峰不二子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
峰不二子
ルパン三世のキャラクター
登場(最初) 『死んでゆくブルース』
作者 モンキー・パンチ
声優 二階堂有希子
増山江威子
小山茉美
沢城みゆき
演じた俳優 江崎英子
沙羅さおり
黒木メイサ
大湖せしる
プロフィール
性別 女性
テンプレートを表示

峰 不二子(みね ふじこ)は、モンキー・パンチ漫画作品およびそれを原作とするアニメルパン三世』シリーズに登場する架空の人物。

人物[編集]

原作[編集]

ルパン三世一味の紅一点。ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である。原作では一貫した人物設定はなく、話により異なった謎の人物として登場する。容姿も一定しておらず、髪の色も金髪の時もあれば黒髪の時もある。例えば第11話では古い知人、第19話では部下の1人、第20話では婦人秘密捜査官、第30話では探偵社の社長、第64話ではルパンの入学した東西京北大学の先輩(銭形警部も同大学に在籍し、その恋人)、第66話では同じ大学の同じ学部の同級生、第69話では敵対組織ネズミ一族の1人、第75話では不私刑(フリンチ)の部下、という具合で、知り合い・仲間ということもあれば初対面の赤の他人、果てはルパンの幻覚ということもある。第11話では医者の父親を、第24話では科学者の兄をルパンによって殺されている。初回登場は原作第3話「死んでゆくブルース」から。この時は大井財閥当主の隠し子を名乗って現れた。世継ぎとなる予定の息子から彼女の正体を探ってほしいとルパンが依頼を受けたことで顔を合わせることになる。ルパンによって隠し子ではないという自白を引き出されるが直後にルパンと手を組み、息子を罠にかけて無実の罪で投獄させルパンと共に財閥を乗っ取った。『峰不二子対ルパン小僧』ではルパン小僧が自分の母親である峰不二子に渡されたはずの財宝を巡って偽物(ルパン小僧に言わせれば)の峰不二子(本人曰くルパン三世と子供を作るような事はしていない)と対決している。『ルパン三世・新冒険』よりルパンの仲間として人物が固定される。

固定後の不二子は、むしろルパンに冷遇されることが多い。男爵との勝負では次元大介石川五ェ門の救出を優先して不二子を男爵に譲ったり、不二子をクビにして別の従順な女性をメンバーにしようとしたこともあった(この時は、次元も五ェ門も不二子の擁護に回った)。「ボディ・スチール」では、アニメでは最終的に老人の脳と交換されるのは銭形だったが、原作では不二子である。逆に次元や五ェ門らから疎まれることはほとんどなく、「キャ!!デラックス」で五ェ門に小悪魔と評された以外は悪く言われたことはない。

峰不二子という同一のキャラクターでありながら千差万別の要素を持つ構造について、原作者モンキー・パンチは『女性自身』のインタビューで「同じ女性で髪型や性格の違う“謎の女”を毎回出したかった」「男性心理として不二子はぴったり」と答えている[1]

名前の由来は『霊峰不二』から。モンキー・パンチが名前を考えていた時、たまたま目の前にあった葛飾北斎の『富嶽三十六景』のカレンダーか横山大観の『霊峰不二』の絵画と、自分の吸っていたたばこ」を合わせたと、『トゥナイト2』のインタビューで語っている(『トリビアの泉』では「富士山の峰」が由来と紹介)。女性自身のインタビューでは『霊峰不二』の「霊」を取り、「不二」に「子」をつけ字面がいいのでそのままつけたと答えている[1]

不二子のイメージ・モデルとなった設定・人物は、『007』のボンドガール[1]や小説『三銃士』に登場する女スパイのミレディー・ド・ウィンターである[要出典]。しかしこれは原作者自身も、後から気づいたそうである[要出典]。また故郷浜中町に住む中学時代の初恋の女性もモデルの1人である[2]。2011年8月4日放送のNHK『あさイチ』では、彼女が持っていた雰囲気をイメージしたと答えている。

アニメ版[編集]

