」と、これを踏まえた発言をしている。

なお本作で悪役を務める石田太郎滝口順平立木文彦緒方賢一大塚明夫は全員過去のルパン三世シリーズでルパンたちと対峙する悪役を演じている。

あらすじ[編集]

サンフランシスコ沖に浮かぶ違法カジノ船「マシンガン・ケリー号」から売上金を奪おうと、颯爽と船に乗り込んだルパン・次元・不二子・五ェ門の4人であったが、ルパンからの予告状を見て現れた、地元の刑事テリーと組んだ銭形警部の活躍によって計画は失敗してしまう(この一連のアクションが、本作のオープニングとなった)。しかし、ルパンの真の狙いは売上金ではなく、船が調査している海底の地形データであり、ルパンはそちらを盗む事には見事成功していた。

ルパンは、そのデータを基にサンフランシスコ沖に眠る沈没船「ヤンキー・スレード号」に積み込まれていた金塊を手に入れようとしていたが、カジノ船の持ち主である秘密結社「シークレットセブン」に誘拐されてしまう。しかし、きっちりと地形データの入ったチップは3人の元へ残して行った事から、不二子はいつもの如くルパンをそっちのけで金塊の探索を開始するが、なぜか今回に限って五ェ門までもがルパンをそっちのけで宝を狙う。実は五ェ門は、スーザンというモデルに恋をして貢ぐ資金を必要としていたのだ。

シークレットセブンが拠点にしている、かつてアル・カポネマシンガン・ケリーといった大物を収監していたアルカトラズ島に連行されてしまったルパンは、地下の拷問所で拷問好きの黄(ホワン)と、次元と因縁のあるハイエナにチップのありかを聞き出されそうになるが、そこに現れた次元の力を借りて黄(ホワン)を倒しハイエナを退け、アルカトラズ島を脱出した。その後、ルパンはシークレットセブンのメンバーやその秘密を次々と明らかにしていくが、銭形やシークレットセブンのみではなく、謎の黒服の男達の襲撃をも受ける事にもなる。そして、ついにルパンをシークレットセブンの、それもボス直々の凶弾が襲う。

果たしてシークレットセブンの本当の目的とは何なのか?そしてシークレットセブンとアルカトラズ、そしてかつて暗殺されたアメリカ大統領ジョン・F・ケネディの間にあり、闇の中に葬られてしまった驚くべき真実とは…?

ゲストキャラクター[編集]

