友永和秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ともなが かずひで
友永 和秀
友永 和秀
Japan Expo2006にて
生年月日 (1952-04-28) 1952年4月28日(64歳)
職業 アニメーター
ジャンル テレビアニメ
アニメーション映画
活動期間 1972年 -
事務所 テレコム・アニメーションフィルム

友永 和秀(ともなが かずひで、1952年昭和27年)4月28日 - )は、日本のアニメーターである。

高校卒業後、大阪で半年間のサラリーマン生活を送った後に上京、1971年(昭和46年)、作画プロダクションタイガープロ1975年(昭和50年)、OH!プロダクション等を経て、1980年(昭和55年)テレコム・アニメーションフィルムへ入社[1]。現在はテレコム取締役である。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

来歴[編集]

1972年(昭和47年)、テレビアニメ『デビルマン』動画でデビュー[2]白土武が代表を務めるタイガープロ時代は、『マジンガーZ』、『宇宙戦艦ヤマト』などに参加。OH!プロダクション時代には、小松原一男作画監督を務める回の『UFOロボ グレンダイザー』『マグネロボ ガ・キーン』『超人戦隊バラタック』等、主に東映動画制作のロボットアニメの原画を担当する[3]1979年(昭和54年)にOH!プロダクションからテレコムへ出向[4]し、1980年(昭和55年)に『姿三四郎』で作画監督デビューした[5][6]。その後はテレコムの海外との合作作品および、日本国内向け作品、親会社であるトムス・エンタテインメント作品等に参加している。

特に注目度と評価の高い作品は以下の通り。

1974年(昭和49年)テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の戦艦大和の回想シーンと七色星団の決戦シーン[6][7][8][9]1979年(昭和54年)テレコム制作の劇場用アニメルパン三世 カリオストロの城』のカーチェイスのシーン[3][10]、同、劇場用アニメ『銀河鉄道999』のクライマックスでのアルカディア号の戦闘シーン[8][9][11]などである。

1984年近藤喜文と共同制作した『リトル・ニモ』の3分半のパイロット版はアメリカのアニメ業界で評判を呼び[12]、友永の代表作の一つとの声もある[13]

同業者の大塚康生によると、動きのセンスとメカに強いことなど、アクション技術を高く評価している[14]。『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』等に共に参加した、同じく同業者である金田伊功は「友永はライバルであり、友人である。」と語っている[9]

1982年頃に制作が開始され、作画監督として参加したテレビアニメ『名探偵ホームズ』に登場するキャラクター、トッドは友永の容姿をモデルに宮崎駿がデザインした[15]

2016年、第25回日本映画批評家大賞・アニメ部門功労賞を受賞[16]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 別冊宝島 ルパン三世PERFECT BOOK TV版パート2ストーリー解析編』宝島社、2003年。友永和秀インタビュー。
  2. ^ 「ルパン三世アニメスタッフエッセイ 友永和秀とルパン三世」『ルパン三世 LUPIN the 40! ~The animation~』不知火プロ編著、双葉社、2007年、p.127。
  3. ^ a b 『小松原一男アニメーション画集』小松原一男著、なみきたかし編集、東急エージェンシー、2002年、p.153。
  4. ^ 大塚康生『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年、p.80。
  5. ^ 但し、1977年(昭和52年)の『ジェッターマルス』第23話の作画監督を務めている
  6. ^ a b 赤星政尚月村了衛、山本元樹「ロボット アニメ殿堂入りスタッフ紳士録」『不滅のスーパーロボット大全』二見書房、1998年、 p.132。
  7. ^ 氷川竜介「アニメ特殊技法の変遷」『図説テレビアニメ全書』御園まこと編著、原書房、1999年、pp.201-203。
  8. ^ a b 氷川竜介「アニメーション表現の歴史」『SFアニメが面白い』EYECOM Files編、アスキー、1997年、p.169。
  9. ^ a b c 氷川竜介取材・構成「証言・巨大ロボットアニメの時代 金田伊功インタビュー」『動画王 Vol.1 決戦!巨大ロボットアニメ』キネマ旬報社、1997年、pp.188.
  10. ^ 堀田純司、GAINAX『ガイナックス・インタビューズ』講談社、2005年、p.110。
  11. ^ ふゅーじょんぷろだくと編『世界と日本のアニメーションベスト150』ふゅーじょんぷろだくと、2003年、pp.10,172-173。
  12. ^ 『リトル・ニモの野望』pp.129-130。
  13. ^ 小黒祐一郎「アニメ様の七転八倒 第22回 日本アニメ史 空前の大プロジェクト」 WEBアニメスタイル 2005年11月21日
  14. ^ 大塚康生、森遊机『大塚康生インタビュー アニメーション縦横無尽』実業之日本社、2006年、p.38。
  15. ^ 座談会テーマ1:「名探偵ホームズ」(其の2) テレコム・アニメーションフィルム公式サイト
  16. ^ “批評家大賞アニメ部門で永井豪が最高賞に、功労賞・渡辺宙明を串田アキラが祝福”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188463 2016年5月25日閲覧。 
  17. ^ “パタパタ飛行船の冒険”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=119 2016年5月5日閲覧。 
  18. ^ タイドライン・ブルー”. テレコム・アニメーションフィルム. 2016年6月3日閲覧。
  19. ^ 二十面相の娘”. テレコム・アニメーションフィルム. 2016年5月15日閲覧。
  20. ^ “「ルパン三世」のテレビ新シリーズが今秋より放送 30年ぶり”. ORICON STYLE. (2015年4月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2051828/full/ 2015年8月4日閲覧。 
  21. ^ “作品ラインナップ”. 金曜ロードシネマクラブ (日本テレビ). https://kinro.jointv.jp/lineup/160108 2015年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]