誰もが見とれるグラマーな美女だが、性格は外見に反して自分の欲望に忠実な悪女で、目的のためならためらいなく他人を裏切る。TVシリーズでは、ルパンが苦労して手に入れた宝を、そのあとルパンの隙を突いて宝を奪い去るシーンも多いが、逆にそのあと不二子に災いが振りかかったり、不二子は宝を入手できずに終わったことも多い。ルパン一味では五ェ門と同じように単独行動または別行動することが多く、劇場版もしくはテレビスペシャルでは途中でルパンと合流しているケースが多い。また、ときどき政府機関や各国政財界の大物から特別な依頼を受けることがある。

話によっては宝石や金品が目当てで、ゲストキャラクターと手を組み、ルパン一味を一時的にせよ敵にまわすこともしばしばである(その一方で『TV第2シリーズ』第56話「花吹雪 謎の五人衆 後篇」の冒頭で、五ェ門が白浪五人衆に籠絡された際には「五ェ門が裏切った」と批判している)。もっともルパン一味も不二子の裏切りを前提にして作戦を立てていることがほとんどであり、終盤不二子が金品宝石を手にできず、痛い目にあう描写がよく見られる。ただし、物欲や所有欲こそ旺盛であるが権力欲や出世欲は一切なく、『TV第2シリーズ』 第63話「罠には罠を!」では、ホワイトハウスを指して「あの中には、私の欲しい物は何もないわ」と切り捨てている。

ルパンを裏切る一方で、ゲストキャラクターの罠によって命の危険にさらされたり、死んだと思った時は悲しんだり驚いたりするなどそれなりにルパンを想う描写がたびたび見られる。また用済みとなった後はゲストキャラクターから裏切りを受けることもしばしば見られる。そのため敵に捕まるシーンも多く見られ、ルパンから「よく縛られてる」と言われたことがある。

TV第1シリーズではエンディングアニメーションや本編でオートバイにツナギで疾走するシーンが登場する。これは監督を務めた大隅正秋によると、この不二子像は1968年に公開された映画『あの胸にもういちど』でマリアンヌ・フェイスフルが演じたレベッカ役をモデルにしたのだという[3][注 1]

変装についてはカツラや眼鏡など簡単なもので済ませており、(国際指名手配犯でありながら)上述の依頼時も素顔・本名で接することがほとんどである。しかし、変装技術に関してはルパンに匹敵するほどの能力を持っており、男性に変装するシーンも時折見られる。『TV第1シリーズ』第9話「殺し屋はブルースを歌う」ではルパン、『新ルパン三世』第1話「ルパン一家勢ぞろい」では次元に変装したこともある。

愛用の拳銃はFN ブローニングM1910レミントン・デリンジャー。後者は『TV第2シリーズ』OP4期で、口紅を銃弾にして撃つシーンがある。TVスペシャル『ワルサーP38』ではシグ P230を使用していた。ただし不二子は特定の銃器に執着せず、愛用というほど活躍するシーンはない。拳銃以外ではサブマシンガンを好んで使用する。愛用のたばこはモア・メンソール。ただし、愛煙家のルパンや次元と違い、不二子がたばこを吸う光景は少ない[ep 1]。『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』ではマリファナらしきものを使用している描写がある。愛用の香水は「シャネルの5番」であるが[ep 2]、これも実際に使用しているシーンはほとんどない。またその他の車や服飾品や所持品も、愛用云々以前に常用しているもの自体がほとんどない。

メカについては自ら「男の次に得意」と語る[ep 3]ほどの技能を備えており、身の丈以上の大きさをした銃火器類は勿論のこと、フォーミュラカー戦闘機ドローンまで軽々と扱い、戦術知識については他のルパンファミリーに勝るとも劣らない。大型バイクを操るシーンも多く、主にハーレーダビッドソンを愛用している。楽器の演奏も可能で、『グッバイ・パートナー』では即興のジャズピアノ演奏を見せている。

格闘能力についても非常に高く、『カリオストロの城』以降の作品では兵士やSPを投げ飛ばすという描写が数多く見られる。映画『DEAD OR ALIVE』では、不二子が武術の達人という設定となり、自分よりはるかに大柄で筋肉質の女性を投げ飛ばす描写や、徒手空拳で敵集団と大立ち回りを演じるシーンもある。