テリー・クラウン
- 石田太郎
銭形と行動を共にするサンフランシスコ市警の警部補。ボサボサの頭に猫背、よれた服装などから頼りなさが窺え、いつも食べ物が入った紙袋を小脇に抱えている。また、冒頭のカジノ船の捜査では金をくすねて銭形の注意を受けたり、後の授章式では公共の場にもかかわらず間食をするなど手癖も行儀も悪い。
その正体は「シークレット・セブン」のボス。部下を容赦なく処断し、ルパンや不二子を本気で殺そうとするなど冷酷な性格で、しかも銭形の捜査能力を利用してルパンを追うなど知略にも長けた切れ者。胡桃を手で玩ぶのが癖。また、右腕の袖にデリンジャーを隠し持っており、跪かせた部下の頭に手をやるふりをして粛清するのが得意技。刑事という表向きの顔も大きく関与しているが、自ら積極的に前線に赴く事も多く、組織の長としては珍しいタイプである。
組織復興のため、部下のマックス(後述)を大統領選に出馬させ、軍やCIAなどの既存の勢力を黙らせて勝利するためケネディ暗殺事件の真相を示す証拠を、そして同じく証拠を狙うルパンの命を執拗に狙うが、その都度銭形の妨害に遭う。また、ルパンを自殺に見せかけて殺害したかに見えた(もちろんルパンは死んでいなかった)後、なお用心深く爆弾で銭形をも消そうとする用意周到さを見せる。情報収集をしていた不二子の存在も見抜いており不二子が入浴中に襲撃、風呂の栓を抜きバストトップを隠さざる得ない不二子を相手に交渉を有利に進めようとするが、たとえ裸になっても屈しない不二子との交渉を打ち切って人質とした。
終盤ではアルカトラズ地下の「楽園」でルパン達と戦い、金塊を譲る代わりにケネディ暗殺事件の証拠を返すよう取引を持ちかけるも拒絶され、追い詰められて銭形を人質に取る。しかし、人質に取られても動じなかった銭形の抵抗とルパンによって肩を撃ち抜かれて失敗。そして銭形と「デカの相棒同士の」正面からの一騎討ちを繰り広げるも結果は銭形の勝利に終わり、手錠をかけられるが、直後に「楽園」の崩落に巻き込まれ、まるで天の裁きを受けたかのように教会の十字架の下敷きとなって死亡した。
ルキノ・マルカーノ
声 - 松井範雄
サンフランシスコ・マフィアのドンで、「シークレット・セブン」の一員。裏カジノ船「マシンガン・ケリー号」のオーナーとして、真の目的であるシスコ沖の海底データを採取していた。しかし、海底データをルパンに盗難・消去され、幹部会議の席上でそのことを正当化しようとしたため、テリーに粛清される。側近のアンディが後を継いだ。テリーは後に「ドジ野郎、生きてる価値もねえ」と見下して罵倒しており、それを聞いたルパンは、マフィアのドンさえも上から見下すテリーこそが「シークレット・セブン」最高位のボスだと見抜いた。
アンディ
声 - 大塚明夫
ルキノの側近。自らを「マシンガン・ケリーの後継者」と称し、「ケリー叔父貴」直伝の2丁拳銃ならぬ2丁のトミーガンを愛用する。「マシンガン・ケリー号」の支配人だったが、(ルキノが粛清された後に彼の後任として)「シークレット・セブン」の正式メンバーに昇格してからは、テリーの腹心となる。終盤では「楽園」で次元と戦い、トミーガンの乱射で次元を苦しめるもを使った目晦まし戦法に敗れ、虫の息だったところを爆発に巻き込まれて死亡する。
黄(ホワン)
声 - 滝口順平
チャイニーズマフィアのドンで、「シークレット・セブン」の一人。拷問マニアであり、ハイエナ曰く「(シークレット・セブンのメンバーの中でも)一番のサディスト」。他人に自分の口調を真似されることを嫌う。ルパンの拷問を自ら行うが、口真似で軽くあしらわれた上、自らが用意した爆弾搭載ロケットで打ち上げられて爆死する[3]。そしてルパンたちはその地下からの打ち上げ穴から拷問室へ、そしてその下の「楽園」へと侵入する。
ハイエナ
声 - 立木文彦
「シークレット・セブン」の一員で、「歩く武器庫」と称される殺し屋。その名の通り、体中に武器を仕込んでおり、中でも射出型のナイフを得物とする。次元とは古馴染みであるため、互いのことをよく知っており、彼の性格を嫌っている。終盤ではアルカトラズ島へ向かう次元と五ェ門をスーザン(後述)と急襲するが、次元との一騎討ちの末に射たれ、直後にスーザンのサブマシンガンの流れ弾を浴び、スーザンと共に海中へ沈んだ。
マックス
声 - 池田勝
サンフランシスコ市長。次期大統領選の有力候補だが、正体は「シークレット・セブン」の一員。組織の力と資金力を背景に、闇社会初の大統領の座に付こうとしている。選挙活動で忙しいため、幹部会議にあまり姿を現さない。黒衣の男たちによってヘリコプターに仕掛けられた爆弾で爆死する。
アレジ
声 - 緒方賢一
初老の科学者で、「シークレット・セブン」の一員。深海10,000mの水圧にも耐えると主張する潜水艇「アルカポネ2世号」の開発を行っている。口先の威勢は良くても内実は臆病で、潜水艇の安全性に自信を持つことが出来ず、不二子を始末せずに騙して実験台にする(実際は6,000mで浸水した。ただし不二子が欲張って金塊を詰め込みすぎたせいもあり、本来はケネディ暗殺の証拠のニセ金塊が回収できれば充分であった)。成功してから不二子を始末すればいい、失敗しても自分は安全というその策を、テリーは「気が小さく、頭でっかち」、アンディは「用心深さでは天下一品、ですが」と酷評している。
アルカトラズ地下の本部で引き揚げを管制中にルパンに殴られて気絶していたが、目を覚ました直後にすべてを葬ろうとする黒衣の男たち(実はCIA)が仕掛けて回った爆弾が爆発し始め、アレジはその爆発で起こった洪水に巻き込まれて行方不明となった。
スーザン
声 - 沢海陽子
表向きはサンフランシスコで活動している売れないモデルだが、正体は「シークレット・セブン」の一員で、組織の紅一点である。ルパン一味を探るため、トップモデルを夢見る売れないモデルを装って五ェ門に近付き、その芝居に騙されて惚れた五ェ門は金策に奔走、ルパンとは別行動を取ることとなる。終盤ではアルカトラズ島へ向かう次元と五ェ門をハイエナと急襲し、本性を現して2丁のサブマシンガンを使って五ェ門と戦うが敗北。直後に暴発したハイエナのナイフが刺さって、ハイエナと共に海中へ沈んだ。
ミラー
声 - 出光元
アルカトラズ島の警備員をしている黒人の老人で、先代のころからの「シークレット・セブン」の配下。老齢のため、楽園の一刻も早い復活を望んでいる。また、テリーのことを「テリー・ボーイ」と呼んでおり、テリーとは親密な間柄である。終盤に登場するもマックスの乗ったヘリコプターの爆発に巻き込まれ死亡する。
モニカ
声 - 川上とも子
しばしばルパンが口に出す謎の女だが、正体はサンフランシスコ在住の大学生である。ルパンと付き合うことを条件に卒業論文に必要なケネディ暗殺事件の物的証拠が欲しいとねだっていた。エピローグに登場するも、念願の証拠を手に入れたルパンを(大学を中退し、新しい彼氏もできたため)フッてしまう。そして、取り残されたルパンたちは謎の武装ヘリ部隊に追い回され、ルパンは証拠を海に投げ戻した。