惨たらしい光景を目の当たりにすることで気を失うという一面もある。『TV第2シリーズ』第66話「射殺命令!!」では、ルパンの手作りによる水銀弾で撃たれたことにより木っ端微塵になって跡形もなく消し飛んでしまったビューティーを見て、ショックのあまり悲鳴を上げて気絶した[注 2]

TVシリーズでは、回によっては男性ゲストキャラクターと結婚直前もしくは結婚式を挙げることがある。その場合、相手は必ず大金持ちであるか、貴族階級の二枚目である。全ての結婚・婚約は、結局履行にまで至っていない。アニメではルパン三世との最初の出会い場所はギリシャパルテノン神殿という設定にされている作品[ep 4]もある。

基本的に狙っているものは、お金や宝石、高額のお金に換金できそうなもの全般である。しかし、自らの美貌がやがて失われる可能性を恐れて、不老不死になることも求めており、金以上の執着心を見せ、形振り構わない行動に出ることも多い。ルパンに不老不死の秘薬を作成するための教典を盗ませようとするも、教典はすでに灰化していたために失敗した上に、自身と同じく男を惑わす悪女であるエマニエルと私闘を演じたことや[ep 5]、ドラキュラの涙という宝石を使って不老不死の薬を得ようとしたが、ルパンがそれの入ったグラスを叩き落としたために失敗し、腹いせにルパンを殴り飛ばしたという例がある[ep 6]。劇場版『VS複製人間』ではマモーと結託し、ルパンたちを徹底的に陥れてまで自ら不老不死になろうとしたが、クローン技術を使った見せ掛けに過ぎなかったために、その願いは叶わなかった。コラボレーション作品である『ルパン三世VS名探偵コナン』では、江戸川コナン灰原哀が幼児化した薬であるAPTX4869に目を付けている。劇場版では黒の組織時代の哀と面識があり取引を持ち込もうとするも、彼女からはかなりの失望を買ってしまっている。その後、コナンを助けるのを条件で哀に協力させようとしていたが、結局は約束を反故にされている。

仲間の呼び方は他の三人と同じで銭形も基本的に「銭形」と呼び捨てだが回によっては「銭形警部」、「銭形さん」、一度だけ「とっつあん」と呼んだこともある。

不二子の先祖や子孫が登場する作品もある。TVスペシャル『霧のエリューシヴ』では、500年前の先祖として盗賊の「お不三」が登場している。気の強さや、お宝への執着心などが不二子と共通しており、これらの気質は子孫に色濃く受け継がれているようである。担当声優は関根麻里。また、2883年(2007年から876年後)の子孫はショートヘアで、裏切り癖の血筋が引き継がれているようであった。声優は日本テレビアナウンサー(当時)の西尾由佳理

ルパンファミリーの中では一番作画に変化が見られるキャラクターで、各作品ごとに毛髪の色・髪型・長さ・目つきが異なる。『ルパン三世』公式の携帯サイトでは、オリジナルの待ち受け画面として街中で『TV第1シリーズ』と『TV第2シリーズ』の不二子がすれ違うシーンが登場したことがある。作品によってはバストトップが描かれたこともある。

人気[編集]

フィクションのキャラクターとしての人気は性別や年齢を問わず高く[4][5][6]、強い女性やセクシーな女性、魔性の女[7]、などの象徴やイメージとしての先駆的ポジションとしてもメジャーである[1][8]

特に女性からの支持は厚く[9]、長年不二子を演じてきた増山江威子のインタビューによれば、不二子のファンは女性が圧倒的であり、増山自身も「不二子は理想の女性像である」と語っている[ep 7]。そのプロフィールやイメージが持つ魅力は、女性の目指す理想像としても高く評価されている[10][9]

理想像としての評価[編集]

現実世界のおいてもセクシーさや格好良さなどの魅力のシンボルとして、よく例として挙げられ[11]、代名詞として定着している。特にグラビアジャンルでは“リアル峰不二子”という呼称が使われることがある[12][13]

またフィクションのキャラクターでありながらその完成度をもってリアルな理想として女性を牽引しており[10]、女性からのリクエストに応える形でバンダイの化粧品ブランド「CreerBeaute(クレアボーテ)」が不二子のセクシーさをコンセプトにしたリップグロス、アイライナー、マスカラなどを発売し[14]、「アンフィ(AMPHI)」によるコラボ「グラマリッチブラ」や[15]、「TRAIN(トレイン)」とのコラボでストッキングなどを扱う「《女の欲望》峰不二子」シリーズが発売されている[16]。2019年にはUSJのイベントで販売されたグッズが女性に人気を博し、これらは一般販売されるグッズとしては際どいデザインながら担当者によれば「峰不二子だからチャレンジできた」ものである[17]

その他[編集]

雑誌『ルパン三世officialマガジン』にて連載されていた鈴木イゾ作画の漫画『M.F.C. 女泥棒会社峰不二子カンパニー』にて、主人公山田幸子が勤務する事になる泥棒会社「M.F.C.」を経営し、社長を務めている。ただし、社員たちへの盗みの命令は、どれも不二子の個人的私怨に関わっている内容ばかりであり、さらには守銭奴の不二子が社長のために、少ない経費で仕事のやりくりをせねばならなくなっている。それ故に、課長とは毎回壮絶な喧嘩をしているようで、社員たちの苦労が耐えない。

スピンオフ作品『ルパン小僧』ではルパン三世との間に子供(ルパン小僧)を儲けている。ただし、原作にゲスト出演したルパン小僧本人は、本編中の不二子に対して、「あんたは偽者で、俺の母親が本物の峰不二子だ」と言っており、一方で不二子は「ルパン三世とそういう関係になった事はない」と言っている。

プロフィール[編集]

スリーサイズがゾロ目なのは、原作者のモンキー・パンチいわく「覚えやすいから」[要出典]。ただし原作・アニメでは身長・体重の設定はされていないが、映画『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』にて初めて台詞で描写される。

配役[編集]

メイン[編集]

初代
二代目 及び(パイロット版)
三代目

その他[編集]

英語吹替版[編集]