用語[編集]

シークレット・セブン
アメリカ西海岸最大の犯罪組織。犯罪者の楽園と言われたアルカトラズを復活させるため、アルカトラズに収監された犯罪者の子孫たちが結成した。ボスを含む7名の幹部を筆頭に、サンフランシスコマフィアやチャイニーズマフィアといった名だたる犯罪組織を傘下に収めており、幹部の一人でサンフランシスコの市長にまで上り詰めたマックスを闇社会出身のアメリカ大統領に就任させ、その権限によって再開したアルカトラズを中心に、世界各地の地下に犯罪者の楽園を築きあげようとしている。
客船「マシンガン・ケリー号」
サンフランシスコ沖を航海する客船。船内にはサンフランシスコマフィアのボスであるルキノが経営する非合法カジノが営まれ、ルキノの部下のアンディが支配人を務める。しかし、その裏ではヤンキー・スレード号を発見するため、サンフランシスコ沖の海底調査を行っていた。船名の「マシンガン・ケリー」は、実在したアルカトラズに収監されていたギャングからとっている。
ヤンキー・スレード号
1854年に遭難した、サンフランシスコ沖に沈む船の中でも最大の船。船室を壊してまで無理矢理積み込んだ金塊は、今の金額にして小国の国家予算並みと言われている。しかし沈んだ場所が6,000mの深海であったのと海流の速さも相まって、未だに見つかっていない。シークレット・セブンとルパンは、この金塊を狙う。モデルとなった船は“ヤンキーブレード号”。この金塊のうちの1つにケネディ暗殺の証拠が隠されている。
ケネディ暗殺事件の証拠品
2039年に開示される、ケネディ暗殺事件の証拠物件。金塊に偽装してヤンキー・スレード号の金塊の中に隠されている。アメリカ政府に闇社会出身の大統領を容認させるための交渉材料としてシークレット・セブンが狙っており、またそれを阻止する為にアメリカの国益の為に活動するCIAが、国の威信に賭ける形で暗躍。終盤にて全てを闇に葬るべく容赦の無い破壊工作が行われる事になる。
偽装されている金塊には発信機も内蔵されているらしく、シークレット・セブン壊滅後、ルパンが所有していた事からCIAの命令で動いていると想われる武装ヘリがルパン達を襲撃しており、サンフランシスコの被害もお構い無しに砲撃を行うが、最終的にルパンの手で再びサンフランシスコ沖へ投げ捨てられた。
AL CAPONE II(アル・カポネ2世号)
シークレット・セブンのメンバーの一人であるアレジが海底に沈む船の金塊を引き上げるために、10年の歳月をかけて開発した潜水艇。アレジは10,000mの水圧にも耐えられると豪語していたが、実際には6,000mにも耐えられなかった。最後はルパンたちが崩壊する「楽園」からの逃走に用いて外海に再浮上したあと、乗り捨てられた。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - モンキー・パンチ中央公論新社刊)
  • 監督・絵コンテ - 殿勝秀樹
  • 脚本 - 柏原寛司
  • 音楽 - 大野雄二
  • 音楽監督 - 鈴木清司
  • 音響監督 - 加藤敏
  • 音響効果 - 糸川幸良
  • 音響制作 - 東北新社
  • 音響制作担当 - 田中信作
  • 美術監督 - 宮野隆
  • 作画監督 - 小林利充平山智
  • キャラクターデザイン - 小林利充
  • メカニックデザイン - 佐野隆史
  • 撮影監督 - 川田敏寛
  • 編集 - 鶴渕允寿
  • 制作担当 - 浄園祐
  • 演出 - 渡辺正彦
  • プロデューサー - 小野利恵子(日本テレビ)、山下洋(日本テレビ)、尾﨑穏通(TMS)
  • アシスタントプロデューサー - 大石祐道(TMS)
  • 脚本プロデューサー - 飯岡順一
  • 音楽プロデューサー - 山田慎也、国分浩安
  • オープニングテーマ「LUPIN THE THIRD」
  • エンディングテーマ「WHAT'S THE WORRY?」
    • 作詞 - 奈良橋陽子
    • 作曲 - 大野雄二
    • 歌 - 大野雄二トリオ・フィーチャリング・akiko
  • アニメーション制作 - 東京ムービー
  • 製作 - 日本テレビトムス・エンタテインメント

脚注[編集]

  1. ^ 2001 7/30(月)〜 8/5(日) ビデオリサーチ公式サイト(アーカイブ)
  2. ^ TVスペシャル以外では、『ルパン三世 PartIII』第1話「金塊はルパンを呼ぶ」でもアニメ化されている。
  3. ^ 黄が常識では考え難いような巨大武器をいきなり出す度に、ルパンは「だから、どっからそんなもん出してんだよ」とツッコミを入れ、黄が「これでおまえは空の藻屑ね」と言えば、ルパンが「空に『藻』なんて生えてねえっつーの」と返すなど、やりとりはコミカルに描かれている。