  • コリンヌ・オル
  • エディ・マーマン
    • ストリームライン・ピクチャーズ版 - 『ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』
  • ミシェル・ラフ
    • パイオニア版 - 『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』、『ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 カリオストロの城』、『ルパン三世 魔術王の遺産
    • ファニメーション版『LUPIN the Third -峰不二子という女-』
    • 『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』、『ルパン三世 PART IV』、『ルパン三世 PART5』
  • ドロシー・ファーン
    • マンガ・エンターテイメント版 - 『ルパン三世 カリオストロの城』
  • トニ・バリー
    • マンガ・エンターテイメントUK版 - 『ルパン三世 ルパンVS複製人間』、『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』
  • ミシェル・シードマン
    • アニメイゴ版 - 『ルパン三世 風魔一族の陰謀』
  • メレディス・マッコイ
    • ファニメーション版 - 『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』、『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』、『ルパン三世 ルパン暗殺指令』 - 『ルパン三世 1$マネーウォーズ』
  • クリスティーナ・ヴィー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なおレベッカのモデルとなったのは、原作者の友人だったドイツのモーターサイクル・ジャーナリスト、アンケ=イヴ・ゴールドマン(Anke-Eve Goldmann)で、革のワンピースレーシングスーツを着た最初の女性ライダーである。
  2. ^ ただ、不二子が気絶したのは、ルパンによってビューティーがどうなったかを聞かされたためであった。
  3. ^ 不明とされていた時期もあった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 作者語る『ルパン三世』の秘密5「当初不二子は一人じゃなかった」 - 女性自身”. 株式会社光文社 (2017年3月26日). 2019年7月13日閲覧。
  2. ^ クリカンが弔辞 批判あったルパン声優は「先生に守られたおかげ」/芸能/デイリースポーツ online”. 株式会社デイリースポーツ (2019年6月14日). 2019年7月13日閲覧。
  3. ^ 高橋実『まぼろしのルパン帝国 ルパン三世 ザ・ファーストTVシリーズ』フィルムアート社、1994年、p.218
  4. ^ なんでもランキング > 色気を感じる女性キャラクターNo.1 結果発表 - 漫画全巻ドットコム”. 株式会社TORICO (2013年). 2019年7月13日閲覧。
  5. ^ 最も男心をかき乱したアニメのヒロイン 1位は不動の峰不二子 - Peachy - ライブドアニュース”. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 (2019年7月3日). 2019年1月18日閲覧。
  6. ^ “峰不二子が1位!翻弄されたいアニメの悪女キャラランキング - Peachy - ライブドアニュース”. エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 (2018年9月22日). 2019年7月13日閲覧。
  7. ^ 魔性の悪女キャラといえば?「コナン」ベルモットを抑えたトップは… - アニメ!アニメ!”. 株式会社イード (2019年4月24日). 2019年7月13日閲覧。
  8. ^ 大人の雰囲気にイチコロ? かわいい女性よりセクシーな女性に魅力を感じる男性は… – ニュースサイトしらべぇ”. 株式会社NEWSY (2019年5月29日). 2019年1月18日閲覧。
  9. ^ a b eBookJapanが20~30代の女性に聞いた 「理想のボディを持つ女性マンガキャラ」ランキング発表! 第1位 峰不二子、第2位 ナミ、第3位 ラム -豊満かつ強靭なカラダを持つ女性キャラが大集合- プレスリリース”. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン (2014年7月22日). 2019年7月13日閲覧。
  10. ^ a b 山本美月の目標は“峰不二子”? 憧れの「色気」を語る - ananニュース - マガジンハウス”. 株式会社マガジンハウス (2019年3月29日). 2019年7月13日閲覧。
  11. ^ 叶姉妹、モンキー・パンチさん追悼のW峰不二子画像を投稿「W峰不二子にて心より愛を込めて…」 - AbemaTIMES”. オリコン株式会社 (2019年4月17日). 2019年7月13日閲覧。
  12. ^ 【WEEKDAYはグラドル日記(17)】迫力満点の“リアル峰不二子ボディー”で注目を集めるみねりお - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)”. 株式会社産経デジタル (2019年3月27日). 2019年7月13日閲覧。
  13. ^ 小倉優香“日本一ビキニが似合う美女”が初グアムで魅せる最強ボディ&スマイル - ORICON NEWS”. オリコン株式会社 (2019年7月8日). 2019年7月13日閲覧。
  14. ^ 魅惑の女性、峰不二子になれる!? コスメコレクション”. 株式会社レコオーランド (2010年10月4日). 2019年7月13日閲覧。
  15. ^ 峰不二子のような谷間になれる?アンフィがコラボブラ発売”. 株式会社レコオーランド (2018年3月8日). 2019年7月13日閲覧。
  16. ^ 《女の欲望》峰不二子 ストッキング 女優ミラー 通販 - TRAIN(トレイン)オンラインショップ”. 株式会社トレイン. 2019年7月13日閲覧。
  17. ^ 峰不二子だから挑戦できた、USJグッズ - Lmaga.jp”. 株式会社 京阪神エルマガジン社 (2019年2月9日). 2019年7月13日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 登場人物紹介 ルパン三世 公式ウェブサイト

映像作品から引用[編集]

  1. ^ 『TV第2シリーズ』第56話では、次元に勧められたマールボロを吸っている。
  2. ^ 『TV第2シリーズ』第1話「ルパン三世颯爽登場」より
  3. ^ ルパン三世 アルカトラズコネクション』より
  4. ^ 『TV第2シリーズ』第119話「ルパンを殺したルパン」
  5. ^ 『TV第2シリーズ』第52話「エマニエルは天使のささやき」
  6. ^ ルパン三世 PARTIII』第11話「ルビーは血の汗を流す」
  7. ^ ルパン三世 Master File』THE PERFORMERS -その声の魅力- より
  8. ^ ルパン三世 (TV第2シリーズ)』第29話「電撃ハトポッポ作戦」より。本人曰く「猿顔は嫌い」と述べているが、このエピソードのみの設定。

関連項目[編集]